「民事再生法」とは?

関連ニュース

【ハザードマップ】国産螺旋管/ゾディアック 好調期こそ「守り」考えた経営を - 08月17日(木)05:00 

 ▼国産螺旋管 国産螺旋(らせん)管は8月4日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。
カテゴリー:

ヴィッセル神戸のタイトル獲得は夢物語ではない──とどまるところを知らない三木谷氏のサッカー熱 - 08月11日(金)06:00 

現在、Jリーグで最も注目を浴びているチームが、ヴィッセル神戸だ。 ヴィッセルといえば、過去J2に2度降格するなどタイトルとは縁遠いクラブだが、今夏に元ドイツ代表の大物ストライカー、ルーカス・ポドルスキを獲得。一部報道によれば、ポドルスキの契約は2年半で、年俸は最高約10億円(800万ユーロ)に上るともいわれている。契約満了までプレーした場合の総額は25億円を超える、まさに規格外の助っ人を迎えた。 加えて、ヴィッセルは元日本代表FWハーフナー・マイクを補強したほか、実現はしなかったが、鹿島アントラーズの点取り屋で元日本代表の金崎夢生(かなざき・むう)の獲得も画策していた。“身の丈経営”がポリシーのJリーグで異彩を放つ積極投資により、リーグ後半戦は優勝争いに加わりそうな勢いだ。 それにしても、なぜヴィッセルはこれだけの大型補強を行なえるのか。その答えは、ヴィッセルの実質的オーナーである三木谷浩史(ひろし)氏の存在抜きには語れないだろう。 周知の通り、三木谷氏は楽天株式会社の創業者であり、会長兼社長。その三木谷氏がヴィッセルの経営に乗り出したのは2004年のことだった。当時、母体企業を持っていなかったヴィッセルは、大口スポンサーの撤退が続いて財務状況は火の車。03年には運営会社が民事再...more
カテゴリー:

【株式】タカタ株、明日上場廃止。株価18円で最後の取引を終える - 07月26日(水)16:33  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170726/k10011075151000.html 27日付けで上場廃止となる大手エアバッグメーカー「タカタ」の株式は 26日が東京証券取引所での最後の取り引きとなり、株価は18円で 取り引きを終えました。 「タカタ」はアメリカなどで相次いだエアバッグの事故の影響で、1兆円を 超える負債を抱えて経営に行き詰まり、先月26日、東京地方裁判所に 民事再生法の適用を申請し受理されました。 これを受けて「タカタ」の株式は27日付けで上場廃止となることが決まり、 26日が東京証券取引所での...
»続きを読む
カテゴリー:

【破産手続きへ】森友学園、経営再建困難に 破産手続きへ移行か 大阪市 - 07月20日(木)06:56  newsplus

森友学園、経営再建困難に 破産手続きへ移行か 7/20(木) 5:10配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000008-asahi-soci  開設できなかった小学校の建設費などで債務超過に陥った学校法人森友学園(大阪市)の民事再生法による経営再建が困難になったことが19日、わかった。管財人が、民事再生手続きを打ち切り、破産手続きへと移行する可能性を主要な債権者らに伝えた。  学園は4月、民事再生法の適用を申請し、大阪地裁が再生手続き開始を決定した。関係者によると、負債総額は30億円にのぼる見通し。学園...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<とどまるところを知らない三木谷氏の“サッカー熱”>ヴィッセル神戸のタイトル獲得は夢物語ではない - 08月11日(金)12:00  mnewsplus

現在、Jリーグで最も注目を浴びているチームが、ヴィッセル神戸だ。 ヴィッセルといえば、過去J2に2度降格するなどタイトルとは縁遠いクラブだが、今夏に元ドイツ代表の大物ストライカー、ルーカス・ポドルスキを獲得。一部報道によれば、ポドルスキの契約は2年半で、年俸は最高約10億円(800万ユーロ)に上るともいわれている。契約満了までプレーした場合の総額は25億円を超える、まさに規格外の助っ人を迎えた。 加えて、ヴィッセルは元日本代表FWハーフナー・マイクを補強したほか、実現はしなかったが、鹿島アン...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業】中国に入れ込んだ大型工作機器主力の老舗中小企業がまた一つ倒産 老人は中国への幻想を捨てよ - 08月02日(水)12:24  news

新幹線の車輪加工でシェア100%の工作機械メーカーはなぜ倒産した? http://newswitch.jp/p/9902  ホンマ・マシナリー、中国やインド企業に多額の未回収金の発生  ホンマ・マシナリーは、1946年2月に創業した老舗の 大型工作機械メーカーだ。取り扱う専用機やターニング機は 1台2億―3億円と大型が主流で、日本が世界に誇る新幹線の 車輪加工用の工作機械は同社製品がシェア100%だ。 国内・海外の大手製鉄所や船舶、原発関連業界などに営業基盤を 確立し、92年4月期に売上高約35億1300万円を計上した...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】都内企業倒産件数、上半期5年ぶり増加 東京商工リサーチ - 07月20日(木)15:20  newsplus

東京商工リサーチがまとめた東京都内の2017年上半期(1~6月)の企業倒産件数(負債額1千万円以上)は904件で、前年同期に比べ10%増えた。 上半期としては過去20年間で3番目の低水準というが、5年ぶりに前年を上回った。 担当者は「中小には人手不足や後継者難が重荷となっている。倒産増加局面に転換しつつあるのではないか」と分析する。 負債総額は1兆6695億4100万円と9.3倍に達した。欠陥エアバッグ問題による経営悪化で民事再生法適用を申請したタカタの分が全体の9割を占める。 タカタを除いた場合、負債総額は7.3%...
»続きを読む
カテゴリー:

「民事再生法」の画像

もっと見る

「民事再生法」の動画

Wikipedia

民事再生法(みんじさいせいほう、平成11年法律第225号)は、経済的に窮境にある債務者の事業または経済生活の再生を目的とする日本の法律である。日本における倒産法の一つ。適用された法人は一般人における自己破産となる。

従来、同じ目的で用いられてきた和議法(大正11年法律第72号。民事再生法の施行に伴い2000年(平成12年)4月1日廃止。)の特徴であった簡素な手続構造を基本的に維持しつつ、再建計画(再生計画)の可決要件を緩和する一方で、その履行確保を強化するなど、使い勝手のよい再建型倒産法制の構築を目指した。

沿革
  • 2000年 民事再生法の施行
  • 2001年 いわゆる個人再生手続に関する規定の施行
  • 2006年 民事再生法の定着により存在意義が薄れていた会社整理手続が廃止
特徴

手続を利用できる債務者の範囲については法律上の制限はなく、個人、株式会社その他の法人などが利用できるが、主として中小企業の再生に用いられることを想定している。しかし、上場企業その他の大企業、たとえば、そごう平成電電なども利用している。従来の経営陣が事業の経営権を喪失し、管財人がその経営に当たる会社更生法と...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる