「池井戸潤」とは?

関連ニュース

人気ドラマのパロディに視聴者も爆笑『家政夫のミタゾノ』第1話 - 04月21日(土)11:37 

 TOKIOの松岡昌宏が主演を務めるドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第1話が20日深夜に放送され、人気ドラマのパロディや時事ネタを取り入れたシーンの数々に「流行りものをさらっと扱うところが好き」「完全に陸王wwww」などの声が多数投稿された。【写真】松岡昌宏&剛力彩芽が登場『家政夫のミタゾノ』制作発表記者会見フォトギャラリー ドラマ『家政夫のミタゾノ』は、女装した家政夫・三田園薫が派遣された家庭・家族の“根深い汚れ”を型破りな方法で落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ。2016年10月期に放送された第1シリーズが大きな反響を呼び、約1年半ぶりにカムバック。松岡演じる三田園のパートナーとして新人家政婦役に剛力彩芽が新加入することも話題だ。 むすび家政婦紹介所の新人・五味麻琴(剛力)は、先輩家政婦から三田園薫(松岡)の噂話を聞かされていた。ある日、麻琴は「花沢ネジ製作所」という小さな町工場へ派遣される。麻琴は真面目な社長と、彼を献身的に支える妻にほだされ、二人のために尽力することを決意。しかしその矢先、銀行の融資担当者・岡田(是近敦之)が工場へ“融資の打切り”をほのめかしにやってくる。ひょんなことから岡田のシャツに醤油をこぼしてしまった麻琴。激怒した岡田は麻琴を解雇しろと息巻くが、そこに買い物袋を下げた三田園が現れる…。 家族経営の下町工場、日本...more
カテゴリー:

サザンオールスターズ、新曲「闘う戦士たちへ愛を込めて」が映画『空飛ぶタイヤ』主題歌に決定! 最新予告映像も公開!! - 04月18日(水)12:46 

サザンオールスターズ 6月25日にデビュー40周年を迎えるサザンオールスターズの3年ぶりとなる新曲が6月15日(金)に公開される池井戸潤原作映画『空飛ぶタイヤ』の主題歌に決定した。 サザンの新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」は、2015年に発表されたアルバム『葡萄』以来、約3年ぶりとなる新曲。「...
カテゴリー:

タイヤが空を飛ぶな! - 04月18日(水)04:21  news

サザン 3年ぶり新曲は映画「空飛ぶタイヤ」主題歌、原作池井戸氏歓喜 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000001-spnannex-ent 6月にデビュー40周年イヤーに突入する国民的バンド「サザンオールスターズ」が、5年ぶりに映画主題歌を手がけた。作家池井戸潤氏(54)の作品が初めて映画化される「空飛ぶタイヤ」(監督本木克英、6月15日公開)に、3年ぶりの新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」を提供した。  TOKIO・長瀬智也(39)の主演で、リコール隠しをする大企業に立ち向かう男たちを描...
»続きを読む
カテゴリー:

長瀬智也主演「空飛ぶタイヤ」主題歌はサザンオールスターズの書き下ろし楽曲! - 04月18日(水)04:00 

 「TOKIO」の長瀬智也主演で池井戸潤氏のベストセラー小説を映画化する「空飛ぶタイヤ」の主題歌を、国民的人気グループ「サザンオールスターズ」が担当することがわかった。本作のために書き下ろされた曲のタイトルは「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」。2015年に発表されたアルバム「葡萄」以来、約3年ぶりの新曲だ。  「下町ロケット」「半沢直樹」などで知られる池井戸氏の同名小説を、「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英監督のメガホンで初映画化。物語の発端となるのは、ある日突然起きたトラックの脱輪事故。トラックの所有主である運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)、製造元であるホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)が、それぞれの立場で事故を追っていくさまを描き出す。  6月25日にデビュー40周年を迎える「サザンオールスターズ」。池井戸作品ならではの痛快なエンディングを盛り上げる「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」は、リーダー・桑田佳祐ならではの痛烈な歌詞、キャッチ―なメロディが際立ち、社会の矛盾やストレスに苛まれながらも働く“闘う者たち”への讃歌ともいえる楽曲に仕上がっている。矢島孝プロデューサーは「二面性、いや多面性のあるドラマに乗る曲はサザンオールスターズしかないと思いました!」とオファーの理由を明かしている。 ...more
カテゴリー:

サザンオールスターズ、新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」が映画『空飛ぶタイヤ』主題歌に決定 - 04月18日(水)04:00 

6月25日にデビュー40周年を控えたサザンオールスターズの3年ぶりとなる新曲が6月に公開される池井戸潤原作の映画『空飛ぶタイヤ』主題歌に決定した。
カテゴリー:

サザン、3年ぶり新曲が映画『空飛ぶタイヤ』主題歌に 最新予告解禁 - 04月18日(水)18:00 

 サザンオールスターズが、池井戸潤による累計170万部突破の同名小説を原作に、長瀬智也が主演を務める映画『空飛ぶタイヤ』の主題歌を担当することが明らかになった。併せて、主題歌『闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて』をいち早く聞くことができる最新予告映像が公開された。【写真】「ディーン・フジオカ」フォトギャラリー 池井戸作品で初の映画化となる本作は、トレーラーの脱輪事故をきっかけに、整備不良を疑われた運送会社の社長・赤松(長瀬)が、トレーラーの製造元であるホープ自動車が行ったと思われる“リコール隠し”の真相を追及する姿を描く。長瀬のほか、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史らが出演する。 今回解禁となった予告映像では、度重なる悲劇に追いつめられる赤松が「最後まで闘う」と覚悟を決める様子のほか、ディーン、高橋ら豪華キャスト陣がそれぞれの正義に立ち向かっていく姿がとらえられ、そんな彼らを鼓舞するように『闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて』が流れる。 2015年に発表されたアルバム『葡萄』以来、約3年ぶりの新曲となる本楽曲は、社会で闘う人たちを描いた映画の世界観と地続きの、桑田佳祐にしか書けない痛烈な歌詞と、それをポップスに昇華するサザンオールスターズの真髄が際立つナンバー。長瀬はこの曲について「社会で、日々戦っている汗臭さみたいなものを感じました。そして、頑張れと言われて...more
カテゴリー:

【音楽】40周年サザン、3年ぶり新曲 TOKIO長瀬主演映画の主題歌に - 04月18日(水)05:06  mnewsplus

2018年4月18日4時0分 スポーツ報知 40周年サザン、3年ぶり新曲 TOKIO長瀬主演映画の主題歌に  6月25日にデビュー40周年を迎えるサザンオールスターズが、TOKIO・長瀬智也(39)主演の映画「空飛ぶタイヤ」(6月15日公開、本木克英監督)の主題歌「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」を歌うことが17日、分かった。  アルバム「葡萄」(15年)以来3年ぶりの新曲で、公開日に配信される。「下町ロケット」「陸王」の作家・池井戸潤氏の同名人気小説が原作。正義のため、自動車会社のリコール隠しに立...
»続きを読む
カテゴリー:

40周年のサザンオールスターズ、ついに本格始動!長瀬・ディーン・一生共演の『空飛ぶタイヤ』主題歌を書き下ろし - 04月18日(水)04:00 

6月25日(月)にデビュー40周年を控えたサザンオールスターズの3年ぶりとなる新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」が、6月15日(金)に公開される映画『空飛ぶタイヤ』の主題歌に決定した。 【写真を見る】長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生共演『空飛ぶタイヤ』のサザン主題歌入り予告をチェック!/[c]2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会 累計170万部を突破した池井戸潤の小説を映画化した本作は主演に長瀬智也を迎え、共演にディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史ら実力派が集結。「下町ロケット」「半沢直樹」「陸王」など数多くドラマ化されてきた池井戸作品が、満を持して初めて映画化されることで注目の本作。 その注目度を押し上げる主題歌が、サザンオールスターズ待望の新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」だ。2015年に発表されたアルバム『葡萄』以来、約3年ぶりのリリースとなる本楽曲は、社会で闘う人たちを描いた映画の世界観と地続きの、過酷な現代社会を切り抜いた“桑田節”炸裂の痛烈な歌詞と、それをポップスに昇華するサザンの真髄が際立つ書き下ろし楽曲に仕上がった。 物語の発端は、ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長の赤松は車両自体に欠陥があったことに気が付き、製造元である大手自動車会社・ホープ自動車の戦略課課長・沢田に再調査を要求する。同じ頃、...more
カテゴリー:

サザンオールスターズ、6月に3年ぶり新曲 映画『空飛ぶタイヤ』主題歌 - 04月18日(水)04:00 

 TOKIOの長瀬智也が主演する映画『空飛ぶタイヤ』(6月15日公開)の主題歌が、サザンオールスターズの「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」に決定した。6月25日にデビュー40周年を控えるサザンにとって、2015年に発表されたアルバム『葡萄』以来、約3年ぶりの新曲。主演のTOKIO・長瀬智也は「社会で、日々戦っている汗臭さみたいなものを感じました。そして、頑張れと言われているような気持ちにもなりました。感謝と感激です」とコメントを寄せた。 【画像】映画『空飛ぶタイヤ』ポスター  原作は、累計170万部を突破した池井戸潤氏によるベストセラー小説。ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)が、自らの無実を信じ、大企業に対して調査を開始する。ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史らが共演する。  主題歌をオファーするにあたり、松竹の矢島孝プロデューサーは「二面性、いや多面性のあるドラマに乗る曲はサザンオールスターズしかないと思った」と語る。池井戸作品ならではの痛快なエンディングをさらに盛り上げ、曲のタイトル通り、映画を離れたところでも「矛盾を感じつつ、ストレスを抱えながら」も社会で働く、すべての“闘う戦士たち”への讃歌とも言える楽曲が誕生した。  原作者の池井戸氏は「サザンオールスターズは、学生時代から僕のアイドルで...more
カテゴリー:

長瀬智也主演「空飛ぶタイヤ」主題歌はサザンオールスターズの書き下ろし楽曲! - 04月18日(水)04:00 

「TOKIO」の長瀬智也主演で池井戸潤氏のベストセラー小説を映画化する「空飛ぶタイヤ」の主題歌を、国民的人気グループ「サザンオールスターズ」が担当することがわかった。本作のために書き下ろされた曲...
カテゴリー:

もっと見る

「池井戸潤」の画像

もっと見る

「池井戸潤」の動画

Wikipedia

池井戸 潤(いけいど じゅん、1963年6月16日 - )は、日本の小説家岐阜県出身。岐阜県立加茂高等学校から慶應義塾大学文学部および法学部卒。

来歴 デビュー前

子どもの頃から、図書館にある国内外のミステリを読み漁る日々を送り、特に江戸川乱歩賞受賞作は必ず買って読むほどで、いつか自分で書きたいと作家を志すきっかけになった。

1988年、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。1995年、32歳の時に同行を退職し、コンサルタント業のかたわら、ビジネス書の執筆や税理士会計士向けのソフトの監修をしていた。ビジネス書の執筆業は順調だったが、テーマが限られていることから将来に不安を感じ始め、夢だった江戸川乱歩賞を目指し始める。

デビュー後

最終選考での1度の落選を経て、1998年、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる