「水産庁」とは?

関連ニュース

ミサイル情報:漁船へ速報システム、水産庁検討 - 09月16日(土)07:00 

 北朝鮮によるミサイル発射と洋上への落下が相次ぐ中、水産庁がミサイル情報を海上の漁船に無線で自動的に伝えるシステムの導入を目指していることが分かった。機器整備費などを来年度予算に概算要求している。
カテゴリー:

水産庁、ミサイル発射を漁業無線で漁船に自動通知するシステム導入へ - 09月12日(火)22:27 

水産庁が、漁船に対し自動でミサイル発射を無線で通知するシステムを導入するという(時事通信、TBS、FNN、琉球新報)。
カテゴリー:

【北朝鮮問題】漁船にミサイル発射情報を伝える新システム導入へ 水産庁 - 09月09日(土)13:28  newsplus

漁船にミサイル発射情報伝える新システム導入へ 水産庁 日本放送協会:2017年9月9日 13時18分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170909/k10011133131000.html 北朝鮮がミサイルを繰り返し発射していることを受け、水産庁は、漁業者の安全を確保するため、操業中の漁船にミサイル発射の情報を速やかに伝える新たなシステムを導入する方針です。 北朝鮮がミサイルを発射した場合、現在は、全国各地の漁協などが運営する漁業無線局の担当者が、政府からの連絡を受けて、 操業中の漁船に無線で注意を呼びかけていますが、無線局の多...
»続きを読む
カテゴリー:

漁船にミサイル発射速報 水産庁が新システム導入 - 09月08日(金)11:20 

北朝鮮の相次ぐミサイル発射を受け、水産庁が操業中の漁船の安全を確保するために発射情報を自動的に伝える新しい無線シス...
カテゴリー:

【国際】人命よりクジラ命…「反捕鯨原理主義」が招いたサメ被害の皮肉 - 09月02日(土)12:55  newsplus

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09010557/?all=1  なんとも、皮肉な結果ではあるまいか。反捕鯨原理主義の急先鋒、オーストラリアではクジラが増え過ぎ、そのクジラを狙って、人食い鮫として知られるホオジロザメが沿岸部にまで集まってくるようになったという。挙げ句、サーファーが襲撃され、死亡事故が頻発しているのである。  ***  最初に、そのニュースを伝えたのは、オーストラリア唯一の全国紙である「オーストラリアン」(8月1日付)だった。  現地特派員によれば、 「記事によると、フライデンバー...
»続きを読む
カテゴリー:

水産庁「漁船への被害なかった」北ミサイル 9/15 9:53更新 - 09月15日(金)09:53 

豌エ逕」蠎√↓繧医k縺ィ縲∝圏譛晞ョョ縺ョ繝溘し繧、繝ォ逋コ蟆?↓繧医k貍∬飴縺ク縺ョ陲ォ螳ウ縺ッ縺ェ縺九▲縺溘%縺ィ縺檎「コ隱阪〒縺阪◆縺ィ縺?≧縲
カテゴリー:

水産庁が外国漁船の違法操業取り締まり強化へ 最新鋭3隻を投入 中国の高性能漁船に対抗 - 09月10日(日)17:41 

 日本の排他的経済水域(EEZ)内などでの外国漁船の違法操業が相次いでいる問題で、水産庁は平成30年度に最新鋭の取締船3隻を投入する計画をまとめた。日本海に配備している取締船1隻の後継船の建造にも着手し、32年度の完成を目指す。船を増やすのは4年ぶりで、操業を活発化させる北朝鮮や韓国、中国などの高性能漁船に対抗する。
カテゴリー:

漁船に「発射情報自動伝達」導入へ - 09月08日(金)20:13 

漁船に「発射情報自動伝達」導入へ:北朝鮮によるミサイル発射が相次いでいることを受けて、水産庁は、漁船に発射情報を自動的に伝える無線システムを、2018年度にも導入する方針を固めた。...
カテゴリー:

【国際】人命よりクジラ命…「反捕鯨原理主義」が招いたサメ被害の皮肉★2 - 09月02日(土)18:12  newsplus

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09010557/?all=1  なんとも、皮肉な結果ではあるまいか。反捕鯨原理主義の急先鋒、オーストラリアではクジラが増え過ぎ、そのクジラを狙って、人食い鮫として知られるホオジロザメが沿岸部にまで集まってくるようになったという。挙げ句、サーファーが襲撃され、死亡事故が頻発しているのである。  ***  最初に、そのニュースを伝えたのは、オーストラリア唯一の全国紙である「オーストラリアン」(8月1日付)だった。  現地特派員によれば、 「記事によると、フライデンバー...
»続きを読む
カテゴリー:

【画像】 海上保安庁、干しイカ作ってた北朝鮮漁船に放水 スルメイカを台無しに←これ半分いじめだろ - 08月31日(木)20:40  news

違法操業の北朝鮮漁船に放水 海保、日本海EEZで 海上保安庁は31日、日本海の排他的経済水域(EEZ)で違法操業する北朝鮮漁船を、巡視船で取り締まる様子の写真を公開した。 秋田県の西約400キロの「大和堆(やまとたい)」と呼ばれる漁場で7月以降、延べ約820隻の漁船にスピーカーや放水銃で警告し、EEZから退去させたという。  海保によると、大和堆は東西約200キロ、南北約60キロの比較的水深が浅い場所で、スルメイカがよくとれる。 北朝鮮漁船の違法操業は以前からあり、水産庁が警戒...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「水産庁」の画像

もっと見る

「水産庁」の動画

Wikipedia

水産庁(すいさんちょう、英語:Fisheries Agency)は、水産資源の適切な保存及び管理、水産物の安定供給の確保、水産業の発展並びに漁業者の福祉の増進を図ることを任務とする(農林水産省設置法37条)、農林水産省外局である。

概要

水産庁は、農林水産省設置法(以下、農林水産省法)第23条に基づき農林水産省に置かれている外局である。農林水産省法第23条及び第36条から第41条(第4章第4節)を頂点に、政令の農林水産省組織令(第2章第2節)、省令の農林水産省組織規則(第2章第3節)が重層的にその任務、所掌事務及び組織を規定している。任務は「水産資源の適切な保存及び管理、水産物の安定供給の確保、水産業の発展並びに漁業者の福祉の増進を図ること」である(農林水産省法37条)。この任務のため、水産資源の確保や水産物の安定供給、漁港整備など漁業に関係する事項全般を管轄する。

1948年、国家行政組織法及び農林省設置法により農林省(1978年、農林水産省へ改称)水産局を廃止して設置された。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる