「池松壮亮」とは?

関連ニュース

【映画】池松壮亮、香港映画祭で東京の生きづらさ語る「この状況をなんとかしたい」 - 04月28日(金)17:05 

http://natalie.mu/eiga/news/230669 2017年4月28日 15:00 「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の上映が、現地時間4月23日と25日に第41回香港国際映画祭にて行われ、キャストの池松壮亮、監督の石井裕也が出席した。 同映画祭のGalas部門に正式出品された本作。23日の上映前には舞台挨拶が実施され、石井は「香港には何回も来ていますが、来るたびに大きな刺激を受ける街です。この作品をこのような形で皆さんにお見せできることを大変光栄に思います」と、 池松は「香港の皆さまがこの作品を観てどんなことを感じるか、とて...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

トム・クルーズ、パンチ受けながら演技指導!「ジャック・リーチャー」ブルーレイ&DVD特典映像 - 04月25日(火)12:00 

 トム・クルーズ演じる元米軍秘密捜査官が活躍するヒット作「アウトロー」の続編「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」のブルーレイ&DVDに収録されている特典映像が、公開された。 ・「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」ブルーレイ&DVD特典映像はこちら!  軍を離れて以来、身分証明書や携帯電話、車など一切を持たず、着の身着のまま各地を放浪するジャック・リーチャー(クルーズ)が、スパイ嫌疑をかけられた元同僚・ターナー少佐(コビー・スマルダース)の身の潔白を晴らそうと奔走するさまを描く。クルーズと「ラスト サムライ」でも組んだエドワード・ズウィック監督がメガホンをとった。  映像では、クルーズが撮影を振り返るほか、リーチャーとターナーを追うハンター役のパトリック・ヒューシンガーが登場。ヒューシンガーは「アクションが多いから、個人トレーナーと何時間も訓練した。けがをせず、体が適切に動くよう理学療法も受けたよ。食事も厳しく管理された。1日の摂取カロリーが決められ、糖類を押さえる“パレオダイエット”を行った。そして1カ月半の間、スタントの訓練を受けたんだ」と語る。  製作も務めるクルーズは「パトリック(・ヒューシンガー)は、アクションが未経験なのに個性を確立した。スタントコーディネーターのウェイド・イーストウッドたちとは長年仕事をしてきたが、全体のトーンは僕...more
in English
カテゴリー:

石井裕也監督作品オールナイト上映が5月6日に開催決定!「舟を編む」「ゴ」など9本 - 04月23日(日)19:30 

 石井裕也監督による長編第12弾「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の公開を記念し、5月6日に東京・テアトル新宿で「石井裕也監督作品オールナイト」が開催されることが決定した。  松田龍平&宮崎あおい共演の「舟を編む」、妻夫木聡主演の「ぼくたちの家族」といった長編2作から、罵倒や怒声だけで撮られた「吠える」、漫画「ドラゴンボール」を映画化しようと奮闘する若者を描いた「ゴ」などの短編7作を上映。トークイベントも行われ、石井監督はもちろん、石井組に3度参加している俳優・池松壮亮が登壇する。  石井監督は、24歳でアジア・フィルム・アワードの「第1回エドワード・ヤン記念アジア新人監督大賞」に輝き、「川の底からこんにちは」(2009)では第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少で受賞。さらに「舟を編む」(13)は第37回日本アカデミー賞の最優秀作品賞ほか、国内映画賞を席巻し、第86回米アカデミー賞外国語映画部門の日本代表作品に選出された。  また「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」は、池松&石橋静河がダブル主演し、最果タヒ氏の現代詩集を映画化。排他的な東京で、生きづらさを抱えながら暮らす若者2人のラブストーリーを描いた。5月13日に東京・新宿ピカデリー、渋谷ユーロスペースで先行公開、5月27日から全国順次公開。 【作品情報】 ・映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ 【関連記...more
in English
カテゴリー:

池松壮亮&松田龍平が作業着姿で肩を組む 石井裕也監督作の新場面写真披露 - 04月21日(金)15:00 

 「舟を編む」で知られる石井裕也監督の長編第12弾で、石橋静河と池松壮亮がダブル主演した「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の新場面写真が、このほど披露された。工事現場で働く慎二(池松)、智之(松田龍平)が肩を組む様子や、ガールズバーで熱心に話し込むシーンなどを切り取った。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  2016年5月に発売された、最果タヒ氏による現代詩集が原作。同作は異例の累計売り上げ2万7000部を突破し、現代詩の難解なイメージ自体を覆した。「いま最も新しい表現者」として注目を集める最果氏の詩は、平易かつ静謐(せいひつ)な言葉で綴られ、小説では表現しきれない現代人の憂鬱と希望を浮き彫りにする。  舞台は2017年の東京。看護師として働く傍ら、夜はガールズバーに勤務する美香(石橋)と、死の気配を常に感じている日雇い労働者の慎二(池松)の出会いと恋の始まりを描き出す。ほか佐藤玲、三浦貴大、ポール・マグサリン、市川実日子、松田龍平、田中哲司らが共演している。  新場面写真では、慎二と同じ工事現場で働く冴えない中年男性・岩下(田中)や、美香のかつての恋人・牧田(三浦)らの姿も確認できる。「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」は、5月13日に東京・新宿ピカデリー、渋谷ユーロスペースで先行公開、5月27日から全国順次公開される。 【作品情報】 ・舟を編む ...more
in English
カテゴリー:

湊かなえ原作映画『少女』DVD&BD発売! 佐藤玲さん「自分のために観て」 - 04月18日(火)14:31 

湊かなえさんの同名小説が原作の映画『少女』のDVD&Blu-rayが発売! 紫織役でご出演の佐藤玲さんが、映画について語ってくださいました。 ●湊かなえさん原作ですが、最初に出演が決まった時はいかがでしたか? 湊さん原作ということを最初は意識していなくて、初めに監督とプロデューサーとお話しした時に、初めて強く意識したことを覚えています。まさか自分のような人間が湊さん原作の作品に、と思いました。いつかは、とあこがれていましたので。『告白』も観ていましたし、「Nのために」も観ていましたので、とてもうれしかったです。 ●こういうジャンルは興味ありましたか?   そうですね。読むとしたらミステリーものが多くて、湊さん、乃南アサさん、宮部みゆきさんなど、女性作家さんのミステリーは、けっこう読んでいました。 ●今回の『少女』ですが、映画を観た感想は?   人の死を観てみたいという感情については、監督にもどう思うか聞かれていました。女子高生が自分の手で誰かを殺すとかではなくて、死を目の当たりにしてみたいという気持ちは、すごく純粋だなって、怖いけれど観てみたい、それはかわいいなと思いました。若さから来ているんだなって、本心で見てみたいんだなって思いました。 ●そういう性格の表現について、監督とディスカッションはしましたか?   オーディションの際に少しお話をしましたが、基本的には自由に演...more
in English
カテゴリー:

小栗旬「本気になれない」若手俳優・堀家一希、先輩からのビンタに感謝 - 04月25日(火)22:00 

小栗旬と西島秀俊の共演が話題のアクションエンタテイメント作品『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジテレビ系列、毎週火曜21:00~)の第3話が放送され、その中で、若手俳優の堀家一希が物語の鍵を握るテロリスト役を好演。堀家がインタビューに応じ、小栗との共演や、テレビドラマで初めて挑んだ大役への思いを語った。このドラマは、『SP』シリーズや『BORDER』などで知られる直木賞受賞作家の金城一紀が、5年以上前から構想してきたアクションエンタテイメント作品。元自衛隊員の稲見朗(小栗)と元公安の田丸三郎(西島)らが所属する特捜班が様々な葛藤を抱えながら、謎のテロリスト集団“平成維新軍”を始めとした規格外の敵に立ち向かっていく姿が描かれる。堀家は、岡山出身の19歳で、俳優を目指して上京。子どもの頃にお笑い芸人に憧れ、その後、映画『ザ・マジックアワー』(2008年・三谷幸喜監督)で名優・西田敏行の姿を見て「芝居でも面白い事ができる」と知り俳優を目指すようになったという。そんな彼が、いくつかの舞台やドラマなどへの出演を経て、注目作『CRISIS』の第3話に出演。稲見と田丸と拳を交える平成維新軍の青年・藤崎正一という大役に抜擢された。出演のきっかけはオーディションで、その時の事を振り返り「やっちゃったんです」と笑顔を見せた堀家。審査会場で殺陣の振りを教えられ実践した際に、誤って相手役...more
in English
カテゴリー:

小栗旬「本気になれない」若手俳優・堀家一希、先輩からの“ビンタ”に感謝 - 04月24日(月)16:36 

小栗旬と西島秀俊の共演が話題のアクションエンタテイメント作品『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジテレビ系列、毎週火曜21:00~)の第3話が放送され、その中で、若手俳優の堀家一希が物語の鍵を握るテロリスト役を好演。堀家がインタビューに応じ、小栗との共演や、テレビドラマで初めて挑んだ大役への思いを語った。このドラマは、『SP』シリーズや『BORDER』などで知られる直木賞受賞作家の金城一紀が、5年以上前から構想してきたアクションエンタテイメント作品。元自衛隊員の稲見朗(小栗)と元公安の田丸三郎(西島)らが所属する特捜班が様々な葛藤を抱えながら、謎のテロリスト集団“平成維新軍”を始めとした規格外の敵に立ち向かっていく姿が描かれる。堀家は、岡山出身の19歳で、俳優を目指して上京。子どもの頃にお笑い芸人に憧れ、その後、映画『ザ・マジックアワー』(2008年・三谷幸喜監督)で名優・西田敏行の姿を見て「芝居でも面白い事ができる」と知り俳優を目指すようになったという。そんな彼が、いくつかの舞台やドラマなどへの出演を経て、注目作『CRISIS』の第3話に出演。稲見と田丸と拳を交える平成維新軍の青年・藤崎正一という大役に抜擢された。出演のきっかけはオーディションで、その時の事を振り返り「やっちゃったんです」と笑顔を見せた堀家。審査会場で殺陣の振りを教えられ実践した際に、誤って相手役...more
in English
カテゴリー:

池松壮亮&松田龍平が作業着姿で肩を組む 石井裕也監督作の新場面写真披露 - 04月21日(金)15:00 

「舟を編む」で知られる石井裕也監督の長編第12弾で、石橋静河と池松壮亮がダブル主演した「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の新場面写真が、このほど披露された。工事現場で働く慎二(池松)、智之...
in English
カテゴリー:

王女ミイラVSトム・クルーズ 映画『ザ・マミー』予告編が公開 - 04月20日(木)08:00 

 米俳優のトム・クルーズが主演する映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(7月28日公開)のティザービジュアル、最新予告編が20日、解禁された。 【動画】今度のトムは一般人 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』予告編  『魔人ドラキュラ』(1931年)、『フランケンシュタイン』(31年)など、今日まで世界中の人々を魅了し続けてきたユニバーサル・スタジオのモンスターたち。同作は、そのなかでもミイラというキャラクターの原型である作品『ミイラ再生』(32年)のリブート版となる。  始まりは、古代エジプト。誰よりも気高く美しい王女アマネットは、次期女王として選ばれていた。しかしその約束は裏切られ、激しい怒りと力への欲望をため込んだ彼女は闇に堕ち、生きながらにして棺に封印され、歴史と共に地下深くに埋められた。それから、2000年の時を経て、中東砂漠で調査中に彼女の棺が発掘される。そして、憎悪を募らせた王女が再びこの世に目覚め、全ての人間たちへ想像を絶する復讐を始める。  解禁された予告編は、中東の砂漠でアラブ風の民族衣装に身を包み、「アドベンチャー魂はどこいった?」と、地図を手に双眼鏡をのぞきこむクルーズの姿から始まり、爆撃で崩落した街の地面から現れる古代遺跡と棺、古代エジプト時代の王女と前にそびえるピラミッド、次々に襲ってくるミイラなど、古代エジプトと現代ロンドンを舞台に繰り広げられ...more
in English
カテゴリー:

池松壮亮は生きるのが大変そう…石井裕也監督が心配!?映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』完成披露舞台挨拶 - 04月17日(月)20:36 

石橋静河、池松壮亮。映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』 『舟を編む』の石井裕也監督最新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が5月27日(土)より全国ロードショーを迎える。4月17日(月)、新宿ピカデリーにて完成披露舞台挨拶が行われた。イベントには、池松壮亮、石橋静河、松田龍平、田中哲司、...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「池松壮亮」の画像

もっと見る

「池松壮亮」の動画

Wikipedia

池松 壮亮(いけまつ そうすけ、1990年7月9日 - )は、日本の俳優である。福岡県出身。福岡大学附属大濠高校 古本武尊選手と小中高の同級生、日本大学藝術学部映画学科監督コース卒業 。ホリプロ所属。

略歴

2001年、10歳のときにミュージカルライオン・キングのヤングシンバ役でデビュー2001年4月福岡公演(福岡シティ劇場)に出演。。

2003年、ハリウッド映画ラストサムライで映画初出演。主人公・オールグレン(トム・クルーズ)と心を通わす少年・飛源を演じて、第30回サターン賞では若手俳優賞にノミネートされた。

2005年、映画鉄人28号で主人公・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる