「永山絢斗」とは?

関連ニュース

満島ひかり「ピュアなどきどき」 Chara×岸田繁コラボ曲MV出演 - 07月24日(月)22:26 

 歌手・Charaのニューアルバム『Sympathy』(19日発売)の1曲目に収録されている「Tiny Dancer」のミュージックビデオ(MV)が公開され、女優・満島ひかりが出演していることが明らかになった。Charaは「ひかりちゃんが引き受けてくれてよかった。心の表情豊かになるよ これをみた人はみんな」「こんな彼女いたら毎日楽しいだろうなーーって思ったのは私だけかしら」と満島の出演を喜んだ。 【動画】こんな彼女がいたら…満島ひかり主演「Tiny Dancer」MV  「Tiny Dancer」は2年ほど前からCharaが大切にあたためてきた歌詞のテーマを、くるりの岸田繁が作曲&サウンドプロデュースしてようやく完成にこぎつけた楽曲。もともと同曲を映像化する予定はなかったが、Charaと親交がある映像作家で写真家の山田智和氏がMV監督を志願した。  Charaは「山田監督がこの曲の映像を撮りたいって言ってくれたんだけど、それならば、全てお任せしようと思ったのは、彼、私のライブで写真撮ってた時泣いてたんだよね」と明かし、「その彼が、満島ひかりに手紙を書きたいんですよねって言ってて、私は2人のクリエイターの男女の共鳴を楽しみにしていました」と実現を喜んだ。Charaは1年半前、満島のラジオ番組にゲスト出演したことがきっかけで親交を深めていたという。  撮影は今月中旬、都内のハウ...more
カテゴリー:

水川あさみに熱愛疑惑、大森南朋も巻き込まれ…『居酒屋ふじ』 - 07月22日(土)06:00 

永山絢斗と大森南朋がW主演を務めるドラマ『居酒屋ふじ』(テレビ東京系列、毎週土曜24:20~)の第3話が、7月22日に放送。水川あさみが本人役で登場する。東京・中目黒に実在する居酒屋「ふじ」を舞台とした本作。今イチ人生がパッとしない売れない若手俳優・西尾栄一(永山)が、大森(本人役)をはじめ、実名で登場する常連客の著名人から語られる言葉や、「ふじ」の“おやじ”が残した豪快な逸話に刺激を受けながら、泣き、笑い、挫折を感じながらも、再び夢を追い始める姿を描いた人情味溢れるヒューマンドラマだ。第3話では、熱愛疑惑で週刊誌の記者に追われていた女優・水川あさみが、居酒屋ふじに逃げ込んでくる。本人は濡れ衣だというが、記者に突きつけられた写真には、水川と密会している西尾の姿が……。週刊誌の記者から逃げるため、大森は水川を外に連れ出す。一方の西尾は、バイト先の工藤俊介(村上淳)や、偶然会った鯨井麻衣(飯豊まりえ)に、見栄を張って「連ドラが決まった」などと嘘をついてしまう。そんな中、ドラマ撮影中の大森の元に週刊誌の記者が現れ、水川の熱愛の件を問い詰めるが、大森はそんな記者相手に激怒してしまい……。 関連リンク 斉藤和義がドラマの主題歌を書き下ろし 鉄拳が『居酒屋ふじ』の”おやじ”イラスト...more
カテゴリー:

瑛太主演『ハロー!張りネズミ』第2話は企業サスペンス - 07月21日(金)15:47 

 俳優・瑛太の主演するTBS系連続ドラマ『ハロー!張りネズミ』(毎週金曜 後10:00)第2話がきょう21日に放送される。第1話では伊藤淳史らをゲストに迎え、死んだ娘そっくりの少女を危とく状態の妻に合わせたいという父の想いがどこかしんみりさせる人間ドラマを展開。初回平均視聴率10.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の二桁スタートを切ったが、今回は打って変わって、企業サスペンスを送る。 【劇中カット】ミステリアスなヒロインを演じる深田恭子  同ドラマは1980年代に『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載された弘兼憲史氏のマンガを実写化。脚本・演出を映画『モテキ』や『バクマン。』などで知られる大根仁監督が務め、瑛太演じる主人公の探偵「ハリネズミ」こと七瀬五郎が、人探し、殺人事件、超常現象、恋愛相談、徳川埋蔵金探しなどなんでもござれの依頼に良き相棒である“グレさん”こと木暮久作(森田剛)と奔走する。  第2話ではミステリアスなヒロイン・四俵蘭子(深田恭子)も五郎たちと関わり始め、吹越満、中原丈雄、リリー・フランキーらバイプレーヤーたちも出演し、前回とはテイストの違った探偵モノを繰り広げる。  ある日、「あかつか探偵事務所」を訪ねてきた蘭子は、ゴローとグレに25年前の新聞記事を手渡す。そこには『サンダー貿易副社長・自殺』の記事が。飛び降り自殺したとされる副社長は、本当は殺されたと...more
カテゴリー:

蓮佛美沙子、初挑戦の海外ドラマ吹き替えは「今までで一番難しい仕事」 - 07月18日(火)17:25 

 63年にわたり在位したイギリスの女王ヴィクトリアの愛と葛藤を描いた歴史ドラマ「女王ヴィクトリア 愛に生きる」の試写会が7月18日、東京・渋谷区のNHKで行われ、日本語吹き替えを担当した女優の蓮佛美沙子が会見に出席した。吹き替え初挑戦となった蓮佛は「元々声だけの表現に苦手意識がありましたが『ここで逃げたらダメだ!』と自分を奮い立たせました。(吹き替えを担当した)ヴィクトリアを“生き抜けた”という実感はあります」と明かしていた。 ・【フォトギャラリー】蓮佛美沙子、その他の写真はこちら  1837年、大英帝国が栄華を極めた時代。父を早くに亡くし、ドイツ人の母の影響で閉鎖的な環境で育ったヴィクトリアは、18歳という若さでの即位に戸惑いながらも、女王らしく振る舞おうとする。周囲にはなかなか認められず、孤独な思いを深めていくが、やがて運命の男性アルバートと出会い、恋に落ちる。周囲の大反対を押し切って結婚したヴィクトリアが、次第に国民の信頼を得ていくさまを描く。BBCドラマ「ドクター・フー」シリーズで知られる若手俳優ジェナ・コールマンがヴィクトリアを演じている。  「勉強になることばかりだった」と収録を振り返った蓮佛は、「どうしても自分の声が棒読みに聞こえてしまう」ということもあったそう。「10年ほど女優業をやらせていただいてますが、今までで一番難しい仕事。カメラの前でお芝居をする感覚で...more
カテゴリー:

前田敦子『マジすか学園』以来6年ぶりにテレ東出演 - 07月15日(土)14:00 

女優の前田敦子が、テレビ東京にて放送中のドラマ『居酒屋ふじ』(舞手土曜24:20~)の第7話に、“本人役”で出演することがわかった。永山絢斗と大森南朋がW主演を務め、東京・中目黒に実在する居酒屋「ふじ」を舞台とした本作。今イチ人生がパッとしない売れない若手俳優・西尾栄一(永山)が、大森(本人役)をはじめ、実名で登場する常連客の著名人から語られる言葉や、「ふじ」の“おやじ”が残した豪快な逸話に刺激を受けながら、泣き、笑い、挫折を感じながらも、再び夢を追い始める姿を描いた人情味溢れるヒューマンドラマだ。前田がテレビ東京のドラマに出演するのは、『マジすか学園2』以来6年ぶり。また、「ふじ」にはAKB時代に秋元康によく連れてきてもらっていたと言い、「お料理はなんでも美味しかったので、“ふじ”に来るのが大好きでした」と当時をしみじみ振り返った。今回、前田は劇中でAKB48のセンターに君臨し続けた秘話を告白。さらに、なぜか西尾に超能力を披露するということで「超能力者という面白い設定もいただいて、私自身と超能力者という2つの事を考えながらやるというのが初めての体験で楽しかったです」と撮影の感想を述べ、「共演者の方々の雑談やアドリブを聞いていると、“ふじ”にいるような、リアルで不思議な空間を楽しませてもらいました」と語っていた。 関連リンク 斉...more
カテゴリー:

大杉漣最低「居酒屋ふじ」2話「『バイプレイヤーズ』で若い子に人気あんだよ」と大森南朋がボヤく - 07月22日(土)11:00 

テレビ東京「土曜ドラマ24」でスタートした『居酒屋ふじ』。中目黒のはずれにある実在の居酒屋「ふじ」を舞台に、実際に店の常連の俳優たちが実名で登場する物語だ。原作は栗山圭介の同名小説。永山絢斗が演じる無名の俳優・西尾が主人公で、店で偶然知り合った大森南朋役を大森南朋が演じる。ナレーターはとんねるずの木梨憲武。大森も木梨も「ふじ」の常連だった。「テレ東、力あんな、今な」先週放送の第2話はいきなり大杉漣(大杉漣)が若いモデルの美女2人を引き連れて「ふじ」に登場! 大杉漣は美女相手にうさんくさい「陰毛占い」を提案する。陰毛を1本抜いて占えばブレイクも夢ではないというのだ。大杉漣、最低! しかし、ホイホイと美女たちは陰毛を抜いてきて、さらに大杉漣の言いなりで「静かな場所」へ連れて行かれてしまう。あっけにとられる西尾に大森南朋が呟く。「『バイプレイヤーズ』やってから若い子に人気あんだよ、あれ。テレ東、力あんな、今な。出てぇな、俺も」出てるよ、今! コテコテの関西弁を使っていた大杉漣だが、実際は徳島出身。『居酒屋ふじ』は虚実皮膜の物語だが、どちらかという“虚”に近いという印象だ。「ふじ」という異空間昭和の風情を色濃く残した居酒屋「ふじ」は、常連(諏訪太朗、平田敦子)はしつこく絡んでくるし、プライベートには土足で踏み込んでくるし、昔の話で盛り上がるし、みんなで亡くなった親父の純愛話に涙して、消極的...more
カテゴリー:

水川あさみに熱愛疑惑、大森南朋も巻き込まれ…『居酒屋ふじ』 - 07月21日(金)16:37 

永山絢斗と大森南朋がW主演を務めるドラマ『居酒屋ふじ』(テレビ東京系列、毎週土曜24:20~)の第3話が、7月22日に放送。水川あさみが本人役で登場する。東京・中目黒に実在する居酒屋「ふじ」を舞台とした本作。今イチ人生がパッとしない売れない若手俳優・西尾栄一(永山)が、大森(本人役)をはじめ、実名で登場する常連客の著名人から語られる言葉や、「ふじ」の“おやじ”が残した豪快な逸話に刺激を受けながら、泣き、笑い、挫折を感じながらも、再び夢を追い始める姿を描いた人情味溢れるヒューマンドラマだ。第3話では、熱愛疑惑で週刊誌の記者に追われていた女優・水川あさみが、居酒屋ふじに逃げ込んでくる。本人は濡れ衣だというが、記者に突きつけられた写真には、水川と密会している西尾の姿が……。週刊誌の記者から逃げるため、大森は水川を外に連れ出す。一方の西尾は、バイト先の工藤俊介(村上淳)や、偶然会った鯨井麻衣(飯豊まりえ)に、見栄を張って「連ドラが決まった」などと嘘をついてしまう。そんな中、ドラマ撮影中の大森の元に週刊誌の記者が現れ、水川の熱愛の件を問い詰めるが、大森はそんな記者相手に激怒してしまい……。 関連リンク 斉藤和義がドラマの主題歌を書き下ろし 鉄拳が『居酒屋ふじ』の”おやじ”イラスト...more
カテゴリー:

大森南朋「居酒屋ふじ」を語る『普段より少しおちゃめな大森南朋になっているかも』 - 07月19日(水)06:00 

テレビ東京系ほかにて放送中の「土曜ドラマ24『居酒屋ふじ』」で主演を務める大森南朋に、作品の印象、見どころなど話を聞いた。 【写真を見る】「居酒屋ふじ」は実在する居酒屋を舞台に、永山絢斗演じる若者の成長を描く/(C)テレビ東京 東京・中目黒に実在する居酒屋「ふじ」を舞台に、今イチパッとしない人生を送る売れない若手俳優・西尾栄一(永山絢斗)が、大森南朋(本人)ら実名で登場する常連客の著名人から語られる言葉に刺激を受けながら、再び夢を追い掛けていくヒューマンドラマ。 舞台となっている「ふじ」について、「実際に通っていた店なので、ドラマの舞台になるというのは不思議な気持ちです。雰囲気のいいお店で、昔の話もたくさん聞けるところで、よく通っていました。おやじさんの物まねもよくしていました(笑)」とうれしそうに語る。 また、本人役について「自分自身から逸脱しないように、きちんと重なる部分があるように演じていました。普段より少しおちゃめな大森南朋になっているかもしれません(笑)。原作の世界観とも逸脱しないように努めました」と、笑顔でコメント。 さらに、ドラマの見どころについて「タイトル通り、居酒屋で起こる出来事によって、少しずつ西尾や周りの人間模様が変わっていくところを見てほしいです。 あとは、エンディングでしょうか。毎回アドリブで、撮り始める寸前まで何をさせられるか分からないんです。だからこそ...more
カテゴリー:

瑛太主演『ハロー張りネズミ』初回10.3% - 07月18日(火)09:44 

 俳優の瑛太が主演するTBS系連続ドラマ『ハロー張りネズミ』(14日スタート、毎週金曜 10:00)の第1話が14日に放送され、初回平均視聴率が●%だったことが18日、わかった(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。 【写真】土下座シーンを完全再現した瑛太  同ドラマは1980年代に『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載された弘兼憲史氏のマンガを実写化。脚本・演出を映画『モテキ』や『バクマン。』などで知られる大根仁監督が務め、瑛太演じる主人公の探偵「ハリネズミ」こと七瀬五郎が、人探し、殺人事件、超常現象、恋愛相談、徳川埋蔵金探しなどを扱う。  ミステリアスなヒロイン・四俵蘭子は深田恭子、五郎の良き相棒である“グレさん”こと木暮久作役は森田剛、五郎たちを温かく見守る風かほる役は山口智子が演じ、脇を固める。  第1話では東京都の板橋区、下赤塚にひっそりと佇む『あかつか探偵事務所』のお気楽所員の五郎とグレのもとに、変わった依頼が舞い込む。昼間から酎ハイをあおるかほるに悪態をつかれながら迎えられ、2人は事務所を尋ねてきた依頼主と対面。その男は、1ヶ月前に亡くした娘を探してほしいという無理難題を持ちかけた。 【関連記事】 【画像】瑛太と共演…ミステリアス美女の深田恭子と”所長”山口智子 【写真】似てる?! 瑛太の弟は…朝ドラで活躍中の永山絢斗 【写真】小麦色の肌がまぶしい!ビーチで美ボ...more
カテゴリー:

本人役なのに超能力者!? 前田敦子、ドラマ「居酒屋ふじ」にゲスト出演 - 07月15日(土)14:00 

 女優の前田敦子が、俳優の永山絢斗と大森南朋がダブル主演するテレビ東京の土曜ドラマ24「居酒屋ふじ」の第7話に本人役でゲスト出演していることがわかった。前田がテレビ東京のドラマに出演するのは「マジすか学園2」以来6年ぶりのこと。初の本人役ながらも、超能力を持つという異色のキャラクターを演じる。 ・【フォトギャラリー】「居酒屋ふじ」第2話場面写真  ドラマは、中目黒に実在する「居酒屋ふじ」店主であり、2014年にこの世を去った“おやじ”の半生をつづった同名小説を原作に物語を紡ぐ。ふじの店内やメニューの数々を忠実に再現し、実名で登場する著名人の言葉や、おやじが残した豪快な名言を交え、売れない若手俳優・西尾栄一(永山)が再び夢を追いかける姿を人情たっぷりに描く。大森は、西尾を「かつての自分を見ているようだ」と可愛がる本人役を演じる。  実在の「居酒屋ふじ」にサインが3つも飾ってあるという前田は、劇中で西尾の前で超能力を披露するという個性的な役どころで、かつて所属していた「AKB48」でセンターに君臨し続けた秘話も明かされる。前田にとって「居酒屋ふじ」は思い出深い場所のようで「実在の『ふじ』には、AKB時代に秋元(康)先生に何人かでよく連れてきてもらいました。お料理はなんでも美味しかったので、『ふじ』に来るのが大好きでした」と語っている。  そして「今回本人役なんですが、超能力者と...more
カテゴリー:

もっと見る

「永山絢斗」の画像

もっと見る

「永山絢斗」の動画

Wikipedia

永山 絢斗(ながやま けんと、1989年3月7日CM情報 ほろよい サントリー(2013年1月20日時点のアーカイブ) - )は、日本俳優

東京都板橋区出身。パパドゥ所属。実兄は俳優の瑛太

来歴 人物 出演 テレビドラマ
  • おじいさん先生(2007年7月 - 9月、日本テレビ) - 逸見 役
  • パズル(2008年4月 - 6月、テレビ朝日) - 塚本善雄 役
  • 恋空(2008年8月 - 9月、TBS) - 加藤タツヤ 役
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる