「池田純矢」とは?

関連ニュース

池田純矢の「エン*ゲキ」シリーズ最新作が開幕! - 04月26日(木)17:34 

俳優・池田純矢が企画、脚本、演出する「エン*ゲキ」シリーズの第3弾『ザ・池田屋!』が4月20日、東京・紀伊国屋ホールにて開幕。公演に先立ち、公開ゲネプロと囲み取材が行われた。エン*ゲキ#03「ザ・池田屋!」チケット情報(PC)「エン*ゲキ」シリーズは、「演劇は娯楽であるべきだ」を信条に、すべての世代が楽しめ、笑い、感動できる王道エンタテインメント作品を深く追求するべく立ち上げられた企画。今回は、幕末に京都の旅館で起きた「池田屋事件」を、襲撃された側の尊皇攘夷派志士・吉田稔麿(としまろ)の視点から描く、ハイテンポ・ハイテンション・コメディ。稀代の秀才・稔麿を中心に、史実に基づきながらも新たな解釈のオリジナルストーリーを展開している。囲み取材では池田に加え、鈴木勝吾、松島庄汰、中島早貴、松尾貴史が登壇。まず、作・演出を手がけ、高杉晋作役を務める池田が「すべての役それぞれが魅力的ですが、僕は新撰組隊士に注目してほしい。一瞬だけ出てくるキャラクターにも、それぞれが過ごしてきた人生があるんです。その一瞬の煌きをお見逃しなく! そして「エン*ゲキ」は、どこまでもエンタテインメントでありたいと考え、企画しました。劇場で2時間楽しんでもらい、幸せだったなと感じて劇場を出ていただけたらうれしいです」とコメントし、吉田稔麿役の鈴木は「毎日が初日だと思って、いい緊張感を持って頑張りたいです! 僕には長ゼ...more
カテゴリー:

鈴木勝吾、「生きる願望なくなっていた」演劇に救われた揺るぎない覚悟 - 04月15日(日)06:50 

 「普通に生きている僕こそ夢で、舞台をやっているときの方が自分の真実というか…生を実感できるんです」。芝居への熱い思いをそう語るのは、俳優・鈴木勝吾だ。盟友・池田純矢が手掛ける舞台「エン*ゲキ」シリーズの第3弾『ザ・池田屋!』の上演を控える鈴木に、本作への思いや、生きる意味を見失ってから芝居に救われた過去、役者としての信条などを語ってもらった。【写真】鈴木勝吾、舞台「エン*ゲキ」シリーズ第3弾『ザ・池田屋!』インタビューフォトギャラリー 鈴木演じる幕末の時代に実在した天才志士・吉田稔麿(としまろ)を中心に、独自の解釈を加えながら「池田屋事件」を軽妙に描く本作。稔麿の魅力を「“平凡であることが自分である”と、そのままを受けとめているのが本当に素敵」と分析する鈴木は「エンタメとして皆が笑顔になれるものを伝えたいなと思います。格好よく殺陣をして、楽しく踊って、賑やかに笑わせて、スパッと終わりたい」と思いを語る。また「舞台にもっと色々な人が来てくれるような作品になればいいなと思います。『演劇ってハードル高いよね』と思われたくない」としたうえで「紀伊國屋はマイクもないですし、生の声がそこで聞けるのは、DVDや映画ではもらえないこと。そういうものを大切に、エンタメを届けられたら」と抱負を明かす。 劇中では、稔麿、攘夷派、新選組それぞれの信条が、笑いを交えながらぶつかり合っていく。役者としての信...more
カテゴリー:

池田純矢が出演し作・演出まで行う 「エン*ゲキ」最新作の見どころは? - 04月20日(金)18:00 

“エン= Entertainment:娯楽+ゲキ= Act:芝居”をコンセプトにした「エン*ゲキ」を立ち上げ、出演のほか、作・演出も手掛ける池田純矢。現在25歳にして、その多彩な活動が注目される彼が自らの活動を振り返る。
カテゴリー:

「池田純矢」の画像

もっと見る

「池田純矢」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる