「池井戸潤」とは?

関連ニュース

最強にカッコ良い!山崎賢人作品ランキング - 10月18日(水)07:30 

数多く存在する若手イケメン俳優の中でも、甘いマスクで人気上昇中の山崎賢人。『半沢直樹』『下町ロケット』で有名な池井戸潤原作の10月スタートの新ドラマ『陸王』(TBS系)への出演も話題になりました。 そんな山崎賢人が出演してきた数多くの作品の中でも、特に彼がカッコ良いと思われているのはどの作品なのでしょうか。そこで今回は、山崎賢人が最強にカッコ良い作品について探ってみました。 1位 デスノート 2位 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 3位 好きな人がいること ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『デスノート』! 大人気漫画『DEATH NOTE』を原作としたこの作品は、2006年に映画化され、藤原竜也、松山ケンイチらが主要キャストを演じたことで話題になりました。2015年にはテレビドラマ版が放送され、山崎賢人は映画版で松山ケンイチが演じた名探偵・L(エル)を演じ、注目を集めました。 ドラマではLに近づくためにメイクを施しており、それがセクシーな雰囲気につながり、女性ファンが「カッコイイ」と大熱狂。また、トレードマークである白シャツが彼の色気を倍増! つかみどころのないクールなキャラクターも手伝い、彼のカッコ良さが引き立っていると思った人が多数。1位となりました。 2位は『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』! こちらも大人気漫画『ジョジョの奇妙...more
カテゴリー:

注目の池井戸潤ドラマ「陸王」第1話、いきなりの熱い展開に「涙腺崩壊」【視聴熱】10/15デイリーランキング - 10月17日(火)05:45 

webサイト「ザテレビジョン」では、10月15日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。 【画像を見る】役所広司がシューズ開発に奔走!池井戸潤ドラマ「陸王」、熱い展開に第1話から「涙腺崩壊」の声が続々 ■ 人物ランキング 宮野真守が宣言通りに「愛が溢れまくる」横浜アリーナ公演 1位 嵐/2位 宮野真守/3位 東方神起 宮野真守…10月15日に「MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2017 ~LOVING!~」横浜アリーナ公演を開催。宮野は当日開始前にブログを更新し、「愛が、たぁ~~~っぷり、溢れまくる時間を、共に過ごしましょうね」と盛り上げ、参加したファンからは「愛が溢れすぎ」「最高に楽しかった」などの感想ツイートが上がった。宮野は今月放送がスタートしたTVアニメ「血界戦線&BEYOND」(BS11ほか)に出演しているほか、11月23日(木)からは劇団☆新感線の舞台「髑髏城の七人 Season月」の“下弦の月”チームで主演を務める。 ■ ドラマランキング 池井戸潤ドラマ「陸王」の熱い展開に、第1話から「涙腺崩壊」の声 1位 陸王/2位 おんな城主 直虎/3位 世にも奇妙な物語 陸王…池井戸潤原作の連続ドラマが10月15日にTBS系で放送開始。2時間スペシャルとなった第1話では、創業100年以上の足袋製造会社・こはぜ屋の4代目社長・宮沢(役所広司)が、資金繰りに悩...more
カテゴリー:

【テレビ】「陸王」「ドクターX」…マンネリドラマの恐るべき破壊力 - 10月16日(月)19:37  mnewsplus

10月16日、前日に放送されたドラマ「陸王」(TBS系)の視聴率が発表され、14.7%と高い数字だったことがわかった。 TBSの日曜21時の枠ではおなじみの、池井戸潤氏原作のこのドラマ。過去に「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット」が放送され、いずれも高い視聴率を残している。 ネットに書き込まれた視聴者の感想にも、過去の作品との比較が見受けられ「半沢やルーズヴェルトと同じ感じ…不覚にも泣いたけど」 「パターンが似てるけど好き」「日曜劇場×池井戸潤にハズレなし」など、概ね好評のようだ。 「池井戸作...
»続きを読む
カテゴリー:

緒形拳の孫・敦『陸王』でついにテレビ初出演「全力で挑戦するのみ」 - 10月16日(月)14:05 

緒形拳の孫であり、緒形直人の息子である緒形敦が、TBSの連続ドラマ『陸王』(毎週日曜21:00~、 ※10月29日放送の第2話は15分拡大)でテレビ初出演、また俳優デビューを果たした。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所は、創業100年以上もの歴史を誇る、埼玉県行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じている。敦の祖父にあたる緒形拳は、俳優としてNHK大河ドラマ『太閤記』(1965年)や『峠の群像』(1982年)で主演を務め、TBSでも東芝日曜劇場や大型時代劇『徳川家康』(1988年)など数々のテレビドラマや映画で活躍。また父の緒形直人もNHK大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)で主演を務め、ほかにもフジテレビ系列の『北の国から』シリーズやTBS日曜劇場『南極大陸』(2011年)など、俳優として数々のドラマや映画で存在感を放っている。そんな祖父や父を持つ敦が演じるのは、宮沢の息子・大地(山﨑賢人)の同級生・広樹だ。大地が心を許せる友人の一人で、大地同様、自身も就職活動で苦労する身。しかし、老舗足袋屋の息子であることに反発し、就職活動を続けるものの上手く行かない大地を気に掛けていると...more
カテゴリー:

緒形拳の孫・敦『陸王』でついにテレビ初出演「全力で挑戦するのみ」 - 10月16日(月)14:00 

緒形拳の孫であり、緒形直人の息子である緒形敦が、TBSの連続ドラマ『陸王』(毎週日曜21:00~、 ※10月29日放送の第2話は15分拡大)でテレビ初出演、また俳優デビューを果たした。 池井戸潤の…
カテゴリー:

上白石萌音『Lovefes2017』に出演「涙が出そうなくらい嬉しかった」 - 10月17日(火)14:29 

女優で歌手の上白石萌音が16日自身のアメブロを更新。長崎で開催された『Lovefes2017』出演への感謝や、自身が出演するTBSテレビ系日曜劇場『陸王』の第1話の放送を報告した。 「きのうはあれもこれもありがとうございました!」と始めた上白石はまず長崎水辺の森公園一帯で開催された『Lovefes2017』への出演について「雨だったーでも本当に沢山の方々が聴きに来てくださっていて涙が出そうなくらい嬉しかったです 皆さんの音楽への愛というか情熱をとても感じました」と感謝。 風邪をひかないようにと呼びかけながら「楽屋でてるてる坊主」とてるてる坊主にお祈りする姿の写真を公開。「この子ちょっと小雨にしてくれた ありがとね」とつづった。 続けて15日に第1話が放送されたTBSテレビ系日曜劇場『陸王』について「いかがでしたか?もう、一人の出演者としてもそうですがそんな枠を超えて大好きなドラマです 皆さんと共有できることが嬉しい」と興奮をつづり「これからこはぜ屋がどうなって行くのか 陸王がどうなって行くのかぜひ見届けてください、よろしくお願いします!」とアピールしてしめくくった。 TBSテレビ系日曜劇場『陸王』は小説家・池井戸潤氏原作のテレビドラマ。創業から100年以上続く老舗足袋業者“こばせ屋”が社運を賭けてランニングシューズ開発に挑む企業再生ストーリーで、主演でこばせ屋の四代目社長・...more
カテゴリー:

【ドラマ】<「陸王」「ドクターX」…>マンネリドラマの恐るべき破壊力 - 10月16日(月)21:21  mnewsplus

10月16日、前日に放送されたドラマ「陸王」(TBS系)の視聴率が発表され、14.7%と高い数字だったことがわかった。  TBSの日曜21時の枠ではおなじみの、池井戸潤氏原作のこのドラマ。過去に「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット」が放送され、いずれも高い視聴率を残している。ネットに書き込まれた視聴者の感想にも、過去の作品との比較が見受けられ「半沢やルーズヴェルトと同じ感じ…不覚にも泣いたけど」「パターンが似てるけど好き」「日曜劇場×池井戸潤にハズレなし」など、概ね好評のようだ。 「池井戸作品...
»続きを読む
カテゴリー:

佐野岳、日曜劇場『陸王』第1話に「何度も鳥肌」“ライバル”竹内涼真との2ショットも公開 - 10月16日(月)18:16 

俳優の佐野岳が16日自身のアメブロを更新。出演中の日曜劇場『陸王』に感動した様子をつづり、共演者で俳優の竹内涼真との2ショットも公開した。 「みなさん陸王1話いかがでしたか?」と始めた佐野は「あっという間の2時間でした!何度も鳥肌の立つシーンがあり全身ブツブツの2時間でした 笑」と笑いながら自賛。 日本の陸上長距離界を担う天才ランナー・毛塚直之役を演じている佐野は「竹内涼真とのライバル関係の変化にも注目していってもらいたいと思います!」と、かつては箱根駅伝5区でデッドヒートを繰り広げたが、現在は不調に苦しむ茂木裕人役を演じる竹内にもふれながら期待をあおった。 最後は「気温も徐々に寒くなってきました。ばっちばちの熱いドラマ 陸王でみなさん温まっていただきまた、明日からも頑張ろうと思っていただけると幸いです!是非2話からもよろしくお願いします!」とつづり、竹内との2ショットを公開。 この投稿に「でもこれから日曜が楽しみ」「第2話も楽しみにしてます」など放送を楽しみにするファンからのコメントが寄せられている。 TBSテレビ系日曜劇場『陸王』は池井戸潤氏の同名小説を原作とした、10月15日より毎週日曜夜9時に放送中のテレビドラマ。創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」が社運を賭けてランニングシューズ開発に挑む企業再生ストーリー。四代目社長の宮沢紘一を俳優の役所広司、宮沢...more
カテゴリー:

緒形拳の孫・敦『陸王』でついにテレビ初出演「全力で挑戦するのみ」 - 10月16日(月)14:00 

緒形拳の孫であり、緒形直人の息子である緒形敦が、TBSの連続ドラマ『陸王』(毎週日曜21:00~、 ※10月29日放送の第2話は15分拡大)でテレビ初出演、また俳優デビューを果たした。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所は、創業100年以上もの歴史を誇る、埼玉県行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じている。敦の祖父にあたる緒形拳は、俳優としてNHK大河ドラマ『太閤記』(1965年)や『峠の群像』(1982年)で主演を務め、TBSでも東芝日曜劇場や大型時代劇『徳川家康』(1988年)など数々のテレビドラマや映画で活躍。また父の緒形直人もNHK大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)で主演を務め、ほかにもフジテレビ系列の『北の国から』シリーズやTBS日曜劇場『南極大陸』(2011年)など、俳優として数々のドラマや映画で存在感を放っている。そんな祖父や父を持つ敦が演じるのは、宮沢の息子・大地(山﨑賢人)の同級生・広樹だ。大地が心を許せる友人の一人で、大地同様、自身も就職活動で苦労する身。しかし、老舗足袋屋の息子であることに反発し、就職活動を続けるものの上手く行かない大地を気に掛けていると...more
カテゴリー:

『陸王』第1話、崖っぷち足袋メーカー再起の物語に「泣けた」など大反響! - 10月16日(月)11:32 

 役所広司が主演を務める日曜劇場『陸王』(TBS系/毎週日曜21時放送)の第1話が15日に放送され、視聴者からは「陸王最高すぎる」と早くも感動の声が広がっている。【関連】豪華キャスト陣集結!『陸王』特別試写会の様子 原作は、『半沢直樹』『下町ロケット』を生み出したベストセラー作家・池井戸潤による企業小説で、ドラマスタッフも『半沢』『下町』チームが再結集。埼玉県行田市を舞台に、経営不振に陥る老舗の足袋メーカー「こはぜ屋」4代目社長・宮沢紘一(役所広司)が会社存続のため、足袋の良さを生かした“裸足”感覚を追求したランニングシューズ「陸王」を開発し、世界的シューズメーカー「アトランティス社」と対峙していく姿を描く。 1話は宮沢が、埼玉中央銀行に追加融資の相談に訪れた際、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業を提案されるところから始まる。宮沢は自社ならではのランニングシューズ開発を思い立ち、社員一丸となって試作品作りを繰り返す。出来上がった一足は、ケガをした選手のための矯正用のシューズとして使ってもらえる可能性を見出す。 そんなある日、宮沢は、長男・大地(山崎賢人)を連れ出し、愛知県豊橋市で行われる国際マラソン大会を見に行く。彼らの目の前で、「ダイワ食品」の実業団ランナー・茂木裕人(竹内涼真)が、「アジア工業」の毛塚直之(佐野岳)とのデッドヒート末、ひざを負傷。ケガをした茂木に試作品を使...more
カテゴリー:

もっと見る

「池井戸潤」の画像

もっと見る

「池井戸潤」の動画

Wikipedia

池井戸 潤(いけいど じゅん、1963年6月16日 - )は、日本の小説家岐阜県出身。岐阜県立加茂高等学校から慶應義塾大学文学部および法学部卒。

来歴 デビュー前

子どもの頃から、図書館にある国内外のミステリを読み漁る日々を送り、特に江戸川乱歩賞受賞作は必ず買って読むほどで、いつか自分で書きたいと作家を志すきっかけになった。

1988年、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。1995年、32歳の時に同行を退職し、コンサルタント業のかたわら、ビジネス書の執筆や税理士会計士向けのソフトの監修をしていた。ビジネス書の執筆業は順調だったが、テーマが限られていることから将来に不安を感じ始め、夢だった江戸川乱歩賞を目指し始める。

デビュー後

最終選考での1度の落選を経て、1998年、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる