「水川あさみ」とは?

関連ニュース

ほとばしる落語愛にニヤニヤ!?「落語ディーパー!」の魅力を解説 - 08月20日(日)12:00 

落語マニアの東出昌大と真打ち・春風亭一之輔を中心に二ツ目の柳亭小痴楽、柳家わさび、立川吉笑、そして落語研究会出身の雨宮萌果アナウンサーが落語の魅力を伝える「落語ディーパー!~東出・一之輔の噺のはなし~」(8月21日、28日[月]夜11:00-11:30NHK Eテレ)。 【写真を見る】手描きのような線のデザインの美術セットも話題/(C)NHK 落語ファンはもちろん、今まで落語に触れてこなかった世代にも話題の同番組で、第3夜となる21日の放送に先駆け、番組プロデューサー・今野徹氏にインタビューを行い、誕生のきっかけや、見どころなどを聞いた。 ――今までにはないような落語の紹介の仕方をしている番組ですが、どのようなきっかけで制作に至ったのでしょうか? 私自身、さまざまな落語の実演番組を手掛けており、長く関わってきていますが、NHKにも民放にも落語の実演の番組はあるものの、落語の“世界”を掘り下げている番組はありませんでした。テレビマンとして現役のうちに、そういう番組を手掛けてみたいなと思っていました。 ――手描きのような無数の線や文字が特徴的な美術セットですが、コンセプトは? 落語は(聞き手の)想像のパフォーマンス・芸術です。そこで今回は、美術デザイナーがセット図などをデッサンする方眼罫のある紙に描かれた、寄席のイメージ図というコンセプトにしました。色などは見る方の自由自在、という心で...more
カテゴリー:

窪田正孝“僕やり”オフショットを公開 日傘をさして笑顔で撮影中 - 08月09日(水)19:10 

毎週火曜よる9時から放送中の、窪田正孝主演のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『僕たちがやりました』(通称:僕やり)オフィシャルブログが、撮影オフショットを公開した。 8月8日(火)に第4話の放送を終え「四者四様の逃亡劇、楽しんで頂けていますでしょうか?中でも事件の重さを受け止め、絶望的な気持ちになるトビオが狭い路地に隠れ、捨てられたドーナツを手に「何の為に生きているのか?」と問いながらもドーナツをほおばったシーンはグッとくる物がありましたね」と印象的なシーンを明かした。 シリアスな演技の窪田も撮影の裏側では「毎日暑いので傘をさしながらの撮影ですが元気に撮影をしています」と日傘をさし笑顔のオフショットを公開。 「こちらは蓮子演じる永野芽郁ちゃんと 路地で寝てしまったトビオが蓮子との夢を見ていたあのシーンです」とダブルピースの窪田と永野芽郁の休憩中ショットも公開している。 注目の第5話は、罪の意識に苛まれながら逃亡を続けるトビオ(窪田正孝)は、ひょんなことから出会ったホームレスの男・ヤング(桐山漣)に関係を迫られ、絶体絶命のピンチに!だが、このことをきっかけに蓮子(永野芽郁)への思いに改めて気づく。 蓮子もまたトビオへの思いを募らせ、市橋(新田真剣佑)とともに毎日トビオの行方を追っていたが…。 そんななか、あることにショックを受けてぼう然と街をさまよっていたトビオは、偶然、今宵...more
カテゴリー:

おのののか、大胆胸あきワンピのキャバ嬢役で「僕やり」出演 - 08月08日(火)14:20 

8月8日(火)よる9時から放送される『僕たちがやりました』第4話におのののかが出演することが発表された。 カンテレ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』は、“そこそこ”で生きていた、いかにもイマドキな4人の若者たちがひょんなことから大事件を起こしてしまい、日常が激変してしまう青春逃亡サスペンス。 第4話に出演するおのののかが演じるのは、原作にないオリジナルキャラクターで、熱海のキャバクラで働く“うらら”というキャバクラ嬢。トビオ(窪田正孝)から盗んだお金で豪遊をするマル(葉山奨之)が入れあげ、湯水のごとく金を注ぎ込む相手である。 おのは「原作のファンだったので、最初にお話をいただいたときとても嬉しかったです」とオファーを受けた時の気持ちを明かした。数日間にわたって撮影された葉山とのシーンでは、熱海を一緒に歩いたり、ふぐ料理を食べたりするデートシーンに挑戦。「デートシーンのある演技は初めてだったので緊張していましたが、マル君を演じる葉山君がいつもニコニコ明るく現場を盛り上げてくれたので楽しく撮影することができました」と、葉山との共演について、楽しげにその様子を語った。 またキャバクラ嬢役ということもあり、胸元がハート型にカットされたミニワンピースなど、セクシーな衣装で登場するおのは、「露出の多い服を着ての撮影も久しぶりだったので、衣装にも注目してくれたらと思います」とアピ...more
カテゴリー:

おのののか、キャバ嬢役で『僕やり』第4話出演「衣装にも注目して」 - 08月08日(火)12:00 

 タレントのおのののかが、8日放送の関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『僕たちがやりました』(毎週火曜 後9:00)第4話にゲスト出演することが、わかった。おのが演じるのはトビオ(窪田正孝)から盗んだお金で豪遊をするマル(葉山奨之)が入れあげる熱海のキャバクラ嬢・うらら。キャバ嬢ということもあり胸元がハート型にカットされた大胆なミニワンピース姿を披露しており「露出の多い服を着ての撮影も久しぶりだったので、衣装にも注目してくれたらと思います」とアピールしている。 【場面カット】おのののか、キャバクラ嬢役を熱演  原作にないオリジナルキャラクターではあるものの、「原作のファンだったので、最初にお話をいただいたときとてもうれしかったです」と喜びのコメントを寄せたおの。数日間にわたって撮影された葉山とのシーンでは、熱海を一緒に歩いたり、ふぐ料理を食べたりする場面に臨み、「デートシーンのある演技は初めてだったので緊張していましたが、マル君を演じる葉山君がいつもニコニコ明るく現場を盛り上げてくれたので楽しく撮影することができました」と振り返った。  同ドラマは窪田が演じる高校生のトビオたちが、イタズラ心で仕掛けた不良への復讐計画が思わぬ爆発事件に発展したことで、初めて生きることに必死になり右往左往しながらも成長していく様を描いた“青春逃亡サスペンス”。  第4話、担任の菜摘(水川あさみ...more
カテゴリー:

『僕やり』に強く共感? いじめっ子に復讐した人の割合は… - 08月08日(火)07:00 

(C)関西テレビドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ・関西テレビ系)の放送にあわせ、作品をマニア目線で深掘りしている当サイト。「ヤンキー高校に近づかないようにしている人の割合」や「ヤンキーに恨みを持っている人の割合」などをこれまで調査データとともにお伝えしてきた。今回は、トビオ(窪田正孝)やマル(葉山奨之)のように、いじめっ子に復讐したことがある人の割合を見ていきたい。■2割弱にいじめっ子への復讐経験あり©sirabee.comしらべぇ編集部が全国のいじめられた経験のある人603名に調査を行なったところ、「いじめっ子に復讐したことがある」と答えた人は17%。およそ6人に1人程度という結果になった。やはり、割合としてはそこまで多くはないようだ。■男性は4人に1人が復讐済み©sirabee.comだが、男女別で見ると大きな違いが。女性が12%であったのに対し、男性が23%と、倍近い該当率を示したのだ。イケメン俳優が多く出演していることから、若い女性視聴者の注目を集めている本作だが、じつは男性との親和性も高いのかも。■ガリ勉・リア充に復讐経験?©sirabee.com特徴別に見ると、「ガリ勉だった」人の41%に復讐経験が見られた。勉学に打ち込んだ結果、一流大学・大手企業に入り、社会的地位を手に入れれ合法的に復讐したのなら……と考え...more
カテゴリー:

僕やりヒロイン・永野芽郁が超キュートなオフショット連発! - 08月14日(月)00:20 

毎週火曜に放送中の「僕たちがやりました」(フジ系)で、ヒロイン・蓮子を演じる永野芽郁が、公式Instagramや、ドラマのオフィシャルブログにてオフショットを連発し、ファンを喜ばせている。 【写真を見る】永野がキュートなポーズを決め、水川あさみと陽気なツーショットも公開!/※画像は永野芽郁(mei_nagano0924official)公式Instagramのスクリーンショットです 罪の意識にさいなまれながら逃亡を続けるトビオ(窪田正孝)は、ひょんなことから出会ったホームレスの男・ヤング(桐山漣)に“関係”を迫られ、絶体絶命のピンチに。そのことをきっかけに、蓮子(永野)への思いにあらためて気付く。 蓮子もまたトビオへの思いを募らせ、市橋(新田真剣佑)と共に毎日トビオの行方を追っていた。 そんな中、あることにショックを受けてぼうぜんと街をさまよっていたトビオは、偶然、今宵(川栄李奈)に出くわす。そのまま今宵のアパートに転がり込んだトビオは、かいがいしく世話を焼く今宵の優しさに甘え、2人きりの生活におぼれていく。 警察では、突然出頭してきた真中幹男(山本浩司)に署内が騒然となっていた。パイセン(今野浩喜)にそっくりのその男は、爆破事件の真犯人だと名乗り、犯行を自供。飯室(三浦翔平)は、背後で糸を引くある人物の存在を疑い、「誰に指示された?」と問いただすが、男は「自分がやった」と繰り返す...more
カテゴリー:

おのののか、胸元セクシーなキャバ嬢に 『僕やり』第4話に出演 - 08月08日(火)17:00 

 現在放送中の連続ドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第4話に、おのののかがセクシーなキャバクラ嬢役で出演することが発表され、場面写真が解禁となった。【関連】『僕たちがやりました』第4話場面写真フォトギャラリー 金城宗幸と荒木光による同名漫画を基にした本作は、凡下高校に通う増渕トビオ(窪田正孝)たちが、不良ばかりの矢波高校の生徒に襲われた仲間のために復讐を企てたものの、誤って大爆発を起こしてしまい、“爆破事件の容疑者”として右往左往しながら成長する姿を描く。 8日放送の第4話でおのが演じるのは、原作にないオリジナルキャラクターで、熱海のキャバクラで働くキャバクラ嬢“うらら”。トビオ(窪田)から盗んだお金で豪遊するマル(葉山奨之)が入れあげ、湯水のごとく金を注ぎ込む相手だ。 数日間にわたって撮影された葉山とのシーンで、熱海を一緒に歩いたり、ふぐ料理を食べたりするデートシーンに挑戦したおのは、「デートシーンのある演技は初めてだったので緊張していましたが、マル君を演じる葉山君がいつもニコニコ明るく現場を盛り上げてくれたので楽しく撮影することができました」と述懐。キャバクラ嬢役ということもあり、胸元がハート型にカットされたミニワンピースなど、セクシーな衣装で登場していることについては「露出の多い服を着ての撮影も久しぶりだったので、衣装にも注目してくれたら...more
カテゴリー:

おのののか、僕やり出演に「原作ファンなのでうれしい!」 - 08月08日(火)12:00 

8月8日(火)放送の「僕たちがやりました」(毎週火夜9:00-9:54、フジ系)第4話に、おのののかが出演することが分かった。 【写真を見る】おのののか、胸元な開いたセクシーな衣装で登場!/(C)カンテレ 同ドラマは、“そこそこ”の日常を大切にしてきた若者4人が、あるいたずらきっかけに爆破事件の容疑者となってしまう青春逃亡サスペンス。 今回、おのが演じるのは熱海のキャバクラで働く”うらら”というオリジナルキャラクター。トビオ(窪田正孝)から盗んだ金で豪遊するマル(葉山奨之)が入れあげ、湯水のごとく金を注ぎ込むキャバクラ嬢の役だ。 おのは「原作のファンだったので、最初にお話をいただいたときとてもうれしかったです!」とコメント。 また、葉山との共演シーンを振り返り「デートシーンのある演技は初めてだったので緊張していましたが、マル君役の葉山君がいつもニコニコ明るく現場を盛り上げてくれたので楽しく撮影することができました」と語った。 さらに、「露出の多い服を着ての撮影も久しぶりだったので、衣装にも注目してくれたらと思います!」と、グラビアでも活躍するおのならではのアピールも。 第4話では、事件前日に矢波高教師の不審な動きを目撃したという担任・菜摘(水川あさみ)の話を聞いたトビオが、その教師の家に侵入。証拠を探そうと必死になる。 一方、捕まっているパイセン(今野浩喜)の元に弁護士・西塚(板尾...more
カテゴリー:

「僕たちがやりました」視聴率がもっと伸びないとおかしい、面白い。少し原作と方向が変わってきた3話 - 08月08日(火)10:00 

ドラマ「僕たちがやりました」(カンテレ制作)第3話。視聴率は、前話から0.1ポイント持ち直しての6.6%。相変わらず好調とは言えないが、内容の良さからしっかりと固定ファンはついてる模様。しかし、視聴率と面白さが必ずしも比例するとは限らない。終わるころには二ケタになってるだろう、と、漠然と思えるほど毎週ドキドキして観てる。再現度が高いと言われているこのドラマだが、第3話で原作と方向性が変わってきた。制作側はもともとオリジナルの結末を用意と宣言しているので、もしかしたら、この3話がターニングポイントになるのかもしれない。あらすじプーケット逃亡計画は、パイセン(今野浩喜)が逮捕された事で破綻してしまう。トビオ(窪田正孝)が行き場をなくし途方にくれていると、マル(葉山奨之)から電話がかかってくる。空港に行かなかったのは、トビオとパイセンがプーケットに逃げれば自分は助かると思ったからと、素直に謝られたトビオはマルと合流する。逃亡だけしてても辛いだけだと、2人はパイセンから貰った500万で遊ぶことに。手始めにキャバクラに行き、その後ネットカフェで風俗店を検索する2人。しかし、眠っていたトビオが眼を覚ますと、置いてあった一万円札に「ごめん」の文字が。マルは、トビオの金を盗んで逃げてしまった。原作との違い第3話は、ドラマオリジナルキャラクターの菜摘先生(水川あさみ)がストーリーに本格的に関わってき...more
カテゴリー:

「水川あさみ」の画像

もっと見る

「水川あさみ」の動画

Wikipedia

水川 あさみ(みずかわ あさみ、1983年7月24日 - )は、日本の女優。本名非公表。大阪府茨木市出身。sucre所属。

来歴

小学校5年生の時、家なき子(日本テレビ)の安達裕実を観て自分もこういうことがしたいと思い、13歳の時に母親の知人の紹介で芸能事務所に入る。 1996年、旭化成「ヘーベルハウス」のCMでデビュー。その後は大阪から通いながら数々のオーディションを受けるが失敗が続く。しかし15歳の時、映画劇場版 金田一少年の事件簿 上海魚人伝説のオーディションに合格し、女優デビューを果たす。高校入学と同時に上京。2001年には第3回ミス東京ウォーカーに選ばれ、翌2002年、映画仄暗い水の底からの出演が決定した。

2003年、渋谷怪談で映画初主演。2008年、夢をかなえるゾウ(読売テレビ)で連続ドラマ初主演。2011年、大河ドラマ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる