「水産庁」とは?

関連ニュース

【('-' 鮪)з】定置網に入った全ての小型クロマグロ、海に戻す方針 北海道の漁協 - 04月23日(月)11:55  newsplus

北海道南部の定置網漁で太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)を取りすぎた問題で、道南の14漁協でつくる渡島定置漁業協会は、次の漁期(7月~来年6月)では網に入った小型クロマグロ全てを海に戻す方針を固めた。  小型クロマグロは国際合意で漁獲量が制限されており、水産庁が厳しい対応を求めていた。  定置網漁は、漁獲する魚を選別することが難しいため、網を上げる途中で小型クロマグロが大量に確認できた場合、網を開放してサケやブリなど他の魚とともに全部を海に戻す。数匹の場合は、一匹一匹すくって逃がす。開...
»続きを読む
カテゴリー:

【パヨク悲報】沖縄沖EEZで無許可タチウオ漁の韓国漁船拿捕 「日本の海域の方がたくさん取れると思った」 - 04月16日(月)15:10  news

沖縄沖EEZで韓国漁船拿捕 無許可でタチウオ漁疑い 「日本の海域の方がたくさん取れると思った」 水産庁は16日、沖縄・久米島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で許可を 得ず操業したとして、漁業主権法違反(無許可操業)の疑いで、韓国のはえ縄 漁船「506ヘンボク」(29トン、10人乗り組み)を14日に拿捕したと 発表した。  船長のハン・サンフン容疑者(45)も現行犯逮捕。関係者が担保金を支払う との保証書を提出し、15日に釈放された。 (略)船長は「日本の海域の方がたくさん取れると思った」と...
»続きを読む
カテゴリー:

【生態】ウナギの稚魚は台湾で“ひと休み”? 研究機関の分析で判明 台湾で「変態」か - 04月15日(日)21:00  newsplus

謎に包まれているウナギの生態がまた1つ明らかになりました。ウナギの稚魚は、日本などにやってくる前に台湾の近海にとどまり、より泳ぐ力の高い形に姿を変えている可能性があることがわかり、研究グループは、さらに生態の解明を進めて資源の保護につなげたいとしています。 ニホンウナギの稚魚は、今シーズンに入った当初は、記録的な不漁といわれましたが、その後は漁獲量が徐々に回復していて、稚魚がやってくる時期が平年より遅れているとみられています。 これまで、稚魚はひたすら海流に身を任せて日本などにやってくると考...
»続きを読む
カテゴリー:

小型マグロ、「漁獲枠」の99%超を消化 残りは28トンも近く突破の見込み - 04月13日(金)22:54 

 水産庁は13日、国際ルールで規制している太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)の今漁期の国内漁獲量が同日時点で3395・0トンになったと発表した。3月14日時点より沿岸漁業が約27トン増え、漁獲枠(3423・5トン)の99・2%を消化した。枠は残り28・5トンで、6月の漁期末を待たずに近く上限を突破する可能性が高まった。
カテゴリー:

【兵庫】「ナマコ捕り名人」2600万円脱税で告発 漁で得た所得を申告せず 大阪国税局 - 03月28日(水)07:32  newsplus

http://www.sankei.com/smp/west/news/180328/wst1803280010-s1.html  ナマコ漁などで得た収入を税務申告せずに所得税約2600万円を脱税したとして、大阪国税局が所得税法違反の罪で、兵庫県明石市港町の漁師、浜西修治氏(67)を神戸地検に告発していたことが27日、関係者への取材で分かった。追徴税額は、重加算税を含め、約3500万円に上るとみられる。修正申告に応じ、すでに大半を納めたという。  関係者によると、平成27年12月末までの3年間、ナマコや貝などの漁業で得た所得8692万円を隠し、所得税26...
»続きを読む
カテゴリー:

漁師「俺たちに死ねって言うのか?」 マグロを取り過ぎて漁獲枠ゼロにされた漁師たちが悲鳴 - 04月22日(日)17:29  news

松前マグロ激減の危機 30キロ未満漁獲枠ゼロ、水産庁方針 「取る魚ない」漁業者不安 https://www.hokkaido-np.co.jp/article/182033  【松前】太平洋クロマグロ小型魚(30キロ未満)の資源管理を巡り、水産庁が24日に函館市内で来期の漁期(今 年7月~来年6月)について漁業関係者らに説明するのを前に、町内の漁師たちの間に不安が広がっている。同庁は 来期の道内漁獲枠を実質ゼロとする方針を固めており、町内で揚がるマグロのうち30キロ未満が9割以上を占めて いるため。町内では早くも、マグロの関連イベント...
»続きを読む
カテゴリー:

沖縄沖EEZで韓国漁船拿捕、無許可で漁疑い 「日本の海域の方がたくさん取れると思った」 - 04月16日(月)14:42 

 水産庁は16日、沖縄・久米島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で許可を得ず操業したとして、漁業主権法違反(無許可操業)の疑いで、韓国のはえ縄漁船「506ヘンボク」(29トン、10人乗り組み)を14日に拿捕したと発表した。
カテゴリー:

小型クロマグロ、漁獲枠99%消化 - 04月14日(土)05:00 

水産庁は13日、国際ルールで規制している太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)の今漁期の国内漁獲量が同日時点で3395.0トンになったと発表した。3月14日時…
カテゴリー:

「はしかみハマの駅あるでぃ~ば」来月19日オープン 浜のにぎわい拠点に 青森・階上 - 04月11日(水)10:28 

青森県階上町が浜のにぎわい拠点として、東日本大震災の津波で被災した大蛇地区に整備した漁業支援施設「はしかみハマの駅あるでぃ〜ば」の完成記念式典が10日、現地であった。5月19日にオープンする。 水産庁
カテゴリー:

「水産庁」の画像

もっと見る

「水産庁」の動画

Wikipedia

水産庁(すいさんちょう、英語:Fisheries Agency)は、水産資源の適切な保存及び管理、水産物の安定供給の確保、水産業の発展並びに漁業者の福祉の増進を図ることを任務とする(農林水産省設置法37条)、農林水産省外局である。

概要

水産庁は、農林水産省設置法(以下、農林水産省法)第23条に基づき農林水産省に置かれている外局である。農林水産省法第23条及び第36条から第41条(第4章第4節)を頂点に、政令の農林水産省組織令(第2章第2節)、省令の農林水産省組織規則(第2章第3節)が重層的にその任務、所掌事務及び組織を規定している。任務は「水産資源の適切な保存及び管理、水産物の安定供給の確保、水産業の発展並びに漁業者の福祉の増進を図ること」である(農林水産省法37条)。この任務のため、水産資源の確保や水産物の安定供給、漁港整備など漁業に関係する事項全般を管轄する。

1948年、国家行政組織法及び農林省設置法により農林省(1978年、農林水産省へ改称)水産局を廃止して設置された。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる