「沖田×華」とは?

関連ニュース

水子供養~笑顔のお地蔵さま~【不育症シリーズ#4】 - 04月21日(土)21:30 

photo by author 妊娠はできるけれども、流産や死産を繰り返してしまうことを「不育症」と呼びます。 2度の流産・子宮内掻爬(しきゅうないそうは)手術を経験し、「不育症」と診断された過去をもつ保育士の筆者が、不育症について自身の体験エピソードをもとにお伝えしてく連載第4回目。 今回は“水子供養~笑顔のお地蔵さま~”です。 ▼術後の経過と、つのる思い 子宮内掻爬(しきゅうないそうは)手術後の経過診察(経膣エコー)で異常はなく、私のお腹の中はきれいに空っぽになってしまいました。 子宮内に取り残しがあると感染症のリスクもあるし、ごくごく稀に子宮内に傷がついてしまうこともあるそうなので、診察結果には安心できました。  しかし、手術で取り出された赤ちゃんは、どうなってしまったのでしょうか……。 source:https://www.shutterstock.com/ 手術前から気になってはいましたが、悲しみが増しそうなので聞けないまま、今に至ります。    漫画『透明なゆりかご』の中では、“命の欠片”は丁寧に瓶に入れられて、業者さんに引き渡されていました。(※1) 大切な“命の欠片”、実際に見せてもらう勇気はなかったけれど、あの子のために何か自分にできることはないか……。日を重ねるごとに、その思いは強くなっていきました。 そんな時に知ったのが水子供養でした。 ▼水子供養 水子...more
カテゴリー:

清原果耶『透明なゆりかご』ドラマ初主演インタビュー - 04月15日(日)10:00 

 漫画家・沖田×華(おきた・ばっか)氏が、看護師見習い時代の実体験に基づいて描いた産婦人科医院の物語、『透明なゆりかご』(講談社『ハツキス』連載中)のドラマ化が発表された。NHK総合で7月20日から放送予定(毎週金曜 後10:00~10:44、全10回)。ドラマの主人公・アオイ役で主演するのは、女優の清原果耶(15)。原作の主人公が産婦人科医院で働き始めるのは、高校3年生の夏休み。実年齢では少し若い清原だが、感性豊かで純粋な主人公のイメージに合っている気がした。 【写真】漫画原作『宇宙を駆けるよだか』にも出演する清原果耶  清原は「アミューズオーディションフェス2014」で3万人を超える応募の中から頂点に輝き芸能界入り。連続テレビ小説『あさが来た』ふゆ役、大河ファンタジー『精霊の守り人』では綾瀬はるか演じるバルサの少女時代を熱演した。ドラマの主演は本作が初めてとなる。  「主演は、私の中では大きすぎる目標でもあったので、すてきな作品にめぐり合えて光栄ですし、まだ少しドキドキしています。私ができることは、いただいたお仕事を一つひとつ丁寧にやっていくことだけ。軽いテーマではないので、ちゃんと伝わるお芝居ができるように、掘り下げて行きたいです」。  町の小さな産婦人科医院を舞台に、幸せな出産ばかりでなく、中絶や死産といった産婦人科の“影”の部分にも向き合いながら、“命とは何か”を...more
カテゴリー:

漫画誌『ハツキス』6・25発売号から完全電子化&月刊誌としてリニューアル - 04月13日(金)11:15 

 大人女性向け作品を連載する講談社の漫画誌『ハツキス』が6月25日発売号から完全電子化&月刊誌としてリニューアルされる。きのうNHKで連続ドラマ化が発表された『透明なゆりかご』(作:沖田×華)、『バツコイ』(作:月子)など、人気連載作品はすべてリニューアル後の『ハツキス』に移行し、今後も作品の充実化を目指していく。 ■ドラマ化される『透明なゆりかご』主演は清原果耶  これまで偶数月13日の発売スケジュールが、『逃げるは恥だが役に立つ』(作:海野つなみ)、『東京タラレバ娘』(作:東村アキコ)など話題の映像化を数々生み出している姉妹誌『Kiss』と同じ毎月25日配信に。さらに、雑誌に掲載されている漫画はそれぞれ「プチキス」レーベルとして同時発売。連載陣の過去掲載分もすべて「プチキス」化し、読みたい作品だけを最初から1話ずつ購入することができるようになる ■「ハツキス」1号(6月25日発売)ラインナップ 『透明なゆりかご』沖田×華 『スロウハイツの神様』原作:辻村深月 漫画:桂明日香 『バツコイ』月子 『立花さんの妄想サーチごはん』青色イリコ 『わたしたちは旅をする』福丸やすこ 『恋に免許はいらねぇよ』奈良原せつ 『超能力者と恋におちる』上機しほ 『世にも奇妙なスーパーマーケット』嶽まいこ 『ビングルビングルバッサン』ジョングジ 『すまいのせちえ』両国二雨 『曖昧なカンケイ』志真て...more
カテゴリー:

【女優】「あさが来た」ふゆ役・清原果耶(16)、ドラマ初主演!沖田×華さん漫画「透明なゆりかご」NHK連ドラ実写化 - 04月12日(木)17:46  mnewsplus

デビュー作の2015年後期のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で女中・ふゆ役を演じて注目を集めた女優の清原果耶(16)が同局ドラマ10「透明なゆりかご」(7月20日スタート、金曜後10・00)でドラマ初主演することが12日、分かった。 累計発行部数325万部を超え、20~30代の女性を中心に圧倒的な共感を呼んでいる沖田×華(おきた・ばっか)さんの同名漫画をドラマ化。 1997年夏、町の小さな産婦人科医院を舞台に、17歳の看護師見習い・アオイ(清原)の成長を描く。 産婦人科の院長・由比役を瀬戸康...
»続きを読む
カテゴリー:

沖田×華「透明なゆりかご」7月にNHKでドラマ化、主演は清原果耶 - 04月12日(木)15:44 

沖田×華「透明なゆりかご」のテレビドラマ化が決定した。NHK総合にて7月20日22時より全10回で放送される。
カテゴリー:

『透明なゆりかご』実写ドラマ化、重すぎる内容が心配? - 04月19日(木)09:00 

 沖田×華(おきた・ばっか)氏によるマンガ『透明なゆりかご』(講談社)が、NHKで実写ドラマ化することが発表された。ネット上では「深刻な内容が多いけど大丈夫かな?」と期待の声が高まっている。  同作は、見習い看護師の主人公が、産婦人科医院の現実に直面する物語。中絶の現場やその後の処置、死産の体験をして、一時は仕事を辞めそうになるなど、シビアな内容も描かれる。しかし出産の現場に立ち会い、生まれる命の力強さに感動した主人公は、仕事を続けていこうと決意。こういった厳しい内容を、漫画では柔らかいタッチで描写し、多くの読者から支持された。  主演は同作でドラマ初主演となる女優の清原果耶(16)。番組公式サイトでは「今まで深く考える機会が無かった産婦人科で起こっている日常の中で、新たな命が生まれるという幸せなイメージだけではなく、一瞬で消えてしまう命の尊さに衝撃を受けるなど、様々な感情に触れて生きていくアオイを真っ直ぐに演じたいと思います」「私が出来る限りの精一杯の準備をし、監督やスタッフ・キャストの皆さんのお力をお借りしながら大切に、丁寧にこの作品を作っていければと思います」と意気込みを語っている。  累計300万部を超える大ヒットマンガの実写化に、「いつか実写化してみたいと思ってた」「NHKでまじめに作ってほしい作品、期待してる」「多くの人に見てほしい! 楽しみ!」と期待の声が...more
カテゴリー:

清原果耶、『透明なゆりかご』でドラマ初主演 産婦人科のリアルを描く - 04月13日(金)17:52 

 女優の清原果耶が、7月にスタートする連続ドラマ『透明なゆりかご』(NHK総合)にて、ドラマ初主演を飾ることが分かった。【写真】ドラマ『透明なゆりかご』出演者フォトギャラリー 同作は、累計325万部を超える漫画家・沖田×華の人気コミックをドラマ化。町の小さな産婦人科医院を舞台に、アルバイトの看護師見習い・アオイが、さまざまな妊婦の心に寄り添い、生まれたばかりの赤ちゃん、さらには、中絶手術の現場を目の当たりにする中で、「命とは何か」を自問自答し、成長していく姿を描く。 主人公のアオイ役は、これがドラマ初主演となる16歳の清原果耶。脚本は、これまでに『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』『宮崎のふたり』などを執筆した安達奈緒子が担当する。また、産婦人科の院長・由比役を瀬戸康史、アオイの母・史香役を酒井若菜、先輩看護師・紗也子役を水川あさみ、婦長・榊役を原田美枝子がそれぞれ務めることも発表になった。 初主演に挑むにあたって清原は、「今まで深く考える機会が無かった産婦人科で起こっている日常の中で、新たな命が生まれるという幸せなイメージだけではなく、一瞬で消えてしまう命の尊さに衝撃を受けるなど、様々な感情に触れて生きていくアオイを真っ直ぐに演じたいと思います」と意気込みを語っている。 ドラマ『透明なゆりかご』はNHK総合にて、7月20日より毎週金曜22時放...more
カテゴリー:

産婦人科医院を丁寧に描く「透明なゆりかご」ドラマ化で清原果耶が初主演 - 04月13日(金)01:05 

NHK総合では7月20日(金)から、沖田×華の漫画作品をドラマ化した「透明なゆりかご」(毎週金曜夜10:00-10:45)の放送が決定。 【写真を見る】清原の母親役を演じるのは酒井若菜 小さな産婦人科医院を舞台に、中絶や死産などの産婦人科の“影”に向き合いながら、主人公たちの命への思いを描いていく。 主演を務めるのは、ドラマ初主演となる清原果耶。看護師見習いとして産婦人科医でアルバイトをするアオイを演じる。 アオイの母・史香役は酒井若菜が、何事にも丁寧にあたる院長の由比を瀬戸康史が演じ、頼りになる先輩看護師・紗也子役の水川あさみや、穏やかな婦長・榊を演じる原田美枝子など、豪華キャストが脇を固める。 清原は、「今まで深く考える機会がなかった産婦人科で起こっている日常の中で、新たな命が生まれるという幸せなイメージだけではなく、一瞬で消えてしまう命の尊さに衝撃を受けるなど、さまざまな感情に触れて生きていくアオイを真っすぐ演じたいと思います」と役についての思いを明かす。 さらに「初めての主演作品ということで正直不安でいっぱいですが、私の出来る限りの精一杯の準備をし、監督やキャスト、スタッフの皆さんのお力をお借りしながら大切に、丁寧にこの作品を作っていければと思います」と意気込みを語った。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・広瀬すず「寂しいを通り越して気持ちいい」笑顔で“卒業” ・水川あさ...more
カテゴリー:

瀬戸康史、産婦人科の院長役に決定「命とは何なのか…改めて考えさせられる作品」 - 04月12日(木)17:02 

俳優の瀬戸康史が12日、自身のアメブロを更新。7月から放送がスタートする新ドラマ『透明なゆりかご』(NHK総合)に産婦人科の院長役で出演することを明かした。 「今年7月からNHKで放送が始まる『透明なゆりかご』に出演することが決まりました。」と報告した瀬戸。「今作は沖田X華さん原作の漫画で、町の小さな産婦人科を舞台にそこで起こる"日常"を描いた作品です。」と紹介し、「僕はそこの院長、由比朋寛を演じます。」と産婦人科の院長役で出演することを報告した。 また、原作の漫画や脚本を読み、自身がイメージしていた産婦人科とはまったく違ったという瀬戸。「産婦人科での日常というものを知り、いろいろと理解するまでに時間がかかり暫く椅子から立ち上がれなかった。」と振り返った。 瀬戸は「この作品で命の尊さを伝えたいです」とかって簡単に言えるものではなく、もっと様々な事を見てくださった方は感じるはずです。」とドラマへの意気込みをつづり、「命とは何なのか…改めて考えさせられる作品です。是非、ご覧ください。」と呼びかけている。 この投稿に「情報解禁楽しみにしていました」「瀬戸さんの医者役素敵だろうな。必ず観ます。優しい顔立ちで医者役似合う」「少し大人の役の瀬戸くんを楽しみにしています。」など新ドラマに期待する声が多数寄せられている。 『透明なゆりかご』は累計325万部超の沖田×華さんの漫画作...more
カテゴリー:

清原果耶、ドラマ初主演「真っ直ぐに演じたい」 『透明なゆりかご』連ドラ化 - 04月12日(木)14:51 

 漫画家・沖田×華氏が看護師見習い時代の実体験に基づいて描いた『透明なゆりかご』(講談社『ハツキス』連載中)がNHKのドラマ10枠(毎週金曜 後10:00)で連続ドラマ化される。町の小さな産婦人科医院を舞台に、ひとりの感性豊かな少女の目線で、“命とは何か”を問い、見つめてゆく物語。主演は、女優の清原果耶。連続テレビ小説『あさが来た』のふゆ役や大河ファンタジー『精霊の守り人』で綾瀬はるか演じる主人公バルサの少女時代を演じた清原が、ドラマ初主演を務める。 【写真】瀬戸康史、酒井若菜ら共演者  ドラマでは、産婦人科医院でアルバイトの看護師見習いとして働くことになった17歳のアオイ(清原)を主人公に、幸せな出産ばかりでなく、中絶や死産といった産婦人科の“影”の部分にも向き合いながら、時に明るく、時に切なく、主人公たちの命への“祈り”にも似た想いをつむいでゆく。「命って、何だろう…」産まれて来る赤ちゃんの圧倒的生命力にうち震えながら、アオイは自問自答し、少しずつ成長してゆく姿も描く。脚本は、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(3rdシーズン)の安達奈緒子氏がNHK総合で初執筆する。  清原は「今まで深く考える機会が無かった産婦人科で起こっている日常の中で、新たな命が生まれるという幸せなイメージだけではなく、一瞬で消えてしまう命の尊さに衝撃を受けるなど、さまざまな感情に触れて生...more
カテゴリー:

もっと見る

「沖田×華」の画像

もっと見る

「沖田×華」の動画

Wikipedia

沖田 ×華(おきた ばっか、1979年2月2日 - )は、日本の漫画家。女性。富山県魚津市出身。富山県立新川女子高校卒業。ペンネームは「起きたばっかり」に由来する。

来歴

魚津駅近くの中華料理店を営む両親の元に生まれる「蜃気楼家族」ゆかりの地を巡る恐怖の魚津ツアー(幻冬舎編集部)より。

小学4年生の頃に学習障害注意欠陥多動性障害北日本新聞 2017年1月26日付11面終わらない青春 とやまの漫画人より。、中学生の頃にアスペルガー症候群と診断されていたが、当初本人はこれを認めず、成人してからSNSでようやく自身の障害を自覚。それまでは「B型だから仕方ないか」と思っていた。

幼少期は前述の理由で他者とうまくコミュニケーションがとれなかった上、忘れ物が多く、簡単な計算や読み書きも出来なかったため、同級生からのいじめや、教師からの体罰を受ける日々を送る。高校在学中に准看護師の資格、その後、正看護師の資格を取ったものの、以降も他者とうまくコミュニケーションがとれず、首吊り自殺を図るも失敗に終わる。

その後、看護師を辞め風俗業に転身。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる