「決勝敗退」とは?

関連ニュース

<南東北インターハイ>山火・根反組が準V 互いを信じ気迫の演技 なぎなた演技 - 08月12日(土)09:33 

相手を打つ「しかけ」と、受け止めて打ち返す「応じ」の呼吸が重なる。なぎなた演技の山火、根反組は気迫のこもった剣さばきで準優勝。3年の山火は昨年まで2年続けて準決勝敗退だった。「互いを信じて2位に入れた
カテゴリー:

【バレー】全国大会出場校を「抽選」で決定 中学バレー九州予選、台風の影響で「珍事」 - 08月08日(火)19:54  mnewsplus

https://www.j-cast.com/2017/08/08305455.html?p=all 中学バレーボールの九州ブロック大会で、全国大会の出場校が「抽選」で決定するという珍事が起きた。台風5号の影響で、2017年8月7日に行われる予定だった準決勝以降の全試合が中止となったためだ。 しかし、なぜ抽選なのか。J-CASTニュースは、大会を運営する九州中学校体育連盟の理事長に尋ねた。 「抽選外れた選手たちのことを思うと...」 17年の全国中学バレーボール大会は、8月22日から宮崎県で開幕する。これは全国9ブロックの予選大会を突破した男女各36チームが集ま...
»続きを読む
カテゴリー:

海老原ら決勝進めず=増野は準決勝敗退-世界陸上 - 08月07日(月)07:47 

 【ロンドン時事】陸上の世界選手権第3日は6日、ロンドンで行われ、女子やり投げ予選では斉藤真理菜(国士舘大)が60メートル86の全体16位となったのが最高で、海老原有希(スズキ浜松AC)、宮下梨沙(大体大TC)の3人とも決勝に進めなかった。 男子110メートル障害の増野元太(ヤマダ電機)は13秒79の1組7着で、日本勢初の決勝進出はならなかった。 女子100メートル決勝はトリ・ボウイ(米国)が10秒85で初の金メダルを獲得。リオデジャネイロ五輪金メダルのエレン・トンプソン(ジャマイカ)は5位。 女子マラソンは清田真央(スズキ浜松AC)が2時間30分36秒で16位に入ったのが日本勢最高で、安藤友香(同)は17位、重友梨佐(天満屋)は27位。日本勢は11大会連続の入賞を逃した。ローズ・チェリモ(バーレーン)が2時間27分11秒で優勝した。 [時事通信社]
カテゴリー:

錦織は準決勝敗退 - 08月06日(日)10:33 

テニスのシティ・オープンは5日、ワシントンで行われ、男子シングルス準決勝で、世界ランキング9位で第2シードの錦織圭は同8位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に3―6、4―6で敗れた。
カテゴリー:

錦織は準決勝敗退=青山組が女子複優勝-テニス - 08月06日(日)10:03 

 【ワシントン時事】テニスのシティ・オープンは5日、ワシントンで行われ、男子シングルス準決勝で、世界ランキング9位で第2シードの錦織圭(日清食品)は同8位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に3-6、4-6で敗れた。 錦織は第1、第2セットとも序盤にサーブを破られ、一度もブレークポイントを握れなかった。 女子ダブルス決勝では青山修子(近藤乳業)レナタ・ボラコバ(チェコ)組がユージニー・ブシャール(カナダ)スローン・スティーブンス(米国)組を6-3、6-2で下して優勝した。青山はツアー通算7勝目。 [時事通信社]
カテゴリー:

世界陸上男子200m飯塚翔太選手、準決勝敗退 - 08月10日(木)05:28 

 世界陸上男子200メートル準決勝第1組飯塚翔太選手は、20秒62で5着。決勝進出を逃しました。(10日05:01)
カテゴリー:

男子110障害、増野が準決勝敗退 世界陸上 - 08月07日(月)21:15 

 陸上の世界選手権第3日は6日、ロンドンで行われ、女子100メートルでは、リオデジャネイロ五輪銀メダルのトリ・ボウイ(米)が10秒85で初優勝。リオ五輪金メダルのエレン・トンプソン(ジャマイカ)は5位…
カテゴリー:

錦織は準決勝敗退=青山組が女子複優勝-シティOPテニス - 08月06日(日)11:53 

 【ワシントン時事】テニスのシティ・オープンは5日、ワシントンで行われ、男子シングルス準決勝で、世界ランキング9位で第2シードの錦織圭(日清食品)は同8位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に3-6、4-6で敗れた。 錦織は第1、第2セットとも序盤にサーブを破られ、一度もブレークポイントを握れなかった。 女子ダブルス決勝では青山修子(近藤乳業)レナタ・ボラコバ(チェコ)組がユージニー・ブシャール(カナダ)スローン・スティーブンス(米国)組を6-3、6-2で下して優勝した。青山はツアー通算7勝目。 [時事通信社]
カテゴリー:

テニス:錦織、準決勝敗退 シティOP - 08月06日(日)10:12 

 テニスのシティ・オープンは5日、ワシントンで行われ、男子シングルス準決勝で第2シードの錦織圭(日清食品)は第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に3-6、4-6で敗れ、決勝進出はならなかった。20歳の相手にサーブとストロークで押された。
カテゴリー:

【世界陸上】100m準決勝敗退のサニブラウン「いや~やらかしました。盛大にやらかしました」と苦笑い 「レベル的には全然いけた」 - 08月06日(日)04:58  mnewsplus

男子100メートル準決勝(各組2着まで+タイム上位2人が決勝進出)が行われ、 日本選手権短距離2冠のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=は、 スタート直後に躓く痛恨のミスで10秒28(向かい風0・2メートル)の2組7位に終わり、 日本人初の決勝進出を逃した。 レース後は膝をついて悔しがった。 取材ゾーンでは開口一番「いや~やらかしました。盛大にやらかしました」と苦笑い。 予選からスタートを修正したが、「いい角度だったと思うけど、足がついてこなかった」と振り返った。 終盤も巻き返せず「若...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「決勝敗退」の画像

もっと見る

「決勝敗退」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる