「池谷のぶえ」とは?

関連ニュース

樹木希林、山崎努主演作「モリのいる場所」夫婦役での初共演に感激 - 04月22日(日)15:35 

 伝説の画家・熊谷守一を描いた映画「モリのいる場所」完成披露試写会が4月22日都内であり、山崎努、樹木希林、吉村界人、青木崇高、池谷のぶえら出演者と沖田修一監督が舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】イベントの写真はこちら  時流に無頓着で文化勲章も辞退し、「仙人」と呼ばれた守一と、そんな夫との暮らしを楽しんでいる妻・秀子の結婚52年目(昭和49年)のある1日の物語を紡ぐ。  モリこと守一を演じた山崎は、「昨夏撮影が終わって、偶然にもこの春、国立近代美術館で展覧会があり、ちょっとした熊谷ブームが起きたそう。ぼくも取材を受け、それ以来、守一さんとずっと付き合っています。そして今日、皆さんに映画見ていただいて完成、一段落です。ありがとうございます」と喜びを語る。  守一の妻、秀子を演じた樹木は、「文学座の先輩で、私が入団した当時、山崎さんは黒澤さんの映画に出ていた憧れの人で、まったく遠い人。ただの一度も同じ画面で芝居したことない」「(出演オファーの)電話をいただき、(主演が)山崎さんですと聞いて、『やらせていただきたい!』とすぐに言いました。18歳以来、本当にそんなことがあると思っていませんでした。とてもありがたい気持ちでした」と初共演を喜んだ。  そのコメント受けた山崎は、「撮影に入って、希林さんの演技を見て、守一さんが独自の生き方をして、自宅から30年出ないという生活...more
カテゴリー:

樹木希林、憧れの的だった山崎努との初共演の喜びを語る!「とてもありがたいお仕事でした」 - 04月22日(日)15:33 

30年間以上にわたり家の敷地から出ずに庭にいる生きものたちを描写しつづけたことで知られる画家・熊谷守一のエピソードをもとに、彼の晩年の日常を描いた『モリのいる場所』(5月18日公開)の完成披露試写会が22日、東京・渋谷のユーロライブで開催。主人公モリを演じた山崎努と、妻・秀子役の樹木希林をはじめ、吉村界人、青木崇高、池谷のぶえ、沖田修一監督が登壇した。 【写真を見る】作品の世界をイメージしたステージにキャスト&監督が集合 『キツツキと雨』(12)以来となる沖田とのタッグに山崎は「監督は準備の間は慎重で、僕がなにか言ってもすぐに返事が返ってこない。ところが現場に入ると一転して即断即決。とてもいい反応でした。その切り替えがすばらしかったと思います」と絶賛。 また、本作で初の沖田作品出演となる樹木も「私は偏屈で人をなかなか認めたくないタイプの人間なんですが、沖田監督は役者としては一番うれしい、人間を見てくれる監督。これからを期待をしていますので頑張ってください」とエールを送る。日本映画界の重鎮2人から熱烈な賛辞を送られた沖田は「これから頑張ろうかなと思います」と囁くように語り、恐縮した様子を見せた。 かつて同じ劇団「文学座」に所属していた山崎と樹木2人は、意外にも本作が初共演。その感想を訊ねられると、劇中での夫婦役さながらに息ぴったりの2人は同時にマイクを持ち上げる。そして樹木が「夫を差...more
カテゴリー:

上川隆也主演、『執事西園寺の名推理』初回7.9% - 04月16日(月)14:03 

 俳優の上川隆也が主演するテレビ東京系金曜8時のドラマ『執事西園寺の名推理』(毎週金曜 後8:00)の初回が13日に放送され、番組平均視聴率7.9%を記録していたことが16日わかった。同局のゴールデンタイムの平均6.7%(2018年1月期)を上回る好スタートを切った。 【写真】メインキャストが勢ぞろい  上川が“パーフェクトな執事”西園寺に扮し、奥様・百合子(八千草薫)のいかなる望みにも応えるべく事件までも解決してしまうミステリー。初回の第1話では、スイーツコンテスト開催直前に有名パティシエの殺人事件が起き、西園寺と百合子も殺人事件に巻き込まれたが、西園寺と新米執事・澤田慎次(浅利陽介)、伊集院家のメイド・前田美佳(岡本玲)、板倉明美(池谷のぶえ)も総出で、犯行現場から防犯カメラに映ることなくコンテスト会場に戻るトリックを鮮やかに見破り、真犯人を突き止めた。  西園寺が執事になる前の経歴は謎に包まれており、元警察庁長官の政治家・大川龍之介(古谷一行)が西園寺の動きをマークするなどいわくありげ。城南第一署の刑事・丸山昭雄(佐藤二朗)や柴田公平(平山祐介)も程よいバランスでドラマを盛り上げていた。 【関連記事】 “執事”上川隆也、優雅に紅茶をサービング「向いてるのかも」 (18年04月11日) 上川隆也主演『執事 西園寺の名推理』佐藤二朗、浅利陽介らレギュラー出演 (18年0...more
カテゴリー:

樹木希林、山崎努主演作「モリのいる場所」夫婦役での初共演に感激 - 04月22日(日)15:35 

伝説の画家・熊谷守一を描いた映画「モリのいる場所」完成披露試写会が4月22日都内であり、山崎努、樹木希林、吉村界人、青木崇高、池谷のぶえら出演者と沖田修一監督が舞台挨拶に立った。時流に無頓着で文...
カテゴリー:

山﨑努と樹木希林、2人の名優にも物怖じしない?!「モリのいる場所」沖田修一監督インタビュー - 04月19日(木)16:31 

 山﨑努と樹木希林の日本映画界を代表する名優コンビが、伝説の画家・熊谷守一夫妻を演じた映画「モリのいる場所」。「モヒカン故郷に帰る」「横道世之介」の沖田修一監督がメガホンをとり、晩年の熊谷守一をユーモアたっぷりに描いている。多くの人を魅了する熊谷守一の魅力と、山﨑、樹木の名優コンビとの撮影について沖田監督に語ってもらった。 【写真で見る】本作の着想についてを明かす沖田監督 映画「モリのいる場所」は、30年間ほとんど家の外へ出ることなく、自宅の庭にいる生き物たちを見つめ描き続けていた熊谷守一のユニークな生活スタイルを軸に、ユーモアあふれる人たちと織りなす晩年のとある1日を描いた作品。熊谷守一(通称:モリ)を山﨑が、妻・秀子を樹木が演じ、ほかにも加瀬亮、吉村界人、光石研、青木崇高、吹越満、池谷のぶえ、きたろう、三上博史など一癖も二癖もある個性派キャストが揃った。 ──本作のモデルは画家の熊谷守一さんですね。劇中でも触れていますが、晩年に発表した作品は子どもが描いた絵と間違えられるような作品で、外出もほとんどせず、自宅の庭で生き物を見続けていたなど、調べれば調べるほど面白い魅力的な人ですよね。 そうですよね。守一さんは本当に魅力的な方です。 ──沖田監督が熊谷さんのことを知ったのは「キツツキと雨」の撮影中に、山﨑努さんから聞いたのがきっかけだそうですね。 岐阜でロケをしてい...more
カテゴリー:

上川隆也、色気&上品さを兼ね備えた“完璧な執事”姿に注目『執事 西園寺の名推理』 - 04月13日(金)20:56 

4月13日よりテレビ東京系でスタートした連続ドラマ『執事 西園寺の名推理』(毎週金曜20:00~)。本作は、伊集院家の当主・百合子(八千草薫)のもと、上川隆也演じるパーフェクトな執事・西園寺が、次々に起こる難事件を解決していく痛快なオリジナルミステリー・エンターテインメントだ。13日に放送された第1話は、百合子が支援をしている奥村香澄(内山理名)がマネジメントをしているパティシエ・青木(葛山信吾)らが出場するスイーツコンテストで起きた殺人事件を、西園寺が解決する……という展開だった。登場人物が多い中、推理・サスペンスものとして、細かなカット割りとテンポの良さで明瞭に見せていく演出は、重すぎることもなく、軽すぎることもなく、とてもバランスが良く、『三匹のおっさん』シリーズなどを生み出してきた「金曜20時」という枠にはピッタリで小気味が良い。基本的に1話完結なのだが、西園寺のバックヤードに関する謎が各所に散りばめられており、ラストに向けて大きなうねりが起こりそうだ。こうした作品全体としての特性もさることながら、何よりも興味深いのが、個性派俳優たちが演じる登場人物の“キャラクターの濃さ”だ。上川演じる西園寺は、主人のいかなる望みもパーフェクトに叶えるという設定だが、彼の何ともいえない色気と上品さは、執事としての説得力抜群だ。一方で、体力仕事の時は、パーフェクトな執事らしからぬ微妙な言い訳...more
カテゴリー:

「池谷のぶえ」の画像

もっと見る

「池谷のぶえ」の動画

Wikipedia

池谷 のぶえ(いけたに のぶえ、1971年5月22日 - )は、日本の女優。本名、池谷 伸枝(読み仮名同じ)。茨城県出身。身長158cm。B:111、W:96、H:114cm。体重83kg。血液型はA型。特技はワープロの早打ち、卓球。1994年、ブルースカイ、小村裕次郎らとともに東洋大学演劇研究会のメンバーを中心に劇団・演劇弁当猫ニャーを旗揚げ。看板女優をつとめる。現在はダックスープ所属。

出演作品 映画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる