「毎年開催」とは?

関連ニュース

草競馬:初夏の風物詩 元競走馬28頭が参加 三重 - 05月20日(日)22:04 

 初夏の風物詩として人気の「いなべ草競馬」が20日、三重県いなべ市大安町の両ケ池公園であった。新緑の中、一線を退いた競走馬が砂煙を上げて疾走した。  馬の愛好家らが古くから地元で行われていた農耕馬の競走を1971年に復活。現在は「いなべ愛馬会」(若松正人会長)が毎年開催している。
カテゴリー:

2018年 Dollism Plus Tokyo開催決定!!過去最多数のメーカー、ドールが大集結! - 05月18日(金)19:46 

[ボーダレス] 2018年 Dollism Plus Tokyo開催決定!!過去最多数のメーカー、ドールが大集結! [画像1: https://prtimes.jp/i/15087/27/resize/d15087-27-977193-0.jpg ] 毎年開催する“ドール”最大の展示・鑑賞...
カテゴリー:

小学校低学年向け「ロボット検定」6/24…レゴWeDo2.0使用 - 05月18日(金)14:15 

 ロボット技術検定機構は、小学1年生以上を対象とした「ロボット検定ForレゴWeDo2.0」を2018年6月24日に全国のロボット検定認定会場で開催する。受験料は2,800円(税別)。申込みは6月17日までWebサイトにて受け付ける。 「ロボット検定ForレゴWeDo2.0」は、レゴWeDo2.0を使ってプログラミングやメカ・ロボットを学ぶ小学生のための検定試験。プログラミング的思考やプログラミングの基礎、メカの仕組みに関する知識と実践力を認定する。今回が初開催となる。 試験問題は、筆記試験と実技試験で構成される。筆記試験では、メカの仕組みやプログラミングに関する知識が問われる。実技試験では、写真・条件通りにモデルを組み立て、プログラミング作成を行う。 級は3級から1級までの3つのグレードがあり、2018年度第1回試験では3級のみ実施する。受験資格は小学1年生以上でレゴWeDo2.0を持参できること。100点満点中、70点以上を合格とし、合格者には合格証明書と認定バッジを進呈する。 なお、小学3年生以上を対象に教育用レゴマインドストームEV3を使用した「ロボット検定for EV3」も2018年6月24日に開催する。 ロボット技術検定機構は、2009年に神奈川県から受託事業として技術者向けの「ロボット技術検定」を開始し、2012年より子ども向けの検定「ロボット検定」を毎年開催。検定を...more
カテゴリー:

【オリエンタルホテル広島】当ホテル初・クラフトビールが登場 暑い夏を涼やかに楽しむ屋内型ビアホール「ビアホール ―URBAN OASIS―」 - 05月15日(火)11:00 

[株式会社ホテルマネージメントジャパン] [画像: https://prtimes.jp/i/16207/374/resize/d16207-374-730661-0.jpg ] 毎年開催している、夏季限定の屋内型ビアホール。今年のテーマは「URBAN OASIS」。地上約100mに位置するホテル最上階からの眺めにち...
カテゴリー:

オリックスがオリ姫&オリ達ユニを発表。過去にはチェック柄採用で賛否両論も… - 05月12日(土)06:20 

オリックスが2015年から毎年開催している『Bsオリ達デー&Bsオリ姫デー』で選手が着用するユニフォームを発表した。モデルとして会見に出席した近藤大亮投手は「スピード感がある...
カテゴリー:

【イベントレポート】【関空旅博2018】航空関連品がずらりと並ぶKIXチャリティーマーケット。レア品の出品やオークションも 小型ジェットのエアインテークカバーや“コニー”の主翼前部結露防止機などが登場 - 05月19日(土)21:31 

 関西国際空港で毎年開催され、2018年で14回目を迎える「関空旅博2018」。「KIXチャリティーマーケット」は関空旅博2018の大半の催し物の会場となっている関西空港駅から少し離れた、関空展望ホール「Sky View」のメインホール2階特設会場で開催している。
カテゴリー:

制作配給、俺。リーマンの自主映画が国際映画祭で受賞の快挙! - 05月18日(金)14:58 

サラリーマン監督が自主制作で作り上げたインディペンデント映画『唾と蜜』が、ニース国際映画祭で新人監督賞・最優秀音楽賞・外国映画部門最優秀新人賞の計3部門で正式ノミネートされ、ついに見事新人監督賞を受賞するという快挙を成し遂げました。 ニース国際映画祭は、フランス南東部に位置する世界的に有名なリゾート都市・ニースで毎年開催されている注目の国際映画祭。カンヌ映画祭の数日前の5月6日から12日に開催され、今年も世界各国から個性的かつ将来性のある作品が多数ノミネートされています。 今回新人監督賞を受賞した監督の牧賢治氏は、初の脚本・監督となる短編映画『japing』をわずか20万円で制作し、スピルバーグも受賞したヒューストン国際映画祭で短編部門ゴールドに輝いた実績があります。今回の作品『唾と蜜』は、牧監督の自身初となる長編自主映画です。 映画『唾と蜜』は、配給会社や制作会社を通さず、監督の自主制作で作り上げたインディペンデント映画でありながら、これまでに海外では「LOS ANGELS Cine Fest」SEMI-FINALIST、「HOLLYWOOD SCREENING FILM FESTIVAL」SEMI-FINALIST、国内でも「第4回新人監督映画祭」正式ノミネート、「日本芸術センター 第9回映像グランプリ」最終ノミネートなど、数々の映画祭での実績を誇ります。監督の牧賢治氏は、...more
カテゴリー:

告知は0点。中身は100点。この音楽フェスはほっとけない。 - 05月17日(木)21:30 

驚いた!2017年に開催された音楽フェス「FESTIVAL de FRUE」に、THE MASTER MUCISIANS OF JOUJOUKA(通称:ジャジューカ)が出演していた。モロッコ・スリフ族の村で先祖代々受け継がれている音楽家集団だ。とってもマニアックなワールドミュージックの世界。現地で見た人の話を聞いたことがあったせいもあって、まさかそんな濃ゆい存在が去年静岡の音楽フェスに来ていたなんて露知らず、よけいにびっくりしたのだった。彼らの音楽は、乱れた心を治癒するバラカ(超人的能力)を秘めた、数千年の歴史がある神聖なものと言われている。これまでに、欧米のビート詩人やヒッピーたちを魅了し、元ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズや、心理学者のティモシー・リアリーなんかも、彼らのもとに集ってきた。作家のウイリアム・バロウズは、この音楽を「世界最古のロック」と呼んだとか呼ばないとか。ジャジューカの音楽家たちは、いわゆるアーティストじゃない。ツアーにひっぱりだこな世界的ミュージシャンとは違う。基本的にライブを見るなら、会場はモロッコのジャジューカ村で毎年開催されるフェス一択。しかも、全世界から50人しか参加できない超激レアイベント。そんな彼らの日本初来日を成功させたのだ。来場者の話を聞くと、会場では現地を模したテント内でPAナシの生音ライブをするなど、こだわりかたも半端じゃな...more
カテゴリー:

【川越プリンスホテル】夏休みの自由研究におすすめ「親子で野球グローブ作り教室」を開催 - 05月14日(月)13:00 

[株式会社プリンスホテル] この企画は、西武グループで取り組んでいる「こども応援プロジェクト」の一環として毎年開催しており、お子さまにたくさんの貴重な体験をしていただくこと、それを見守るご家族にとって大切な思い出を作ることで...
カテゴリー:

ピアニスト:アルゲリッチさん植樹のワイン 大分で披露 - 05月11日(金)19:48 

 大分県宇佐市の三和酒類などは11日、世界的ピアニストのマルタ・アルゲリッチさんが同社のワイン工房に植えたブドウが原料の赤ワイン「希望の樹」を披露した。  同県別府市などで毎年開催する音楽祭で総監督を務めるアルゲリッチさんが2011年、東日本大震災からの復興を願って植樹。同社はアルゲリッチさん演奏の
カテゴリー:

もっと見る

「毎年開催」の画像

もっと見る

「毎年開催」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる