「水難事故」とは?

関連ニュース

防ごう「子どもの事故」=22日から初の啓発週間-消費者庁 - 05月20日(土)15:17 

 遊具や水遊びなどによる事故をなくそうと、消費者庁は22日から「子どもの事故防止週間」を初めて実施する。厚生労働省の人口動態調査によると、不慮の事故で毎年300人以上の0~14歳の子どもが亡くなっており、同庁は「大人のちょっとした注意で事故を防ごう」と呼び掛けている。 今年の重点テーマは「外出時の事故」。同庁によると、新年度が始まり、新しい環境に慣れてきた5月は、学校や公園の遊具から転落するといった事故が1年で最も多い。このため、遊具の対象年齢を守り、子どもに正しい使い方を教えることを要請。また、夏場に向け水難事故が多発することから、水辺やプールには大人が付き添い、天候や地形に注意するよう求める。 28日までの期間中にはツイッターアカウント「子どもを事故から守る!」(@caa_kodomo)などで、関係機関が集中的に啓発や情報提供を行う。 岡村和美長官は啓発週間の実施に当たり、17日の記者会見で「痛ましい事故をなんとしても減らしたい」と語った。 【時事通信社】
カテゴリー:

気を失っても自動的に浮力を確保する救命器具「PLOOTA」--悲しい水の事故を防ぐ - 05月10日(水)15:49 

暑くなって水辺で遊ぶ季節になると、水難事故のニュースが増える。救命胴着さえ着ていれば助かったかもしれない事故も多いが、ライフジャケットを身に着けると動いたり泳いだりしにくくなるため、使える場面は限られる。 そこで、普段は泳ぎの邪魔にならず、いざという時には自動的に浮力を確保してくれる救命器具「PLOOTA」を紹介しよう。
カテゴリー:

水際のキケンに「ふくらむ」ネックレス型デバイス - 05月12日(金)17:37 

スタンドアップパドル、カヤック、カイトサーフィン…。ウォーターレクリエーションの幅は拡がり、それらを楽しむ人口も増えている。対して水の怖さは、分かっていても“魔がさす”ということも。世界保健機構によると毎年37万人が水難事故により命を落としているという事実からも、事故を未然に防ぐ心構えは持っておきたい。さらには、こうしたグッズも。備えあれば憂いなし。自動センサーで浮き輪が作動水中エアバッグドイツ生まれの「PLOOTA」をひと言でいえば非常用のうきわ。あらゆるウォーターアクティビティにおける、いざという時にセンサーが作動し、自動的にエアバックを解放、写真のように頭を水面上に浮かしてくれる仕組み。もしくは、手動でも操作することもできるようだ。これ、泳ぎの邪魔になるような気もするが、動画をチェックすると水中でも全く問題なく使われている。水まわりで過ごすあらゆるシチュエーションに海でも、川でも、湖でも、プールでも。水まわりであれば、シチュエーションを選ばないのがPLOOTAの強み。水中をより安全な場所にすることを目指したデバイスは、様々な使い勝手をイメージさせてくれる。また、幼児から成人まで幅広い年齢層に対応する3サイズ(S・M・L)は嬉しい。現在、「Kickstarter」でクラウドファウンディング中。日本への送料を含めて77ユーロ(約9,560円)...more
カテゴリー:

【沖縄】外国人女性(18)が滝壺に落ちる 6日午後3時現在、女性は発見されていない - 05月06日(土)16:07 

6日午後0時40分ごろ、国頭村安波の普久川(通称タナガーグムイ)で、 外国人女性(18)が滝壺に落ちたとの通報が名護署や国頭地区行政事務組合消防本部などにあった。 午後3時現在、同署や同消防本部が付近の捜索に当たっているが、女性は発見されていない。  5日には名護市源河川と大宜味村津波の平南川にあるター滝付近で、 大雨による増水の影響で行楽客ら計54人が取り残されるなど、連休に入り水難事故が相次いでいる。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00000018-ryu-oki ...
»続きを読む
カテゴリー:

「水難事故」の画像

もっと見る

「水難事故」の動画

Wikipedia

水難事故(すいなんじこ)は、、河川、湖沼、水泳プールなど水域で起こる事故

概要

類義語に海難事故があるが、この2つの実際の用法は「海上か水上か」とは異なる。

「海難事故」が、海難審判法などでの法律用語としての「海難」に従い、(海上に限らない)船舶の事故を意味することが多いのに対し、「水難事故」は、ウォータースポーツや水辺のレジャーでの事故を含み、それらを特に指して使うことも少なくない。山岳で行われる渓流釣りの場合、山岳事故に含めることもある。

一般に水と触れあう機会が多くなる暖かい時期(特に夏)に増加する傾向がある。

通常、ため池では水難事故防止のため、行政による注意喚起の看板、高いフェンスが設けられていたり、出入り口が施錠されていたりするが、児童生徒が釣り竿片手にフェンスを乗り越えたり、破損していたりする所から侵入し、事故に遭うケースが多数報告されている。

水難事故における救助・捜索

日本において、海上での水難事...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる