「池井戸潤」とは?

関連ニュース

井上雄太、初主演映画でオールラオスロケ完遂!「とても楽しかったです」 - 06月24日(土)10:00 

6月24日(土)に公開される、日本・ラオスによる史上初の合作映画「ラオス 竜の奇跡」で主演を務める若手俳優・井上雄太にインタビューを行った。 【写真を見る】井上雄太と“ミス・ラオス”2位の美貌を誇るティダー・シティサイの共演も話題に/(C)ジャパン-ラオス・クリエイティブ・パートナーズ 同作は、1960年にラオスで起きた日本人技師の事故の実話を題材に描いたファンタジーで、井上は将来を夢見てダム建設調査のためにラオスを訪れた青年・川井を演じる。 そんな井上に、ラオスロケの感想や共演者の印象、撮影エピソードなどをたっぷりと語ってもらった。 ――1年半くらい前に撮影されたそうですが、ラオスでの撮影はいかがでしたか? とても楽しかったです。演じた川井はダム建設のためにラオスに働きに行ったのですが、現地の生活が好きで、現地の人たちも好きになったおかげでいろいろと行動を起こせたので、その気持ちに近づきたいと思っていました。 僕は2015年の10、11月の2カ月間ラオスに行っていたんですけど、いざ日本に帰るときは、まだ帰りたくないって思えるくらい好きになりました。 ――ラオスという異国の地で、それも映画初主演ということで、プレッシャーはありましたか? ラオス自体初めてでしたが、お話を頂いたからにはまず自分ができることは全部やろうと思いました。やはり不安だったので言葉の勉強から始まり、1960年当...more
カテゴリー:

テレビ朝日「夏のプレゼントキャンペーン」を実施! - 06月23日(金)11:00 

テレビ朝日では、6月26日(月)-7月2日(日)の期間、「見るだけでチャンス!テレビ朝日 夏のプレゼントキャンペーン」を開催する。 【写真を見る】法被姿の女性アナウンサーがイベントを盛り上げる テレビ朝日の対象番組を楽しむだけで、「テレ朝夏祭り親子ペアチケット」と「特製QUOカード1万円分」が当たるチャンスを獲得できる同キャンペーンは、期間中テレビ朝日の対象番組を見ると3分間で3ポイントずつデータ放送画面にポイントが付与されていく仕組みで、100ポイントで1口応募することが可能だ。 6月26日(月)-7月2日(日)は、人気バラエティーの大型スペシャルや、「ミステリースペシャル」など注目の番組がめじろ押しとなっている。ぜひこの期間中にテレビ朝日を見て、キャンペーンに応募しよう。 【関連記事】 ・内藤剛志「捜査一課長」シリーズ最大の危機!『変化も楽しんでいただければ…』 ・上川隆也「遺留捜査」で戸田恵子、財前直見と16年ぶりの共演! ・高橋一生、3度目の池井戸潤作品参戦! “秘めたる熱量がとても強い男”に ・放送100回を迎える「関ジャム―」で関ジャ二∞最新アルバム「ジャム」を徹底解剖!
カテゴリー:

長瀬智也、ディーン・フジオカに続き高橋一生も出演!『空飛ぶタイヤ』 - 06月22日(木)11:20 

池井戸潤の同名小説をTOKIOの長瀬智也主演で映画化する『空飛ぶタイヤ』。ディーン・フジオカの出演も発表されているこの映画に、新たに高橋一生が出演することがわかった。 本作は、トラックの脱輪事故が起こり、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)が、トラックの欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車に再調査を要求。遅々として進まない調査に苛立った赤松が自らの足で調査を開始するも、そこには大企業がひた隠しにするリコール隠しがあったというストーリー。 高橋が演じるのは、大手ホープ銀行の本店営業本部でグループ会社であるホープ自動車を担当している井崎一亮(いざき・かずあき)役。ホープ自動車の経営計画に疑問を感じ、自らも調査を開始。グループ会社内のいざこざに巻き込まれるも、冷静沈着に本質を見失わず、心に熱い正義を持っている男という役どころだ。赤松や沢田(ディーン・フジオカ)と直接対決することはないが、物語の大きな軸の1つとなっている存在だ。 高橋が本作のメガホンをとる本木克英監督組に参加するのはこれが初。長瀬との共演は『池袋ウエストゲートパーク』(00年)、『ハンドク!!!』(01年)に続き3度目。ディーンとは初共演となるが、池井戸潤原作作品への出演はドラマ『鉄の骨』(10年)、『民王』(15年)に続き3度目となる。 本作のオファーを受けたときの心境について、...more
カテゴリー:

池井戸潤原作の映画『空飛ぶタイヤ』に高橋一生の出演が決定!心に熱い正義感を持つ銀行員役を演じる - 06月22日(木)06:00 

映画『空飛ぶタイヤ』に高橋一生が出演することが発表された。
カテゴリー:

【特別インタビュー付き】高橋一生、映画『空飛ぶタイヤ』銀行員役で出演決定! - 06月22日(木)04:06 

高橋一生、映画『空飛ぶタイヤ』に出演決定!/(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会 長瀬智也主演でおくる、原作・池井戸潤の大ヒット小説の実写映画化『空飛ぶタイヤ』。このたび、超豪華キャスト第3弾として高橋一生の出演決定を解禁となった! 「社会派ドラマ以前に、特殊な映画だと思っています」 ...
カテゴリー:

斎藤工、上海映画祭で新人監督賞受賞「ただただ驚いています」 - 06月23日(金)22:02 

 俳優の斎藤工(35)が「齊藤工」名義で長編監督デビューを果たし、高橋一生(36)が主演する映画『blank13』(2018年2月3日公開)が、中国・上海で開催された『第20回上海国際映画祭』のアジア新人賞部門で最優秀監督賞を受賞したことが23日、わかった。俳優としても活躍する日本人が、最優秀監督賞を受賞するのは今回が初めて。「ただただ驚いています」と心境を明かし、「上海国際映画祭及びに中国の寛大なる皆さま、そして導いて下さった『blank13』チームの皆さまに心から感謝致します」とコメントした。 【写真】『第20回上海国際映画祭』に参加した齊藤工監督  『上海国際映画祭』は、1993年から行われているアジア圏最大規模の映画祭。アジア新人賞部門は、アジア圏の新人監督作品を対象とし、これからの映画界を担う才能に各賞が授与される。齊藤監督は18日に現地で行われた舞台あいさつに参加していた。  過去には、『第18回上海国際映画祭』の同部門で、安藤桃子監督(『0.5ミリ』)が同賞を受賞、他部門では、『リリイ・シュシュのすべて』、『武士の一分』、『鍵泥棒のメソッド』などの話題作が各賞受賞している。  放送作家・はしもとこうじ氏の実話を基にした同映画は、13年前に突然失踪した父が余命3ヶ月で見つかったことから始まるある家族の物語。高橋のほか、松岡茉優、神野三鈴、リリー・フランキーらが出...more
カテゴリー:

長瀬智也、ディーン・フジオカに続き高橋一生も出演!『空飛ぶタイヤ』 - 06月22日(木)11:58 

池井戸潤の同名小説をTOKIOの長瀬智也主演で映画化する『空飛ぶタイヤ』。
カテゴリー:

ディーン・フジオカ、香港での貧乏生活を回想「帰って天井を見るのがつらかった」 - 06月22日(木)11:00 

 映画『結婚』(6月24日より全国公開)で主演を務める俳優のディーン・フジオカが、21日にバラエティ番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に登場。アメリカ留学後、芸能活動を始めた香港での苦労の日々を明かした。【関連】「ディーン・フジオカ」フォトギャラリー 20代前半に放浪の旅をしていたディーンは、その流れで芸能活動のスタートとなった香港にたどり着く。その時にモデルのスカウトをされ、フリーランスで仕事を開始。しかし当初は「どうしようかと悩んでいました。でも香港は面白いし…」と迷いを抱いていたという。 当時はお金がなく、畳三畳に台所、シャワーとトイレ、そしてベッドで占領されているという極狭のアパートで生活。モデル業以外にレストランやみやげ物屋のウェブデザインを取り仕切るマネージャーなどの仕事を行ない、夜はクラブでミュージシャンとしてプレイするなど「何でもやっていた」という。当時の生活を振り返りながら「嫌でしたね。(部屋に)帰って天井を見るのがつらくて。壁と壁に挟まれて寝てる感じで」と苦労の日々を明かしていた。 また近年は自身の誕生日にホスピスなどへ食べ物、飲み物を持って出向くようにしているという。4、5年前より始めたこの行動について「(自身の誕生日は)今までもう十分祝ってもらったと思うし、祝ってもらうことを求めていない。もらうよりもあげるほうがいいかなって」とその真意を語っていた。 ...more
カテゴリー:

【映画】高橋一生、池井戸潤作品に3度目の出演 長瀬智也主演『空飛ぶタイヤ』 - 06月22日(木)05:02 

2017-06-22 04:00  俳優の高橋一生(36)が、人気グループ・TOKIOの長瀬智也(38)が主演する映画『空飛ぶタイヤ』(2018年公開・本木克英監督)に、エリート銀行員役で出演することが21日、わかった。原作は、自動車会社のリコール隠しを扱った池井戸潤氏の同名小説。NHKの連続ドラマ『鉄の骨』(2010年)、テレビ朝日系連続ドラマ『民王』(15年)に続き、池井戸作品への参加は3度目となる高橋は「勝手にご縁を感じてしまっています」と打ち明け、「役者冥利につきます」と出演を喜んでいる。  ある日突然起きたトラックの脱輪事...
»続きを読む
カテゴリー:

高橋一生、3度目の池井戸潤作品参戦! 秘めたる熱量がとても強い男に - 06月22日(木)04:05 

2018年に公開される長瀬智也主演の映画「空飛ぶタイヤ」に、高橋一生が出演することが分かった。 【写真を見る】ディーン・フジオカは長瀬智也と“音楽”トークで大盛り上がり! 原作は池井戸潤の累計120万部を超える大ベストセラー。池井戸作品としては、初の映画化となる。 ある日突然起きたトラックの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)は、トラックの欠陥に気付き、製造元である大手自動車会社のホープ自動車に再調査を要求する。 遅々として進まない調査にいら立った赤松は、自らの足で調査を開始するが、そこには大企業がひた隠しにするリコール隠しがあった…。 一方、ホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)は赤松からの再三の再調査要求をうとましく思いながらも、自らも調査内容を疑問に思い調べていくうちに、会社がひた隠す、重大な事実に気付いてしまう。 過去にも行われていた「リコール隠し」。それは二度とあってはならないことだった…。 そんな話題作で、高橋が演じるのは大手ホープ銀行の本店営業本部でグループ会社であるホープ自動車の担当をしている井崎一亮。ホープ自動車の経営計画に疑問を感じ、自らも調査を開始する。 グループ会社内のいざこざに巻き込まれるも、冷静沈着に本質を見失わず、心に熱い正義を持っている男という役どころ。赤松と沢田と直接対決することはないが、物語の大き...more
カテゴリー:

もっと見る

「池井戸潤」の画像

もっと見る

「池井戸潤」の動画

Wikipedia

池井戸 潤(いけいど じゅん、1963年6月16日 - )は、日本の小説家岐阜県出身。岐阜県立加茂高等学校から慶應義塾大学文学部および法学部卒。

来歴 デビュー前

子どもの頃から、図書館にある国内外のミステリを読み漁る日々を送り、特に江戸川乱歩賞受賞作は必ず買って読むほどで、いつか自分で書きたいと作家を志すきっかけになった。

1988年、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。1995年、32歳の時に同行を退職し、コンサルタント業のかたわら、ビジネス書の執筆や税理士会計士向けのソフトの監修をしていた。ビジネス書の執筆業は順調だったが、テーマが限られていることから将来に不安を感じ始め、夢だった江戸川乱歩賞を目指し始める。

デビュー後

最終選考での1度の落選を経て、1998年、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる