「池井戸潤」とは?

関連ニュース

役所広司がドラマアカデミー賞最優秀主演男優賞に輝く!「人との繋がり、絆の大切さを感じました」 - 02月14日(水)15:25 

'17年秋クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第95回ドラマアカデミー賞」の全8部門の受賞作が決定した。 【写真を見る】役所は、こはぜ屋を立て直そうとする熱い男・宮沢を好演した/(C)TBS 最優秀主演男優賞には、池井戸潤原作で、老舗足袋業者“こはぜ屋”が生き残りを懸け、ランニングシューズ開発に挑んだ「陸王」(TBS系)で、“こはぜ屋”の4代目社長・宮沢紘一を演じた役所広司に輝いた。会社のことを思うが故、従業員たちと対立することもあったが、社員を守ろうと必死にもがく宮沢の熱い姿を好演。また、そんな宮沢の人柄に引かれ、集まった仲間とのシーンではその絆が多くの人の涙を誘った。 そんな宮沢を熱演し、視聴者から多くの支持を得た役所に受賞のコメントをもらった。 ――役所広司様が最優秀主演男優賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせください。 3カ月の撮影期間、走り続けてきたような日々でした。撮影中、視聴者の皆さんの反応が我々の撮影現場まで届き、それが大きな力になりました。本当に監督をはじめスタッフ、キャストの皆さんのお陰でこのような賞をいただけたのだと思います。感謝です。 ――今回の作品で、役所様が印象に残っているシーンや、忘れられないセリフなどを教えてください。 やはりドラマのスタートで銀行にマラソンシューズ開発の中止と会社のリストラを提案され、断るシー...more
カテゴリー:

【調査】「平成」を代表する日本の作家ランキング 2位、西尾維新 3位、池井戸潤 ★2 - 02月03日(土)23:24  mnewsplus

https://ranking.goo.ne.jp/column/4915/ 2018年02月03日 00:00 天皇陛下の生前退位により、2019年5月頃に平成に代わる新元号が施行される予定が発表されました。約30年間続いた平成という時代。そんな平成に活躍した作家には、どのような人がいるのでしょうか。 そこで今回は、平成を代表すると思う日本の作家について探ってみました。 1位 東野圭吾(白夜行、ガリレオシリーズ など) 2位 西尾維新(戯言シリーズ、〈物語〉シリーズ など) 3位 池井戸潤(半沢直樹シリーズ、花咲舞シリーズ など) 4位 村上春樹(ノル...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】埼玉への「陸王」効果10億円超 「十万石まんじゅう」など売れる - 01月24日(水)01:06  newsplus

http://www.sankei.com/smp/life/news/180123/lif1801230038-s1.html  埼玉県は23日、行田市の老舗足袋メーカーをモデルにし、昨年末に終了したTBS系テレビドラマ「陸王」の県内への経済波及効果が約10億2千万円に上ったと発表した。  県は独自の分析ツールを使って、ドラマが放映された昨年10~12月の3カ月間の観光案内所の来客数やアンテナショップ「ぶらっと♪ぎょうだ」の売り上げなどをべースに経済波及効果を算出した。  陸王は作家の池井戸潤さんの小説をドラマ化し、俳優の役所広司さんが主役を演じた。創...
»続きを読む
カテゴリー:

「平成」を代表する日本の作家ランキング 1位東野圭吾 2位西尾維新 - 02月04日(日)09:00  news

天皇陛下の生前退位により、2019年5月頃に平成に代わる新元号が施行される予定が発表されました。約30年間続いた平成という時代。 そんな平成に活躍した作家には、どのような人がいるのでしょうか。 そこで今回は、平成を代表すると思う日本の作家について探ってみました。 1位東野圭吾 白夜行、ガリレオシリーズ など 355票 2位西尾維新 戯言シリーズ、〈物語〉シリーズ など 263票 3位池井戸潤 半沢直樹シリーズ、花咲舞シリーズ など 244票 4位村上春樹 ノルウェイの森、ねじまき鳥クロニクル など 203票 5位有...
»続きを読む
カテゴリー:

【調査】「平成」を代表する日本の作家ランキング 2位、西尾維新 3位、池井戸潤 - 02月03日(土)11:09  mnewsplus

https://ranking.goo.ne.jp/column/4915/ 2018年02月03日 00:00 天皇陛下の生前退位により、2019年5月頃に平成に代わる新元号が施行される予定が発表されました。約30年間続いた平成という時代。そんな平成に活躍した作家には、どのような人がいるのでしょうか。 そこで今回は、平成を代表すると思う日本の作家について探ってみました。 1位 東野圭吾(白夜行、ガリレオシリーズ など) 2位 西尾維新(戯言シリーズ、〈物語〉シリーズ など) 3位 池井戸潤(半沢直樹シリーズ、花咲舞シリーズ など) 4位 村上春樹(ノル...
»続きを読む
カテゴリー:

「池井戸潤」の画像

もっと見る

「池井戸潤」の動画

Wikipedia

池井戸 潤(いけいど じゅん、1963年6月16日 - )は、日本の小説家岐阜県出身。岐阜県立加茂高等学校から慶應義塾大学文学部および法学部卒。

来歴 デビュー前

子どもの頃から、図書館にある国内外のミステリを読み漁る日々を送り、特に江戸川乱歩賞受賞作は必ず買って読むほどで、いつか自分で書きたいと作家を志すきっかけになった。

1988年、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。1995年、32歳の時に同行を退職し、コンサルタント業のかたわら、ビジネス書の執筆や税理士会計士向けのソフトの監修をしていた。ビジネス書の執筆業は順調だったが、テーマが限られていることから将来に不安を感じ始め、夢だった江戸川乱歩賞を目指し始める。

デビュー後

最終選考での1度の落選を経て、1998年、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる