「民事再生法」とは?

関連ニュース

森友学園、校舎解体せず用地売却検討のワケ 保全管理人「国がどのような方針を立てるか…」 - 04月26日(水)07:30 

大阪市の学校法人「森友学園」が民事再生法適用を大阪地裁に申請したのを受け、大阪府豊中市の旧国有地での開設を断念した小学校校舎の扱いが焦点となっている。契約上、国…
in English
カテゴリー:

【経済インサイド】失敗M&A列伝 東芝、DeNA…華々しい買収が一転、窮地に - 04月25日(火)23:42 

 秘密裏に交渉を進め、両社のトップが合意を華々しく発表するM&A(企業の合併・買収)は、成功すれば、業界の勢力図を一気に塗り替えるほどの力がある。しかし、実際には期待通りの成果を上げられずに買い手企業の業績悪化につながることも少なくない。新たに加わった子会社の不祥事により、企業イメージに深刻な“傷”を負うこともある。上場廃止の瀬戸際にある東芝、謝罪会見が記憶に新しいディー・エヌ・エー(DeNA)を含め、「失敗M&A列伝」に名を連ねる事例を振り返った。  東芝が経営危機に陥ったのは、2度のM&Aに...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

校舎売却で債務圧縮を模索 森友学園、債権者に説明 - 04月25日(火)20:00 

学校法人「森友学園」は25日、民事再生法の適用申請後初めて債権者への説明会を大阪市で開き、籠池町浪理事長らが経緯を...
in English
カテゴリー:

森友学園「民事再生法」の経緯説明 - 04月25日(火)06:14 

森友学園「民事再生法」の経緯説明:学校法人森友学園は24日、運営する幼稚園で保護者説明会を開き、民事再生法の適用を申請した経緯などを説明した。...
in English
カテゴリー:

“森友”幼稚園「籠池前理事長関わらせず」 4/25 1:26更新 - 04月25日(火)01:26 

民事再生法の適用を申請した森友学園は24日夜、運営する塚本幼稚園で保護者説明会を開き、園児56人の保護者70人が参加。町浪理事長が保護者らに幼稚園運営継続を説明。前理事長の籠池泰典氏を運営に関わらせない方針に、保護者から反対の声はなかった。
in English
カテゴリー:

森友学園が債権者説明会 - 04月26日(水)06:42 

森友学園が債権者説明会:小学校建設をめぐる問題などで経営が悪化し、民事再生法の適用を申請した学校法人「森友学園」が、債権者説明会を開いた。...
in English
カテゴリー:

森友学園:債権者説明会で理事長謝罪 批判相次ぐ - 04月25日(火)20:40 

 民事再生法の適用を申請した学校法人「森友学園」(大阪市)が25日、大阪市内で債権者説明会を開いた。籠池町浪理事長は謝罪し、再生手続きへの理解を求めたが、債権者からは「納得できない」などと批判が相次いだ。
in English
カテゴリー:

森友学園、再建へ協力要請=大阪で債権者説明会 - 04月25日(火)19:05 

 民事再生法の適用を申請した学校法人「森友学園」(大阪市)は25日、同市内で債権者説明会を開き、学園の再建に協力を求めた。最大の債権者で、学園が開校を断念した小学校の施工を担当した藤原工業(大阪府吹田市)の藤原浩一社長らが出席した。 終了後、藤原工業の代理人弁護士は記者団に対し、小学校の校舎を残したまま土地を売却すべきだとの考えを示し、「協力できるかできないかは、どういう再生計画案が出てくるかに懸かっている」と述べた。 債権者説明会は非公開で行われた。弁護士によると、質疑応答で藤原社長は「一番責任があるのは、籠池泰典前理事長夫妻ではないか。なぜここに来ておわびができないのか」と批判したという。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

民事再生法申請の森友学園、幼稚園で保護者説明会 - 04月25日(火)04:40 

 資金繰りが悪化し、先週、民事再生法の適用を申請した森友学園が、運営する幼稚園で保護者説明会を開きました。
in English
カテゴリー:

森友学園民事再生、保護者に説明 「理解得られた」 - 04月24日(月)21:36 

大阪地裁に民事再生法の適用を申請した大阪市の学校法人「森友学園」は24日、経営する「塚本幼稚園」(大阪市淀川区)で...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「民事再生法」の画像

もっと見る

「民事再生法」の動画

Wikipedia

民事再生法(みんじさいせいほう、平成11年法律第225号)は、経済的に窮境にある債務者の事業または経済生活の再生を目的とする日本の法律である。日本における倒産法の一つ。適用された法人は一般人における自己破産となる。

従来、同じ目的で用いられてきた和議法(大正11年法律第72号。民事再生法の施行に伴い2000年(平成12年)4月1日廃止。)の特徴であった簡素な手続構造を基本的に維持しつつ、再建計画(再生計画)の可決要件を緩和する一方で、その履行確保を強化するなど、使い勝手のよい再建型倒産法制の構築を目指した。

沿革
  • 2000年 民事再生法の施行
  • 2001年 いわゆる個人再生手続に関する規定の施行
  • 2006年 民事再生法の定着により存在意義が薄れていた会社整理手続が廃止
特徴

手続を利用できる債務者の範囲については法律上の制限はなく、個人、株式会社その他の法人などが利用できるが、主として中小企業の再生に用いられることを想定している。しかし、上場企業その他の大企業、たとえば、そごう平成電電なども利用している。従来の経営陣が事業の経営権を喪失し、管財人がその経営に当たる会社更生法と...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる