「民俗学」とは?

関連ニュース

お詣りで「幸せになれますように」はダメ? 間違いだらけの参拝 - 01月18日(木)16:00 

気持ちをリセットしたいときや、願望を叶えたいときに、お詣りに行く人は多いもの。お願いをする側にも相応の心構えが必要です。お詣りで強運に近づくための心構えをご紹介。 まずは心身をリセットする。 お詣りの大切な役割のひとつが心身の浄化。 「お詣りの日はリセットデーと考えて、心につかえたものを一度空にすること。強運をつかむために、運の入ってくるスペースを確保するという考え方です。フィジカル面では、社務所などでお塩を購入し、お詣りした夜にお風呂に入れて浸かるのがおすすめ。発汗が促され、浄化効果がありますよ。ミネラルウォーターに少しだけ入れて入浴中に飲むのも」(ルナロジー創始者・Keikoさん) 自分の明確な願望を伝える。 ぼんやりとした希望ではなく、願望をしっかりイメージすることが大切だそう。 「強運を引き寄せるためには、叶えたいという『強い思い』を神仏に伝える必要があります。単に参拝するのではなく、自分の願望を明確に自覚して、その思いを神仏に強く投げかけてください」(民俗学者・八木透さん) 「お詣りで願いが叶う人の共通点は、具体的に今後どうなりたいかのイメージを持っていることです」(Keikoさん) 参拝時の服装から敬意を示す。 神仏は、普段から見守ってくれている大切な人のような存在。 「お詣りでは神仏のおそばへ行くわけですから、ほどよい緊張感を持つイメージで、背筋を伸ばし気を引き締め...more
カテゴリー:

【視点】初詣より「えべっさん」 あれも、これも、頼んまっせ - 01月09日(火)05:00 

 「正月がすむとすぐ十日戎(えびす)である。今宮の戎前から難波の入堀(いりぼり)川に面したお蔵跡まで十丁あまりの間にずっと子宝店その外の店が出て、揉(も)み返すような人ごみである。其中を圧され圧されて来る色町のほい駕籠(かご)を見に出た記憶が消えない」  民俗学者で、釈迢空の名で歌人としても知られる折口信夫(おりくち・しのぶ)(1887~1953年)の「十日戎」と題した一文である。
カテゴリー:

【皇室】原武史氏 女性天皇について「血の穢れ問題にメス入れよ」★4 - 12月26日(火)18:43  newsplus

【皇位継承の問題点を語る原武史教授】  2019年4月30日で天皇皇后両陛下が退位することが決定した。その一方で、長期的な皇室の存続を目的として、「女性宮家創設」の必要性も唱えられている。そこで、著書に『皇后考』『〈女帝〉の日本史』などがある放送大学教授、明治学院大学名誉教授の原武史氏に、問題点を聞いた。  * * *  男系の男子のみに皇位の継承を認めるという今の皇室典範を墨守することが、いずれ立ち行かなくなるのは明らかだと思います。  ヨーロッパやアジアには王政を敷いている国が複数ありますが...
»続きを読む
カテゴリー:

【皇室】原武史氏 女性天皇について「血の穢れ問題にメス入れよ」★2 - 12月26日(火)06:37  newsplus

【皇位継承の問題点を語る原武史教授】  2019年4月30日で天皇皇后両陛下が退位することが決定した。その一方で、長期的な皇室の存続を目的として、「女性宮家創設」の必要性も唱えられている。そこで、著書に『皇后考』『〈女帝〉の日本史』などがある放送大学教授、明治学院大学名誉教授の原武史氏に、問題点を聞いた。  * * *  男系の男子のみに皇位の継承を認めるという今の皇室典範を墨守することが、いずれ立ち行かなくなるのは明らかだと思います。  ヨーロッパやアジアには王政を敷いている国が複数ありますが...
»続きを読む
カテゴリー:

東京の屋台が風前の灯火…。壊滅状態に追い込まれた知られざる事情 - 01月15日(月)15:52 

かつて日本においてその存在はごく一般的であった屋台。夜ごとリヤカーを引くその形態は庶民に親しまれ、チャルメラの音に懐かしさを感じる人も多い。しかし、この数十年で激減した東京の屋台は今や絶滅の危機に瀕し、数を正確に知る者もいないという。迫る’20年の東京五輪に向けて、屋台文化消滅の危機感を抱いたSPA!取材班は、現存する屋台の声を聞くべく、夜の東京を駆けた――。 ◆屋台が壊滅状態に追い込まれた知られざる事情  東京の屋台は想像以上に“風前の灯”である。地域社会研究の第一人者である多摩大学名誉教授の望月照彦氏も、屋台の減少を感じてきた一人だ。 「私が’76年に実施したフィールドワークでは、まだ屋台が点在していました。しかし今はそのほとんどが姿を消し、屋台同士のネットワークも存在しない。もはや正確な数を把握している人はいないのではないでしょうか」  具体的に屋台営業にはどのような障壁があるのだろうか。都市計画コンサルタントの木村陽一氏は、屋台店主同様に法規制を理由の一つとして挙げる。 「飲食店として保健福祉局からの食品営業許可と、公道上で出店するには道路法に基づく道路占用許可と道路交通法に基づく道路使用許可が必須になります。屋台がこの許可を得るのは非常に難しく、新規出店は相当厳しいでしょう」  許可の具体的な要件は「水は容量18リットル以上の蛇口と蓋のある容器に入った飲用水を...more
カテゴリー:

【犬禁止】戌年も「犬を飼ってはいけない島」 佐賀・加唐島 「飼うと罰当たる」由来は謎 犬が上陸すると総出で犬狩りの文献も - 01月03日(水)09:48  newsplus

 今年は戌(いぬ)年。犬にとっては12年に1度、脚光を浴びる「ハレの年」だ。そんな中、「犬を飼ってはいけない島がある」という驚愕(きょうがく)の情報が寄せられた。本当に「犬の居ぬ島」なのか-。特命取材班は佐賀県唐津市鎮西町の加唐(かから)島を訪れた。  強い冬風が吹き付ける昨年12月中旬。同市呼子町から加唐島に向かう船に乗った。さっそく乗り合わせた女性(64)に聞くと「島で生まれ育ったが、犬は見たことなか」。副船長の緒方泰さん(39)も「120パーセントいないよ」と断言した。やはり、伝説は本当...
»続きを読む
カテゴリー:

【皇室】原武史氏 女性天皇について「血の穢れ問題にメス入れよ」★3 - 12月26日(火)14:09  newsplus

【皇位継承の問題点を語る原武史教授】  2019年4月30日で天皇皇后両陛下が退位することが決定した。その一方で、長期的な皇室の存続を目的として、「女性宮家創設」の必要性も唱えられている。そこで、著書に『皇后考』『〈女帝〉の日本史』などがある放送大学教授、明治学院大学名誉教授の原武史氏に、問題点を聞いた。  * * *  男系の男子のみに皇位の継承を認めるという今の皇室典範を墨守することが、いずれ立ち行かなくなるのは明らかだと思います。  ヨーロッパやアジアには王政を敷いている国が複数ありますが...
»続きを読む
カテゴリー:

【皇室】原武史氏 女性天皇について「血の穢れ問題にメス入れよ」 - 12月25日(月)23:54  newsplus

【皇位継承の問題点を語る原武史教授】  2019年4月30日で天皇皇后両陛下が退位することが決定した。その一方で、長期的な皇室の存続を目的として、「女性宮家創設」の必要性も唱えられている。そこで、著書に『皇后考』『〈女帝〉の日本史』などがある放送大学教授、明治学院大学名誉教授の原武史氏に、問題点を聞いた。  * * *  男系の男子のみに皇位の継承を認めるという今の皇室典範を墨守することが、いずれ立ち行かなくなるのは明らかだと思います。  ヨーロッパやアジアには王政を敷いている国が複数ありますが...
»続きを読む
カテゴリー:

「民俗学」の画像

もっと見る

「民俗学」の動画

Wikipedia

民俗学(みんぞくがく、英語:folkloristics)は、学問領域のひとつ。高度な文明を有する諸国家において、自国民の日常生活文化の歴史を、民間伝承をおもな資料として再構成しようとする学問で、民族学文化人類学の近接領域である。

概要

民俗学は、風俗習慣伝説民話歌謡、生活用具、家屋など古くから民間で伝承されてきた有形、無形の民俗資料をもとに、人間の営みの中で伝承されてきた現象の歴史的変遷を明らかにし、それを通じて現在の生活文化を相対的に説明しようとする学問である。

この学問は、近代化によって多くの民俗資料が失われようとするとき、消えゆく伝統文化への...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる