「江戸時代」とは?

関連ニュース

小栗旬×福田雄一「銀魂」続編で佐藤二朗が神楽に?『楽しみに待ってろアル』 - 12月17日(日)13:00 

「週刊少年ジャンプ」の看板コミックを福田雄一監督×主演・小栗旬のタッグで実写映画化された「銀魂」が、2018年夏に映画「銀魂 パート2」(仮)として続編を公開することが明らかになった。 【写真を見る】小栗旬演じる主人公・坂田銀時が再び大暴れ!?/(C)空知英秋/集英社 (C)2017映画「銀魂」製作委員会 邦画史上最強と言っても過言ではない豪華キャストが集結し、今夏実写映画化された本作。SFと時代劇がミックスされた混沌とした世界に、人情、笑い、そしてド派手なアクションが繰り広げられる痛快アクションエンターテインメントは、2017年の夏休みに一大センセーションを巻き起こし、最終興行収入38.4億円を記録。 国内のみならずアジア各国でも大きな話題となり、DVD&BDも好調、週間レンタルランキング全ジャンルにおいて2週連続第1位を獲得した。(集計期間:11月20日~12月3日、TSUTAYA調べ)。 週間販売ランキング邦画部門では、DVDが第1位、【初回仕様】プレミアム・エディション(DVD)が第2位、【初回仕様】プレミアム・エディション(ブルーレイ)が第4位、ブルーレイが第5位と全バージョンがTOP5に入るほどのヒットぶりだ。(※2017年12月5日時点) 先日、前作にてパラレルワールドの江戸時代末期にかぶき町で、便利屋“万事屋銀ちゃん”を営む主人公・坂田銀時を演じた小栗と、福田監督...more
カテゴリー:

「めし-っ」「しるーっ」絶叫!ひたすらかき込む 大漁願い、奇習「おこもり」 - 12月17日(日)06:05 

神社にこもり、ひたすらご飯やすまし汁をかき込む青森県佐井村牛滝地区の奇習「おこもり」が15日夜、同地区の牛滝神明宮であった。 大漁や無病息災などを願って江戸時代から続く伝統行事で、地区住民約50人が参
カテゴリー:

朝鮮通信使で釜山に記念館計画 記録333点全て紹介 記憶遺産申請の財団 - 12月17日(日)06:00 

江戸時代に朝鮮半島から日本に派遣された外交使節「朝鮮通信使」の関連資料が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の...
カテゴリー:

【めしー!!しるー!!】佐井村で伝統行事「おこもり」 - 12月16日(土)23:14  newsplus

12月16日 12時28分 佐井村で、おわんを箸でたたき、「めしー、しるー」などと絶叫しながら、ごはんやすまし汁をひたすら食べ続ける伝統行事「おこもり」が、15日夜、行われました。 「おこもり」は、新年の豊漁や家内安全を願って、佐井村の牛滝地区に江戸時代から伝わるとされる行事で、12月と1月に1回ずつ行われます。 15日夜は、子どもたちが、「おこもり」の始まりを知らせる太鼓を打ち鳴らして歩き、若者からお年寄りまでおよそ40人が地区の神社に集まりました。 そして、地元の女性たちが作った炊きたてのごはん3...
»続きを読む
カテゴリー:

日本人には超難問!「LとR」の正しい発音 - 12月16日(土)18:23  news

英語のLとRの発音、得意ですか? 江戸時代の外国語のプロ、長崎のオランダ通詞たちも苦労しました。その様子が、彼らに英語を教えた外国人の回想記に登場します。  明治維新より20年前の嘉永元(1848)年、北海道の利尻島に上陸した北米生まれの青年がいた。名前はラナルド・マクドナルド、当時24歳。  いわゆる鎖国の時代だ。日本に漂着した西洋人は長崎に送られ、出島に来航するオランダ船に乗せて国外へ。船が来るまで軟禁された。  マクドナルドも長崎に護送され、「長崎くんち」で知られる諏訪神社の近くにあ...
»続きを読む
カテゴリー:

【漢字トリビア】「柚」の成り立ち物語 - 12月17日(日)11:00 

「漢字」、一文字一文字には、先人たちのどんな想いが込められているのか。時空を超えて、その成り立ちを探るTOKYO FMの「感じて、漢字の世界」。今回の漢字は「柚(ゆず)」。冬至につかる柚子湯、鍋ものの薬味に添える柚子の皮。つやつや輝く黄色い実は、目にするだけで冬の寒さを和らげます。 「柚」という字は、木へんに理由の「由」と書きます。 この「由」という字は象形文字。 瓢箪やユウガオなどの実が熟して溶け出し、中身がからっぽになったひさごを描いたものといわれています。 この「由」という字にさんずいを添えると「油」という字になりますが、これは、実が熟して溶けた液体が、滑らかな「油」のようだったから。 そこで、表面がつやつやと滑らかで、皮から油もとれる実であることから「柚」という漢字が生まれました。 今年の冬至は、十二月二十二日。 この日、柚を浮かべたお風呂に入ると、冬の間に風邪をひかないといわれ、その甘くさわやかな香りは、邪気を払うと信じられてきました。 冬至湯の始まりは奈良時代、聖武天皇の頃。 柚を使うようになったのは江戸時代からといわれています。 人の生命力は、太陽の光が最も弱くなる冬至の頃に衰えると考えられ、植物の力を借りてよみがえる知恵のひとつとして、柚子湯が生まれました。 最新の研究では、柚子から染み出す精油の入った湯船につかると、血のめぐりがよくなり、新陳代謝を促すこと...more
カテゴリー:

朝鮮通信使で釜山に記念館計画 記録333点全て紹介 記憶遺産申請の財団 - 12月17日(日)06:00 

江戸時代に朝鮮半島から日本に派遣された外交使節「朝鮮通信使」の関連資料が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の...
カテゴリー:

【青森】「めしめし~」「しるっ、しる~」佐井の奇習「おこもり」 盛られるご飯や汁物、容赦なし - 12月16日(土)23:48  newsplus

参加者が「めしめし~」「しるっ、しる~」と叫びながら限界までご飯や汁物などを食べた奇習「おこもり」=15日午後9時20分ごろ、佐井村 青森県の下北半島西部にある佐井村牛滝地区の神明宮で15日夜、奇習「おこもり」が行われた。参加者と給仕役が「めしめし~」「食えっ、食え~」などと激しく応酬。参加者は容赦なく盛られるご飯や汁物などを限界までかき込んだ。  豊漁や無病息災などを願う神事として江戸時代ごろに始まったとされ、毎年12月15日と1月15日に行われる。  会場では地元の女性たちが大量のご飯、豆腐ときのこ...
»続きを読む
カテゴリー:

【京都】東本願寺でぼや騒ぎ、寺関係者が消火 近くに国有形文化財の御影堂や大寝殿 - 12月16日(土)23:12  newsplus

16日正午ごろ、京都市下京区烏丸通七条上る常葉町の真宗大谷派東本願寺の絵表所(えひょうじょ)2階から煙が出ていたのを寺の関係者が発見、消火器ですぐに消し止められたが、木造2階建て約580平方メートルのうち2階の床の一部とエアコン、筆などの道具類を焼いた。けが人はなかった。  京都府警下京署と京都市消防局で出火原因を調べている。絵表所は本尊や掛け軸などを製作・修復する場所。この日は朝から絵師が修復作業の準備をしていたが、出火当時は外に出ていて無人だったという。  東本願寺は江戸時代初期に現在地...
»続きを読む
カテゴリー:

【今年も年の瀬】「めしー!めしー!」「しる!しる!」青森県佐井村の奇習「おこもり」 - 12月16日(土)18:00  news

佐井村で伝統行事「おこもり」 http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6083137601.html 【リンク先に動画】胃袋の限界に…青森の大漁祈願「おこもり」 http://www.news24.jp/articles/2017/12/16/07380699.html 佐井村で、おわんを箸でたたき、「めしー、しるー」などと絶叫しながら、 ごはんやすまし汁をひたすら食べ続ける伝統行事「おこもり」が、15日夜、行われました。 「おこもり」は、新年の豊漁や家内安全を願って、佐井村の牛滝地区に 江戸時代から伝わるとされる行事で、12月と1月に1回ずつ行われます。 15日...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「江戸時代」の画像

もっと見る

「江戸時代」の動画

Wikipedia

江戸時代(えどじだい)は、日本の歴史において徳川将軍家日本を統治していた時代である。徳川時代(とくがわじだい)とも言う。この時代の徳川将軍家による政府は、江戸幕府(えどばくふ)あるいは徳川幕府(とくがわばくふ)と呼ぶ。

藩政時代(はんせいじだい)という別称もあるが、こちらは江戸時代に何らかの藩の領土だった地域の郷土史を指す語として使われる例が多い。

期間

江戸時代の期間は主流の学説では、慶長8年2月12日(1603年3月24日)に徳川家康征夷大将軍に任命されて江戸(現在の東京)に幕府を樹立してから慶応4年/明治元年4月11日(1868年5月3日)に江戸城が明治政府軍に明け渡されるまでの265年間を指す。

始期については、豊臣秀吉が薨じた1598年(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる