「池上彰」とは?

関連ニュース

手つかずの自然、非武装地帯のいま 池上彰さんの願い - 02月22日(木)08:23 

■池上彰が歩く韓国 南北朝鮮を分断する非武装地帯には、手つかずの自然が広がっていた。 平昌冬季五輪と呼ばれるが、スケート会場は、平昌から車で40分ほど離れた江陵(カンヌン)市に点在している。その市内に…
カテゴリー:

「私たちも日本代表」 池上彰さんと五輪ボランティア - 02月20日(火)11:18 

■池上彰が歩く韓国 to 平昌 「中国のお客さまは中国語で話しかけてこられます」 こちらが英語で話しかけても? 「ええ、最後まで中国語で頑張られます」 それって、英語ができないという意味では。軟らかい…
カテゴリー:

【芸能】松本人志の「コメント力」を島田洋七が絶賛「あんな頭ええとは」 - 02月17日(土)22:18  mnewsplus

「あんな頭ええとは」松本人志の優しさあるコメント力を島田洋七が絶賛 16日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、MCのお笑い芸人・島田洋七が、ダウンタウン・松本人志のコメンテーターとしての資質を絶賛した。 番組では、週刊文春が報じた「キャスター&コメンテーター好感度ランキング」を取り上げた。上位は、1位がフリーアナウンサーの羽鳥慎一、2位はジャーナリストの池上彰氏、3位はTBSの安住紳一郎アナとなっている。 すると、この話題に関連し、島田がいちばん的を射ているコメンテーターとして松本の名前を挙...
»続きを読む
カテゴリー:

【アナ】ぶっちぎり!宮根誠司、嫌いなキャスター1位 尾を引くあの騒動 - 02月17日(土)13:24  mnewsplus

『週刊文春』(文藝春秋)が「好きな・嫌いなキャスター&コメンテーター」ランキングを発表した。  好きなキャスター・コメンテーターの男性部門では、羽鳥慎一が1位に輝いた。2位は池上彰、3位は安住紳一郎と安定の並びとなった。 一方の嫌いな部門では、宮根誠司がぶっちぎりの1位となった。なぜ、彼はここまで嫌われてしまったのか。  「やはり、昨年末に“文春砲”として報じられた隠し子騒動が尾を引いているといえるでしょう。普段は『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)などで、 芸能ニュースに舌鋒鋭くコメントをしている...
»続きを読む
カテゴリー:

日本応援担当の平昌高校 池上さん「上から割り当て?」 - 02月14日(水)05:04 

■池上彰が歩く平昌 「日の丸の赤は、どれくらいの大きさにすればいいかなあ」 「日本の人たちは、カワイイのが好きだから、小さいほうがいいんじゃないかな」 こんな会話をしながら日本選手の応援グッズを作って…
カテゴリー:

『池の水ぜんぶ抜く』第7弾 3・11放送決定 - 02月21日(水)12:00 

 2017年1月からこれまでに6回放送され、ほぼ2ヶ月に1回のペースで各地の池の水を抜き続けてきた、テレビ東京の人気番組『緊急SOS !池の水ぜんぶ抜く大作戦 【写真】多くの池で発見されるブラックバス 7』が、3月11日(後7:54~9:54)に同局系で放送されることが明らかになった。前回18年1月2日のお正月3時間スペシャルでは、同時間帯在京1位の視聴率13.5%を記録。今年に入って1発目のSOSは、岐阜県の「笠松トンボ天国」の池から。現場にはMCのココリコ・田中直樹が向かった。  笠松トンボ天国は、日本で有数の規模の広さを誇るビオトープ。38種類を超えるトンボがいたが、現在23種類くらいまで減っている。地域住民や小学生と一緒に守っているトンボのヤゴが、外来種の魚に食べられているらしい。6ヶ所の大小の池があるが、その中で一番大きい「トンボ池」に近年、ライギョやアカミミガメが繁殖しているので駆除してほしい、との要請を受け出動した。ロケには地元の約1000人が参加し、泥んこになりながら外来生物の捕獲を行った。  田中は「番組スタートから1年が経ちましたが、周りの方の反響がどんどん大きくなって驚いています。私は7回目のロケですが、どの池にもそれぞれ特徴があり新しい発見があるので、2018 年も一つでも多くの池の水を抜いていきたいです!」と意気込みを新たにしている。  ほかに、...more
カテゴリー:

【司会好感度調査】「好き嫌いなキャスターランキング」 嫌いな司会1位は、やっぱりあの人 - 02月18日(日)14:25  mnewsplus

 「週刊文春」の新アンケート企画「好きな・嫌いなキャスター&コメンテーター」の調査で、 「好き」部門ではフリーアナウンサーの羽鳥慎一(46)がV1を達成。一方の「嫌い」部門では宮根誠司(54)が2位にトリプルスコアの大差をつけて1位となった。 アンケートは文春オンラインの無料メルマガ会員を対象に募集され、全体で4500超の回答を集めた。 結果、「好き」部門では、ジャーナリストの池上彰(67)が2位、TBSの安住紳一郎アナ(44)が3位。 民放の朝の情報番組のキャスターが数多くベストテン入りし、女性では水卜麻美(30...
»続きを読む
カテゴリー:

ぶっちぎり!宮根誠司、嫌いなキャスター1位 需要はあるんだけどね 隠し子騒動が原因 - 02月17日(土)16:28  news

『週刊文春』(文藝春秋)が「好きな・嫌いなキャスター&コメンテーター」ランキングを発表した。 好きなキャスター・コメンテーターの男性部門では、羽鳥慎一が1位に輝いた。2位は池上彰、3位は安住紳一郎と安定の並びとなった。 一方の嫌いな部門では、宮根誠司がぶっちぎりの1位となった。なぜ、彼はここまで嫌われてしまったのか。 「やはり、昨年末に“文春砲”として報じられた隠し子騒動が尾を引いているといえるでしょう。 普段は『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)などで、芸能ニュースに舌鋒鋭くコメントをしている彼...
»続きを読む
カテゴリー:

「美女軍団」は韓国で何を見た 池上彰さんの心配 - 02月17日(土)09:26 

■池上彰が歩く韓国 to 平昌 五輪会場で一糸乱れぬ応援を繰り広げている北朝鮮の女性応援団。通称「美女軍団」を見ていると、彼女たちが北朝鮮に戻ってからの運命が心配になってきた。一般の北朝鮮の住民が見て…
カテゴリー:

「実は裏方が向いている」?ポスト池上彰目指すたかまつなな、NHK入局後の展望 - 02月13日(火)18:15 

フェリス女学院から慶応義塾大学、同大学院、東京大学大学院情報学環教育部へと進んだお嬢様芸人・たかまつなな。株式会社笑下村塾を立ち上げ、お笑いジャーナリストとしても精力的に活動。最近ではNHK内定が話題となり、今後の動きにもますます注目が集まる彼女にインタビュー!お笑いを始めたきっかけからNHK入局後の展望まで、自身の過去・現在・未来について語ってもらった。 【写真を見る】お笑いの世界に進んだきっかけを語るたかまつなな ―――お笑いの世界に進んだきっかけを教えてください。 中学2年生の時に哲学者の中沢新一さんの『憲法九条を世界遺産に』(集英社新書)という本を読んでみたんです。それが爆笑問題の太田光さんとの対談本で、当時は太田さんのことを存じ上げていなくて、すごくユニークな政策をおっしゃる大学の先生だと思っていました。ところが、巻末にお笑いコンビと記されていて、「芸人さんだから憲法について面白く語れるのか」と感銘を受けたんです。それで、私もお笑いを通して政治や社会問題を伝えていきたいと思うようになりました。それからは高校生の時に学校のお笑いサークルを立ち上げて、英語のスピーチコンテストでネタを披露させていただいたりしましたね。 ―――そのスピーチコンテストが初めて壇上に上がったライブだったのでしょうか。 その前に「ちびっこ漫才グランプリ」という大会に出ていたんですが、あまりウケなくて苦...more
カテゴリー:

もっと見る

「池上彰」の画像

もっと見る

「池上彰」の動画

Wikipedia

池上 彰(いけがみ あきら、1950年8月9日 - )は、日本ジャーナリストである。東京工業大学特命教授信州大学愛知学院大学特任教授京都造形芸術大学客員教授名城大学教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事

かつてはNHKで、社会部記者やニュースキャスターを歴任。記者主幹だった2005年で退職したことを機に、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる