「江口のりこ」とは?

関連ニュース

ドラマ「コウノドリ2」今夜から。ろうあ者もキャリアウーマンも母になってからが大変、この日本では - 10月13日(金)10:00 

「出産は、奇跡だ」「だけど、奇跡のあとには、現実が続いている」今夜、10月13日(金)よる10時からスタートする金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系列)。2015年10月期に放送された同名ドラマの続編だ。新しいテーマとして「生まれ、そして生きること」を掲げ、産婦人科を舞台に医療従事者と患者の関わり、そして命との関わり方を描く。原作は、雑誌「モーニング」(講談社)で連載中の同名漫画。漫画家・鈴ノ木ユウが描くヒューマン医療漫画だが、男性に馴染みのない産婦人科を舞台にしているにも関わらず、男性誌で人気を博している。描かれる医療従事者たちの内面と過去前作では、ひとりひとりの患者にフィーチャーしていたが、今作では患者とともに医療従事者たちの内面、過去についても明かされていく。ドラマの主人公である産婦人科医・鴻鳥(こうのとり)サクラを演じるのは、前シリーズに引き続き綾野剛。愛情や優しさを最も大切にしているサクラだが、今作では「怒り」の感情も表現していくことになるようだ。前シリーズが終わった3~4ヶ月後には、綾野のもとに続編出演の依頼が来ていた。それから1年以上の間、綾野の中で『コウノドリ』が生き続けていたという。舞台挨拶でも、かなりの思い入れが伝わる発言が多かった。熱量を感じさせる演技が楽しみだ。サクラと同期入局の産婦人科医・四宮春樹を演じる星野源は「四宮の気持ちの表現の変化を見てほしい」と話し...more
カテゴリー:

【乃木坂46】西野七瀬 主演『あさひなぐ』好調 主題歌、作品の内容…「アイドル映画」の枠を超える可能性も - 09月25日(月)12:47  mnewsplus

乃木坂46のメンバーが多数出演する映画「あさひなぐ」(英勉監督)が、22日に公開初日を迎えた。 高校のなぎなた部を舞台に、主演の西野七瀬(23)演じる主人公の東島旭(とうじま・あさひ)が仲間とともに成長していく青春ストーリーだ。 西野はじめ白石麻衣(25)生田絵梨花(20)キャプテン桜井玲香(23)らエース級のメンバーが多数出演している。 主題歌「いつかできるから今日できる」は19枚目シングルとして10月11日に発売。 乃木坂46にとって勝負作と言っていいだろう。 関係者によると、公開は全国...
»続きを読む
カテゴリー:

「江口のりこ」の画像

もっと見る

「江口のりこ」の動画

Wikipedia

江口 のりこ(えぐち のりこ、1980年4月28日 - )は、日本の女優。本名および旧芸名は江口 徳子(えぐち とくこ)。兵庫県姫路市出身(旧夢前町)。劇団東京乾電池、ノックアウト所属。身長170cm、血液型はO型。特技はピアノ関西弁中距離走

略歴・人物

5人兄妹の次女として誕生。高校入学と同時にアルバイトを始め、神戸市の映画館に足しげく通ううちに映画女優を志す。

「劇団に入れば映画に出演できる」と考え、上京し、ファンだった岩松了がかつて所属していた劇団東京乾電池のオーディションを受ける。1999年に研究生となり、2000年に入団。上京したばかりの頃は所持金が2万円しかなく、すぐに住み込みの新聞配達の仕事を始めた。

2002年に金融破滅ニッポン 桃源郷の人々にて映画デビュー。

2004年、タナダユキ監督の月とチェ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる