「水谷豊」とは?

関連ニュース

ギネス認定されたジェットコースターの進化を空から勉強 - 06月29日(木)05:00 

6月29日放送の『空から日本を見てみよう+』(BSジャパン、毎週木曜21:00~)は、三重県の最北端に位置するいなべ市から、不思議な地形の桑名市まで空から眺めていく。まず「ホンダ」の軽自動車を受託製造する八千代工業の工場を見学し、いなべ市に入ると、ピラミッドのようにそびえる藤原鉱山を発見。そこでは、年間およそ400万トンも採掘する石灰石の発破を見学。続いてたどり着いた「太平洋セメント藤原工場」では、古タイヤなどをリサイクルして使うセメントづくりや、製品を鉄道貨車で四日市港へ運ぶ物流ルートを見ていく。桑名市に入り、ビルの上にいる“黄色い恐竜”を見て中心市街地を通り過ぎ、揖斐川、長良川、木曽川の河口にある長島へ進むと、宙に浮いた富士山や、「く」の字形に一列に並んだ住宅地を発見。木曽三川下流域の輪中や河川整備による地形の変化を眺める。さらに、東海地区最多の入場者数を誇る遊園地ナガシマスパーランドでは、世界最長の「スチールドラゴン2000」はじめ、国内最多の12機種のジェットコースターの進化を学習。長島の沖の海では、桑名の伝統的な特産品・ハマグリの漁などを見ていく。 関連リンク 水谷豊は「日常生活不適合」な人?妻・伊藤蘭がプライベートを告白 関西の激貧番組「予算を使い切れ」最後...more
カテゴリー:

水谷豊は「日常生活不適合な人」?妻・伊藤蘭がプライベートを告白 - 06月28日(水)12:38 

女優の伊藤蘭が、6月27日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)に出演。夫で俳優の水谷豊とのやりとりを語った。MCの笑福亭鶴瓶に水谷のことを聞かれると、伊藤は「集中すると何も目に入らないというか。家の中でも食べる以外は、(集中していると)何もできない」と知られざる一面を告白。鶴瓶も心当たりがあるようで「俺もウチの奴(妻)に言われるんですけど、(水谷も)“日常生活不適合な人”ですよね」と話すと、「そうかもしれない」と伊藤も同意した。続けて伊藤は「この間、主人と向き合って食事をしていたら、何か言っているんですよ。後ろに“誰かいるのかな?”って思っていたら、私を相手役に見立てて頭の中で芝居をしていました。さすがにイラッとしました」というエピソードを明かし、鶴瓶に「アカンアカン! もう末期やそれ!」とツッこまれていた。また、キャンディーズ時代に、唯一激怒したというエピソードを披露する一幕も。伊藤は「当時は自宅の方にファンの方たちが集まってきていた」と現代では考えられない規制のゆるさがあったと語り、「そこで悪ガキっぽい男の子たちが自転車でウチの周りをグルグル回って」と悪質ないたずらに悩まされていたことを振り返った。対策として雨戸を閉めたのだが、そこに石を投げ始めたことから“我慢ならない”と外に出たそう。そこで「その子たちが通るのを待ちかまえて止めて、胸ぐらを掴ませ...more
カテゴリー:

構想40年の初監督作!「TAP -THE LAST SHOW-」水谷豊監督・HIDEBOHインタビュー - 06月28日(水)11:06 

俳優・水谷豊が監督に挑戦。構想40年、23歳の頃に思い描いていたストーリーを軸に映画「TAP -THE LAST SHOW-」を完成させた。タップダンスを題材に...
カテゴリー:

水谷豊 初監督映画 『TAP -THE LAST SHOW-』 初週1位 好評の様子 - 06月24日(土)15:25 

1位『TAP -THE LAST SHOW-』92.8点 2位『約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~』91.9点 3位『世界にひとつの金メダル』91.2点 4位『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』90.8点 5位『こどもつかい』89.4点 6位『おとなの恋の測り方』86.4点 7位『心に吹く風』86.1点 8位『レイルロード・タイガー』84.3点 9位『キング・アーサー』82.4点 10位『映画 山田孝之3D』81.4点 11位『リベンジ・リスト』77.7点 12位『ドッグ・イート・ドッグ』64.0点 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=2017...
»続きを読む
カテゴリー:

水谷豊構想40年初映画監督挑戦を後押しした「あの名作」 - 06月20日(火)17:00 

水谷豊(64)の初映画監督&主演作「TAP THE LAST SHOW」が、17日から全国88スクリーンで公開された。初日舞台あいさつに出席した水谷は、約40年間にわたり構想を温め続けてきた作品とあって「ついにこの日がやってきたという思いです」と感無量だった。 「製作にかかわったのは、水谷が主演をつとめる『相棒』シリーズの東映とテレビ朝日。『相棒』で水谷にたんまり稼がせてもらっている両社としては、企画持ち込まれたら断れるはずがない。公開規模からすると、異例の宣伝費がかけられたといいます」(映画業界関係者) 同作は、足に大けがを負って引退した水谷演じる元天才ダンサーが主人公。岸部一徳(70)演じる劇場オーナーから閉館を飾る最後のショーの演出を依頼され、ある若者の踏むタップによってかつての情熱を取り戻していく姿が描かれている。 「公開初週の週末興行成績が発表されましたが、公開スクリーンが少ないこともあってかトップ10入りはならず。興収の割に業界内の評価は高いのですが……」(映画ライター) 「構想40年」を全面的に押し出し、水谷のあふれんばかりの情熱をアピールしている同作。しかし実は、メガホンをとる決意をさせたのは日本でも大反響を呼んだあの名作だったという。 「劇中では水谷が若手タップダンサーたちに対し、ステッキを振り回して鬼の形相でしごくのが見どこ...more
カテゴリー:

ギネス認定されたジェットコースターの“進化”を空から勉強 - 06月28日(水)13:09 

6月29日放送の『空から日本を見てみよう+』(BSジャパン、毎週木曜21:00~)は、三重県の最北端に位置するいなべ市から、不思議な地形の桑名市まで空から眺めていく。まず「ホンダ」の軽自動車を受託製造する八千代工業の工場を見学し、いなべ市に入ると、ピラミッドのようにそびえる藤原鉱山を発見。そこでは、年間およそ400万トンも採掘する石灰石の発破を見学。続いてたどり着いた「太平洋セメント藤原工場」では、古タイヤなどをリサイクルして使うセメントづくりや、製品を鉄道貨車で四日市港へ運ぶ物流ルートを見ていく。桑名市に入り、ビルの上にいる“黄色い恐竜”を見て中心市街地を通り過ぎ、揖斐川、長良川、木曽川の河口にある長島へ進むと、宙に浮いた富士山や、「く」の字形に一列に並んだ住宅地を発見。木曽三川下流域の輪中や河川整備による地形の変化を眺める。さらに、東海地区最多の入場者数を誇る遊園地ナガシマスパーランドでは、世界最長の「スチールドラゴン2000」はじめ、国内最多の12機種のジェットコースターの進化を学習。長島の沖の海では、桑名の伝統的な特産品・ハマグリの漁などを見ていく。 関連リンク 水谷豊は「日常生活不適合」な人?妻・伊藤蘭がプライベートを告白 関西の激貧番組「予算を使い切れ」最後...more
カテゴリー:

水谷豊は「日常生活不適合な人」?妻・伊藤蘭がプライベートを告白 - 06月28日(水)12:30 

女優の伊藤蘭が、6月27日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)に出演。夫で俳優の水谷豊とのやりとりを語った。MCの笑福亭鶴瓶に水谷のことを聞かれると、伊藤は「集中すると何も目に入らないというか。家の中でも食べる以外は、(集中していると)何もできない」と知られざる一面を告白。鶴瓶も心当たりがあるようで「俺もウチの奴(妻)に言われるんですけど、(水谷も)“日常生活不適合な人”ですよね」と話すと、「そうかもしれない」と伊藤も同意した。続けて伊藤は「この間、主人と向き合って食事をしていたら、何か言っているんですよ。後ろに“誰かいるのかな?”って思っていたら、私を相手役に見立てて頭の中で芝居をしていました。さすがにイラッとしました」というエピソードを明かし、鶴瓶に「アカンアカン! もう末期やそれ!」とツッこまれていた。また、キャンディーズ時代に、唯一激怒したというエピソードを披露する一幕も。伊藤は「当時は自宅の方にファンの方たちが集まってきていた」と現代では考えられない規制のゆるさがあったと語り、「そこで悪ガキっぽい男の子たちが自転車でウチの周りをグルグル回って」と悪質ないたずらに悩まされていたことを振り返った。対策として雨戸を閉めたのだが、そこに石を投げ始めたことから“我慢ならない”と外に出たそう。そこで「その子たちが通るのを待ちかまえて止めて、胸ぐらを掴ませ...more
カテゴリー:

【視聴熱】コムアイ、清原翔、ロッチ中岡…夏ドラマ注目のバイプレーヤ―たち - 06月26日(月)06:30 

週刊ザテレビジョンの連載企画「This week 視聴熱」では、最近にわかに視聴熱(※)が急上昇中の最新トピック「熱トピ」を紹介。6月21日発売号では、7月からスタートする新ドラマに出演する注目のバイプレーヤーを紹介している。 【写真を見る】「警視庁いきもの係」(フジ系)に出演する清原翔/©フジテレビ ■ 出番が増えるほどの大胆な演技を披露! コムアイ in「わにとかげぎす」 女優としても活動する水曜日のカンパネラのボーカリスト・コムアイが待望の連ドラデビュー。有田哲平(くりぃむしちゅー)主演の「わにとかげぎす」(7月19日[水]スタート、TBSほか)で、村上淳演じるヤクザの組長の愛人を演じる。自分のことが好きな男を利用するために誘惑する女性という役どころで、その行動が有田演じる主人公の運命も変えていくことになる、ドラマのキーパーソン的存在だ。肌の露出もいとわない彼女にほれ込んだスタッフが急きょ出演シーンを増やしたというほどの大胆な演技をお見逃しなく! ■ ことし俳優デビューのニューフェース! 清原翔 in「警視庁いきもの係」 容疑者のペットなどを保護する警視庁・動植物管理係という架空の部署を舞台にした異色ミステリー「警視庁いきもの係」(7月9日[日]スタート、フジ系)。捜査一課から動植物管理係に異動させられた鬼刑事・須藤(渡部篤郎)と、獣医学部卒の動物マニアの巡査・圭子(橋本環奈...more
カテゴリー:

「変なおじさんの男の覚悟にやりがいを感じる」峯田和伸(小祝宗男)【「ひよっこ」インタビュー】 - 06月24日(土)08:16 

 NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で、ザ・ビートルズをこよなく愛する、おかっぱ頭の“変なおじさん”小祝宗男役を演じている峯田和伸。ロックバンド「銀杏BOYZ」のメンバーとして活動を続けるかたわら、役者としても数々のドラマや映画に出演している峯田が、撮影エピソードをはじめ、宗男同様のビートルズ愛、役者への向き合い方などを語った。 -朝ドラ初出演ですが、率直な感想は? 親にすぐ電話をしたけど、「うそばっかり言っているんじゃない!」と言われました(笑)。去年の今ごろは脚本の岡田(惠和)さんとドラマ「奇跡の人」の撮影をしていましたが、その時にこの話は出なかったので、オファーをもらった時は本当にびっくりしたけどうれしかったです。-有村架純演じるヒロイン・谷田部みね子の叔父で、ナレーションでも“変なおじさん”と呼ばれるユニークなキャラクターですが、岡田さんから演じ方のリクエストなどは受けましたか。 「ビートルズ好きのちょっと変わった役なんだけど、面白い感じでやってもらえませんか?」と言われました。でも、ただ面白いわけではなく、若いころの戦争体験を通して、「俺はこうやって生きるんだ!」と決めた男の覚悟があるんですよね。そこにやりがいを感じました。-どのような役づくりをされましたか。 僕は、プロの役者ではないと十分自覚しているし、自分の限界は知っているので、できる役をやるだけです。だから、これと...more
カテゴリー:

ぴあ映画初日満足度ランキング 水谷豊ファンやダンス好きは絶対に見逃せない! - 06月20日(火)12:16 

 映画情報サイト・ぴあ映画生活(ぴあが運営、東京)は、6月16日、17日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。 それによると、トップに輝いたのは、テレビドラマ「相棒」シリーズでおなじみの水谷豊が40年以上温め続けてきた企画を、自ら監督と主演を務め映画化した『TAP─THE LAST SHOW─』となった。 観た人の中からは、「もっとシンプルな内容だと思ったけれど、最後のダンスショーのシーンが凄くて、涙が出てしまった。この映画を観ればタップダンスの魅力が伝わる」(21歳・女性)、「水谷豊の恐ろしいまでの才能を思い知らされた。ラスト20分のダンスシーンは特に素晴らしく、タップを始めてみようかなと思った」(58歳・男性)、「映画のストーリーとタップダンスが別物にならず、同化していて両方を楽しめる。最後のダンスは圧巻で、劇場で実際に見ているかのようだった」(60歳・女性)などのコメントが出ており、水谷豊ファンのみならず、ダンス好きの人にも見逃せない映画であるようだ。 第2位は、テネシー州・メンフィスの音楽シーンに焦点を当てたドキュメンタリー『約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~』、第3位は、馬術の障害飛越競技で五輪の金メダリストになったフランスのライダー、ピエール・デュランの実話に基づく伝記ドラマ『世界にひとつの金メダル』だった。***********...more
カテゴリー:

もっと見る

「水谷豊」の画像

もっと見る

「水谷豊」の動画

Wikipedia

水谷 豊(みずたに ゆたか、1952年7月14日 - )は、日本俳優歌手北海道空知郡芦別町(現:芦別市)出身。身長168cm、体重60kg、血液型はA型。トライサム所属。

来歴 少年時代

四人兄弟の末っ子。北海道芦別市野花南、小平町達布など炭鉱街を炭鉱技師(出典不明)の父親の転勤に伴い転々とし、東京都立川市で育つ。大成高等学校(三鷹市)卒業。

少年時代に白黒テレビを見て「この小さな箱がどうやって映るんだろう。いつかこの小さな箱に入ってみせるぞ」と考え、これが演劇の世界に入る遠因となったとしている2008年4月26日放送SmaSTATION!!より。だが、少年時代は演劇などよりも大鵬の土俵入りの流麗さにあこがれ、相撲の力士になりたかった、という徹子の部屋(2014年4月1日放送分) 。

1965年、13歳のとき演劇に興味を持ち劇団ひまわりへ入団する。1968年、フジテレビの...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる