「水産庁」とは?

関連ニュース

お前ら朗報!海上でも陸上並みのネット環境が整い、YouTubeやxvideosもサクサクに! - 05月14日(日)20:07 

今や社会インフラの一つとなったインターネット。海上でも、漁船が漁獲量などを所属会社へ伝えるために利用している。 ただ通信速度が陸上に比べ格段に遅く、例えば遠洋漁船の乗組員が休息中にスマートフォンで楽しむのは難しかったが、それが年内にも改善される。  新たな周波数の電波が使えるようになり、陸上並みの速度が実現。 船員には朗報となる。船員の高齢化やなり手不足が深刻化する中、水産庁はネット世代の若者を呼び込む切り札にもなるとみて、PR策の検討に乗り出した。  「給料は決して安くないのに、若者が漁業...
»続きを読む
カテゴリー:

【漁業】イルカ漁捕獲枠2種追加へ 太地町ではよろこびの声 水産庁が省令改正の方針★2 - 05月14日(日)15:44 

現在日本で9種類の捕獲が認められているイルカ漁業の鯨種が、2種増える見通しであることが11日、水産庁などへの取材でわかった。 同庁では、漁の許可に関する省令の一部改正に対するパブリックコメント(意見公募)を先月15日まで実施。 集められた意見をまとめ、今月中をめどに開かれる水産政策審議会での審議を経て、正式に決定する方針を示している。 水産庁によると新たに捕獲枠に認可されるシワハイルカ(皺歯海豚)とカズハゴンドウ(数歯巨頭)は世界中の温暖な海域に棲息している種類で、日本の沖縄から関東までの南方...
»続きを読む
カテゴリー:

【自然】兵庫県揖保川のアリゲーターガー、ついに捕獲される - 05月12日(金)14:57 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00000005-kobenext-l28 昨夏以降、巨大肉食魚「アリゲーターガー」の目撃が相次ぐ兵庫県たつの市の 揖保川下流域で今月2日、体長約1メートルのガーが釣り上げられていたことが 分かった。同県姫路市内の釣り愛好家の男性(32)が、ウナギ保護区の下流で捕獲。 大規模な駆除作戦を実施してきた地元漁協は、ひとまず胸をなで下ろしている。 男性によると、体長1メートル9センチで、重さ9・6キロ。2日午後10時ごろに釣った。 ガーの習性を調べ、タチウオ用のワイヤとチヌ用...
»続きを読む
カテゴリー:

【海洋資源】14都道府県にマグロ漁獲枠追加 - 05月08日(月)22:23 

太平洋クロマグロの国内漁獲量が上限を超えた問題で水産庁は14都道府県に計122.2トンの漁獲枠を追加。 https://this.kiji.is/234303142401754616?c=39550187727945729 ...
»続きを読む
カテゴリー:

水産庁、クロマグロ漁獲枠を追加配分…追加分は7月から始まる来期分から差し引き - 05月01日(月)19:18 

 水産庁は1日、4月27日時点で日本に割り当てられた漁獲上限(枠)を突破した太平洋クロマグロ小型魚(30キログラム未満)について、長崎県など枠を消化した一部の県に漁獲枠を追加配分していたことを明らかにした。 日本海北部など既存の枠を未消化の地域でも当初配分した枠の上限まで漁獲を認めるという。  追加配分したのは6月までの今期分。追加配分は7月から始まる来期分から差し引くことが条件になる。水産庁は加配分… 続きは会員登録で読めます http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB01H73_R00C17A5000000/?dg=1&am...
»続きを読む
カテゴリー:

【IT】漁船のネット接続、陸上並みに 若手確保へ朗報、PR策検討-水産庁 - 05月14日(日)18:04 

今や社会インフラの一つとなったインターネット。 海上でも、漁船が漁獲量などを所属会社へ伝えるために利用している。 ただ通信速度が陸上に比べ格段に遅く、例えば遠洋漁船の乗組員が休息中にスマートフォンで楽しむのは難しかったが、それが年内にも改善される。 新たな周波数の電波が使えるようになり、陸上並みの速度が実現。船員には朗報となる。 船員の高齢化やなり手不足が深刻化する中、水産庁はネット世代の若者を呼び込む切り札にもなるとみて、PR策の検討に乗り出した。 「給料は決して安くないのに、若者が漁業に...
»続きを読む
カテゴリー:

【漁業】イルカ漁捕獲枠2種追加へ 太地町ではよろこびの声 水産庁が省令改正の方針 - 05月13日(土)15:55 

現在日本で9種類の捕獲が認められているイルカ漁業の鯨種が、2種増える見通しであることが11日、水産庁などへの取材でわかった。 同庁では、漁の許可に関する省令の一部改正に対するパブリックコメント(意見公募)を先月15日まで実施。 集められた意見をまとめ、今月中をめどに開かれる水産政策審議会での審議を経て、正式に決定する方針を示している。 水産庁によると新たに捕獲枠に認可されるシワハイルカ(皺歯海豚)とカズハゴンドウ(数歯巨頭)は世界中の温暖な海域に棲息している種類で、日本の沖縄から関東までの南方...
»続きを読む
カテゴリー:

【研究】ウナギはゆっくり育てるとメスが増える 水産庁委託調査 養殖では9割以上がオスになるという「養殖ウナギの謎」 - 05月12日(金)06:56 

ウナギはゆっくり育てるとメスが増える――。 大半がオスになる「養殖ウナギの謎」に取り組む愛知県水産試験場・内水面漁業研究所がそんな報告書をまとめた。 養殖で急速に成長させることがストレスになり、オスの比率を増やしている可能性があるという。  研究所によると、ウナギの雌雄は生まれた時ではなく、成長過程で決まる。 養殖では9割以上がオスになるという。一方、天然では雌雄の割合が極端に異なることはなく、原因解明のため2013年から水産庁の委託で調べていた。  調査対象は全国有数の産地・愛知県西尾市の...
»続きを読む
カテゴリー:

【自然】はえ縄、トラップ、電気ショックすべて効かず。アリゲーターガーvs漁協、ついに第7戦へ。兵庫県の揖保川 - 05月02日(火)10:54 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000008-kobenext-l28 ワニのような鋭い歯を持つ巨大外来魚「アリゲーターガー」。 昨年6月、兵庫県たつの市の揖保川下流域で生息が確認された。 周辺はウナギの保護区で、地元漁協は大規模な捕獲を試みたが難航。 冬場は目撃情報も途絶えた。いるのか、いないのか-。水ぬるむ季節、 漁協は新たな秘策で7度目の捕獲作戦に挑む。 「あれ、何や?」 昨年6月中旬。揖保川支流の中川で、揖保川漁協(宍粟市)の会員が奇妙な 魚影を見つけた。体長約80センチ。北米原産の肉食...
»続きを読む
カテゴリー:

「水産庁」の画像

もっと見る

「水産庁」の動画

Wikipedia

水産庁(すいさんちょう、)は、水産資源の適切な保存及び管理、水産物の安定供給の確保、水産業の発展並びに漁業者の福祉の増進を図ることを任務とする(農林水産省設置法37条)、農林水産省外局である。長は水産庁長官

概要

水産庁は、農林水産省設置法(以下、農林水産省法)第23条に基づき農林水産省に置かれている外局である。農林水産省法第23条及び第36条から第41条(第4章第4節)を頂点に、政令の農林水産省組織令(第2章第2節)、省令の農林水産省組織規則(第2章第3節)が重層的にその任務、所掌事務及び組織を規定している。任務は「水産資源の適切な保存及び管理、水産物の安定供給の確保、水産業の発展並びに漁業者の福祉の増進を図ること」である(農林水産省法37条)。この任務のため、水産資源の確保や水産物の安定供給、漁港整備など漁業に関係する事項全般を管轄する。

1948年、国家行政組織法及び農林省設置法により農林省(1978年、農林水産省へ改称)水産局を廃止して設置された。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる