「民族衣装」とは?

関連ニュース

【ドイツ】民族衣装でパレード、「オクトーバーフェスト」2日目 - 09月18日(月)10:01  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3143277?cx_module=latest_top 【9月18日 AFP】ドイツ南部ミュンヘン(Munich)で開催中の世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト(Oktoberfest)」は17日に2日目を迎え、民族衣装に身を包んだ人々がパレードに参加した。オクトーバーフェストは10月3日まで開催される。(c)AFP 2017年9月18日 9:25 発信地:ミュンヘン/ドイツ ドイツ南部ミュンヘンで開催されているビールの祭典「オクトーバーフェスト」で、パレードに参加した人々(2017年9月17日撮影)。(c)AFP/Christof STACHE ドイ...
»続きを読む
カテゴリー:

私立恵比寿中学、転校予定の廣田あいかがメンバーと最後の海外写真集 - 09月18日(月)09:04 

アイドルグループ「私立恵比寿中学」(エビ中)が10日、写真集『EbiTour 2017 in ベトナム~なないろのアオザイで世界遺産ツアー~』の発売記念イベントを福家書店新宿サブナード店にて開催した。 同書はエビ中の海外ロケ写真集シリーズ第3弾で、ベトナム中部のダナンと、美しい街並みが世界遺産に登録されている古都・ホイアンで撮影された。写真集では現地で仕立てたベトナムの民族衣装・アオザイを着用しており、この日のイベントもアオザイで登場した。 囲み取材で廣田あいかさんは、「ベトナムはインスタ映えする国なので、オフショットをめちゃくちゃ撮りました!」と声を弾ませた。廣田さんは来年1月3日の日本武道館公演をもって、エビ中から“転校"することが先日発表されている。「いい思い出になりました」という廣田さんに他のメンバーたちは「撮影の時はまだ聞かされてなかった」と少し残念そうに振り返った。 取材陣から現在の心境を聞かれた廣田さんは「転校まではアイドルなので、もっと全力でやらないといけない。それまで楽しめることを楽しみたい」と語った。転校後も芸能活動を続けると言うが、「その後のことは未定。私自身、アイドルが大好きだから、アイドルでいるうちはアイドルとしてのものを追いかけたい」と、改めて全力投球の構えを見せた。 発表を聞かされたメンバーからは「ファンになるんだ」と言われ、フ...more
カテゴリー:

世界の映画祭に衝撃を与えた、北欧スウェーデンの知られざる迫害の歴史とは…? - 09月14日(木)15:03 

人種や民族への差別は、映画や文学で多く登場するテーマ。だが、理想郷のイメージが強い北欧スウェーデンでも、民族差別があったことを知っている人は少ないだろう。映画『サーミの血』(9月16日公開)では、その知られざる迫害の歴史が明かされる。 【写真を見る】調査対象となったサーミ人は裸にされ、屈辱的な扱いを受けた/[c]2016 NORDISK FILM PRODUCTION “サーミ”は、北欧のラップランド地方でトナカイを飼い、独自の言語を持つ先住民族サーミ人のこと。1930年代、スウェーデンのサーミ人は、他の人種より劣った民族として差別されていた。自分たちの言語を禁止される一方、周りに「不潔」と罵られながらサーミ社会に閉じ込められ、さらに、裸で記録写真を撮られるなど、辛い仕打ちを浴びてきた。映画では、サーミ人の少女クリスティーナが、差別に抗い生き抜く成長物語が描かれる。 本作のためにその才能を見出された主人公を演じる新人レーネ=セシリア・スパルロクは、今もトナカイを飼い暮らしているサーミ人。繊細で豊かな表情を見せたその演技は、2016年の東京国際映画祭で、審査委員長のジャン=ジャック・ベネックス監督ほかに高い評価を受け、最優秀女優賞を獲得、世界の映画祭でも絶賛された。彼女の強い目ヂカラは、人種差別の愚かさを物語るように気高く神々しい。 監督のアマンダ・シェーネルもサーミ人の血を引いてお...more
カテゴリー:

【日印】安倍首相、インドで大歓迎 4度目の訪印 - 09月14日(木)12:49  newsplus

日本時間13日午後7時すぎ、インド西部の都市アーメダバードに到着した安倍首相。 熱烈なインド舞踊での歓迎に、昭恵夫人は、思わずスマホで撮影。 さらに、インドのモディ首相に促されて、花束に囲まれた特別車両に乗り込む安倍首相は、いつの間にか民族衣装の姿に。 そして始まったのは、9kmに及ぶパレード。 沿道には、数え切れないほどの市民が押し寄せ、街には、安倍首相の写真を載せた看板に、日本語で「ようこそ」の文字まで。 アーメダバードは、モディ首相の出身地。 この地に招かれ、パレードも開かれた外国の首脳は安倍...
»続きを読む
カテゴリー:

【日印】安倍首相、訪問先のインドで大歓迎…外国首脳初の9kmに及ぶパレード等、異例の大歓待 - 09月14日(木)12:41  news

安倍首相、インドで大歓迎 4度目の訪印 日本時間13日午後7時すぎ、インド西部の都市アーメダバードに到着した安倍首相。 熱烈なインド舞踊での歓迎に、昭恵夫人は、思わずスマホで撮影。 さらに、インドのモディ首相に促されて、花束に囲まれた特別車両に乗り込む安倍首相は、いつの間にか民族衣装の姿に。 そして始まったのは、9kmに及ぶパレード。 沿道には、数え切れないほどの市民が押し寄せ、街には、安倍首相の写真を載せた看板に、日本語で「ようこそ」の文字まで。 アーメダバードは、モディ首相の出身地。 この地...
»続きを読む
カテゴリー:

民族衣装でパレード、「オクトーバーフェスト」2日目 - 09月18日(月)09:25 

【9月18日 AFP】ドイツ南部ミュンヘンで開催中の世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト(Oktoberfest)」は17日に2日目を迎え、民族衣装に身を包んだ人々がパレードに参加した。≫続きを読む
カテゴリー:

【日印】安倍首相、インドで大歓迎 4度目の訪印★2 - 09月14日(木)19:25  newsplus

日本時間13日午後7時すぎ、インド西部の都市アーメダバードに到着した安倍首相。 熱烈なインド舞踊での歓迎に、昭恵夫人は、思わずスマホで撮影。 さらに、インドのモディ首相に促されて、花束に囲まれた特別車両に乗り込む安倍首相は、いつの間にか民族衣装の姿に。 そして始まったのは、9kmに及ぶパレード。 沿道には、数え切れないほどの市民が押し寄せ、街には、安倍首相の写真を載せた看板に、日本語で「ようこそ」の文字まで。 アーメダバードは、モディ首相の出身地。 この地に招かれ、パレードも開かれた外国の首脳は安倍...
»続きを読む
カテゴリー:

民族衣装をモチーフに、イラクでファッションショー - 09月14日(木)15:00 

【9月14日 AFP】イラクの港湾都市バスラで7日、ファッションショーが開催され、総勢8名のデザイナーが民族衣装をモチーフにしたコレクションを発表した。≫続きを読む
カテゴリー:

溝端淳平、ウエディング姿の栗山千明を大絶賛「女神様のよう」 - 09月14日(木)12:44 

 俳優・溝端淳平が14日、東京・シアタークリエで舞台『ミッドナイト・イン・バリ~史上最悪の結婚前夜~』のゲネプロ前囲み取材に参加。ドレス姿になった栗山千明を「女神様」と表現し、ベタ褒めした。  同舞台は結婚式を翌日に控えたカップルの加賀美幸子(栗山)と小暮治(溝端)が、バリ島で式をあげるためコテージに宿泊しているが、外は暴風雨となり、幸子の不満が噴出して…というあらすじ。  劇中衣装のウエディングドレス姿で登場した栗山に溝端は「裏でみんなで言っていたんですけど女神様のようだな。とても美しいと思う」と大絶賛。浅田美代子も「キレイでかわいくていいですね。ホントに似合っている」と褒め、中村雅俊も「見てるともう1回、結婚したくなってくる」とコメントした。  そんな褒め言葉をばかりを並べられた栗山だったが「最近、役柄で着せていただくことが多い」と明かし「また婚期が遅れるな…」と“結婚前にウエディング ドレスを着ると婚期が遅れる”という芸能界のジンクスを気にしながら、ぽつり。それでも最後は「覚悟してます!」ときっぱり言い切り、報道陣を笑わせていた。  また、脚本は放送中の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)を手がける岡田惠和氏。岡田氏は早口でまくし立てるようなせりふが多い脚本を書き、深川栄洋氏が演出を務める。深川氏は「ホントに大変な台本。せりふ量が膨大なので。ただ、もっと慌てさせてあげ...more
カテゴリー:

きらめく瞳の少女たち!83歳の画家・高橋真琴の原画展が渋谷で開催 - 09月13日(水)18:00 

西武渋谷店では、新作画集の書籍出版を記念して「高橋真琴の原画展 ロマンティック乙女スタイル」を、10月3日(火)から22日(日)まで開催する。 【写真を見る】高橋真琴が描く、華やかでロマンティックな世界/(C)2017 MACOTO GAROU / Blanc Neige 「高橋真琴の原画展 ロマンティック乙女スタイル」では、1950年にデビューし今年64年目を迎える高橋真琴が、漫画家、イラストレーターを経て現在に至るまでの作品を展示する。画集や展覧会限定グッズも販売される。 人気原画や初出し原画といったファン必見の展示や、1960年代のコラボや付録を集めた「なつかしの真琴グッズ」、そのほか「好きな少女絵作品投票コーナー」などの盛りだくさんな展示約200点が、乙女スタイルデザインで装飾された会場に並ぶ。展示は「お姫さま」や「世界の民族衣装」などのカテゴリーに分けられ、様々な姿の「きらめく瞳の少女」を見ることができる。 今年83歳になる高橋真琴が描く少女たちは、世代を超えて愛されるあこがれの的だ。現代のカワイイ文化の流れに続くとも言える、少女たちの華やかでロマンティックな世界を堪能したい。【ウォーカープラス編集部/佐藤】 【関連記事】 ・ハローキティ、パリへ行く!フランス生まれの「リサとガスパール」と初コラボ ・写真共有の仕方が変わる!簡易プリンター「プリントス」で手軽にフィルム写...more
カテゴリー:

もっと見る

「民族衣装」の画像

もっと見る

「民族衣装」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 民族服...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる