「水たまり」とは?

関連ニュース

ゲレンデに長さ70mの亀裂、山形・蔵王温泉スキー場 - 01月17日(水)18:41 

 水しぶきを上げて走る車。新潟市では雪解けが進み、道路に大きな水たまりができました。
カテゴリー:

を ← 水たまりに片足を突っ込むオッサンにしか見えない - 01月03日(水)22:39  news

広島市長、核の傘は「錯覚」=禁止条約、オブザーバー参加を 広島市の松井一実市長は10日、オスロで、核保有国が同盟国に核兵器の抑止力を 提供する「核の傘」について「核に守られていると思うのはイリュージョン(錯覚)」と述べ、有効性を否定した。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121100158 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【北海道】「猛吹雪」「極寒」の後また雨が…異常づくし北海道 札幌は1か月に"7度"も降雨 ツルツル路面改善要望多く - 01月16日(火)11:41  newsplus

 冬の折り返し地点を迎えましたが、1月15日の北海道は寒さが緩み、南西部地方では季節外れの雨となりました。  札幌市では、ここ1か月、雨が多いため、札幌市の対策室には例年とは違った要望が届いています。  12日に41センチの記録的大雪となった函館市。  15日昼前からは、本格的な雨が降り、道路には大きな水たまりができたり、雪が溶けてジャーベット状となるなど、路面状態が悪化しました。なかには、足を取られて、よろけて歩く人も。  函館市民:「大変だわ、車を運転するのも」  雨は札幌市でも…。  佐藤涼太...
»続きを読む
カテゴリー:

「水たまり」の画像

もっと見る

「水たまり」の動画

Wikipedia

水たまり(みずたまり)は、普段は水のない場所で、の後などに、路上などの水はけのよくない地面のくぼんだ場所にたまっている水のこと。

形成と消失

水たまりで遊ぶ子供 水たまりは、継続的な降雨などで土壌中の水が一時的に飽和状態に達し、水がそれ以上しみこまなくなること、土質が固くて水がしみこみにくいなどの条件で形成される。一般的に水たまりは長く残存することはなく、自然に地面に浸透したり、蒸発して消失する。

影響

非舗装面にできた水たまりは、乾燥しても、後に粘土のたまったぬかるみを作ることが多い。車道の場合にはの部分にできるため、しぶきによる被害や、冬季は凍結して事故にもつながる。

泥団子

水たまりの後に残る粘土は子供のよいおもちゃとなる。特に泥団子は乾燥させると非常に堅くなる。さらに、乾燥した泥をその表面にかけ、時間をかけて磨くことで非常に美しいつやを出せる。これは水たまりの中で粘土が沈殿する際に、1μm以下程度の細粒が表面に堆積し、これを団子表面にかけて磨くことで、それらの粒子がその表面によくそろった形で並ぶことによるらしい。大人にもこれを趣味とする人たちがいる。

生物相

水たまりにであってもアメンボなどの昆虫野鳥が集まってくる場合も多い。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる