「水難事故」とは?

関連ニュース

身近に潜む危険性 「息子が溺れた時の話」 - 05月11日(金)15:53 

夏の行楽シーズンを迎えると、子どもが水難事故にあい、命を失うという悲しいニュースを耳にします。 しかし、子どもが溺れてしまう危険性は、海やプールに限らずもっと身近な場所にも潜んでいるものです。 まんだ林檎(@mandar...
カテゴリー:

溺れて瀕死の妻に「綺麗だよ綺麗だよ」モロバレ偽装殺人の夫。そりゃ疑われますわ。 - 05月09日(水)08:46  news

瀕死の妻に“綺麗だよ綺麗だよ” 「偽装保険金殺人」容疑者が演じた“悲劇の夫” https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180509-00541668-shincho-soci 昨年7月19日、和歌山県内の病院。前日、白浜の海水浴場で“溺れた”というその女性は意識不明のままベッドに横たわっていた。 勤務先の関係者などが無言で見守る中、後に殺人容疑で逮捕されることになるその女性の夫は“綺麗だよ、綺麗だよ”と言いながら、妻の顔をさすり続けた――。  妻を亡くした悲劇の夫から、一転、殺害の嫌疑をかけられた疑惑の主へ。同じ“構図”の事件とし...
»続きを読む
カテゴリー:

【千葉】海に転落の高校生死亡 海底で発見、千葉市 千葉西署 - 05月07日(月)07:53  newsplus

https://www.chibanippo.co.jp/news/national/496268  千葉市美浜区磯辺3の検見川の浜で4日夕に少年とみられる男性が海に転落し行方不明になった水難事故で、千葉西署は5日、近くの海底で男性を見つけ、死亡を確認したと発表した。男性は同区真砂4の高校2年生、牛山直哉さん(16)。  同署によると、潜水捜索を行っていた海上保安庁特殊救難隊が4日午後9時55分ごろ、検見川の浜沖合約200メートルの海底で見つけた。牛山さんは友人と海を見に来ていた際に足を滑らせたとみられる。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【和歌山・水難偽装殺害】容疑者夫、妻の遺品のアクセサリーなどをメルカリに出品 電子レンジには容疑者と愛人の姿 - 04月24日(火)17:49  newsplus

結婚式での2人 水難事故を装って妻の志帆さん(当時28)を殺害した容疑で、大阪府に住む野田孝史容疑者(29)が逮捕されたのは4月19日のことだった。被害者の肺などから大量の砂が出てきたこと、子を産んだ愛人の存在などが既に報じられているが、野田容疑者はさらに信じがたい行動に出ていた。  ***  事件が起きたのは昨年7月18日。現場は和歌山県白浜町の「臨海浦海水浴場」である。野田容疑者はシュノーケリング中の事故を装って志帆さんを殺害したとされるが、警察の目を警戒してか、志帆さんにかけられた計5000万円の...
»続きを読む
カテゴリー:

【和歌山・水難偽装】夫、事件前に交際女性と住宅見学会 直後に妻に生命保険(3千万円)…購入資金にあてる目的か - 04月23日(月)11:22  newsplus

和歌山県白浜町の海水浴場で昨年7月、大阪市内の飲食店店長、野田志帆さん=当時(28)=がシュノーケリング中に水難事故に見せかけて殺害されたとされる事件で、和歌山県警に殺人容疑で逮捕された夫の孝史容疑者(29)が昨年5月、交際していた女性を伴って大阪府内で催された住宅見学会に参加していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。その直後に孝史容疑者を受取人として、志帆さんに3千万円の生命保険が掛けられており、県警は孝史容疑者が保険金を住宅購入資金にあてようとした可能性があるとみている。  捜査...
»続きを読む
カテゴリー:

園児が水難防止立て札 綾川・滝宮公園 「池や川に注意」 - 05月09日(水)09:31 

水の事故が増えるシーズンを前に、綾川沿いにある滝宮公園(綾川町滝宮)で8日、地元の園児らが水難事故防止を呼び掛ける啓発立て札を設置し、子どもだけで池や川で遊ばないことを約束した。
カテゴリー:

風呂の残り湯は雑菌が多い!?洗濯や掃除に再利用するメリット・デメリットとは - 05月08日(火)06:00 

子どもが生まれてから、お風呂にお湯を溜めることが増えたという人は多いのではないでしょうか? 節約や節水という観点からも、お風呂の残り湯を再利用するという人もいるでしょう。ただ、その再利用には賛成、反対双方の意見があるようです。今回は、お風呂の残り湯の再利用について、考えてみたいと思います。 「残り湯は再利用しない」派の理由は「雑菌が気になる」が多数 ママスタBBSによると、残り湯の再利用については、意見が真っ二つに分かれていました。 『使わない。雑菌がすごいよ』 『家族6人。汚れ盛りの子どもが4人も居たら、最後の人なんて可哀想な湯船になってるよ(笑)。だから洗濯にも使わない』 『昔は洗濯に使ってたけど汲み取りに電気代かかるし節約にならなそうだと思ってやめた』 『残り湯はお風呂場と洗濯機が正反対の位置にあるから使えない(笑)。内装リフォームしてるけど古いタイプのアパートだから洗濯機がベランダにある』 『風水的にはお風呂の水はすぐに捨てた方がいいらしい。洗濯に使うのも1日の汚れがまた服に付くからやめたほうがいいみたい』 さまざまな理由で、残り湯を使わないというママが多くいるようですが、特に「雑菌が気になる」という声が多く寄せられていました。中には、家の構造的に使えないという人や、風水的によくないという意見もあるようです。 「残り湯は再利用」に賛成派のママたちの意見とは 次に、「残り湯...more
カテゴリー:

TOKIO山口達也さんが今検索していそうな言葉 - 04月25日(水)19:52  news

溺れた場所の説明に矛盾、「水死」検索も 和歌山の妻殺害 和歌山県白浜町の海水浴場で昨年7月、水難事故を装い妻を溺れさせて殺害したとして、殺人容疑で逮捕された 運転手、野田孝史容疑者(29)=大阪市天王寺区=が当時「妻が溺れていた」と示した場所は水深2メートルほど で、医師の所見と矛盾することが20日、県警への取材で分かった。 県警が押収した野田容疑者のスマートフォンを解析した結果、事件前の検索履歴に「水死」や「見せかけて」など の単語が残っていたことも判明。野田容疑者が妻、志帆さん(当時28)の...
»続きを読む
カテゴリー:

【和歌山・水難偽装】不審抱いた妻の両親相談、捜査の重要な端緒に 妻への逆恨みと、保険金目的の両面が動機になった可能性 - 04月24日(火)11:36  newsplus

 和歌山県白浜町の海水浴場で昨年7月、野田孝史容疑者(29)が水難事故に見せかけて妻志帆さん(当時28歳)を殺害したとされる事件で、志帆さんの両親が当初から死亡の経緯について不審を抱いて和歌山県警に説明し、捜査の重要な端緒になったことが分かった。県警は、司法解剖で志帆さんの体内から多量の砂が見つかった状況と併せ、事件性を強く疑って捜査に着手していた。  捜査関係者によると、野田容疑者が結婚後も他の女性と交際していたことが昨年6月に発覚し、志帆さんは同居を解消。野田容疑者は翌7月に志帆さんと両親...
»続きを読む
カテゴリー:

【和歌山・水難偽装】妻の生命保険書類を請求、2社数千万円…窃盗逮捕で受け取り手続きできず? - 04月22日(日)20:07  newsplus

 和歌山県白浜町の海水浴場で昨年7月、水難事故を装い妻を殺害したとして殺人の疑いで夫が逮捕された事件で、野田孝史容疑者(29)=大阪市天王寺区=が事件後、妻に掛けていた保険金を受け取るために必要な書類を生命保険会社に請求していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。  平成29年に入ってから、妻、志帆さん=当時(28)=に2社の生命保険計数千万円が掛けられていたことも判明。受取人は野田容疑者だった。  捜査関係者によると、野田容疑者は、同年12月までに書類を取り寄せていたが、正式な保険...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「水難事故」の画像

もっと見る

「水難事故」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる