「池上彰」とは?

関連ニュース

星野源、「第9回伊丹十三賞」を受賞! 『これからも手探りで活動を続けたい』 - 03月28日(火)15:00 

星野源が「第9回伊丹十三賞」を受賞したことが、伊丹十三記念館を運営するITM伊丹記念財団から発表された。 【その他の画像】星野源デザイナー、イラストレーター、俳優、エッセイスト、テレビマン、雑誌編集長、映画監督……さまざまな分野で才能を発揮し、つねに斬新、しかも本格的であった仕事によって時代を切り拓く役割を果たした伊丹十三の遺業を記念して、創設された同賞。あらゆる文化活動に興味を持ちつづけ、新しい才能にも敏感であった伊丹十三が「これはネ、たいしたもんだと唸りましたね」と呟きながら膝を叩いたであろう人と作品に贈られるものとなっている。 過去の受賞者には糸井重里、タモリ、内田樹、森本千絵、池上彰、リリー・フランキー、新井敏記、是枝裕和とそうそうたる顔ぶれ。 周防正行、中村好文、平松洋子、南伸坊からなる伊丹十三賞選考委員会は星野源の受賞理由として、『音楽、エッセイ、演技のジャンルを横断し、どこか息の詰まる時代に、エンターテイナーとして驚くような風穴をあけてしまった星野的表現世界に。』とコメントしている。なお、贈呈式は4月17日(月)に行なわれる。 ■伊丹十三記念館ホームページ http://itami-kinenkan.jp/award/index.html■【星野源からのコメント】受賞のお知らせを聞き、本当に驚いています。自分にとって伊丹さんの存在は、遥か遠くに見える灯台...more
in English
カテゴリー:

星野源が『第9回伊丹十三賞』受賞「人生を丸ごと認めていただいたよう」 - 03月28日(火)14:02 

 俳優、歌手、文筆業など多岐にわたって活躍する星野源が、『第9回伊丹十三賞』を受賞したことが28日、わかった。伊丹十三記念館を運営するITM伊丹記念財団が発表した。贈呈式は4月17日に行われる。 【昨年話題沸騰】ガッキー&星野源がノリノリで“恋ダンス”  同賞は、映画監督や俳優、デザイナーなどさまざまな分野で才能を発揮し、1997年に亡くなった伊丹十三さんの遺業を記念して創設。過去には糸井重里、タモリ、池上彰氏、リリー・フランキーらそうそうたる顔ぶれが受賞してきた。  選考委員は周防正行氏、中村好文氏、平松洋子氏、南伸坊氏。「音楽、エッセイ、演技のジャンルを横断し、どこか息の詰まる時代に、エンターテイナーとして驚くような風穴をあけてしまった星野的表現世界に」対して賞を贈ることを決めた。  星野は「受賞のお知らせを聞き、本当に驚いています。自分にとって伊丹さんの存在は、遥か遠くに見える灯台のようでした。しかし、その灯りへはどうやっても辿り着けないようにできていて、その活動の姿勢や後ろ姿から、暗に『君は君の場所を作れ』と言われてるようにいつも感じていました。そしていま、こうして伊丹十三賞をいただけたことは、身に余る光栄であり、人生を丸ごと認めていただいたようにうれしいです。これからも手探りで活動を続けたいと思います。本当に、ありがとうございます」と喜びのコメントを寄せた。  ...more
in English
カテゴリー:

桜田淳子から届いた手紙、貴重水着写真とともに独占掲載 - 03月28日(火)07:00 

「支えてくださったファンの皆さんにありがとうの気持ちを伝えたい」。丁寧に綴られた文章には、ファンへの感謝、そして約40年前の自分への素直な思いが詰まっていた──。今年4月、桜田淳子が一夜限りの復活コンサートの舞台に立つ。2013年に行なわれたデビュー40周年ライブから、実に3年4か月ぶりとなる公演を前に、桜田本人から編集部に手紙が届いた。アイドル時代の秘蔵写真とともに、貴重な本人のメッセージを独占掲載する。  * * *  18歳、高校3年の時だったかと思います。授業日数が僅かに足りず、1か月?遅れの一人だけの卒業式をしました。独りぼっちの卒業式を終え、校門を出て、迎えの車に乗るや、号泣したのが忘れられません。学校では、普通の高校生としてみんなの中に溶け込もうと、気を遣っていたところが多分にあったのだと思います。  そういう緊張が解けたのと、友人と共に卒業できなかったという屈辱が、思わず涙になったのではないかと、当時を思い起こします。あの時の自分に、「よくがんばったね」と言ってあげたいですね。  70年代アイドルの一人でしたが、当時はテレビの歌番組が沢山あり、授業が終わると同時に、あちらの局、こちらの局、更には、関東近郊の会場での公開録画(ザ・ドリフターズの全員集合などありましたね!懐かしい!)等々、学業との両立は、ほぼ「無理」!  面白い、エピソードの一つですが、古典の授業は週1...more
in English
カテゴリー:

WOMAN EXPO TOKYO 2017 吉田沙保里さん 吉瀬美智子さん 池上彰さん 小島慶子さん ほか登壇決定! - 03月24日(金)17:01 

[株式会社キョードーメディアス] [画像1: https://prtimes.jp/i/12949/455/resize/d12949-455-359040-0.jpg ] 2017年5月20日(土)、21日(日)に東京ミッドタウンにて、働く女性に向けた総合イベント「WOMAN EXPO TOKYO 2017」が開催される。WO...
in English
カテゴリー:

【著者に訊け】加藤秀行氏 芥川賞候補作『キャピタル』 - 03月23日(木)16:00 

【著者に訊け】加藤秀行氏/『キャピタル』/文藝春秋/1300円+税  これは、現代の勝ち組に限った憂鬱なのだろうか? 大手コンサルファームで勤続7年。その報奨として1年の〈一時休養(サバティカル)〉を得た〈僕〉は、バンコクの〈他人の愛人が消えた部屋〉を知人に借り、ある雨の朝、女がなぜ逃げたかを想像してみたりする。 〈肌寒いバンコク〉〈ほとんど定義矛盾だな、早朝から路地に降る雨を見つめて思う〉〈この部屋で雨に降り込められた女〉〈ある日思い立ち、トランクにすべてをつめて雨の中を抜け出す〉〈水平線の朝日を見ながら、新たなパトロン探しを決意する〉……。  そんな他愛もない妄想が、のちに語られる彼の心身の疲弊と響き合う時、なぜか陳腐とも思えなくなるから切ない。加藤秀行著『キャピタル』が孕むこの重だるく、先の見えない空気は、俗に言う高度資本主義経済の限界を生き、働く、誰のものでもあるのだから。  東大卒業後、都内の戦略系ファームに入社した著者自身、現在はバンコク在住。2015年に「サバイブ」で文學界新人賞を受賞し、本作は2度目の芥川賞候補作だ。 「東大出でコンサルで、小説まで書くか、余裕だなって世間は思うらしいけど、逆なんです。特に入社して数年間はいつ死ぬかと思うくらい仕事がきつくて、どうせ死ぬなら小説を書いてから死にたかった。社会で経験を積めば自分も小説が書けるかもしれないというのが、僕が1...more
in English
カテゴリー:

星野源に第9回伊丹十三賞!「人生を丸ごと認めていただいたように嬉しい」 - 03月28日(火)14:10 

 俳優、シンガーソングライター、文筆家と多方面で活躍する星野源が、第9回伊丹十三賞を受賞した。星野は、「こうして伊丹十三賞をいただけたことは、身に余る光栄であり、人生を丸ごと認めていただいたように嬉しいです。これからも手探りで活動を続けたいと思います。本当に、有難うございます」と喜びのコメントを寄せている。  埼玉出身の星野は、学生時代に音楽と演劇活動を開始し、2013年に初主演映画「箱入り息子の恋」や園子温監督作「地獄でなぜ悪い」で、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。NHK大河ドラマ「真田丸」や「コウノドリ」などドラマ出演も続くなか、16年に新垣結衣との共演作「逃げるは恥だが役に立つ」で“逃げ恥ブーム”を巻き起こした。  ミュージシャンとしては、「逃げ恥」の主題歌「恋」を手がけ、こちらも大ヒット。ドラマキャストが踊る「恋ダンス」を真似するファンが続出した。同曲を引っさげて、「第67回NHK紅白歌合戦」にも出場(2年連続)するなど、その年の“顔”ともいえる活躍を見せた。現在は、声優として主演を務めた「夜は短し歩けよ乙女」が公開待機中。また3月30日には、最新エッセイ集「いのちの車窓から」を発表する。  ひとつのジャンルに留まることなく、多彩な活躍を続ける星野に対し、伊丹十三賞選考委員会は「音楽、エッセイ、演技のジャンルを横断し、どこか息の詰まる時代に、エンターテイナー...more
in English
カテゴリー:

星野源、第9回伊丹十三賞受賞「人生を丸ごと認めていただいたように嬉しい」 - 03月28日(火)11:00 

星野源が本日、「第9回伊丹十三賞」を受賞したことが、伊丹十三記念館を運営するITM伊丹記念財団から発表された。デザイナー、イラストレーター、俳優、エッセイスト、テレビマン、雑誌編集長、映画監督……さまざまな分野で才能を発揮し、つねに斬新、しかも本格的であった仕事によって時代を切り拓く役割を果たした伊丹十三氏の遺業を記念して、創設された同賞は、あらゆる文化活動に興味を持ちつづけ、新しい才能にも敏感であった伊丹十三氏が「これはネ、たいしたもんだと唸りましたね」と呟きながら膝を叩いたであろう人と作品に贈られるものとなっている。過去の受賞者には糸井重里氏、タモリ氏、内田樹氏、森本千絵氏、池上彰氏、リリー・フランキー氏、新井敏記氏、是枝裕和氏とそうそうたる顔ぶれが。周防正行氏、中村好文氏、平松洋子氏、南伸坊氏からなる伊丹十三賞選考委員会は星野源の受賞理由として「音楽、エッセイ、演技のジャンルを横断し、どこか息の詰まる時代に、エンターテイナーとして驚くような風穴をあけてしまった星野的表現世界に」とコメントしている。なお、贈呈式は、4月17日に行われる。星野源からのコメント受賞のお知らせを聞き、本当に驚いています。自分にとって伊丹さんの存在は、遥か遠くに見える灯台のようでした。しかし、その灯りへはどうやっても辿り着けないようにできていて、その活動の姿勢や後ろ姿から、暗に「君は君の場所を作れ」と言...more
in English
カテゴリー:

「パツパツ」「ブカブカ」... 就活のスーツ選びは難しい - 03月26日(日)16:00 

就活生にとって、身だしなみは重要なポイントの一つ。特にスーツは、色や価格帯、量販店で買ってよいのか専門店で買うべきか...... などなど多くの就活生たちの頭を悩ませているのではないだろうか。 人によって体型は千差万別。サイズ選びにも苦心する。ネット上には、困った様子の学生の姿が見受けられる。 Lサイズだとちょっとオーバー 「少し太って」いるという女性が、Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」に、「就活のスーツのサイズについてアドバイスを伺いたいです」(2017年3月17日)という相談を寄せた。 普段着はMサイズを着ると腹が出てしまい、胸元も苦しいため、Lサイズを着ている。 しかし、就活ファッションとなると、Lサイズのシャツを着ると、袖が「腕時計を覆えるほど」の長さになってしまい、少しオーバーサイズなのが気になるようだ。 「それでも大丈夫ですか? それとも、ジャストフィットのほうがいいですか? 」 と、アドバイスしてほしいという。 回答者からは、 「女性の場合はジャケットを着た時にシャツの袖が出ないほうが良いので、Lサイズのシャツは袖が長すぎるのでMサイズのシャツのほうが良いです」 「スーツはフィットしているほうが見た目もすっきりして良いと思うよ」 と、オーバーサイズは避けるべきだとの意見が。ちゃんと店員に相談し、補正してもらうとよいとの声も書き込まれた。 「サイズが大きいのに慣れてし...more
in English
カテゴリー:

共働き夫の気遣い、実は妻はムカついてる?! - 03月23日(木)16:30 

共働き夫婦にとって、家事の分担は重要な問題だ。仕事が忙しいとき、ついつい家事は滞りがちになる。そんなとき、「忙しかったらやらなくていいよ」と、パートナーにやさしく声をかけている人、結構いるのではないだろうか。 私の夕飯を作ってはくれないのね... パートナーを気遣った、その一言。実は、相手を苛立たせているかもしれない。2017年3月8日のQ&Aサイト「Yahoo! 知恵袋」に、共働き世帯の女性から、こんな愚痴が寄せられた。 夫から「忙しかったら夕飯作らなくていいよ」と言われると、「あなたは私の夕飯を作ってはくれないのね」と思うという。夫の会社には食堂があるが、投稿者の女性の職場にはなく、夫が料理しないとなると、忙しい時は昼も夜もコンビニ弁当になってしまうし、外食するにも費用がかさむ。 夫はふだん22時頃に帰宅。飲み会など予定があれば早く上がっているということで、もっと早く帰ってこれる日もあるのではと、投稿者はにらんでいる。 「私も栄養のあるご飯が食べたいです...。これってワガママなんでしょうか」 と意見を求めている。 コメント欄には、共働きで家事分担をしっかり話し合いながらやってきたというユーザーから、浅漬けやカレー、「鶏肉の下処理をしておき、帰宅後すぐに焼いて食べられるようにする」などの作り置きアイデアや、 「今日、残業になるから悪いんだけど、豆腐と油揚げあるからお味噌汁にして...more
in English
カテゴリー:

乃木坂さゆりんご、雪の降る新潟で体を張ってリポート! - 03月21日(火)23:16 

3月26日(日)夜6時30分より「今、地方を知れば日本がわかる!池上彰のご当地ウラ事情」がテレビ東京系で放送される。同番組は、池上彰がローカルニュースや地方で起こっているさまざまな住民トラブル、行政の課題を解説するニュースバラエティー。タレントがウラ事情リポーターとして現地を取材、スタジオで熱く報告し、さらに池上の解説を中心にスタジオでは白熱のトークバトルが展開される。 【写真を見る】「池上彰のご当地ウラ事情」でリポーターを務めた松村沙友理/(C)テレビ東京 今回、MCを務める池上と、雪の降る新潟県で「猫ブームの影で…猫が増えすぎて“生活破綻”!?」をテーマに体を張って取材をした乃木坂46・松村沙友理よりコメントが届いた。 ■池上彰コメント 本当に日本全国に事件、ニュースがあると思いました。知らない話もたくさん出てきました。(扱ったニュースは)その地方だけではなく、全国どこでもあるということだということが分かりましたね。 いろいろ面白い話が出てきます。4時間半ずーっと緊張して見るのは疲れるかと思いますが、時々笑える話も出てきますので、ぜひご覧いただければと思います。 (リポーター初挑戦の)壇蜜さんが、モニターの横に立って皆さんに教えるという姿は初めて見たので、不思議な感じでしたね。乃木坂46・松村さんも同様に新鮮味がありました。彼女たちならではのものの見方、感じ方が出てくるのはとて...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「池上彰」の画像

もっと見る

「池上彰」の動画

Wikipedia

池上 彰(いけがみ あきら、1950年8月9日 - )は、日本ジャーナリストである。東京工業大学特命教授信州大学愛知学院大学特任教授京都造形芸術大学客員教授名城大学教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事毎日新聞「開かれた新聞」委員会委員。

かつてはNHKで、社会部記者や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる