「決定戦」とは?

関連ニュース

ルー・テーズ 鉄人は20世紀のプロレス史――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第1話> - 01月23日(火)08:31 

 ルー・テーズと“プロレス史”はほとんど同義語である。テーズの歩んだ道が20世紀のプロレス史であり、20世紀のプロレス史はテーズの歩んだ道とぴったりとかさなり合っている。  “鉄人”テーズは、大恐慌の1930年代から第二次世界大戦後の1950年代、モノクロ映像の1960年代からハイテクの1990年代まで7つのデケードを生きた。  日本においては昭和から平成まで、力道山からジャイント馬場、アントニオ猪木、UWF世代まで数多くのレスラーたちに大きな影響を与えた。  テーズは幼少のころから父マーティン・テーズにレスリングの英才教育を受けた。父マーティンはハンガリーからの移民で、母国ではアマチュア・レスリングのミドル級の選手として活躍したが、アメリカに移住後はミズーリ州セントルイスでクツ修理の職人として働いていた。  テーズが父親に連れられて初めてプロレスの試合を観にいったのは、テーズが8歳のとき。“狂乱の20年代Roaring Twenties”のスーパースターたち、エド“ストラングラー”ルイスEd“Strangler”Lewis、ジョー・ステッカーJoe Stecher、スタニスラウス・ズビスコStanislaus Zbyszkoの全盛期だった。  テーズ親子は、ルイスがステッカーを下し世界ヘビー級王座を獲得した試合をセントルイスのザ・コロシアムで生観戦したとされる(1928...more
カテゴリー:

前園真聖氏、結婚後も禁酒は継続中 祝杯あげず「しっかり守備」 - 01月22日(月)17:05 

 元サッカー日本代表の前園真聖氏(44)が21日、熊本・えがお健康スタジアムで開催された国際サッカー大会『ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN』の熊本会場予選にゲストとして登場。昨年12月23日にダンサーの女性と結婚したが、結婚後も“祝杯”はあげず自身に課した禁酒のルールを継続していることを告白した。 【イベント写真】サッカー少年たちと記念撮影した前園真聖  前園氏は12月24日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)で結婚を発表。共演の松本人志からは、2013年の飲酒トラブル以来アルコールを断っている前園氏を気遣い「これはもう(お酒)解禁してもいいのでは?」との提案も出ていた。  この日行われた囲み取材では報道陣から新婚の妻とお酒を解禁する予定があるか質問が飛んだが、「現在、禁酒を始めて4年目なのですが、(自分自身で)10年はお酒を断つと言ってしまったので(飲むまでに)もう少し時間がかかるかなと思います」と今後も頑なにルールを守っていくと明言。「ただ、番組などでも言っているのですが、おめでたいということで周りが飲ませようとするので、そこだけしっかり“守備”を固めていきたいと思います」と苦笑いもみせた。  同大会は、12歳以下の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会。アンバサダーを務める前園氏は本大会出場決定戦の4試合を観戦し、表彰...more
カテゴリー:

ペイトリオッツとイーグルスの対戦=NFLスーパーボウル - 01月22日(月)12:50 

 【ロサンゼルス時事】米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)のプレーオフは21日、アメリカン・カンファレンス(AFC)とナショナル・カンファレンス(NFC)の決勝が行われ、AFCはペイトリオッツ(東地区1位)、NFCはイーグルス(東地区1位)が勝ち、王座決定戦のスーパーボウル(2月4日、ミネソタ州ミネアポリス)で対戦することが決まった。両チームの顔合わせは13年ぶり。 ペイトリオッツはジャガーズ(南地区1位)に24-20で逆転勝ち。第4クオーターに10-20とリードを広げられたが、QBブレイディが2TDパスをマークして残り3分を切ってから逆転した。 イーグルスはバイキングズ(北地区1位)に38-7で快勝。7-7で迎えた第2クオーターに2TDなどで17点を奪い、後半もリードを広げた。 ペイトリオッツは2年連続10度目のスーパーボウル進出で、連覇を目指す。イーグルスは13年ぶり3度目で、初制覇が懸かる。 [時事通信社]
カテゴリー:

キングちゃん連載その2【千鳥後編】大悟「大阪の後輩がこの番組をジャンプ台に使おうとしてる」 - 01月22日(月)06:00 

1月22日(月)に千鳥がMCを務めるバラエティー番組「NEO決戦バラエティ キングちゃん」が放送される。 【写真を見る】1月22日(月)放送はノブも大好きな企画「今ヤリに行けるアイドルGP」! 同番組は、千鳥とゲストの人気芸人たちが、多様なジャンルで“夢のマッチメーク”を実現する新感覚バラエティー。プロデュースは「ゴッドタン」などで知られる佐久間宣行Pが手がける。第1期は2016年7月〜12月に、第2期は2017年4月〜6月に放送され、あまりにストイックすぎる“ド直球”お笑い番組として、コアなファンを獲得した。1月から第3期を迎える。 WEBサイト「ザテレビジョン」では、番組に独占密着し、収録に挑む出演陣にインタビューを敢行! 今回はMC・千鳥に番組の人気の秘訣を探る後編を送る。 ――前編インタビューでは企画名がおかしいという話も出ましたが、「キングちゃん」をシーズン3から見る初心者にも楽しめる方法を教えて欲しいです。 ノブ:僕ら40歳手前くらいの芸人がバラエティーど真ん中でやれる番組ってなかなか無かったので…若手とも中堅ともいえない、けどテレビでよく見る芸人たちの面白いところが一番見られるって言ったらいいですかねぇ。 大悟:本当に何の役にも立たんし、タメにもならないけど、ただただ笑えるよな。 ノブ:たしかに「冷やし漫才王決定戦」とか「今ヤリに行けるアイドルGP」とか、何のこっちゃ...more
カテゴリー:

【ボートレース】<おもしろポスター>逆さにしても読める SNSで話題に - 01月21日(日)12:10  mnewsplus

1/21(日) 12:02配信  文字を逆さにしても読める不思議な文字アートが、佐賀県唐津市の競艇場「ボートレースからつ」の開設64周年記念「G1全日本王者決定戦」(24~29日)のポスターに採用され、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で話題になっている。  ポスターは2種類で、上下ひっくり返すと「挑戦」の文字が「勝利」に、「最強」が「戦場」と読める。  「アンビグラム」と呼ばれるデザイン文字で、アンビグラム作家の野村一晟さんが手がけた。背景には昨年のSG(スペシャルグレード)競走で優勝し...
»続きを読む
カテゴリー:

新婚の前園真聖、あと数年はしっかり守備固め「もう少し時間がかかると思う」 - 01月23日(火)07:00 

熊本・えがお健康スタジアムにて、FIFA 公認の12歳以下の世界一を決める国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本国内大会「ダノンネーションズカップ 2018 in JAPAN」の熊本会場予選を開催。4 チーム(FC Ants、大分トリニータ U-12、BUDDY・FC、ロアッソ熊本ジュニア)が4月に行われる本大会の切符を手にした。 【写真を見る】新婚の前園真聖に、報道陣からは禁酒に関する質問も! 会場には本大会出場決定戦の 4 試合を観戦する、大会アンバサダー・前園真聖の姿が! 前園といえば、昨年12月24日に放送された「ワイドナショー」(毎週日曜朝10:00-11:15、フジテレビ系)で結婚を発表したばかり。前園は2013年の飲酒事件以降は禁酒しているが、番組内で松本人志らに「もう飲んでいいよ!」と祝杯をあげることを提案されていた。 試合終了後に行われた囲み取材では、新婚生活についての質問も。報道陣から「ずっとお酒を断たれていると思いますが、奥様と一緒に解禁される予定はありますか?」と聞かれると、「現在禁酒を始めて4年目なのですが、(自分自身で)10 年はお酒を断つと言ってしまったので、(お酒を飲むまでに)もう少し時間がかかるかなと思います。ただ、番組でなどでも言っているのですが、おめでたいということで周りが飲ませようとするので、(現役時代は攻撃的なポジションでしたが...more
カテゴリー:

【ボクシング】村田諒太、端正なマスクの挑戦者に「見た目では勝てない」4・15初防衛戦 WBA世界ミドル級王者[18/01/22] - 01月22日(月)13:38  mnewsplus

村田諒太、端正なマスクの挑戦者に「見た目では勝てない」4・15初防衛戦 2018年1月22日13時25分 スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20180122-OHT1T50120.html 村田諒太 ◆報知新聞社後援 プロボクシング▽WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 村田諒太―エマヌエーレ・ブランダムラ(4月15日、神奈川・横浜アリーナ) プロボクシングの帝拳ジムは22日に都内で会見を開き、所属するWBA世界ミドル級王者・村田諒太(32)が、4月15日にWBA世界同級10位、WBC・...
»続きを読む
カテゴリー:

県勢Azul入れ替え戦へ フットサル四国リーグ入れ替えチーム決定戦 - 01月22日(月)09:26 

フットサルの四国リーグ昇格を懸けた入れ替えチーム決定戦は21日、高知県の中芸広域体育館結いの丘ドームで各県代表4チームが出場して総当たりのリーグ戦を行った。
カテゴリー:

ダイエー消えてもドムドムは不滅。6年ぶり新規出店で復活目指す - 01月22日(月)05:00 

日本生まれで国内初のバーガーチェーンとして知られる「ドムドムハンバーガー」が昨年12月8日、ロゴも制服も一新し再出発のための一歩を踏み出しました。さらに6年ぶりとなる新規店舗も開店、競争が激化するハンバーガー業界で同社はかつての輝きを取り戻せるのでしょうか。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者・佐藤昌司さんがドムドムハンバーガーの今後を占います。 「ドムドム」が復活。マクドナルドに勝つために必要なこととは 象のブランドロゴでおなじみのハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が新しく生まれ変わり、復活を遂げるべく出店を強めていくようです。 ホテル事業や再生事業を手掛けるレンブラントホールディングスは12月8日、ダイエー傘下のオレンジフードコートから昨年7月にドムドムハンバーガー事業を承継してから初の新規出店店舗となる「ドムドムバーガー厚木店」(神奈川県厚木市)をオープンしました。ドムドムハンバーガーから新規店舗がオープンするのは約6年ぶりのことです。15日には「ラフレ初生店」(静岡県浜松市)もオープンしています。 「ドムドム」と聞いて懐かしく思う人も少なくないのではないでしょうか。1号店を東京都町田市に出店したのが1970年で、マクドナルド(71年)やモスバーガー(72年)よりも早く日本で展開を始めた国内初のハンバーガーチェーンとされていますが...more
カテゴリー:

おもしろポスター:逆さにしても読める SNSで話題に - 01月21日(日)12:08 

 文字を逆さにしても読める不思議な文字アートが、佐賀県唐津市の競艇場「ボートレースからつ」の開設64周年記念「G1全日本王者決定戦」(24~29日)のポスターに採用され、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で話題になっている。
カテゴリー:

もっと見る

「決定戦」の画像

もっと見る

「決定戦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる