「水難事故」とは?

関連ニュース

【おもちゃ】大流行「ハンドスピナー」が“夏の危険”ワースト10入り 米消費者監視団体が6月21日警告 - 06月24日(土)06:32 

大流行「ハンドスピナー」が“夏の危険”ワースト10入り 米消費者監視団体 (ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000030-zdn_n-sci 6/23(金) 9:37配信  米国の子どもたちの半数が持つとされる大流行中の玩具「フィジェットスピナー」には潜在的な危険がある――。米消費者監視団体が6月21日、そう警告した。  フィジェットスピナー(ハンドスピナーとも)は、プラスチックと金属でできた手のひらサイズの回転玩具。米国では、生徒の集中を妨げるとして、既に多くの学校で持ち込みが禁...
»続きを読む
カテゴリー:

水難事故:ダムの放流で親子けが 新潟県、事前に周知せず - 06月19日(月)21:25 

 新潟県は19日、県の不十分な対応で、新発田市の滝谷森林公園の加治川で水遊びをしていた新潟市北区の男児(9)と母親(45)が流される水難事故に遭ったと発表した。2人は公園職員らに救助され、男児は擦り傷、母親は低体温症になったが無事だった。約4.5キロ上流の県管理の加治川治水ダムの放流で川の水位が上昇したことが原因。だがダム水の放流は、自治体や住民に周知されていなかったことから、県は2人に謝罪した。
カテゴリー:

【新潟】ダム放流、下流で親子が流される 事前連絡・サイレンなし 新発田市 - 06月18日(日)21:17 

新潟県新発田市の滝谷森林公園で17日午後4時ごろ、加治川の中で水遊びをしていた男児(9)と母親(45)が流される水難事故があった。 親子は救助されて軽傷。約4・5キロ上流にある県管理の加治川治水ダムが、羽越水害50年の記念行事にともなって放流量を増やしたのが原因だった。県が18日、発表した。 県河川管理課によると、17日午後2時ごろから45分間、放流量を一時的に減らして行事の参加者に放流の様子を近くで見せる「観光放流」をした。 その後、高まった貯水池の水位を下げるため放流量を通常の2倍以上に増...
»続きを読む
カテゴリー:

【バリ島】日本人男性がサーフィン中に溺れ死亡 - 06月04日(日)23:38 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170604/k10011006511000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 インドネシアの観光地、バリ島を訪れていた茨城県出身の日本人の男性が、沖合でサーフィンをしていて溺れ、死亡しました。 インドネシアの救難当局によりますと、4日午前、バリ島南部クタ地区の沖合でサーフィンをしていた日本人の男性が溺れたということです。 地元の警察によりますと、男性は茨城県出身の片柳進さん(59)で、病院に運ばれましたが、死亡しました。 片柳さんはサーファーの間で人気の高い「クタリ...
»続きを読む
カテゴリー:

うるま市の海中道路に救難所開所 水難事故防止へ - 06月22日(木)16:08 

 【うるま】うるま市与那城の海中道路にある海の駅に22日、「海中道路海の駅救難所」が開所した。「琉球水難救済会」の県内81番目の救難所で、造船業を営む越来造船(うるま市、越来治喜代表)が管理を担う。同日午後1時半から、海の駅「あやはし館」で開所式が開かれた。  海中道路海の駅救難所長に就任した越来...
カテゴリー:

サイレン警告なしでダム放流 下流で親子が流される 水害50年の記念行事 =新潟 - 06月18日(日)21:47 

ダム放流、下流で親子が流される 事前連絡なし 新潟 新潟県新発田市の滝谷森林公園で17日午後4時ごろ、加治川の中で水遊びをしていた男児(9)と母親(45)が 流される水難事故があった。親子は救助されて軽傷。約4・5キロ上流にある県管理の加治川治水ダムが、 羽越水害50年の記念行事にともなって放流量を増やしたのが原因だった。県が18日、発表した。 県河川管理課によると、17日午後2時ごろから45分間、放流量を一時的に減らして行事の参加者に放流の 様子を近くで見せる「観光放流」をした。その後、...
»続きを読む
カテゴリー:

ダム放流、下流で親子が流される 事前連絡なし 新潟 - 06月18日(日)20:48 

 新潟県新発田市の滝谷森林公園で17日午後4時ごろ、加治川の中で水遊びをしていた男児(9)と母親(45)が流される水難事故があった。親子は救助されて軽傷。約4・5キロ上流にある県管理の加治川治水ダムが…
カテゴリー:

「水難事故」の画像

もっと見る

「水難事故」の動画

Wikipedia

水難事故(すいなんじこ)は、、河川、湖沼、水泳プールなど水域で起こる事故

概要

類義語に海難事故があるが、この2つの実際の用法は「海上か水上か」とは異なる。

「海難事故」が、海難審判法などでの法律用語としての「海難」に従い、(海上に限らない)船舶の事故を意味することが多いのに対し、「水難事故」は、ウォータースポーツや水辺のレジャーでの事故を含み、それらを特に指して使うことも少なくない。山岳で行われる渓流釣りの場合、山岳事故に含めることもある。

一般に水と触れあう機会が多くなる暖かい時期(特に夏)に増加する傾向がある。

通常、ため池では水難事故防止のため、行政による注意喚起の看板、高いフェンスが設けられていたり、出入り口が施錠されていたりするが、児童生徒が釣り竿片手にフェンスを乗り越えたり、破損していたりする所から侵入し、事故に遭うケースが多数報告されている。

水難事故における救助・捜索

日本において、海上での水難事...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる