「永井豪」とは?

関連ニュース

「マジンガーZ」“Z”叫上映会、観客の「マジーンゴー!!」に森久保祥太郎も満足 - 01月20日(土)21:16 

永井豪原作による「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」の応援上映イベント「『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』キャスト舞台挨拶付き大“Z”叫応援上映会」が、本日1月20日に東京・新宿バルト9にて開催された。
カテゴリー:

内山昂輝がセクシャル&バイオレンスな『DEVILMAN』の過激表現に「最高だぜ!」 - 01月20日(土)09:50 

永井豪による伝説的漫画を現代によみがえらせたNetflixオリジナルアニメ『DEVILMAN crybaby』の全世界配信記念トークイベントが1月19日に新宿バルト9で開催され、内山昂輝、村瀬歩、潘めぐみが登壇。Netflixだからこそ表現できた過激シーンについて、内山が「最高だぜ!」と笑顔で感想を語った。 【写真を見る】会場に手を振った内山昂輝、村瀬歩、潘めぐみ 漫画史に残る不朽の名作「デビルマン」を湯浅政明監督がアニメ化した本作。原作のラストまでを初めて映像化した。 不動明を演じた内山は「いつもは(収録以外の日々も)どっぷりと侵食されるタイプではないんですが、録っている時期は沈んでいました」と過酷な運命を背負う役を演じる上では、気持ちが落ち込むこともあったそう。1話で内山は、変化する前の気弱でかわいらしい明としての演技も披露しているが、村瀬が「しんどそうだった」と暴露。内山は「バラすなよ!」と慌てたものの、村瀬は「かわいかったよ。内山昂輝の“かわいい成分”を感じ取った」と楽しそうに語っていた。 飛鳥了を演じた村瀬は「外からは表情は変わらないように見えるけれど、うちでは感情が動いている」とキャラクターの複雑さを噛み締めた。アフレコ時には「明、遅いな」との台詞が印象的だそうで、「『彼氏を待つ彼女のような気持ちで演じて』と言われた。男なんだけどな!」とこぼすと、会場も大爆笑だった。 ...more
カテゴリー:

Netflix独占配信アニメ『DEVILMAN』Blu-ray BOX発売へ - 01月19日(金)22:06 

 映像配信サービス「Netflix」で1月5日より世界190ヶ国へ同時配信されているアニメ『DEVILMAN crybaby』がBlu-ray BOXで5月30日に発売されることになった。 【動画】『DEVILMAN crybaby』予告編  永井豪氏による伝説的漫画『デビルマン』を現代によみがえらせた本作。連載開始から45年経っても多くのファンを魅了し、今なお多くのクリエイターに影響を与え続けている原作の世界観をベースに、人間の欲望が渦巻くセクシャルな描写、デビルマンと悪魔たちが繰り広げる激しいバイオレンス描写など、原作の持つニュアンスを最大限活かしつつ、湯浅政明監督が現代に描かれるべきアニメとして映像化した作品。  『DEVILMAN crybaby COMPLETE BOX』は、全10話に加え、音楽を担当した牛尾憲輔による特典CD 2枚(EXTRA Soundtrack・Remix CD)、設定資料集、アニメーションメイキングブック(100ページ)、アートワーク集(100ページ)などの特典を付けたコレクターズアイテムとなっている。2万8000円(税別)。 ■公式サイト http://devilman-crybaby.com 【関連記事】 湯浅政明監督、現代性を重視した『DEVILMAN』爆誕、世界へ (18年01月05日) 『DEVILMAN』でアニメとラップが融...more
カテゴリー:

ヒロインの妊娠をめぐる裏話も!脚本担当がキャラ愛を込めた『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』 - 01月18日(木)06:45 

スーパーロボットの原点にして頂点・マジンガーZの新たな戦いをダイナミック&ドラマチックに描いた新作アニメ『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』(公開中)。4D上映映えする必殺武器のオンパレード描写によるマジンガーZの活躍はもちろん、主人公・兜甲児&ヒロインの弓さやか、さらに続編「グレートマジンガー」のキャラクターたちのその後まで緻密に描かれた大人向けのドラマとしても充分に楽しめる作品に仕上がっている。 【写真を見る】ラーメン店主になってもボスはボスボロットで大活躍!?/[c]永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 そんな同作の脚本を担当したのは、ゲーム業界の人間模様を描きドラマ化もされた「東京トイボックス」「大東京トイボックス」などを手掛けた漫画家ユニット・うめの小沢高広だ。 ■ きっかけはグレートマジンガーへの“リベンジ” 「子どものころからロボットアニメはいろいろ見て、『マジンガーZ』も再放送で見ていた世代です。番組をずっと見続けていると、最終回にボロボロにやられてグレートマジンガーが助けに来るショッキングな展開がありますよね。あれが子どもには理不尽だったんですよ。マジンガーZって機械獣と戦って、結構ボロボロに傷つきながらも最後は必ず勝ってきました。それが勝てなかった時のハシゴを外された感…(苦笑)。さらに、見ず知らずのグレートマジンガーが出てきて『え、勝っちゃったよ…』...more
カテゴリー:

『劇場版マジンガーZ』、女子だけの<生放送特番>の配信が決定 - 01月16日(火)23:40 

画業50周年を迎える永井豪氏のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活した『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』。現在公開中の本作だが、その<生配信特番>が2018年1月20日(土)に放送されることが決定した。
カテゴリー:

森久保祥太郎「マジンゴー!」を生レクチャー。茅野愛衣&上坂すみれは「オッパイ」絶叫に驚き - 01月20日(土)20:14 

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』(公開中)の舞台挨拶付き大“Z”叫応援上映会が1月20日に新宿バルト9で開催され、森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれ、花江夏樹、金丸裕プロデューサーが登壇。“Z”叫ポイントを生レクチャーした。 【写真を見る】『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の応援上映が大盛り上がり!会場の様子 原作者・永井豪の画業50周年を記念したスーパープロジェクトとして、伝説のロボットアニメを45年ぶりにスクリーンに復活させた本作。この日は、サイリウムやペンライトの使用OK、絶叫(Z叫)OKの応援上映が実施された。 カラフルなサイリウムを掲げ、大歓声をあげる観客に迎えられたキャスト陣は「すごい!」と驚くことしきり。引っ切りなしに声援が上がる異様なほどの熱気ぶりで、森久保は「仕上がってますね!森久保祥太郎だゼーット!」と大喜びで挨拶。花江が「森久保さんのうちわを持っている人がいますよ!」と見つけるなど、冒頭から大盛り上がりのイベントとなった。 名台詞や必殺技を叫んだり、リアクションをすることも可能とあって、上映前にオススメの応援ポイントをレクチャーすることに。森久保は「マジーンゴー!」との掛け声について、「当時もミキサーさんをやっていた方に秘訣を教わった」とのこと。兜甲児の初代声優を務めた石丸博也はあまり力まずに「マジーンゴー!」を発していたそうで、森久...more
カテゴリー:

内山昂輝:新作「デビルマン」不動明役は「気持ちよかった」 “振り切っ… - 01月19日(金)22:18 

 声優の内山昂輝さんが19日、東京都内で行われた、永井豪さんのマンガ「デビルマン」の新作アニメ「DEVILMAN crybaby」の全世界配信記念トークイベントに登場した。ネット配信作品ということで…
カテゴリー:

TVアニメ『バキ』今夏NETFLIXで先行配信 シリーズ17年ぶりアニメ化 - 01月18日(木)17:40 

 大人気格闘漫画「刃牙」シリーズ(作:板垣恵介)の第2部『バキ』が、TVアニメ化され今夏にNETFLIXで先行配信されることが、18日発売の『週刊少年チャンピオン8号』で発表された。シリーズとしては17年ぶりのアニメ化となる。  同作は闘技場戦士5名と最凶死刑囚5名がシリーズ屈指の限界バトルを繰り広げるストーリー。同日、アニメの第1弾ビジュアルも公開された。 【関連記事】 『夏目友人帳』アニメ化10周年 ニャンコ先生のグッズ増加に驚き (18年01月01日) レベルファイブ「レイトン」シリーズTVアニメ化 来年春地上波放送決定 (17年12月29日) 西尾維新〈物語〉シリーズ 『続・終物語』2018年アニメ化 (17年12月27日) 永井豪原作『キューティーハニー』来年新たにアニメ化 “カッコかわいい”ビジュアル解禁 (17年12月22日) 『キャプテン翼』15年半ぶりTVアニメ化 来年4月テレ東で (17年12月13日)
カテゴリー:

共通点は『ガルパン』にあり!?週末動員『マジンガーZ』『ネイビーシールズ』が健闘! - 01月17日(水)18:04 

1月13日・14日の映画動員ランキングは、新作2タイトルがトップ10入りを果たした。特に6位の『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』は動員5万4000人、興収8700万円を記録し、幸先の良いスタートを切った。 【写真を見る】お父さん世代が泣いて喜ぶ!?伝説のロボットアニメが劇場版で復活!(『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』)/[c]永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 ■ 『マジンガーZ』はアトラクション上映も人気! TVシリーズから10年後の世界を舞台に、スーパーロボット・マジンガーZと甦った悪の科学者Dr.ヘル率いる機械獣軍団との激闘が繰り広げられる本作。ブレストファイヤー、ロケットパンチといったTV版でもおなじみの武器が連発・乱舞するバトルシーンに新旧ファンが興奮。その衝撃や爆発をシンクロさせた4DX、MX4Dなどのアトラクション上映も好評で、大ヒット作『ガールズ&パンツァー 劇場版』(15)の同上映を彷彿させる人気を得ているよう。 劇場パンフレットも軒並み完売となり、急遽増刷がアナウンスされるなど配給サイドは嬉しい悲鳴を上げている様子。今後は応援上映の実施や、4DX上映へのリピーターなども期待され、さらに成績を伸ばしそうだ。 ■ 戦車シーンに興奮のCM効果?ベッソン作品も健闘 続く7位の『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』は、『レオン』(94)...more
カテゴリー:

永井豪&湯浅政明監督に「DEVILMAN crybaby」についてインタビュー、「デビルマンの本質を押さえたものになった」と太鼓判 - 01月16日(火)21:10 

2018年1月5日(金)からNetflixオリジナルアニメ「DEVILMAN crybaby」の配信が始まりました。これは永井豪さんの画業50周年を記念した作品で、漫画版はその展開などから、完全に映像化することは不可能だといわれてきて、実際にラストシーンまでを映像化した作品はこれまでありませんでした。この難題に挑んだのが、「夜明け告げるルーのうた」でアヌシー国際アニメ映画祭・長編グランプリを獲得した湯浅政明監督です。原作者である永井豪さんと湯浅監督に、本作についての話をうかがってきました。続きを読む...
カテゴリー:

もっと見る

「永井豪」の画像

もっと見る

「永井豪」の動画

Wikipedia

永井 豪(ながい ごう、本名:永井 潔(ながい きよし)、1945年9月6日 - )は、日本漫画家石川県輪島市出身。血液型O型日刊スポーツ 漫画革命40年 永井豪特集]。

石ノ森章太郎のアシスタントを経て、1967年目明しポリ吉でデビュー。代表作にハレンチ学園あばしり一家デビルマンマジンガーZキューティーハニーなど。少年漫画の世界に性やバイオレンスの表現を大胆に取り入れ、後続の漫画家に大きな影響を与えた。ナンセンスなギャグマンガからシリアスな劇画までシームレスにこなすという点でも異色の存在である。また1972年のデビルマン以降、多数のテレビアニメ作品に共同企画者・原作者として関わっている。1980年、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる