「水産庁」とは?

関連ニュース

【鯨フェス2017】捕鯨のクジラ肉が無料で食べられるイベントが都内で開催 日本鯨類研究所主催 - 11月16日(木)11:57  newsplus

11月7日(火)に都内で「鯨フェス2017」が開催された。主催したのは一般財団法人の日本鯨類研究所で、 調査で捕鯨したクジラ肉の各部位の展示や、試食会が行われた。 神田にあるクジラ料理の名店「一乃谷」の料理長による調理実演、それにクジラ肉の希少部位や最高級とされる尾身の刺身、 にぎり寿司が無料で食べられるとあって、情報を聞きつけたクジラ肉好きも集まり、会場は賑わっていた。 試食として提供されたクジラ肉は、刺身としては脂ののりがいい「尻尾」、背肉・腹肉である「赤肉」、ほとんどが脂肪分でできている、 不...
»続きを読む
カテゴリー:

【サケ🐟マス】海面サーモン養殖を成長産業へ 国が音頭とり産官学連携で新組織…オールジャパン体制で - 11月03日(金)16:36  newsplus

海面サーモン養殖を成長産業へ 国が音頭とり産官学連携で新組織 11/2(木) 19:15配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00010000-minatos-ind https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00010000-minatos-ind.view-000  讃岐さーもんの種苗池入れ。ご当地サーモンが続々と登場している  新規参入が相次ぐ国内養殖サーモンを成長産業に育てるため、産官学一体となった連携・連絡組織を立ち上げる。1日に水産庁が初めて開いた国内海面サーモン養殖推進会議で関係者らに呼びかけた。 全国水産技術者協会(川口恭一...
»続きを読む
カテゴリー:

国際会議「日本の漁獲上限は1年で580トンな」→3ヶ月ですでに770トン超え 米「ふざけんな日本!」 - 11月02日(木)15:24  news

北海道の失敗、クロマグロ取りすぎ 他県に動揺 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22551350R21C17A0000000/ 資源回復のため漁獲上限を設けている太平洋クロマグロの管理に北海道が失敗し、全国のマグロ漁業者に不安と不満が広まっている。 7月に新しい漁期が始まってまだ4カ月。漁獲枠を共有する20道府県の定置漁業者は、北海道での取れすぎのため漁の自粛を余儀なくされた。 これから本番を迎えるサケやブリの定置網にクロマグロが混じって捕獲されることも多く、定置網での漁獲超過が続けば、釣り漁船の枠が削減される...
»続きを読む
カテゴリー:

【石川県・能登半島】北のイカ密漁船か、能登沖を北上し別の好漁場へ - 11月16日(木)00:45  newsplus

北のイカ密漁船か、能登沖を北上し別の好漁場へ 2017年11月15日 20時32分 http://sp.yomiuri.co.jp/national/20171115-OYT1T50124.html?from=ytop_main2 武蔵堆の南方海域で9月下旬に撮影された、北朝鮮籍とみられる漁船(石川県漁協提供)  石川県・能登半島沖約300キロの漁場「大和堆(やまとたい)」で密漁を繰り返す北朝鮮籍とみられる漁船が、秋口から北上を始めていることが日本の漁船のレーダーなどで確認された。  日本の排他的経済水域(EEZ)内にある、大和堆と並ぶスルメイカの好漁場「武蔵堆」に向かってい...
»続きを読む
カテゴリー:

【捕鯨】「平成29年度北西太平洋鯨類科学調査(太平洋側沿岸域調査)」が終了しました 水産庁 - 11月02日(木)18:49  newsplus

「新北西太平洋鯨類科学調査計画(NEWREP-NP)」に基づき、太平洋側沿岸域で実施していた調査が、10月31日(火曜日)に終了しました。 1.調査の目的 本調査は、日本沿岸域におけるミンククジラのより精緻な捕獲枠算出を目的として、実施しているものです。 なお、NEWREP-NP(計画期間:2017年から2028年まで)では、沿岸域調査として、太平洋沿岸域と網走沿岸域でミンククジラの捕獲調査を実施することとしており、年齢情報等の生物学的情報の収集、胃内容物の餌生物種の同定・内容物量の測定等を行なっています。 本調査は、国際捕...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】北の密漁船再び活発化…能登沖に大型鋼船10隻 - 10月30日(月)07:47  newsplus

http://yomiuri.co.jp/national/20171029-OYT1T50115.html  石川県・能登半島沖約300キロの海域に広がる好漁場「大和やまと堆たい」で、今夏の集中取り締まりによって姿を消していた違法操業船の目撃が再び相次いでいる。  ほとんどが北朝鮮船籍とみられ、これまでより大型の鋼船も増加。海上保安庁などが警戒を強めている。  日本の排他的経済水域(EEZ)内にある大和堆は、暖流と寒流が交わる豊かな漁場だ。昨年9月頃から、周辺海域で違法操業船が目立ち始め、今年7月には、水産庁の取締船が北朝鮮籍とみられる船から...
»続きを読む
カテゴリー:

「水産庁」の画像

もっと見る

「水産庁」の動画

Wikipedia

水産庁(すいさんちょう、英語:Fisheries Agency)は、水産資源の適切な保存及び管理、水産物の安定供給の確保、水産業の発展並びに漁業者の福祉の増進を図ることを任務とする(農林水産省設置法37条)、農林水産省外局である。

概要

水産庁は、農林水産省設置法(以下、農林水産省法)第23条に基づき農林水産省に置かれている外局である。農林水産省法第23条及び第36条から第41条(第4章第4節)を頂点に、政令の農林水産省組織令(第2章第2節)、省令の農林水産省組織規則(第2章第3節)が重層的にその任務、所掌事務及び組織を規定している。任務は「水産資源の適切な保存及び管理、水産物の安定供給の確保、水産業の発展並びに漁業者の福祉の増進を図ること」である(農林水産省法37条)。この任務のため、水産資源の確保や水産物の安定供給、漁港整備など漁業に関係する事項全般を管轄する。

1948年、国家行政組織法及び農林省設置法により農林省(1978年、農林水産省へ改称)水産局を廃止して設置された。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる