「永山絢斗」とは?

関連ニュース

【ドラマ】<NHK「ひよっこ」>視聴率伸びぬ理由 20%の大台を記録する時は「60、70代だけでなく、40、50代…見ている時」 - 04月23日(日)16:46 

ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム> NHK連続テレビ小説「ひよっこ」は、素晴らしい作品だと、とても評価が高いですが、平均視聴率は、ほぼ19%台と、20%を超える日が少ないのはなぜなのか。 よく言われるのは、前作「べっぴんさん」の影響。終盤、20%を下回ることが多く、その流れを受け継いでいる可能性があるということ。 ある視聴者は「べっぴんさん」を見たいという気持ちが終盤、薄れてしまったけど、最後が気になるので“頑張って見た”と話していました。頑張って見た人は今、朝ドラから解放された状態か...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

満島ひかり×永山絢斗、独占インタビュー! フィガロジャポン6月号 「男と女。」特集に登場。 - 04月20日(木)17:03 

[株式会社CCCメディアハウス] [画像1: https://prtimes.jp/i/11369/63/resize/d11369-63-576014-1.jpg ] 第2次世界大戦終了前夜の奄美群島・加計呂麻島を舞台に、教師トエと特攻隊長、朔中尉の鮮烈な出合いとはかない恋を描いた話題作『海...
in English
カテゴリー:

満島ひかり主演『海辺の生と死』場面写真公開 恋人役永山絢斗との共演シーンも - 04月19日(水)12:00 

 女優の満島ひかりが4年ぶりに単独主演を務める映画『海辺の生と死』(7月29日公開)の場面写真が19日、一挙解禁された。先日共演が発表され、恋人役を演じる永山絢斗との共演シーンなどが収められている。 【場面写真】生徒に囲まれて優しい笑顔を浮かべる満島ひかり  『アレノ』(15年)の越川道夫監督がメガホンをとる同作は、長編小説『死の棘』で知られる作家・島尾敏雄氏と妻・島尾ミホ氏の出会い、結ばれるまでを描く作品。奄美大島・加計呂麻島でロケを行い、島尾氏をモデルとしたヒロイン・大平トエを満島、トエの恋人で島尾氏をモデルとした朔(さく)中尉を永山が演じる。  撮影は2015年に鹿児島・奄美大島、加計呂麻島にてオールロケーションで行われ、全てロケセットというこだわりのなか、キャストも主要キャスト以外は子どもたち含め地元の人々の協力で進められた。  解禁された場面写真は、島の空気感と、満島や永山ら俳優陣が放つ静かな熱量が伝わるシーンカットばかり。海辺では生徒に囲まれ優しい笑顔を浮かべ、朔中尉の横では少し緊張した表情をみせるなど、満島演じる主人公トエのさまざまな表情も印象的だ。 【関連記事】 満島ひかり、新恋人は永山絢斗 双方事務所公認の仲 (16年05月17日) 【写真】似てる?朝ドラで活躍!瑛太の弟・永山絢斗 【写真】ブルーのシースルードレスで魅了した満島ひかり 永山絢斗、テンシ...more
in English
カテゴリー:

映画評論家もびっくり!満島ひかり、交際中の永山絢斗と恋人役で共演「さすが本格派」 - 04月15日(土)15:30 

女優の満島ひかり(31)が4年ぶりに主演する映画「海辺の生と死」(7月29日公開)で、現在交際中の俳優、永山絢斗(28)と共演することがわかった。劇中でも恋人役…
in English
カテゴリー:

高良健吾、永山絢斗とともに小津安二郎監督作「東京物語」を語る - 04月10日(月)12:00 

熊本県で開催された「くまもと復興映画祭powered by 菊池映画祭」の最終日にあたる4月9日、熊本県立劇場で「高良健吾企画」として小津安二郎監督作「東京物語」が上映され、俳優・高良健吾と特別...
in English
カテゴリー:

満島ひかり、永山絢斗『海辺の生と死』熱量感じる場面写真一挙解禁 - 04月23日(日)16:00 

 満島ひかり主演による映画『海辺の生と死』にて劇中の場面写真が一挙解禁となった。本作は映画『夏の終り』以来、満島の4年ぶりの単独主演作品。俳優の永山絢斗との共演となる。【関連】『海辺の生と死』場面写真フォトギャラリー 後年、互いに小説家であるふたりがそれぞれ執筆した鮮烈な出会いと恋の物語を原作に、奄美大島、加計呂麻島でのロケーションを敢行、完全映画化を果たした『海辺の生と死』。時は太平洋戦争末期、傑作「死の棘」を世に放った小説家・島尾敏雄と、その妻、島尾ミホ。ふたりが出会ったのは自然と神と人とが共存し、圧倒的な生命力をたたえる奄美群島・加計呂麻島。男はじりじりと特攻艇の出撃命令を待ち、女はただどこまでも一緒にいたいと願った。たとえそれが死を意味するとしても…。 島尾ミホがモデルのヒロイン・大平トエを演じるのは、ドラマ『カルテット』での好演も記憶に新しい満島。そしてトエの恋人で島尾敏雄をモデルとした朔(さく)中尉を、3月に放送終了したNHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロインの夫役を演じ、お茶の間の好感を集めた永山絢斗が演じる。その他にも井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種らが名を連ねている。 本作の撮影は2015年、奄美大島、加計呂麻島オールロケーションで、全てロケセットというこだわりの中で撮影され、キャストも主要キャスト以外は子供たち含め地元の人々の協力で進められたという。 今...more
in English
カテゴリー:

満島ひかりの表現力に心を揺さぶられる「海辺の生と死」劇中カット一挙公開 - 04月19日(水)12:00 

 満島ひかりが「夏の終り」(2013)以来約4年ぶりに単独主演を果たした映画「海辺の生と死」の場面写真が、4月19日に一挙公開された。撮影を行った奄美大島・加計呂麻島(かけろまじま)の美しい風景に加え、“座長”として作品をけん引した満島があらゆる感情を表出させたシーンを切りとっている。 ・【フォトギャラリー】「海辺の生と死」劇中カット  小栗康平監督によって映画化もされた島尾敏雄氏の私小説「死の棘」に、同氏の妻である島尾ミホ氏の小説「海辺の生と死」や敏雄氏による短編小説「島の果て」などの内容を織り交ぜて実写映画化。太平洋戦争末期の奄美群島を舞台に、ミホ氏をモデルにした大平トエ(満島)と、敏雄氏をモデルにした朔(さく)中尉が出会い、結ばれるまでの鮮烈な時間を映し出す。永山絢斗が、突然特攻艇隊隊長に任ぜられた文学青年・朔の生きざまを体現するほか、津嘉山正種、井之脇海、川瀬陽太ら演技派俳優が結集している。  劇中カットは、全身全霊で役に挑んだ満島の表現力が際立つものばかり。海辺で子どもたちに囲まれているカットの無邪気な笑みに視線を引きつけられ、朔の隣に座っているシーンをとらえた写真では、朔に対する情熱的な思いがひしひしと伝わってくる。下唇にそっと小指を添えながら憂いた表情を浮かべる姿や、うつむく朔の両腕をギュッと握って涙をこらえる光景からも、満島が並々ならぬ思いで演技に取り組んだこ...more
in English
カテゴリー:

『べっぴんさん』井頭愛海 20才までに朝ドラヒロインに… - 04月18日(火)16:00 

「このまえ家族で遊びに出かけた先で、“あれ、『べっぴんさん』の?”って声をかけてもらって、それがすごく嬉しかったんです」  放送を終えたばかりのNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』で芳根京子扮するヒロイン・すみれの娘・さくらを好演した注目の若手女優、井頭愛海。劇中では40才まで演じきったが、素顔は高2になったばかりのフレッシュな16才だ。 「私の実年齢から自分の母と同年齢までを演じて、母親が娘に抱く愛情が身に染みました。私自身はまだ少し反抗期だったりもするので(苦笑)、“さくらみたいに私もお母さんを悩ませちゃっていたのかな”とか。『べっぴんさん』は家族の愛を大きなテーマとしていたので、家族のあったかさが見てくださるかたにも伝わったらいいなと思って、演じていたんです」(井頭・以下「」内同)  毎朝お弁当を作って送り出してくれた母親との絆がより深まったという彼女の理想の家族像は? 「私の家族です! ウチではごはんの時にテレビではなくラジオをつけて、お互いの顔を見ながら、その日のできごとや悩み事などをあれこれ話します。そんな気持ちが通い合ったほっこりした家族をつくりたいです」  母役の芳根や父役の永山絢斗をはじめ、現場でも日々"家族愛"に支えられていたと振りかえる。 「みなさんに“次のステージへ行ってらっしゃい”と強く背中を押してもらったので、20才までには朝ドラのヒロインとして帰ってき...more
in English
カテゴリー:

高良健吾、熊本地震から1年経て「自分にできることを、今だってすごく考える」 - 04月14日(金)22:03 

 行定勲監督が地元・熊本で撮影した中編映画「うつくしいひと サバ?」の上映会が4月14日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、行定監督をはじめ主演の高良健吾、共演の米村亮太朗、中別府葵、石橋静河、ロイック・ガルニエが出席した。この日、2016年の熊本地震発生から、ちょうど1年が経過。行定監督とともに故郷に力を尽くし続ける高良は、「自分にできることは何だろうと、今だってすごく考えます」と胸中を明かし、「できることは、映画の力を借りること、今の自分の立場を使って、熊本の現状や良さを知ってもらうことだと思う」と真っ直ぐな眼差しで話した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  震災前の熊本の風景を活写した「うつくしいひと」の続編。今作では大きな被害を受けた熊本の復興支援を目的に、熊本城や阿蘇大橋、阿蘇神社、益城町などで撮影を敢行した。私立探偵の玉屋末吉(高良)と田上(米村)が、被災地でさまよう外国人マチュー(ガルニエ)と出会ったことをきっかけに、震災で傷ついた人々の心に触れていく姿を描いた。  行定監督は、今作撮影の経緯を「熊本で復興の途上、とにかく踏ん張って、いろんな思いで熊本で頑張っている人々の姿を見て、この風景、この心情を映画に残さなければと思った。そうすることで未来の熊本に生きていく人たちに、届けられると思った」と説明。「熊本は、全国や世界の方々から支援をい...more
in English
カテゴリー:

高良健吾、永山絢斗とともに小津安二郎監督作「東京物語」を語る - 04月10日(月)12:00 

 熊本県で開催された「くまもと復興映画祭powered by 菊池映画祭」の最終日にあたる4月9日、熊本県立劇場で「高良健吾企画」として小津安二郎監督作「東京物語」が上映され、俳優・高良健吾と特別ゲストの永山絢斗がトークショーを繰り広げた。 ・【フォトギャラリー】高良健吾、その他の写真はこちら  「東京物語」は、1953年の封切り作。高良は現在29歳だが、生まれていない時代の映画を語ることは「おこがましいのではないか……」と不安を抱きながらも、自分たちが見て「いい映画」だと思った感動を多くの人に伝えたいという気持ちが後押しとなった。  高良が今作を選んだ理由、永山を特別ゲストに招いた理由は、ほかにもある。熊本出身の俳優・笠智衆さんの存在だ。高良と永山がNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で共演した際、永山が「笠智衆さんのようなお芝居がしたい。ああいうおじいちゃんを演じたい」と話していたことも、作品選定の決め手のひとつになったという。  この日の観客のほとんどが、初めて「東京物語」を鑑賞。高良の「笠さんは当時49歳だったけれど、映画では70歳近くを演じていて、背中の丸みを出すために座布団を入れていたそうです」と撮影秘話を語ると、場内からは驚きの声があがっていた。高良と永山は「小津さんの映画は、映画のどこかに自分がいるような気がする」「説明くさくなくて淡々としているところが心地...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「永山絢斗」の画像

もっと見る

「永山絢斗」の動画

Wikipedia

永山 絢斗(ながやま けんと、1989年3月7日CM情報 ほろよい サントリー(2013年1月20日時点のアーカイブ) - )は、日本俳優である。

東京都出身。パパドゥ所属。 実兄は俳優の瑛太

来歴 人物
  • 三人兄弟の末っ子。両親は離婚しており、父子家庭で育った。長兄は元俳優の永山竜弥。次兄は俳優の瑛太。義姉は歌手の木村カエラ。兄弟三人とも身長が高く、声がそっくり。実家は焼肉屋「瑛斗弥」を経営していた。
  • 部屋を片付けるのが苦手で、片付けている最中に懐かしいものなどを発見して時間がかかり「いつ終わるんだろう?」と自分で思ってしまうという。物が捨てられないタイプでいらないとわかっていても「もらったものだしなぁ…」と何かと理由をつけてとっておいてしまう。
  • アクティブな性格で、愛読書である...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる