「民事再生法」とは?

関連ニュース

東芝:決算発表先送り 債務超過5400億円の見通し - 05月16日(火)00:01 

 監査法人の承認を得られず、独自の概算値を発表  東芝は15日、監査法人の承認を得られなかったため、決算発表を先送りし、独自の概算値を発表した。それによると、米原発子会社ウェスチングハウス(WH)による米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請に伴う損失計上で、最終(当期)損益が9500億円の赤字(前期は4600億円の赤字)と大幅に拡大した。3月末時点の債務超過は5400億円の見通しで、東芝は東証第1部から2部に降格する。
カテゴリー:

東芝、最終赤字9500億円--「民事再生法など、法的清算をするつもりはない」 - 05月15日(月)17:55 

東芝は、2017年3月期(2016年4月~2017年3月)連結業績見通しを発表した。売上高は前年比3.5%減の4兆7000億円、営業利益は前年比7530億円増の2700億円、税引前利益は6397億円増の2400億円、当期純利益は4900億円減の9500億円の大幅な赤字の見通しになった。電機業界では過去最悪の最終赤字となる。
カテゴリー:

帝国データバンクの信用調査マンが明かす「倒産する会社」の兆候とは? - 05月12日(金)18:00 

■「ヒト」「モノ」「カネ」で倒産の兆候は見えてくる1年間で「8164件」。これは2016年に倒産した企業の数だ。じつは、リーマンショック後の2009年12月に中小企業金融円滑法が施行されてから、企業倒産は2010年以降、7年連続で減少している。とはいえ、経済やビジネスの世界は、一寸先は闇なのが常だ。どんな企業や会社も、倒産のリスクと無縁ではない。トップが戦略を一手間違えるだけで、堅調な業績が崩れていくこともある。経営者はそのことを肝に命じておかなければならないし、そこで働く社員も自分の生活を守るために、自分が働いている会社の動向には注意を払っておきたいものだ。では、どうすれば「倒産の兆候」を見極めることができるのだろうか。それを教えてくれる一冊が『あの会社はこうして潰れた』(藤森徹著、日本経済新聞出版社刊)だ。著者の藤森氏は、帝国データバンクで倒産を扱う「情報部」で25年間企業取材を行い、大阪支社、福岡支社を経て、東京支社情報部長を務めた倒産情報のエキスパート。著者曰く、信用調査マンは倒産の予兆をキャッチするのに「ヒト」「モノ」「カネ」の3つのポイントを見るという。まずは「ヒト」。わかりやすいところでは、大量採用や大量離職が起きている会社は要注意。また、会社の管理職――特に営業部長、経理部長が辞めるタイミングは、一つの目安になるという。さらに、経営トップの肩書きが多い場合も危ない。...more
カテゴリー:

【森友問題】民進党、共産党の支持率の差、わずか1・7%差に…選挙に結びつかない疑惑、スキャンダル追及 - 05月01日(月)21:50 

産経新聞とFNNが15、16日に行った世論調査が興味深い。 政党支持率の前月比で、民進党が1・8ポイント減の6・6%と、昨年3月の結党以来最低だったのに対し、 共産党は1・1%増の4・9%になっている。両党の支持率の差は、わずか1・7%でしかない。  この結果について、産経新聞は、これを従来の支持層であった無党派層が戻っておらず、一部は共産党に流れていると分析している。  学校法人「森友学園」問題の追及で、共産党が大いに目立ったことは間違いない。本来、入手しがたい資料を次々と暴露した。 鴻池...
»続きを読む
カテゴリー:

民進党、北朝鮮問題に関心を向ける国民に不満「GW明けには森友問題への関心をなんとか再燃させたい」 - 05月01日(月)09:04 

 学校法人「森友学園」の国有地払い下げを巡る問題で、籠池泰典前理事長(64)が28日、民進党の 売却問題PTのヒアリングに出席した。3月23日の証人喚問以来、約1か月ぶりに国会を訪れた籠池氏は 「議員の皆様のご質問に誠実に対応したい」と神妙な面持ちで切り出した。昨年3月の籠池夫妻と 財務省との面談を記録した音声テープが一部報道で公開されたことを受け、籠池氏は当時の詳細な やりとりを明かした。  「神風が吹いた」とされる国有地払い下げについて、財務省はテープの中で「特例」と言及。籠池氏は 改めて「昭恵夫人...
»続きを読む
カテゴリー:

【東芝】電機業界では過去最悪の最終赤字(9500億) 「民事再生法など、法的清算をするつもりはない」 - 05月15日(月)20:28 

■電機業界では過去最悪の最終赤字 東芝は、2016年度(2016年4月~2017年3月)連結業績見通しを発表した。 今回の業績見通しは、東芝の責任において同社の見通しと見解を示したものであり、財務数値は独立監査人の監査手続中。そのため修正される可能性があるという。 また、ウェスチングハウスグループは、米国連邦倒産法第11章(チャプター11)に基づく再生手続きの申し立てに伴い、2016年度決算から連結対象外になっている。 東芝の取締役代表執行役社長の綱川智氏は「決算作業を進めており、現時点で監査手続きは継続している。...
»続きを読む
カテゴリー:

東芝、1兆円の赤字 15日に暫定決算発表へ - 05月13日(土)21:02 

 東芝は監査法人の承認を得ていない2017年3月期決算について、15日に暫定的な数値を公表する方向で東証など 関係先と調整を進めている。経営破綻した米原発子会社ウェスチングハウス(WH)に対する債務保証の引き当てで、 連結純損益の赤字は1兆円規模に膨らむ見通し。暫定値公表という異例の対応が認められれば、綱川智社長が記者会見し、 業績や監査状況を説明する。  東芝は、会計監査を担当するPwCあらた監査法人とWHの巨額損失に関する調査で意見が対立。監査が終了していない 段階で、会社側が16年4~...
»続きを読む
カテゴリー:

【ハザードマップ】ホンマ・マシナリー/デナリ・エージェンシー - 05月11日(木)05:00 

 ▼ホンマ・マシナリー ホンマ・マシナリーは4月27日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し同日、保全管理命令を受けた。自力での再建を基本としているが、条件次第ではスポンサーによる再生も考えているという。同社は1946年2月に本間鋳造所として創業。大型プレナーやターニングなど工作機械の製作販売を主力に、修理やパーツ販売も手掛けていた。海外にも販路を築き、ピークの92年4月期には売上高35億1356万円を計上。しかし、その後は国内市況が厳しさを増し、売り上げは伸び悩んでいた。
カテゴリー:

「ナガセ社員の指示による売上の”積み上げ”が常態化していました」元東進衛星予備校経営者が告発――FC部門で常態化する粉飾決算 - 05月01日(月)16:39 

 今年3月、ナガセとフランチャイズ契約を結んで東進衛星予備校を手広く経営していた(株)モアアンドモア社が経営破綻し、民事再生法に基づく再建手続きに入った。ナガセがスポンサー企業として支援に乗り出し、今後は直営校として運営する方針だという。なぜ倒産したのか、なぜナガセが支援するのか、事情ははっきりとはみえてこないが、東進ビジネスの不透明さを印象づける事件である。この場を借りて読者各位に情報提供を呼びかける次第だが、そうしたなかで衝撃的な証言が飛び込んできた。FC経営者に対してナガセ側が「積み上げ」という名の「売上の水増し」を持ちかけ、さらにナガセ社員の手によってじっさいに「水増し」がなされていたというのだ。元経営者に聞いた。
カテゴリー:

ホンマ・マシナリー株式会社 - 05月01日(月)00:00 

(大型工作機械製造 原発関連受注が大幅減少、東日本大震災以降 大阪府大阪市淀川区 )民事再生法の適用を申請 負債35億円
カテゴリー:

もっと見る

「民事再生法」の画像

もっと見る

「民事再生法」の動画

Wikipedia

民事再生法(みんじさいせいほう、平成11年法律第225号)は、経済的に窮境にある債務者の事業または経済生活の再生を目的とする日本の法律である。日本における倒産法の一つ。適用された法人は一般人における自己破産となる。

従来、同じ目的で用いられてきた和議法(大正11年法律第72号。民事再生法の施行に伴い2000年(平成12年)4月1日廃止。)の特徴であった簡素な手続構造を基本的に維持しつつ、再建計画(再生計画)の可決要件を緩和する一方で、その履行確保を強化するなど、使い勝手のよい再建型倒産法制の構築を目指した。

沿革
  • 2000年 民事再生法の施行
  • 2001年 いわゆる個人再生手続に関する規定の施行
  • 2006年 民事再生法の定着により存在意義が薄れていた会社整理手続が廃止
特徴

手続を利用できる債務者の範囲については法律上の制限はなく、個人、株式会社その他の法人などが利用できるが、主として中小企業の再生に用いられることを想定している。しかし、上場企業その他の大企業、たとえば、そごう平成電電なども利用している。従来の経営陣が事業の経営権を喪失し、管財人がその経営に当たる会社更生法と...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる