「民事再生法」とは?

関連ニュース

FREETELが民事再生法申請、楽天モバイルはどう出る?(週末スペシャル) - 12月15日(金)05:00 

 「FREETEL」ブランドのプラスワン・マーケティングが民事再生法を申請した。同社の通信事業を買収した楽天モバイルは、MVNO全体が伸び悩む中、どんな戦略で事業を拡大しようとしているのか。
カテゴリー:

いま、一番読まれている記事は:FREETELショックにドコモショック、生き残る格安スマホはどれだ?(ニュース解説) - 12月13日(水)05:00 

 「FREETEL」ブランドで格安スマホ事業を展開していたプラスワン・マーケティングは通信事業を楽天に譲渡し、再起を目指した端末事業でも資金繰りが悪化して民事再生法の適用を申請した。格安スマホは今後どうなるのだろうか。
カテゴリー:

「FREETEL」はなぜ民事再生法の適用という結末に至ったのか - 12月12日(火)06:22 

プラスワン・マーケティングが、12月4日に東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請した。11月に、楽天に通信事業を売却したばかりにもかかわらず、経営破綻に至ったのはなぜか。
カテゴリー:

破綻した格安スマホ - 12月11日(月)13:33  news

破綻からわずか1年前、「フリーテル」の新製品発表会では女優の佐々木希さんら芸能人が登壇するなど、大きな話題を集めた。左から2番目が増田薫社長だ(撮影:佐野正弘) 「フリーテル」ブランドの格安スマートフォン開発会社、プラスワン・マーケティング(POM)が12月4日に民事再生法の適用を東京地方裁判所へ申請した。負債総額は26億円。 2012年10月設立のPOMは、スマホ端末の開発と通信事業の両方を手掛ける珍しい業態だった。今年11月に国内通信事業を楽天に売却したため、利用者への影響は限定的だ。 フリーテルの販売店...
»続きを読む
カテゴリー:

【倒産】FREETEL、「PREMIUM端末補償」「とりかえ~る」の受付停止 民事再生手続き開始で - 12月09日(土)15:01  newsplus

「FREETEL」のプラスワン・マーケティングが民事再生手続きを開始 「とりかえ~る」などの受付を停止 11月にMVNO事業(FREETEL SIM)を楽天に売却したプラスワン・マーケティングが、民事再生手続きの開始を東京地方裁判所に申し立てた。スポンサー候補企業のもと、事業の再生を目指すという。 [井上翔,ITmedia]  FREETEL(フリーテル)ブランドで携帯電話端末の開発・販売を手がけるプラスワン・マーケティング(POM)は12月4日、東京地方裁判所に民事再生手続きの開始を申し立てた。MAYA SYSTEM(東京都新宿区)をスポンサー候...
»続きを読む
カテゴリー:

いま、一番読まれている記事は:FREETELショックにドコモショック、生き残る格安スマホはどれだ?(ニュース解説) - 12月13日(水)05:00 

 「FREETEL」ブランドで格安スマホ事業を展開していたプラスワン・マーケティングは通信事業を楽天に譲渡し、再起を目指した端末事業でも資金繰りが悪化して民事再生法の適用を申請した。格安スマホは今後どうなるのだろうか。
カテゴリー:

FREETELショックにドコモショック、生き残る格安スマホはどれだ?(ニュース解説) - 12月13日(水)05:00 

 「FREETEL」ブランドで格安スマホ事業を展開していたプラスワン・マーケティングは通信事業を楽天に譲渡し、再起を目指した端末事業でも資金繰りが悪化して民事再生法の適用を申請した。格安スマホは今後どうなるのだろうか。
カテゴリー:

【私たちの税金】「格安スマホ」FREETEL破綻の裏に官民ファンドの失策 - 12月11日(月)20:52  newsplus

「格安スマホ」破綻の裏に官民ファンドの失策 出資金は本来の目的で使われていたのか 2017年12月11日9 山田 雄一郎 : 東洋経済 記者 破綻からわずか1年前、「フリーテル」の新製品発表会では女優の佐々木希さんら芸能人が登壇するなど、大きな話題を集めた。左から2番目が増田薫社長だ(撮影:佐野正弘) 「フリーテル」ブランドの格安スマートフォン開発会社、プラスワン・マーケティング(POM)が12月4日に民事再生法の適用を東京地方裁判所へ申請した。負債総額は26億円。 2012年10月設立のPOMは、スマホ端末の開発と通信事業の...
»続きを読む
カテゴリー:

ASCII.jp:格安SIM、格安スマホの「FREETEL」 負債額26億円を抱えるまでの経緯|スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典 - 12月10日(日)12:22 

ASCII.jp:格安SIM、格安スマホの「FREETEL」 負債額26億円を抱えるまでの経緯|スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典日本発のスマートフォンメーカーとして次々にSIMフリー製品を送り続けてきたプラスワン・マーケティング。FREETELブランドで一時はMVNO事業も展開していました。 しかし、2017年12月に民事再生法の適用を申請してしまいました。日本のスマートフォン市場に新風を吹き込んだ同社の歴史を振り返りましょう。 日本発の低価格SIMフリースマホで市場参入 プラスワン・マーケティングが初めてスマートフォンを...
カテゴリー:

「ウイングベイ小樽」運営の小樽ベイシティ開発が民事再生法の適用申請 - 12月08日(金)23:25 

北海道小樽市の大型複合商業施設「ウイングベイ小樽」を運営する小樽ベイシティ開発が7日、民事再生法の適用を札幌地裁に申請し、受理された。
カテゴリー:

もっと見る

「民事再生法」の画像

もっと見る

「民事再生法」の動画

Wikipedia

民事再生法(みんじさいせいほう、平成11年法律第225号)は、経済的に窮境にある債務者の事業または経済生活の再生を目的とする日本の法律である。日本における倒産法の一つ。適用された法人は一般人における自己破産となる。

従来、同じ目的で用いられてきた和議法(大正11年法律第72号。民事再生法の施行に伴い2000年(平成12年)4月1日廃止。)の特徴であった簡素な手続構造を基本的に維持しつつ、再建計画(再生計画)の可決要件を緩和する一方で、その履行確保を強化するなど、使い勝手のよい再建型倒産法制の構築を目指した。

沿革
  • 2000年 民事再生法の施行
  • 2001年 いわゆる個人再生手続に関する規定の施行
  • 2006年 民事再生法の定着により存在意義が薄れていた会社整理手続が廃止
特徴

手続を利用できる債務者の範囲については法律上の制限はなく、個人、株式会社その他の法人などが利用できるが、主として中小企業の再生に用いられることを想定している。しかし、上場企業その他の大企業、たとえば、そごう平成電電なども利用している。従来の経営陣が事業の経営権を喪失し、管財人がその経営に当たる会社更生法と...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる