「水道橋博士」とは?

関連ニュース

水道橋博士、オフィス北野での映画作りに意欲 - 05月18日(金)23:17 

NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』などで知られる女優の小島藤子が映画初主演をつとめる『馬の骨』の公開直前トークショーが5月17日にLOFT9 Shibuyaで行われ、小島をはじめ、監督・脚本から出演までこなした桐生コウジ、ゲストとしてたけし軍団の水道橋博士も登壇した。
カテゴリー:

水道橋博士が映画監督業へ意欲 カージナルスが30年前に書いた本をオフィス北野で! - 05月17日(木)18:55 

 NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の寮長役で注目を集めた女優・小島藤子が初主演した映画「馬の骨」の公開直前イベントが5月17日、都内で行われ、小島、出演・監督の桐生コウジ、水道橋博士が登壇した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の寮長役で注目を集めた女優・小島藤子が初主演した映画「馬の骨」の公開直前イベントが5月17日、都内で行われ、小島、出演・監督の桐生コウジ、水道橋博士が登壇した。  同作は1989(平成元)年から放送され、一世を風靡した音楽オーディション番組「三宅裕司のいかすバンド天国」に出演したロックバンド「馬の骨」の桐生が自身の体験を基に、出演、監督、脚本の3役を手掛けたもの。過去の栄光を忘れられない中年男性(桐生)と平成生まれのアイドル歌手(小島)との奇妙な交流を描いたオフビートの音楽コメディ。大の映画ファンで知られる水道橋博士が“イカ天”に詳しいことから、ゲスト出演した。  “イカ天”はほぼ全週見ていたという水道橋博士は、所属するオフィス北野の騒動を踏まえて、「状況的には、どこの“馬の骨”だと思います。オフィス北野の水道橋です」と自虐ネタで挨拶。水道橋博士と桐生が、イカ天ネタを繰り広げると、平成5年生まれの小島は「生まれていないので、まったく分かりません」とチンプンカンプンの様子だった。 ...more
カテゴリー:

水道橋博士、映画監督に意欲 ガダルカナル&つまみ枝豆コンビ題材に - 05月17日(木)14:54 

 お笑いコンビ・浅草キッドの水道橋博士が17日、都内で行われた映画『馬の骨』(6月2日公開)のトークイベントに出席。映画監督への興味を聞かれると、ガダルカナル・タカ、つまみ枝豆によるコンビ・カージナルスの自伝を読み返して映画向きだと気付いたといい、「オフィス北野で映画化したい」と意気込んだ。  水道橋博士は「30年くらい前の自伝で、当時は気づかなかったけれど映画的なストーリーだった。どこまで真に受けてくれるかわからないですが、脚本は書きたいし、監督もやってみたい」と希望した。  映画『馬の骨』は、平成元年に「イカ天」の名で親しまれたオーディション番組『三宅裕司のいかすバンド天国』に出演した過去の栄光を忘れられない中年男性・熊田と、イカ天を知らない平成生まれのアイドル歌手・ユカとの奇妙な交流を描く。ユカ役で小島藤子が演じ、実際にイカ天で審査員特別賞を手にし、北野武監督作品に俳優として出演してきた桐生コウジが熊田役、監督・脚本も担当した。  水道橋博士は“イカ天マニア”としてイベントに参加し、小島が置いてきぼりになるほどマニアックな話を展開。ユカ役で長編映画初主演を務めた小島は、作詞にも挑戦した挿入曲「やまない音」を生歌で披露し、「24歳の私の全部が詰まった映画になっています」とアピール。桐生は「半分くらいは(自分の)ドキュメントになっています」と話していた。 【関連記事】 ...more
カテゴリー:

水道橋博士、評伝連載で「新潮社とも和解できる」 - 05月12日(土)21:09 

 浅草キッドの水道橋博士(55)が12日、都内で、俳優三船敏郎さんのドキュメンタリー映画「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」(スティーヴン・オカザキ監督)のトークイベントに出席した。  同作は、「七人の侍」「蜘蛛巣城」「赤…
カテゴリー:

放送作家が語る「ビートたけしとたけし軍団の絆」 - 05月11日(金)15:53 

 5月6日、元SMAPメンバーの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演するAbemaTV「7.2新しい別の窓」で、たけし軍団と“生対談”したことが話題となった。  共に「独立騒動」で注目された面々だけに、その発言が注目されるのも頷けるが、仲間との「絆」という部分で、互いに何か通じるものがあるキャスティングだったと言える。  ビートたけしさんの独立騒動を巡っては、愛弟子のたけし軍団とオフィス北野の森昌行社長の深刻な対立が表面化し、連日ワイドショーを賑わす騒動となっていたが、4月9日に森社長が和解に向けた話し合いに入ると発表したとことを機に、事態は一応の収束を見た。 「最初に独立報道が出たときは、4年前に報じられた週刊誌の記事(『週刊文春』2014年7月17日号「世界のキタノ離婚決意! ビートたけし“100億円の愛人”『カミさんに全財産渡して一緒になる』」)もありましたし、やはり女性関係の話で揉めているのかなぁ……とも少しは思いました。ただ、僕たちテレビの世界で生きている人間からすると、たけしさんが一方的に軍団とのこれまでの関係を断ち切るなんて絶対に考えられない。だから、たけしさんへの忠誠心から軍団が共同声明を出すなど援護射撃を仕掛けたとき、とても納得しました。あぁ、やっぱり彼らの絆は想像以上に固かったんだって」  過去にたけしさんと仕事をしたことのある、ある番組製作関係者がこう話...more
カテゴリー:

水道橋博士、オフィス北野での映画作りに意欲! - 05月17日(木)18:55 

NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』などで知られる女優の小島藤子が映画初主演をつとめる『馬の骨』の公開直前トークショーが5月17日にLOFT9 Shibuyaで行われ、小島をはじめ、監督・脚本から出演までこなした桐生コウジ、ゲストとしてたけし軍団の水道橋博士も登壇した。 本作の主人公は、平成元年に『イカ天』と呼ばれた伝説のテレビ番組『三宅裕司のいかすバンド天国』に出演した過去を忘れられず、鬱屈とした日常を過ごす中年男性・黒田(桐生コウジ)。そんな彼が『イカ天』を知らない平成生まれのアイドル歌手ユカ(小島藤子)と奇妙な交流を送るうちに、置き忘れてしまった青春の後悔にケリをつけようと再起を図るという物語。 監督・主演の桐生コウジは、実際に「馬の骨」というバンドを組んで『イカ天』に出演。老婆をメンバーとして登場させるなどの演出がウケて、審査員特別賞を受賞した経験をもっている。本作では、自身に起こった出来事も描かれており、自伝的要素も強いという。バンド解散後は俳優として活躍。『アウトレイジ 最終章』などの北野武作品に数多く出演している。 水道橋博士は登場するなり「状況的にいつ『馬の骨』になるかわからない、オフィス北野の水道橋博士です!」と挨拶し会場を笑わせる。サブカルに造詣が深い水道橋博士はもちろん『イカ天』の大ファンだということで、当時活躍したミュージシャンの名前が飛び出してくるが、...more
カテゴリー:

水道橋博士が映画監督業へ意欲 “カージナルス”が30年前に書いた本をオフィス北野で! - 05月17日(木)18:55 

NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の寮長役で注目を集めた女優・小島藤子が初主演した映画「馬の骨」の公開直前イベントが5月17日、都内で行われ、小島、出演・監督の桐生コウジ、水道橋博士が登壇した...
カテゴリー:

【芸能】水道橋博士「ボクがオフィス北野のラストサムライ」 - 05月12日(土)21:20  mnewsplus

 お笑いコンビ「浅草キッド」の水道橋博士(55)が12日、東京・代官山蔦谷書店で映画「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」の公開記念トークショーを行った。  映画は、黒澤明監督作品などで知られる名優・三船敏郎の生涯を描いたドキュメンタリー作品。かねてからの熱狂的な三船ファンである博士は「オフィス北野のラストサムライです」と自己紹介しつつ、三船が戦争体験者であることに触れ「ボクもたけし軍団で殴る蹴るがあっての生き残りですけど、ボクは望んで軍団にいるわけですからね」  映画通だけに、...
»続きを読む
カテゴリー:

AKIRA、「MIFUNE」ナレーションで「用心棒」の台本を待ち受けに「お守りです」 - 05月12日(土)15:30 

 三船敏郎さんのドキュメンタリー映画「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」が5月12日、東京・有楽町スバル座で封切られ、出演した女優の香川京子、司葉子、三船さんの長男・史郎さん、ナレーションを務めた「EXILE」のAKIRAが初日舞台挨拶を行った。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  黒澤明監督の「七人の侍」「用心棒」、稲垣浩監督の「宮本武蔵」などに焦点を当て、1991年に「収容所の長い日々 日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞を受賞したスティーブン・オカザキ監督が三船さんの実像に迫った作品。これまで世界各国の映画祭で上映されてきたが、香川は「日本ではいつ公開されるのか、心待ちにしていた。本当にうれしい」と目を細めた。  三船さんとは数多くの作品で共演し、「豪快な印象がありますけれど、本当に繊細で困っている人がいると手伝ってあげようという気持ちをいつも持っていらした。すごい努力家でもあって、台本を見ている姿を見た人がいないというくらいセリフはすべて入っていた」と思い出を吐露。同じく「七人の侍」が公開された1954年に東宝に入社した司も、「懐かしいことばかり。台風で成城のご自宅の近くの川が氾濫(はんらん)した時、ご自身のボートを引っ張ってきて人命救助をしていましたよ」と武勇伝を披露した。  AKIRAは、「...more
カテゴリー:

丸山桂里奈の意味不明発言に批判殺到 「必死すぎる」 - 05月11日(金)09:30 

 5月6日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、元女子サッカー選手の丸山桂里奈(35)が出演。意味不明な発言を連発して、視聴者の批判を浴びてしまったようだ。  この日の番組では、大リーグのシアトル・マリナーズのイチロー選手(44)が、球団会長付特別補佐に就任するというニュースを特集。チームには同行するが、今季の残り試合には出場しないことを報じた。  このイチローの決断に、丸山は「ちょっとイチロー選手と私、似ているところがあって」と発言。丸山は「(アメリカでプレーしていたとき)サポート役に回されたことがあるんですよ」とイチローとの共通点を挙げた。  さらに丸山は、サポート役に回された理由として「“君はいつも、靴ひもを結んでいるよね”と言われたんですよ」と説明。その丸山の意味不明な説明にスタジオは騒然。爆笑問題の太田光(52)も「え?」と驚きの表情を浮かべたが、丸山は「もちろんイチローさんは靴ひもは結んでいないと思うんですけど」と話を続けた。  この丸山の発言を聞いて、ゲストの鈴木紗理奈(40)は「よくもそんな人(イチロー)と似ているとか言うよね」と、あきれ顔だった。  この丸山の発言には、視聴者も困惑したようだ。ネットには「爪跡を残そう感が強くて、自然に笑えない」「トンチンカンな発言で目立とうとしてるな」「テレビに映ろうと必死すぎる」「タレントとして活躍しな...more
カテゴリー:

もっと見る

「水道橋博士」の画像

もっと見る

「水道橋博士」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる