「毒蝮三太夫」とは?

関連ニュース

65歳以上には向かない? 小池都知事「ラジオ体操プロジェクト」の落とし穴 - 07月24日(月)16:05 

小池百合子東京都知事が、今夏から2020年の東京オリンピック、パラリンピック終了時まで、都をあげて「ラジオ体操」への参加を呼びかける「みんなでラジオ体操プロジェクト」を7月14日に発表。同氏の「ラジオ体操は日本人のDNAに刻み込まれている」「都庁でも毎日フラッシュモブのように実施する」などの発言が波紋を呼んでいる。 本日7月24日には都庁で「キックオフイベント」を開催、自らも先頭に立ってラジオ体操に汗を流した。同イベントに参加した都民代表に小池知事がその場で「出席スタンプ」を押すなど、力の入れようはかなりのものだ。 ちなみに小池知事はこのラジオ体操プロジェクトを発表したちょうど翌日に65歳の誕生日を迎えている。まさに自らが「高齢者」に差し掛かったタイミングでのラジオ体操アピールだったわけだが、現在、地域の公園などでのラジオ体操会参加者の多くが高齢者であることを考えれば、これは自然な流れに思える。 しかし「65歳以上の高齢者こそ、ラジオ体操で身体を傷めるリスクが高い」と指摘している本が「ラジオ体操は65歳以上には向かない」(戸田佳孝・著/太田出版)である。 現役の医師である著者は、多くの患者を診察してきた結果、65歳以上の高齢者にとって特にラジオ体操の「脚で飛ぶ運動」はひざに、「体を前後に曲げる運動」は腰に負担がかかりやすく、それらの箇所を傷めるリスクが高いという調査結果を得ており、...more
カテゴリー:

毒蝮三太夫「老老介護の悲劇…悔しい」砂川さん悼む - 07月19日(水)07:42 

 俳優砂川啓介(さがわ・けいすけ)さん(本名山下啓一=やました・けいいち)が11日午前4時10分、尿管がんのため都内の病院で亡くなっていたことが18日、分かった。80歳だった。砂川さんはアニメ「ドラえもん」の声で知られる妻大山のぶ代(8…
カテゴリー:

ミュージカル界のプリンス・井上芳雄がラジオで生歌唱に挑む理由 - 07月21日(金)19:51 

ミュージカル界のプリンス・井上芳雄が、2017年4月からTBSラジオ「井上芳雄 by MYSELF」(毎週日曜夜10:00)で、初めての冠ラジオ番組に挑戦している。「できる限り生放送で」という決意の下、“シークレット・コンサート”をうたうとおり、毎週生歌2曲を披露する奮闘ぶり。時にはゲストとの競演でも聴かせる。そしてトークのバックではピアニスト・大貫祐一郎による生演奏が。そんなエンターテインメントショーを繰り広げる井上芳雄に、ラジオスタジオで話を聞いた。 【写真を見る】井上芳雄の美麗グラビアショット ――まず、レギュラー番組がスタートして3か月の感想を教えてください。 「スタートする前に思っていた通りのことができていて、そのコンセプトからぶれていないので予定通りではあるんですが、非常に濃い3か月でしたね。自分ではもっと長い期間、半年から1年くらい続けているような気がします。1週間がすぐに過ぎてしまって、毎回2曲を歌うと決めているんですが、その選曲が大変。『あ、また次回の曲を決めなきゃ』と、追われている感じです。聞いてくれる皆さんが喜んでくれて、手応えもあるので、ラジオはとても楽しいです」 ――生放送のほうがやりやすいとおっしゃっているそうですね。 「単純に生に慣れているということかもしれませんが、最初の頃は『話すことがなくなったらどうしよう』などと考えて、予め内容を用意していたんで...more
カテゴリー:

テレ東に負けるフルタチさん 視聴者層を完全に60代前提にした? - 06月27日(火)19:51  news

古舘伊知郎が司会を務めるフジテレビ系バラエティ番組『フルタチさん』が、テレビ東京系の裏番組『“池の水ぜんぶ抜く!”緊急SOS! ヤバイ現場に行ってみた!』に視聴率で完敗してしまった。 『池の水ぜんぶ抜く!』は、25日に第3弾を放送。平均視聴率20.3%を記録した『世界の果てまでイッテQ!』(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)の裏にもかかわらず、9.7%と健闘した。なお、第1弾(1月15日)は8.3%、第2弾(4月23日)は8.1%で、第3弾がシリーズ最高だった。 「池の水を抜くだけのシンプルな企画ですが、これが『新し...
»続きを読む
カテゴリー:

「毒蝮三太夫」の画像

もっと見る

「毒蝮三太夫」の動画

Wikipedia

毒蝮 三太夫(どくまむし さんだゆう、本名:石井 伊吉(いしい いよし)、1936年3月31日 - )は、日本俳優タレントラジオパーソナリティ聖徳大学短期大学部客員教授。まむしプロダクション所属。愛称は「まむちゃん」「まむし(さん)」。身長170cm、体重78kg。既婚。

人物・経歴

大工の息子として週刊文春2003年9月25日号「阿川佐和子のこの人に会いたい 毒蝮三太夫」大阪市住吉区に生まれたが、生後間もなく東京市荏原区中延(現在の東京都品川区中延)に転居。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる