「決勝進出」とは?

関連ニュース

「音楽チャンプ」新シリーズ開幕! 黒木瞳絶賛の現役女子高校生が準決勝へ - 11月20日(月)05:00 

関ジャニ∞の村上信五と女優の黒木瞳がMCを務める「今夜、誕生!音楽チャンプ」(テレビ朝日系)で、新シリーズとなる夢応援オーディション『第1回 歌唱チャンプ』が開幕。11月19日に、1回戦Aブロックの模様が放送され、6人の挑戦者が真剣なパフォーマンスを繰り広げ、準決勝進出の2人が決定した。 【写真を見る】いよいよ新シリーズ「第1回歌唱チャンプ」が開幕! 強豪ぞろいだ/(C)テレビ朝日 夢応援オーディション『第1回 歌唱チャンプ』は、1回戦、準決勝、決勝と3回の審査でチャンプを決定する新シリーズ。19日放送の1回戦Aブロックでは、女子高校生の柿原穂乃佳とプロ歌手のfumikaが高得点を挙げ、準決勝進出を果たした。 15歳の柿原は広島出身で、昨年「第40回ひろしまフラワーフェスティバル2016」で行われた『フラワー音楽祭 歌のコンテスト』で姉が1位、自身は2位を獲得。姉妹ユニットを組み、地元の福山市では既に、注目を集める存在だ。 そんな娘の才能を小さいころから父親が全面的にバックアップ。親子二人三脚でプロを目指してきた。 1回戦では「最後の雨」で、黒木瞳が「歌の神様に力をもらっている」と感嘆する歌声を披露。審査員を務めた小柳ルミ子も「私は好きです。ひたむきさを感じました」と高評価を出した。 一方で、“鬼の”菅井秀憲からは「誰かに歌わされている気がする…」との課題も提示されたが、挑戦者6人...more
カテゴリー:

【高校サッカー】千葉県予選決勝は『流通経済大柏vs市立船橋』に!13年度以来、5年連続で同カード - 11月19日(日)23:51  mnewsplus

第96回全国高校サッカー選手権大会千葉県予選は19日、準決勝2試合を柏の葉公園総合競技場で行い、 流通経済大柏高と市立船橋高がそれぞれ勝利し、決勝に歩みを進めた。 2013年度以来、5年連続で同カードとなる。 1試合目は流通経済大柏と日体大柏高が対戦。スコアレスで迎えた後半、流通経済大柏は計8本のシュートを放つも、得点を奪うことができず。 10分ハーフの延長戦では互いに決定的な場面をつくることができないまま、勝敗の行方はPK戦に委ねられた。 1人目のMF宮本優太(3年)ら4人が成功した先攻の流通経済大柏に対し、後攻...
»続きを読む
カテゴリー:

清商の流れ汲む清水桜が丘が初V PK戦で静学撃破 - 11月19日(日)11:33 

 静岡県の高校サッカーに新たな歴史が刻まれた。清水桜が丘がPK戦の末、4-3で静岡学園を撃破。2013年の開校(清水商と庵原が統合)以来3度目の決勝進出で、初優勝(清水商では12度)を飾った。史上12校目の「県代表校」として臨む全国選手…
カテゴリー:

【サッカー/速報】ACL決勝・第1戦 浦和が前半7分に貴重なアウェー弾で先制も38分にアルヒラルに追い付かれ前半終了(※BS日テレ等で放送中) - 11月19日(日)02:27  mnewsplus

浦和が10年ぶりACL制覇へ貴重なアウェー弾! 緊迫の決勝第1戦は1-1で後半へ ◆R・シルバが先制ゴール GK西川好セーブ連発もアル・ヒラルに追いつかれる  浦和レッズが10年ぶりのアジア制覇に向けて、現地時間18日に敵地サウジアラビアでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝第1戦アル・ヒラル戦に臨み、前半7分にFWラファエル・シルバが先制ゴール。同38分に同点ゴールを許したものの、1-1の同点でハーフタイムに突入した。 【動画】友情を超えた深い絆!? ポドルスキと槙野が渋谷スクランブル交差点で大はしゃぎ  アル・ヒ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本が決勝進出=アジアプロ野球 - 11月18日(土)23:11 

新設の国際大会、アジアプロ野球チャンピオンシップは18日、東京ドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」は台湾を8―2で下し、2戦2勝の1位で決勝に進出した。
カテゴリー:

「第1回 歌唱チャンプ」11・26、決勝まで一挙放送 - 11月20日(月)05:00 

 テレビ朝日系リアリティ・オーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』(毎週日曜 後9:58〜11:05)で19日、「第1回 歌唱チャンプ」1回戦Aブロックの挑戦者6人のパフォーマンスと審査結果が放送された。準決勝進出を決めたのは、15歳・女子高生の柿原穂乃佳(かきはら・ほのか)と27歳・プロ歌手のfumika(ふみか)。次週、26日には、1回戦Bブロック、準決勝、そして決勝までの模様が一挙放送される。 【写真】Aブロック6人の挑戦者  19日の放送で、中西保志の「最後の雨」を歌い、MCの黒木瞳から「歌の神様に力をもらっている」絶賛されたのは柿原。広島県出身で、昨年『第40回ひろしまフラワーフェスティバル2016』で行われた『フラワー音楽祭 歌のコンテスト』で、姉が1位、自身は2位を獲得し、姉妹ユニットを組むなど地元の福山市ではすでに注目を集める存在。そんな娘の才能を小さい頃から全面的にバックアップしてきた父親と二人三脚でプロを目指している。  審査員を務めた歌手で女優の小柳ルミ子も「私は好きです。ひたむきさを感じました」と高評価。“厳しすぎて怖い”と話題のボイストレーナー・菅井秀憲氏は「誰かに歌わされている気がする…」と指摘するも、挑戦者6人中、1位通過を決めた。  一方、fumikaは、プロとして年間180以上のステージに立ちながら、これまで目立ったキャリアはなし。今...more
カテゴリー:

早大は4強ならず=皇后杯サッカー - 11月19日(日)17:36 

 サッカーの第39回皇后杯全日本女子選手権は19日、ユアテックスタジアム仙台で準々決勝2試合が行われ、早大(関東・東京)はノジマ神奈川相模原(なでしこ1部)に3-4で敗れ、準決勝進出を逃した。なでしこ1部リーグ勢対決となったもう1試合は、浦和が1-1からのPK戦の末にマイナビ仙台を破った。 12月21日に行われる準決勝は日テレ(なでしこ1部)-浦和、千葉(なでしこ1部)-ノジマ神奈川相模原の顔合わせ。 [時事通信社]
カテゴリー:

ネタ順配慮の『M-1』新ルール 「トップバッター不利&敗者復活有利説」を追う【後編】 - 11月19日(日)07:00 

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2017』決勝進出者が15日に発表され、ジャルジャル、かまいたち、カミナリ、マヂカルラブリー、ミキ、さや香、とろサーモン、和牛、ゆにばーすの9組に決定した。例年であれば、決定と同時にネタ順の抽選が行われるが、今回から「笑神籤(えみくじ)」と呼ばれる新ルールが導入された。前編では、同ルールの内容をひも解きながら、『M-1』と同大会が復活するまでの2011年から14年まで『THE MANZAI』における「トップバッター不利説」を検証。ここでは、大トリでネタを披露する「敗者復活組」に焦点を当ててみたい。 【個別ショット】『M-1』決勝進出が決定したジャルジャルら9組  『M-1』における敗者復活制度は、2002年の第2回からスタート。ネタ順がラストとなる敗者復活組からの上位3組の最終決戦進出は11組中8組で、そのうちサンドウィッチマン(07年)とトレンディエンジェル(15年)の2組は優勝。直近の6大会では、必ず最終決戦へと駒を進めており、トップバッターと比べると戦績の差は歴然としている。03年の敗者復活組であったアンタッチャブルが、翌04年に見事優勝したことで、現在まで続く「敗者復活有利説」の源流ができてきたと考えられる。  3年後の07年にサンドウィッチマンが、敗者復活からの下克上を達成したことで、その流れは一気に加速。翌08年には「ズレ漫才...more
カテゴリー:

侍ジャパン、決勝進出 台湾破り、1位で予選突破 - 11月18日(土)23:12 

 新設の国際大会「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ」は18日、東京ドームで予選リーグ最終戦があり、日本代表「侍ジャパン」が台湾を8―2で破り、2勝無敗の1位で予選を突破した。19日に東京…
カテゴリー:

日本が決勝進出=台湾下し、韓国戦-アジアプロ野球 - 11月18日(土)22:52 

 新設の国際大会、アジアプロ野球チャンピオンシップは18日、東京ドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」は台湾を8-2で下し、2戦2勝の1位で決勝に進出した。 決勝は19日に同ドームで行われ、日本は2位通過の韓国と対戦する。 日本は二回に外崎(西武)のソロで先制し、五回は京田(中日)の適時打で2点。七回に松本(日本ハム)の二塁打などで3点を加え、八回は京田の内野安打、九回は外崎の二塁打で加点した。先発した今永(DeNA)が6回3安打無失点、12奪三振と好投した。 [時事通信社]
カテゴリー:

もっと見る

「決勝進出」の画像

もっと見る

「決勝進出」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる