「民事再生法」とは?

関連ニュース

タカタ、損失1000万円超の株主が話した本音 破綻発表の翌日、株主総会はどうなったのか | 自動車 | 東洋経済オンライン - 06月28日(水)04:48 

「私財を投げ売ってでも責任をとって、社会に還元すべきではないか」東京地方裁判所に民事再生法の適用を…
カテゴリー:

タカタ破綻:福岡商工会議所が相談窓口設置 - 06月27日(火)20:10 

 福岡商工会議所は27日、自動車部品大手タカタの民事再生法適用申請で、今後影響を受けるとみられる中小企業を対象にした相談窓口を設置したと発表した。九州・山口各県の商工会議所も同様の窓口を設けたほか、九州経済産業局や日本政策金融公庫、商工中金の支店でも資金繰りの相談などに応じる。
カテゴリー:

タカタ会長がエアバッグ問題で謝罪、株主救済「見込みない」  - 06月27日(火)16:59 

[東京 27日 ロイター] - 欠陥エアバッグ部品問題による業績悪化で民事再生法の適用を申請したタカタは27日、東京都内で株主総会を開いた。タカタ株は7月27日付で上場廃止となるため、今回は上場会社として最後の株主総会。多くの株主が損失を被る可能性が大きく、高田重久会長兼社長は「このような事態になり、多大なるご迷惑をおかけした」と述べ、経営陣全員も起立して陳謝した。
カテゴリー:

【破綻】タカタの債権者が判明、最大の債権者はアメリカ合衆国の415億円、次いでトヨタ - 06月27日(火)16:25 

http://www.tsr-net.co.jp/image.jsp?id=15045 6月26日に、東京地裁へ民事再生法を申請したタカタ(株)(TSR企業コード:295877413、東京都)の債権者が判明した。申立書には、自動車メーカーが負担しているリコール費用は基本的に計上されていない。  債権額トップは、アメリカ合衆国の415億6932万円。次いで、トヨタ自動車(株)(TSR企業コード:400086778、愛知県)の266億2723万円だった。  金融機関で債権額が最も多いのは、三井住友銀行の79億9493万円。以下、三菱東京UFJ銀行の61億5709万円、みずほ銀行の52億5081万円と続...
»続きを読む
カテゴリー:

タカタ株 売買再開もストップ安 - 06月27日(火)16:09 

民事再生法の適用を申請し、26日は終日、売買停止となった大手エアバッグメーカー、タカタの株式は、27日に売買が再開されましたが、取り引き開始直後から売り注文が殺到して値が付かない状態が続きました。
カテゴリー:

【タカタ】タカタ総会「私財提供する気ないのか」株主から怒号も [6/27] 高田会長は返答に窮し、関係者に助けを求め明確な返答を避けた - 06月28日(水)00:45 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD27H3V_X20C17A6EA1000/ 2017/6/27 23:20  タカタは27日、都内で株主総会を開いた。民事再生法の適用申請で株式は7月27日に上場廃止となる。総会では経営陣の対応が後手に回ったとして厳しい質問が相次いだ。高田重久会長兼社長が返答に詰まる場面もあり、上場企業としての最後の総会は怒号も飛び交う荒れた展開になった。  「多大なるご迷惑をおかけし、おわびします」。総会の冒頭、高田会長ら役員全員が頭を下げて陳謝した。タカタ関係者によると「直前まで役員は何度も総会の練習をし...
»続きを読む
カテゴリー:

【タカタ 株主総会】会長「まぁ紙クズだよね」株主「(´;ω;`)」 - 06月27日(火)18:11 

欠陥エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題で巨額の債務を抱え、 民事再生法の適用を申請し、受理されたタカタの定時株主総会が27日、都内で開かれた。  集まった株主からは、リコールなどへの対応が後手に回ったことや経営陣の責任に対し、厳しい批判の声が上がった。  タカタの高田重久会長兼社長は総会の冒頭、「株主の皆様には多大なご迷惑をおかけし、心よりおわび申しあげる」と陳謝した。  高田氏は、自動車メーカーが肩代わりしているリコール費用が膨らむ結果、 負債が資産を上回る「債務超過」のおそれが...
»続きを読む
カテゴリー:

タカタ株:売り殺到でストップ安 終値は31%下落 - 06月27日(火)16:37 

 27日の東京株式市場で、民事再生法の適用を26日に申請したタカタの株式の売買が再開された。朝方から売り注文が殺到して取引が成立しない状態が続き、値幅制限の下限となるストップ安の水準で取引を終えた。終値は前週末比50円(31.25%)安の110円。
カテゴリー:

タカタ破綻 石井国交相、部品供給の継続へ指導とチェックに注力 - 06月27日(火)16:15 

 欠陥エアバッグのリコール(無料の回収・修理)問題で経営が悪化したタカタが民事再生法の適用を申請し受理されたことについて、石井啓一国交相は27日の閣議後会見で、「リコールに必要な部品の供給が滞ることのないよう、引き続きタカタに対する指導と必要なチェックを行いたい」と述べ、供給不安が起きないよう対応に努める考えを強調した。
カテゴリー:

タカタ、これからは「寧波均勝電子」のタカタに - 06月27日(火)13:43 

タカタが民事再生を申請、中国系が支援 製造業では戦後最大の大型倒産 14時間前 朝日新聞社提供 朝日新聞デジタル タカタ、民事再生を申請 負債1兆円超、中国系が支援  エアバッグの欠陥で大量リコール(回収・無償修理)を招いた自動車部品大手タカタが、26日、東京地裁に民事再生法の適用を申請する。 史上最大規模のリコールは、世界有数の自動車安全部品メーカーの経営破綻(はたん)に発展した。  同日朝の臨時取締役会で決めた。実質的な負債総額は1兆円を超え、製造業では戦後最大の大型倒産となる。  信用...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「民事再生法」の画像

もっと見る

「民事再生法」の動画

Wikipedia

民事再生法(みんじさいせいほう、平成11年法律第225号)は、経済的に窮境にある債務者の事業または経済生活の再生を目的とする日本の法律である。日本における倒産法の一つ。適用された法人は一般人における自己破産となる。

従来、同じ目的で用いられてきた和議法(大正11年法律第72号。民事再生法の施行に伴い2000年(平成12年)4月1日廃止。)の特徴であった簡素な手続構造を基本的に維持しつつ、再建計画(再生計画)の可決要件を緩和する一方で、その履行確保を強化するなど、使い勝手のよい再建型倒産法制の構築を目指した。

沿革
  • 2000年 民事再生法の施行
  • 2001年 いわゆる個人再生手続に関する規定の施行
  • 2006年 民事再生法の定着により存在意義が薄れていた会社整理手続が廃止
特徴

手続を利用できる債務者の範囲については法律上の制限はなく、個人、株式会社その他の法人などが利用できるが、主として中小企業の再生に用いられることを想定している。しかし、上場企業その他の大企業、たとえば、そごう平成電電なども利用している。従来の経営陣が事業の経営権を喪失し、管財人がその経営に当たる会社更生法と...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる