「水蒸気」とは?

関連ニュース

タモリ「もう一回来てもいい」と感激 『ブラタモリ』立山の神秘と謎に迫る - 10月22日(日)10:00 

各地をブラブラ歩き、知られざる町の歴史や人々の暮らしに迫る番組『ブラタモリ』(NHK)。10月21日に放送された第88回の舞台は、富山県の立山だ。観光シーズンは、4月~11月とされている立山。観光客は毎年100万人だそう。古くからとくに山岳信仰の強い「日本三霊山」の一つでもある「神秘の山」。今回の放送では、そんな立山の神秘が解き明かされた。■神秘的な地形の秘密とはスタート地点は立山の中腹で、観光地となっている室堂平。これまでに各地を訪れてきたタモリだが、番組の冒頭では「立山は興味がある」と語る。タモリ一行は早速「室堂平」のシンボルでもある、ミクリガ池に注目。太古に、水蒸気爆発と言われる噴火によりできた池だ。立山には、火山の恩恵が受けられる温泉が存在。タモリ一行は、標高が一番高い場所にあるこの温泉を訪れ、火山活動の活発な谷「地獄谷」を眺めた。■北アルプスの誕生に迫る地形の次には、北アルプスの山々の誕生に迫った。北アルプスの名づけ親は、明治時代、政府に招へいされた登山好きの化学者で、立山を見た際に「スイスのアルプスによく似ている」と、北アルプスとの名称がつけられたという。なお立山連邦には、現在も20メートル以上の積雪になる場所があるとされており、そんな立山には日本で唯一、氷河が存在している。番組では、タモリが採取された氷河の一部と初対面し、昔の空気が弾け出す音を楽しむシーンも見られた。...more
カテゴリー:

【火山】新燃岳 「水蒸気噴火」から「マグマ噴火」に移行か 鹿児島/宮崎 - 10月19日(木)00:19  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171018/k10011181901000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_030 今月11日に噴火が始まった霧島連山の新燃岳の火山活動について、専門家は、火山灰の中に新しいマグマからできた物質が含まれる割合が高まっていることから、マグマそのものが火口から噴出する「マグマ噴火」に移行している可能性があると指摘しています。 東京大学地震研究所の中田節也教授のグループは、新燃岳が噴火した今月11日と今月15日の火山灰の成分を比較しました。 その結果、今月11日の火山灰には、新...
»続きを読む
カテゴリー:

新燃岳、連続噴火は停止か=警戒レベル維持-気象庁など - 10月13日(金)20:01 

 気象庁は13日、宮崎・鹿児島両県境の霧島連山・新燃岳で11日から続いていた噴火が、13日午後4時ごろ止まったもようだと発表した。同庁は再び噴火する可能性もあるとして、噴火警戒レベル3(入山規制)を継続。火口から約2キロ以内では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けた。 同庁によると、噴煙は13日午後3時までに火口の縁から最高900メートルに達したが、上空からの観測では火山灰を含まない白色だった。火山性微動も振幅が小さくなり、山体の膨張も緩やかになったという。火山灰は14日にかけて、東から北東の宮崎側に降ると予想される。 一方、防災科学技術研究所などは11、12の両日、現地調査を実施。火山灰の細かさや噴煙の様子などから、今回の噴火は、地下の水がマグマに間接的に熱せられて噴出する「水蒸気噴火」の可能性が高いことが分かった。 【時事通信社】
カテゴリー:

新燃岳、噴煙最大2000メートル 噴火活動続く恐れ - 10月13日(金)06:30 

 鹿児島、宮崎両県にまたがる霧島連山・新燃岳で続く小規模な噴火活動は12日、前日に比べ噴出物の量が増し、噴煙の高さは最大2000メートルに達した。降灰は宮崎県側だけでなく霧島市でも確認された。現地調査した専門家は、一連の噴火は火口直下に水蒸気が上昇して地下の圧力が高まって起きる水蒸気噴火とみており、数日続く可能性があるという。
カテゴリー:

【宇宙】35億年前、月は大気に覆われていた NASA発表 - 10月07日(土)08:14  newsplus

 米航空宇宙局(NASA)の研究チームは5日(日本時間6日)、約35億年前の月が大気に覆われていた、とする分析を発表した。火山活動で大量の水蒸気などが噴き出し、約7千万年にわたり表面を覆ったとみられる。その後ガスの発生が収まり、現在のような表面になったという。  専門誌に論文が掲載された。研究チームは、マグマが固まってできた月面の黒っぽい「海」と呼ばれる領域について、アポロ計画で採取した試料データや、月探査機「ルナ・リコネサンス・オービター」の最新の観測結果などから、噴出したガスの組成や量など...
»続きを読む
カテゴリー:

新しいリフレッシュ「VITAFUL」カラダや地球にやさしい - 10月20日(金)11:00 

新しいリフレッシュの形 株式会社l-neは、『VITAFUL(ビタフル)フレーバースティック 使い捨てタイプ』を発売しました。「VITAFUL」は、『フレーバーミストを吸いながらリフレッシュする』をコンセプトに、健康成分とフレーバー付き水蒸気で作られています。ニコチン/タールが0のため、受動喫煙・タバコ臭くなるといった心配がありません。 気持ちだけでなくカラダもリフレッシュ VITAFULは使い捨てタイプになっており、面倒なメンテナンスが不要です。1本で約500会の吸引が可能なので、たった1本でストレス解消や気分転換、ファッションなど様々なシーンに彩りを与えます。 吸引する際の空気に反応し、水蒸気が発生するので十分に吸い応えがあり、タバコのように楽しめながらも、受動喫煙やタバコ臭の心配がありません。 16種類の健康成分を凝縮しているので、気持ちだけでなく、カラダにも気を使っています。 参考サイト 株式会社l-ne プレスリリース(PRTIMES) 【関連記事】 ・エキサイト株式会社が『Instagramに関する実態調査』を実施 ・仕事と家庭を両立する女性を応援!新メディア『kufura』 ・赤ちゃん本舗とリッチェルが共同開発でマグカップセットを新発売 ・発達障害の”生きづらさ”当事者や家族にアンケートを実施 ・BEAMS mini『ボーイズ&ガールズライン』を新たに展開
カテゴリー:

新燃岳 「水蒸気噴火」から「マグマ噴火」に移行か - 10月18日(水)19:56 

今月11日に噴火が始まった霧島連山の新燃岳の火山活動について、専門家は、火山灰の中に新しいマグマからできた物質が含まれる割合が高まっていることから、マグマそのものが火口から噴出する「マグマ噴火」に移行している可能性があると指摘しています。
カテゴリー:

新燃岳 火山灰の分析から「水蒸気噴火」か - 10月13日(金)17:50 

11日、噴火した霧島連山の新燃岳の火山灰を専門家が詳しく分析した結果、新しいマグマからできた物質はほとんど含まれていないことがわかりました。専門家は、マグマから伝わった熱で地下水が熱せられて起きる「水蒸気噴火」だと考えられるとしています。
カテゴリー:

汚れたガラガラの車輪、そのまま家に持ち込んでる!? かわいいキャリー用靴下『GOROGORO SOCKS(ゴロゴロソックス)』で覆えば清潔上等! - 10月08日(日)09:01 

  キャリーケースを使う人にとって気になるのは、使った後のキャスターの汚れをそのまま室内に持ち込んでしまうこと。その悩みに答えてくれる小技のきいたアイテムがある。その名も『GOROGORO SOCKS(ゴロゴロソックス)』。キャリケース用のソックスである。日本一の生産量を誇る靴下の町「奈良県」で作られており、技術を生かしたしっかりとした作りが特長。 ■キャリーケースを使った後、車輪の部分はどうしてる!? 株式会社藤栄(東京都目黒区)はキャリーケース用ソックス『GOROGORO SOCKS(ゴロゴロソックス)』(4個組・税込864円・7月21日発売)は、社内公募で集めたアイディアの一つ「汚れたキャスターを簡単にカバーできる商品がほしい」という社員の発案からスタート。その後の調査の中で、「汚れたキャスター」に悩まされている人が多くいることが分かり、開発に至ったという。   そういう記者もキャリーケースを日常でよく使う1人。普段はクローゼットに収納しておき、使う時に取り出す。外に持ち出した後は、すぐに部屋の中には入れず、玄関先でキャスターの汚れを取りのぞき、キャリケース本体も綺麗に拭いてから部屋の中に入れている。しかし、キャスターには土などの汚れの他に、カビなどの雑菌も付着しているのでそのまま室内にあげるのはやはり気がひける。一通り清掃してから室内に上げてはいるが、...more
カテゴリー:

【自然】「光柱」稚内沖に出現 市内の三国さん撮影 - 09月30日(土)09:29  newsplus

 【稚内】大気中の水蒸気が冷えて凍った結晶に人工の光が反射して柱状に見える「光柱(ライトピラー)」を、市内の会社員三国竜(りょう)さん(41)が市内抜海で撮影した。稚内沖で操業するイカ釣り漁船の集魚灯によって出現したとみられ、夜空を幻想的に演出した。  三国さんは星を撮影しようと26日午後10時20分ごろに抜海を訪れ、上空に光柱を見つけた。写真を短文投稿サイト「ツイッター」に投稿したところ、29日現在、1万6千回以上リツイート(共有)されている。三国さんは「反響の大きさに驚くばかり」と話す。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「水蒸気」の画像

もっと見る

「水蒸気」の動画

Wikipedia

水蒸気(すいじょうき、稀にスチームともいう)は、気化した蒸気。空気中の水蒸気量、特に飽和水蒸気量に対する水蒸気量の割合を湿度という。

水蒸気と湯気

水蒸気は無色の気体であり、目には見えない。は液体である水滴と水蒸気を含む空気の気体との混相だが、水滴により可視化される。その他、、湯気など白く見えるものは、水蒸気を含む空気と水滴のうちの水滴である。

なお、湯気(ゆげ)は水蒸気がより温度の低い場で冷えて凝結し、水滴となったために白く見えるもの。たとえば、やかんで湯を沸かした際、その口から湯気が噴出しているところを見ると、口の近くだけは透明に見える。この部分は水蒸気であり、外気に触れて気体の温度が低下し凝結した水滴と水蒸気の混相が湯気である。 Kochendes wasser02.jpg水蒸気は無色である watervapor_cup.jpg|ティーカップから立ち上る水蒸気を含む湯気 Kusatsu yubatake 200503.jpg|湯煙(草津温泉の[[湯畑

湯煙

火山が多く天然に湧く...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる