「水産庁」とは?

関連ニュース

【環境】ニホンウナギどう守る?シンポジウムで各省庁が発表 - 07月23日(日)06:20 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170723/k10011069691000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 土用のうしの日を前に絶滅のおそれがあるニホンウナギをどう守っていくかを考えるシンポジウムが都内で開かれ、ウナギが生息しやすい川の環境づくりなどについて各省庁の担当者が発表しました。 シンポジウムは22日、東京・文京区の東京大学で開かれ、200人余りが参加しました。テーマは「行政はウナギを救えるか」でウナギを保護するための事業を行う各省庁の担当者が取り組みを発表しました。 このうち国土交通省...
»続きを読む
カテゴリー:

【漁業】サンマ漁獲制限、合意できず 中国など反対★2 - 07月16日(日)11:24 

★2で、スレタイ、記事の内容変更しました サンマの漁獲制限、合意できず 中国など反対 :日本経済新聞 2017/7/15 20:15 (2017/7/15 23:17更新) http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H1N_V10C17A7000000/  日本、中国などが参加する北太平洋漁業委員会(NPFC)は15日閉幕した年次会合で、サンマの乱獲防止に向けて日本が提案した国別漁獲枠の創設で合意できなかった。中国などの支持を得られなかった。来年以降に再協議するが、国際管理の枠組みづくりが前進するかは見通せない。  13日に始まった会合には日中のほか台...
»続きを読む
カテゴリー:

日本が提案した『さんま』漁獲量規制、合意できず。中韓露「お前だけでやってろwwwwwww」 - 07月15日(土)22:22 

8カ国・地域が参加し札幌市で開かれていた北太平洋漁業委員会(NPFC)の会合が15日、閉幕した。 サンマの乱獲防止を狙って日本が初めて提案した国・地域別漁獲枠の新設は合意できなかった。 サンマの遠洋漁業国・地域が漁船許可数の増加を禁止することでは一致した。 水産庁によると、サンマ漁獲枠の設定には中国、韓国、ロシアが反対した。漁獲枠は来年の会合に向け協議を継続する。  今回の会合は3日間にわたり、違法操業の取り締まり強化も確認したが、乱獲を防ぐ実効性の高い枠組みづくりに大きな進展は見られなかっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【漁業】サンマ、日本が提案した漁獲枠で合意できず 中国の反発強く - 07月15日(土)21:00 

サンマの漁獲制限、合意できず 中国の反発強く  :日本経済新聞 2017/7/15 20:15 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H1N_V10C17A7000000/  サンマなど海洋資源の管理について話し合う北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合が15日、札幌市で閉幕した。乱獲防止にむけて日本が提案した漁獲枠の創設は中国などの理解が得られず、結論は来年に持ち越しとなった。乱獲が続けば「秋の味覚」であるサンマの価格上昇を招く可能性もある。  足元の北太平洋におけるサンマの推定資源量は178万トンと2004年より6割減った。日...
»続きを読む
カテゴリー:

【北朝鮮違法操業】流し網漁で大量のイカを一網打尽 「漁場乗っ取られる 国が動かなければ」 イカ釣り漁船、高まる不満/山形 - 07月15日(土)09:47 

日本の排他的経済水域(EEZ)にある日本海の好漁場で、北朝鮮船籍とみられる漁船による違法操業が問題になっている。 日本では禁止されている漁法で大量にイカを捕り、日本のイカ釣り船が漁場を追われている。今月7日には水産庁の漁業取締船が小銃を向けられる事案も発生。漁業関係者からは不満とともに、政府に対策を求める声が強まっている。 「日本の漁場が乗っ取られている」。山形県酒田市のイカ釣り漁船「第85若潮丸」船長、本間健さん(61)が怒りをあらわにする。若潮丸は13隻から成るイカ釣り船団に所属。 30年以上通い続...
»続きを読む
カテゴリー:

【捕鯨】三陸沿岸の調査捕鯨開始 青森・八戸港から初 - 07月18日(火)16:38 

北西太平洋のミンククジラの生息状況を調査する捕鯨船が18日、青森県八戸市の八戸港を出港した。 同港を拠点とする調査は初めてで、8月中旬まで、約80キロ沖合の三陸沿岸で数十頭を捕獲する予定。 胃の内容物などを調べ、水産資源の管理に役立てる。 出港式で調査主体の地域捕鯨推進協会(福岡市)の貝良文代表理事は「商業捕鯨を再開するための科学的情報を集めることが目的だ」と述べた。 宮城と和歌山の2隻が出港した。 水産庁は5月、北西太平洋地域で年間170頭のミンククジラを捕獲する計画を国際捕鯨委員会(IWC)科学委員会...
»続きを読む
カテゴリー:

【石破茂ブログ】自民党では総括の会合が開かれないままの状態が続いており、党内で意見を述べる機会が全くありません [07/15] - 07月16日(日)07:58 

HuffingtonPost:2017年07月15日 13時01分 http://www.huffingtonpost.jp/shigeru-ishiba/tokyo-elections-and-icbm_b_17493102.html?utm_hp_ref=japan 石破 茂 です。 東京都議会議員選挙から2週間近くが経過しましたが、自民党では東京都連においても、党本部においても総括の会合が開かれないままの状態が続いており、党内で意見を述べる機会が全くありません。 民主党政権が誕生し、我々が野に下って初めての自民党大会でゲストスピーカーの野村克也氏が「負けに不思議の負けなし」という松浦静山の言葉を引用して 「試合...
»続きを読む
カテゴリー:

サンマ漁獲枠 合意できず 北太平洋漁業委が閉幕 中韓露が反対 - 07月15日(土)21:49 

 8カ国・地域が参加し札幌市で開かれていた北太平洋漁業委員会(NPFC)の会合が15日、閉幕した。サンマの乱獲防止を狙って日本が初めて提案した国・地域別漁獲枠の新設は合意できなかった。サンマの遠洋漁業国・地域が漁船許可数の増加を禁止することでは一致した。水産庁によると、サンマ漁獲枠の設定には中国、韓国、ロシアが反対した。漁獲枠は来年の会合に向け協議を継続する。
カテゴリー:

山形漁協「朝鮮の不審船に漁場が占領されてる。ドースンノ?」安倍自民「パヨチン乙。NG入れたわ」 - 07月15日(土)10:54 

日本の漁場が不審船に占拠され続けている問題、自民党は完全無視 「国が動かねば」と山形漁協 日本の排他的経済水域(EEZ)にある日本海の好漁場で、北朝鮮船籍とみられる漁船による違法操業が問題になっている。 日本では禁止されている漁法で大量にイカを捕り、日本のイカ釣り船が漁場を追われている。今月7日には水産庁の漁業取締船が小銃を向けられる事案も発生。漁業関係者からは不満とともに、政府に対策を求める声が強まっている。 「日本の漁場が乗っ取られている」。山形県酒田市のイカ釣り漁船「第85若潮丸」船長、...
»続きを読む
カテゴリー:

「漁場乗っ取られる」=イカ釣り漁船、高まる不満-北朝鮮違法操業・山形 - 07月15日(土)04:56 

 日本の排他的経済水域(EEZ)にある日本海の好漁場で、北朝鮮船籍とみられる漁船による違法操業が問題になっている。日本では禁止されている漁法で大量にイカを捕り、日本のイカ釣り船が漁場を追われている。今月7日には水産庁の漁業取締船が小銃を向けられる事案も発生。漁業関係者からは不満とともに、政府に対策を求める声が強まっている。 「日本の漁場が乗っ取られている」。山形県酒田市のイカ釣り漁船「第85若潮丸」船長、本間健さん(61)が怒りをあらわにする。若潮丸は13隻から成るイカ釣り船団に所属。30年以上通い続けてきた日本海の好漁場「大和堆(やまとたい)」で6月下旬、北朝鮮船籍とみられる不審な漁船約10隻を発見した。 数トン程度の黒っぽい小型船は、日本の操業許可を得た韓国船籍の漁船などと違って許可番号を掲げていなかった。夜は無灯火で航行し、汽笛による警告も無視。海洋資源保護のため禁止されている流し網漁で、大量のイカを一網打尽にしていた。流し網がスクリューに絡まる恐れがあるため、船団は不審船を避けながら漁を続けたが、日ごとに数が増えていった。 不審船が100隻を超えた7月初旬、船団は大和堆を諦め、北海道沖に漁場を移した。同様に大和堆を追われた石川県や青森県の船の姿もあった。イカの漁場は徐々に移動するが、この時期の北海道沖は小ぶりのイカが多いという。若潮丸の漁獲量は例年の3分の1程度に落ち込んだ...more
カテゴリー:

もっと見る

「水産庁」の画像

もっと見る

「水産庁」の動画

Wikipedia

水産庁(すいさんちょう、英語:Fisheries Agency)は、水産資源の適切な保存及び管理、水産物の安定供給の確保、水産業の発展並びに漁業者の福祉の増進を図ることを任務とする(農林水産省設置法37条)、農林水産省外局である。

概要

水産庁は、農林水産省設置法(以下、農林水産省法)第23条に基づき農林水産省に置かれている外局である。農林水産省法第23条及び第36条から第41条(第4章第4節)を頂点に、政令の農林水産省組織令(第2章第2節)、省令の農林水産省組織規則(第2章第3節)が重層的にその任務、所掌事務及び組織を規定している。任務は「水産資源の適切な保存及び管理、水産物の安定供給の確保、水産業の発展並びに漁業者の福祉の増進を図ること」である(農林水産省法37条)。この任務のため、水産資源の確保や水産物の安定供給、漁港整備など漁業に関係する事項全般を管轄する。

1948年、国家行政組織法及び農林省設置法により農林省(1978年、農林水産省へ改称)水産局を廃止して設置された。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる