「池井戸潤」とは?

関連ニュース

『陸王』第8話、走る風間俊介に感動の嵐!「神様か仏様なのか」「イイ人すぎる…」 - 12月11日(月)11:15 

 役所広司が主演を務める日曜劇場『陸王』(TBS系/毎週21時放送)の第8話が10日に放送され、風間俊介演じる銀行員・坂本の活躍に感動する声が多数寄せられた。【関連】「山崎賢人」フォトギャラリー ドラマ『陸王』は、『半沢直樹』『下町ロケット』の池井戸潤の同名小説を映像化した作品。老舗足袋メーカー「こはぜ屋」4代目社長・宮沢紘一(役所)が経営不振に陥った会社を存続させるため、足袋製造のノウハウを活かしたランニングシューズ「陸王」を開発、世界的シューズメーカー「アトランティス社」と対峙していく。  前回、ランニングシューズ「陸王」を評価するランナーの茂木(竹内涼真)の期待に応えるべく、奮闘し続けていたこはぜ屋だったが、「陸王」製造の要であるシルクレイ製造機の故障で、窮地に立たされてしまう。銀行員の坂本(風間俊介)からの“会社を売らないか”との提案に対して宮沢は「100年続いたこはぜ屋の暖簾を手放せというのか!」と激昂する。シルクレイ製造機の作り直しには高額な資金が必要だが、資金の目処は立っていない。そんな中、こはぜ屋に出入りするドライバーの江幡(天野義久)から、市民駅伝への参加を持ちかけられる。宮沢はその提案を一度は断るも、「陸王」が少しでも人の目に触れることで興味を持つ人がいるかもしれないと思い直し、息子の大地(山﨑賢人)らとチームを組み、出場を決意する。 今回のエピソードでは、市民...more
カテゴリー:

【ドラマ】「陸王」第8話視聴率 自己最高更新17・5% - 12月11日(月)09:14  mnewsplus

 俳優の役所広司(61)が主演を務めるTBS日曜劇場「陸王」(日曜後9・00)の第8話が10日に放送され、平均視聴率は自己最高の17・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。  第1話(10月15日)は日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」2時間スペシャル(20・4%)、第2話(10月29日)はフジテレビ「プロ野球・日本シリーズ」(11・2%)、第4話(11月12日)はテレビ朝日の映画「シン・ゴジラ」(15・2%)、第6話(11月26日)は日本テレビ「誰も知らない明石...
»続きを読む
カテゴリー:

【年間本ランキング】『うんこ漢字ドリル』が総合上位を席巻! キミスイ文庫がミリオン突破 - 12月02日(土)13:30 

 ORICON NEWSでは2017年の年間本ランキングを発表。ベテラン作家による『九十歳。何がめでたい』が、昨年からのロングセラーでBOOK総合1位を獲得。『日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル』がシリーズ合計220万部(11月27日付)を超える快挙を成し遂げたほか、子ども向けの作品が上位を賑わせた。また文芸分野では、村上春樹の新作『騎士団長殺し』にも厚い支持が集まった。さらに2017年に映画化され大ヒットとなった『君の膵臓をたべたい』の文庫化が唯一ミリオンを突破するなど、映像化作品の好影響も目立つ結果となった。 【BOOK総合ランキング表】児童書が上位席巻! エッセイ、小説もバラエティ豊かに ■ベテラン作家が日本に喝!『九十歳。何がめでたい』がロングセラーで総合1位   BOOK総合部門で年間1位となった『九十歳。何がめでたい』(16年8月発行)は、作家・佐藤愛子の本音と愛が詰まったエッセイ。フラットなスタンスから繰り出される現代への「怒り」や「嘆き」は、ネット社会で匿名による誹謗中傷が横行する昨今に快い一撃となった。共感の輪の広がりが年をまたいで昨年36位→1位とロングベストセラーを生み出した。 ■BOOK総合上位を席巻! 子どもの心を掴んだキラーワード「うんこ」  最大の話題作となったのが、2位・6位・9位・18位・24位・37位に飛び込んできた『日本一楽し...more
カテゴリー:

赤ちゃんなのに、中身はムロツヨシ!?ボス・ベイビーの強烈なキャラが炸裂! - 11月30日(木)12:00 

「怪盗グルー」シリーズのユニバーサル・スタジオと「シュレック」シリーズのドリームワークス・アニメーションがタッグを組んだ注目作『ボス・ベイビー』(18年3月21日公開)。 【写真を見る】ぷにぷにせずにはいられない!キュートさ全開の前売り特典と、吹替版予告映像はこちらからチェック/[c]2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved. 今年の春に全米で公開された本作は、週末興行収入ランキングで2017年No. 1ヒット作『美女と野獣』を抑えて2週連続で1位を獲得し、全世界で5億ドルに迫るヒットを記録。そんな本作の日本語吹替版予告映像が公開された。 両親と3人で幸せに暮らす7歳のティムの元に、弟としてやってきたのは、黒いスーツに白いシャツを着込み、ネクタイをビシッと締めた、見た目は赤ちゃん、中身は人使いの荒いおっさんという、強烈なキャラクターの“ボス・ベイビー”だった。そのギャップに世界中は大熱狂!はやくも2021年に続編の公開が決定している。 日本語吹替版で“ボス・ベイビー”の声を演じるのは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」をはじめ『銀魂』や『斉木楠雄のΨ難』など、これまでに100本を超える映画やドラマでパワフルかつ個性的な演技を見せつづけているムロツヨシ。 オリジナル版では大御所俳優アレック・ボールドウィンがユーモラスに演じきっ...more
カテゴリー:

高橋一生、『民衆の敵』笑顔でクランクアップ「雰囲気が大好きでした」 - 11月27日(月)14:55 

俳優の高橋一生がこのほど、フジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(毎週月曜21:00~)のクランクアップを迎えた。 主演の篠原涼子演じる新人市議会議員・佐藤智子が、腐った政治をぶった斬っていく同作で、政治一家のサラブレットの新人議員役で出演している高橋。 12月25日に放送される最終話(第10話)のシーンですべての撮影を終え、「本当にあっという間の3カ月でした。夏の暑い時期に音声さんがセミと格闘していたのを今、昨日のことのように思い出します」と笑顔であいさつした。 また、「僕はこの『民衆の敵』の現場の雰囲気が大好きでした。楽しくお芝居できるような環境を作っていただき本当に感謝しています」とも。「また皆さんとご一緒できればと思っていますので、その時はよろしくお願いいたします。ありがとうございました!」と締めくくった。 (C)フジテレビ 【関連記事】 ・高橋一生、篠原涼子に"スイーツ男子"と暴露され照れ笑い「大好きです」 ・月9『民衆の敵』と池井戸潤が"連立政権"!? 高橋一生つながりで意気投合 ・高橋一生『anan』で初ヌード披露 - キスやベッドシーンで"大人の官能"表現 ・藤原さくら、2度目の月9も女子高生役に不安「いけるか…?」 ・志尊淳、高橋一生との"ラブラブ"ぶり告白「受け身で女性の気分味わいたい」
カテゴリー:

陸王:第8話視聴率は17.5%と自己ベスト更新! 松岡修造の意味あり… - 12月11日(月)10:09 

 俳優の役所広司さん主演で、人気作家・池井戸潤さんの小説を実写化した連続ドラマ「陸王」(TBS系、日曜午後9時)の第8話が10日に放送され、平均視聴率は17.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、…
カテゴリー:

好調ドラマ「陸王」にヨネスケ出演「興奮している」 - 12月03日(日)09:09 

 TBS日曜劇場「陸王」(午後9時放送)の第7話に落語家でタレントのヨネスケ(69)が出演することが3日、同局から発表された。  池井戸潤原作の「陸王」(集英社刊)は先月19日放送の第5話で、番組平均視聴率16・8%と過去最高視聴率を記…
カテゴリー:

「君の名は。」「陸王」で注目の上白石萌音 「こんな娘がほしいと思ってもらえたら…」 - 11月30日(木)18:15 

'16年、ヒット映画「ちはやふる」に出演し、大ヒット劇場アニメ「君の名は。」でヒロインの声を演じるなどして、その名をとどろかせた上白石萌音。映像作品にとどまらず、ミュージカル、歌手と多岐に活躍する彼女は、幼少期から歌と踊りが大好きな子だった。 【写真を見る】「歌と踊りが好きだった」上白石の幼少期の写真を公開! 「家にピアノがあって音楽は身近な存在でしたが、椅子にじっとしていられない子だったので、お母さんが『この子はミュージカルが好きなのではないか』とたくさん作品を見せてくれてたんです。だから、当時から舞台に立つことに憧れていたんです」 その後、海外生活を経験し帰国。そして13歳のとき、「第7回東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞し、芸能界へ。 「私の中にあったお芝居は舞台のものだったので、初めて映像作品に出たときはどうすればいいのか分からず、苦戦しました。動きが大きくてカメラからはみ出しちゃうし、普通に動くというのも分からなくて。でも、映画『だいじょうぶ3組』('13年)の廣木(隆一)監督が私にお芝居をゼロから厳しく植え付けてくださったんです」 ■ 「陸王」の宮沢家はちょっと暗い!? おかげでフィールドを選ばずにさまざまな演技ができるように!この秋は連ドラレギュラー2作目にして、池井戸潤原作ドラマ「陸王」(TBS系)に出演し、ランニングシューズの開発に挑戦する主人公の...more
カテゴリー:

シューフィッター役の右團次 『陸王』和田正人演じる平瀬のラストランに「だだ泣き」 - 11月27日(月)17:29 

歌舞伎俳優の三代目市川右團次が26日アメブロを更新。同日に放送された自身が出演するTBS系日曜劇場『陸王』第6話についてつづった。 「いやぁ~泣けたぁ~私的には…前半の平瀬のラストラン!平瀬役の和田さん…楽屋でも超ムードメーカーなので…だだ泣きしました 男仲間の話に…弱いです…私」と「ダイワ食品陸上部」の陸上部員・平瀬孝夫役で出演する俳優の和田正人にもふれながらつづり、キャストらとの集合写真を公開した。 この投稿に「私も泣けました…」「昨日も涙涙の1時間でした」「感動しました」など共感のコメントが寄せられている。 TBSテレビ系日曜劇場『陸王』は池井戸潤氏の同名小説を原作とした、10月15日より毎週日曜夜9時に放送中のテレビドラマ。創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」が社運を賭けてランニングシューズ開発に挑む企業再生ストーリー。四代目社長の宮沢紘一を俳優の役所広司が演じ、市川は米国の一大スポーツ用品メーカー「アトランティス」日本支社のシューフィッター・村野尊彦役を演じる。 第6話は、怪我から復帰しニューイヤー駅伝のメンバーに選考されたダイワ食品陸上部のエース・茂木裕人(竹内涼真)がこはぜ屋の「陸王」シューズを選び出場することを決意。3位で4区を走るエース・立原隼斗(宇野けんたろう)にタスキがつながれるも順位を落としてしまい、6区を走る茂木裕人の出番。同じ区間を走...more
カテゴリー:

松岡修造、イメージ一新!?冷静な敏腕社長役で『陸王』出演 - 11月27日(月)11:01 

プロテニスプレーヤーの松岡修造が、役所広司主演の連続ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~)にて、テレビドラマ初レギュラー出演を果たすことがわかった。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所が、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じているほか、その息子・大地役に山﨑賢人、実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人役に竹内涼真、陸王にぴったりのソール素材「シルクレイ」の特許を持つ飯山役に寺尾聰といった豪華出演者が出演している。五輪でメインキャスターを務め、スポーツキャスターとしての活躍はもとより、世界を目指すテニスのトップジュニアの指導を行うなど後進の育成にも尽力している松岡。本作では、「こはぜ屋」が企業再生できるどうかの大きなカギとなるアパレルメーカー「フェリックス」社長・御園丈治役を演じる。礼儀正しく真っすぐな熱い男である一方で、ビジネスに対しては冷静に分析ができる敏腕社長という役どころだ。御園は、12月3日放送の第7話から登場する。松岡は「現役を退いて20年、一つの夢でもあった“演じる”ということ。ただ『陸王』。いきなり初心者がテニスでいうグランドスラムに出場するようなもので...more
カテゴリー:

もっと見る

「池井戸潤」の画像

もっと見る

「池井戸潤」の動画

Wikipedia

池井戸 潤(いけいど じゅん、1963年6月16日 - )は、日本の小説家岐阜県出身。岐阜県立加茂高等学校から慶應義塾大学文学部および法学部卒。

来歴 デビュー前

子どもの頃から、図書館にある国内外のミステリを読み漁る日々を送り、特に江戸川乱歩賞受賞作は必ず買って読むほどで、いつか自分で書きたいと作家を志すきっかけになった。

1988年、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。1995年、32歳の時に同行を退職し、コンサルタント業のかたわら、ビジネス書の執筆や税理士会計士向けのソフトの監修をしていた。ビジネス書の執筆業は順調だったが、テーマが限られていることから将来に不安を感じ始め、夢だった江戸川乱歩賞を目指し始める。

デビュー後

最終選考での1度の落選を経て、1998年、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる