「水たまり」とは?

関連ニュース

ワッキー、市船サッカー部時代「永遠ダッシュで疲労骨折」「水飲み禁止で泥水飲んでた」 監督逮捕しろよこんなの - 04月21日(土)17:41  news

スポーツ名門校出身アスリート、常軌を逸した厳しさを語る 6日放送、TBS「水曜日のダウンタウン」では、「PL学園野球部 この世の地獄説を検証」と題し、 元プロ野球選手で同校出身の橋本清氏が出演。PL学園野球部で送った過酷な日々や理不尽な掟の数々を紹介した。 また、お笑いコンビペナルティのワッキーは、サッカーの名門・市立船橋高校の出身だ。 番組のカメラに「永遠ダッシュっていって僕らのプレーが悪かったりすると、集合かけられて“走れ”って 言われたら先生が終わりっていうまでダッシュし続けないといけないんで...
»続きを読む
カテゴリー:

「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない - 04月17日(火)15:00 

楽しみにしていた旅行へ出かけたとき。雨が降るとツイてないって思っちゃいますよね。でも、考え方ひとつでポジティブにとらえることだってできるかもしれません。フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見ることができない景色。雨の日も悪くないかも。そう思えるフォトシリーズです。雨の日だって「いい天気」だ水たまりに映し出される人々の姿は、どこか儚げに見えます。顔を上げれば、いま生きているこの世界がいつもより特別に思えるかも。「あの日は雨が降っていたね」そんな風に始まる旅の思い出ばなしも、きっと素敵なものですよね。Licensed material used with permission by Agus Nonot Supriyanto
カテゴリー:

名門野球部「理不尽あるある」 - 04月11日(水)11:00 

 手を挙げれば、すぐに「体罰だ!」と矢面に立たされてしまう昨今。だが、それが当たり前の時代があった。元球児たちは、「あの頃に二度と戻りたくない」と話すが、どこか楽しそうな顔をするのも事実。今ではありえないヤバくて面白い話を一挙、放出します! ■漫画『バトルスタディーズ』には酷い掟が!  秋季大会で好成績を残した36校が出場した「第90回選抜高校野球大会」が閉幕。しかしそこには、とてつもない地獄があるのだ。野球名門校だったDL学園を舞台にした高校野球漫画『バトルスタディーズ』(講談社)には、寮生活や練習における理不尽な掟が描かれている。特に1年生は、まるでゴミのように扱われるのだが、その内容が素でエグい。上級生に使える言葉は基本的に「はい」と「いいえ」、笑顔禁止、1年生同士の私語は厳禁と、目を疑うような話ばかり。実際にありえるのかと半信半疑なところもあるが、PL学園出身で野球評論家の橋本清氏は当時を、こう振り返る。「確かに、そうでしたよ。1年生は虫けらで、3年生は天皇でしたね。寮のどこにいたとしても、先輩の声が聞こえたら返事をしないといけないんです。誰も返事をしないと、教育的指導が入る。正座させられたり、中腰のつらい状態を続けさせられたり。殴られることはなかったですね」  PL学園以外にも、今センバツで優勝候補最右翼でもある大阪桐蔭は「携帯禁止」。楽しみは月に一度のコンビ...more
カテゴリー:

皿洗いでアイデアを出す vol.2-3「考えごとで家事を楽しむ」 山崎ナオコーラのエッセイ - 04月18日(水)18:30 

雑誌『レタスクラブ』で連載中の山崎ナオコーラさんのエッセイ「考えごとで家事を楽しむ」をレタスクラブニュースでも特別公開! 家事に仕事に子育てに大忙しの毎日。実体験に基づいた言葉で語られるからこその共感や、生活を楽しむためのヒントが隠されています。 vol.2「皿洗いでアイデアを出す」を4回に分けてお届け。今回は第3回目をお送りします。 ****** 私が小学生だった頃、お手伝いと言えば、皿洗いだった。小柄だと大変な労働になる掃除や、火や刃物が危ない料理よりも、踏み台さえあれば簡単だからだろう。 「水の花」という遊びがあって、蛇口から落ちる水にスプーンを垂直に当てると、ふわあっと水が広がって花のような形になる。高校生になっても、スプーンを洗うときは必ず一回、この「水の花」をやっていた。  子どもは水が好きだ。うちにいる一歳半の子どもも、水に触れることをものすごく嬉しがる。水をこぼしたら、テーブルにどんどん水たまりを広げる。入浴時は大はしゃぎで、「もう、上がろう」と言うと毎回泣く。「水って、透明で、自由な形で、本当に美しいものなんだなあ」と子どもの目線を借りて感じ入る。 (続く) 文=山崎ナオコーラ イラスト=ちえちひろ(レタスクラブニュース) 【関連記事】 ・皿洗いでアイデアを出す vol.2-1「考えごとで家事を楽しむ」 山崎ナオコーラのエッセイ ・「ついで掃除」で驚くほど...more
カテゴリー:

鳥取砂丘:インスタ映え、虫のオアシス…立ち入り規制 - 04月16日(月)15:00 

 鳥取砂丘で激減している希少な昆虫、エリザハンミョウを保護するため、鳥取県と環境省などは生息地の水たまり「オアシス」周辺にロープを張り、立ち入り規制を始めた。近年は「インスタ映え」のスポットとして人気を集める場所だけに、県関係者は「昆虫は守りたいが景観を損ない観光客が減る恐れも……」と頭を悩ませてい
カテゴリー:

【サッカー】<なぜ日本代表にFKの名手が不在なのか?>中村俊輔「上手くなる選手はあまり環境に左右されない」 - 04月05日(木)18:49  mnewsplus

薄暗い照明、黒色の土のグラウンド――1人の選手がボーっと薄く浮かび上がるように立っていた。  雨上がりでグラウンドには、まだあちらこちらに水たまりが残っており、その選手はスパイクもソックスも泥だらけになりながら、ただ黙々とボールを蹴り続けていた。  高校を卒業し、大学入学と同時にサッカージャーナリストになることを夢見て筆者が活動を開始した頃に見た風景だ。  強豪校としてメキメキと頭角を現し始めていた桐光学園の“ナンバー10”中村俊輔を見るべく、そのサッカー部のグラウンドを訪れていた。当時、まだ大学...
»続きを読む
カテゴリー:

「水たまり」の画像

もっと見る

「水たまり」の動画

Wikipedia

水たまり(みずたまり)は、普段は水のない場所で、の後などに、路上などの水はけのよくない地面のくぼんだ場所にたまっている水のこと。

形成と消失

水たまりで遊ぶ子供 水たまりは、継続的な降雨などで土壌中の水が一時的に飽和状態に達し、水がそれ以上しみこまなくなること、土質が固くて水がしみこみにくいなどの条件で形成される。一般的に水たまりは長く残存することはなく、自然に地面に浸透したり、蒸発して消失する。

影響

非舗装面にできた水たまりは、乾燥しても、後に粘土のたまったぬかるみを作ることが多い。車道の場合にはの部分にできるため、しぶきによる被害や、冬季は凍結して事故にもつながる。

泥団子

水たまりの後に残る粘土は子供のよいおもちゃとなる。特に泥団子は乾燥させると非常に堅くなる。さらに、乾燥した泥をその表面にかけ、時間をかけて磨くことで非常に美しいつやを出せる。これは水たまりの中で粘土が沈殿する際に、1μm以下程度の細粒が表面に堆積し、これを団子表面にかけて磨くことで、それらの粒子がその表面によくそろった形で並ぶことによるらしい。大人にもこれを趣味とする人たちがいる。

生物相

水たまりにであってもアメンボなどの昆虫野鳥が集まってくる場合も多い。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる