「永井大」とは?

関連ニュース

松坂桃李『不能犯』の謎「思い込み」で人は死ぬのか - 02月19日(月)14:32 

グランドジャンプに連載中の人気コミックを、人気俳優・松坂桃李主演、『伽倻子 VS, 貞子』の白石晃士監督で映画化した『不能犯』。現在全国の映画館で公開されて大ヒット。さらにdTVでは、オリジナルドラマの配信も展開している。今回は、映画版、ドラマ版を通してこの「不能犯」のおもしろさを掘り下げていきたい。映画を一度ご覧になってからこの記事を読んでみると、さまざまな謎の解明の糸口をつかめるかもしれない。●映画『不能犯』のストーリー頻発する変死事件の現場で必ず目撃されている黒いスーツの男、字相吹正(松坂桃李)。彼は、とある電話ボックスに貼られている、殺人依頼の紙をもとにそれを引き受ける、噂の人物。しかも字相吹は、マインドコントロールで相手を死に導く“不能犯”であるため、罪に問われることはない。刑事・多田友子(沢尻エリカ)は、そんな字相吹の犯行を何とか止めるために、策を練るが……。●不能犯とはどういう意味なのか思い込みやマインドコントロールで相手を殺すという、常識的に考えて実現不可能な行為をはたらく人物のこと。だが、過度な肉体的接触があるわけではなく、また凶器なども使用していないことから、殺人罪、暴行罪の立証ができない。たとえ相手が死んでも、罪には問われない。●思い込みで人が死ぬことはあるのか?プラシーボ効果=思い込みで人を死へと追いやる字相吹。映画のなかで詳細が説明されているが、これについ...more
カテゴリー:

思い込みが死を招く? マインド・コントロールが関与した『不能犯』的凶悪事件まとめ[ホラー通信] - 02月07日(水)22:00 

『オカルト』『ノロイ』『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズなどでカルト的人気を誇り、2016年『貞子VS伽椰子』の大ヒットでその人気をさらに押し広げた白石晃士監督が、人気コミックを実写映画化した『不能犯』が現在公開中です。 『不能犯』は、電話ボックスに貼られた殺人依頼をもとに、絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す謎の男・宇相吹(うそぶき)をめぐる物語。宇相吹は、自身の特殊なマインド・コントロールの能力によって相手に強い“思い込み”を抱かせることで、肉体反応により死に至らしめたり、自殺や殺人などの行動を起こさせます。そういった立証が不可能な犯罪を“不能犯”と呼ぶそうです。 映画に登場するマインド・コントロールは映画的な演出がなされたものではありますが、マインド・コントロールを使った犯罪は現実にも起こっています。そこで今回は、近年に起こった“マインド・コントロールが関与する事件まとめ”をご紹介します。 1.福島悪魔祓い事件(1995) 自称・祈祷師の江藤幸子が、除霊行為と称し、信者7人に激しい暴行を加え、殺害と重傷を負わせた事件。事件発覚後、江藤宅から6体の白骨化した遺体が発見されたが、遺体を放置していたことについては「魂は死んでいないので、そのまま寝かせていた」と供述。信者らは、遺体の悪臭が消えたら蘇生すると信じて疑わなかったという。 2.福岡4人組保険金連続殺人事件(200...more
カテゴリー:

松坂桃李『不能犯』の謎「思い込み」で人は死ぬのか - 02月19日(月)14:30 

グランドジャンプに連載中の人気コミックを、人気俳優・松坂桃李主演、『伽倻子 VS, 貞子』の白石晃士監督で映画化した『不能犯』。現在全国の映画館で公開されて大ヒット。さらにdTVでは、オリジナルドラマの配信も展開している。今回は、映画版、ドラマ版を通してこの「不能犯」のおもしろさを掘り下げていきたい。映画を一度ご覧になってからこの記事を読んでみると、さまざまな謎の解明の糸口をつかめるかもしれない。●映画『不能犯』のストーリー頻発する変死事件の現場で必ず目撃されている黒いスーツの男、字相吹正(松坂桃李)。彼は、とある電話ボックスに貼られている、殺人依頼の紙をもとにそれを引き受ける、噂の人物。しかも字相吹は、マインドコントロールで相手を死に導く“不能犯”であるため、罪に問われることはない。刑事・多田友子(沢尻エリカ)は、そんな字相吹の犯行を何とか止めるために、策を練るが……。●不能犯とはどういう意味なのか思い込みやマインドコントロールで相手を殺すという、常識的に考えて実現不可能な行為をはたらく人物のこと。だが、過度な肉体的接触があるわけではなく、また凶器なども使用していないことから、殺人罪、暴行罪の立証ができない。たとえ相手が死んでも、罪には問われない。●思い込みで人が死ぬことはあるのか?プラシーボ効果=思い込みで人を死へと追いやる字相吹。映画のなかで詳細が説明されているが、これについ...more
カテゴリー:

在日差別や銀座クラブママを経て…大阪の超人気スイーツ店、マダム信子の激烈人生が話題に - 01月31日(水)21:00  news

 大阪の大人気スイーツとして知られるバウムクーヘン「マダムブリュレ」。それを生み出したスイーツ店「マダムシンコ」の創業者で会長のマダム信子こと、川村信子氏の波瀾万丈の半生と、 同社社長・川村幸治氏との夫婦愛を描いた映画『やまない雨はない』が先月、大阪・箕面市の109シネマズ箕面にて公開された。同作は、川村会長が綴った同名の自叙伝を原作とし、 会長役を川上麻衣子、社長役を永井大が演じている。  本作では、在日韓国・朝鮮人(以下、在日)としてさまざまな差別と闘いながらのし上がってきた川村会長の熱い“...
»続きを読む
カテゴリー:

「永井大」の画像

もっと見る

「永井大」の動画

Wikipedia

永井 大(ながい まさる、1978年5月20日 - )は、日本俳優タレント

新潟県西頸城郡青海町(現糸魚川市)出身。新潟県立糸魚川商工高等学校(現新潟県立糸魚川白嶺高等学校)、東京農業大学地域環境科学部卒業。身長185cm、体重71kg。ジュネス企画を経て現在はケイダッシュ所属。

旧芸名は永井 マサル(読み同じ)。松濤館流空手道2段(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる