「永渕健一」とは?

関連ニュース

東電旧経営陣公判:東電社員「炉の停止の切迫性なかった」 - 04月17日(火)20:52 

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第7回公判が17日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。事故前に想定津波の試算を担当していた東電の男性社員が第5、6回公判に続いて出廷し、国の調査機関が2002年に「福島沖を含む日本海溝沿いで巨大津波が発生しうる」
カテゴリー:

東電に「津波対策不可避」 試算担当者が証言 強制起訴公判 - 04月11日(水)22:15 

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された同社元会長、勝俣恒久被告(78)ら旧経営陣3被告の第6回公判が11日、東京地裁(永渕健一裁判長で開かれた。10日の公判に続いて出廷した津波の試算を担当した東電社員が、「津波対策は不可避」とする資料を平成20年9月の社内説明会向けに作成したと証言した。
カテゴリー:

巨大津波試算に「驚き」=震災4日前、保安院-原発事故公判で東電社員・東京地裁 - 04月11日(水)21:10 

 東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の公判が11日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。津波対策に携わった東電社員が10日に続き出廷。東日本大震災の4日前、原子力安全・保安院(当時)が、東電が試算で出した15.7メートルの津波高に「驚いていた」と証言した。 証言によると、2011年3月7日、社員は保安院の耐震安全審査室長らと面会。08年に東電が算出した「最高15.7メートル」の津波の襲来予測を説明したところ、室長らは驚き、厳しい口調で「(対策について)指示を出すこともある」と発言した。 この後、社内で上層部を交えた津波対策に関する会議を開くことが決まったが、開催される前に大地震が起きたという。実際の津波について、社員は「試算より大きかった」などと振り返った。 【時事通信社】
カテゴリー:

東電旧経営陣公判:津波対策先送り「予想外」 試算担当者 - 04月10日(火)20:48 

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第5回公判が10日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。事故前に想定津波の試算を担当していた男性社員が出廷し、元副社長の武藤栄被告(67)らが津波対策を先送りしたとする検察官役弁護士側の主張に沿い「(先送りは)予想
カテゴリー:

【中核派】渋谷暴動事件の被告 黙秘一転「大坂正明です」と認める 東京地裁 - 03月26日(月)12:38  newsplus

1971年の渋谷暴動事件で殺人罪などに問われた過激派「中核派」の活動家大坂正明被告(68)は26日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった第1回公判前整理手続きで、「大坂正明です」と述べ、黙秘から一転、本人であることを認めた。弁護人が明らかにした。  昨年5月の逮捕後は警察の取り調べに黙秘を続け、同年6月に地裁で開かれた勾留理由開示手続きでも、名前を答えなかった。  起訴状によると、71年11月14日、東京・渋谷で沖縄返還協定反対のデモ警備に当たっていた新潟県警の中村恒雄巡査=当時(21)、殉職後警部補に昇進=を仲...
»続きを読む
カテゴリー:

東電試算担当者「対策しても浸水防げなかった」 東電強制起訴公判、東京地裁 - 04月17日(火)19:40 

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された同社元会長、勝俣恒久被告(78)ら旧経営陣3被告の第7回公判が17日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれた。津波の試算を担当した東電社員が前2回の公判に続いて出廷し、事故前の試算に基づき対策していたとしても「敷地内への浸水は防げなかった」と述べた。
カテゴリー:

東電旧経営陣公判:「先送り」後も対策提案 津波試算社員 - 04月11日(水)22:09 

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第6回公判が11日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。事故前に想定津波の試算を担当していた男性社員が10日に続いて出廷し、元副社長の武藤栄被告(67)が2008年に津波対策を「先送り」する方針を示した後も、対策会
カテゴリー:

【福島第1原発事故】震災前に津波対策を進言するも副社長が保留に 東京電力社員が証言、強制起訴公判 - 04月11日(水)13:29  newsplus

 福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力旧経営陣3人の公判は10日午後も、東京地裁(永渕健一裁判長)で検察官役の指定弁護士による東電社員の証人尋問が続いた。 被告の武藤栄元副社長(67)が2008年に津波対策を保留したことについて、社員は「検討を進める方向だと思っていたので、力が抜けた」と証言した。  この社員は08年6月、国の地震調査研究推進本部の長期評価を基に、最大15.7メートルの津波が原発の敷地を襲うとした試算を武藤元副社長に報告。 元副社長は防波堤建設な...
»続きを読む
カテゴリー:

東電社員「対策必要」=津波高15.7メートル試算で-原発事故公判・東京地裁 - 04月10日(火)17:31 

 東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された元会長勝俣恒久被告(78)ら東電旧経営陣3人の公判が10日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。同社の土木調査グループで津波対策に携わった社員が出廷し、事故3年前に津波高が15.7メートルとの試算が示された際、「対策が必要と認識した」などと証言した。 社員は、津波の予想水位を2002年に政府機関が公表した長期評価に基づき算出すると決めたことについて、「専門家のアンケートで支持が半数を超えていた」などと説明。08年3月、試算を委託した子会社から「最高15.7メートル」との報告を受けた際、「他の機械や建築部門の部署にも伝え、対策の検討を実施する必要があると認識した」と明かした。 同原発の敷地高は海抜約10メートルで、検察官役の指定弁護士は、元会長ら旧経営陣が巨大津波の襲来による危険を予見できたと主張。元会長らは「試行的な計算で、対策を取っても事故は防げなかった」と反論している。 【時事通信社】
カテゴリー:

「永渕健一」の画像

もっと見る

「永渕健一」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる