「殺菌灯」とは?

「殺菌灯」の画像

もっと見る

「殺菌灯」の動画

Wikipedia

殺菌灯(さっきんとう)は、殺菌力を持つ波長域の光線を照射する光源の総称。

蛍光灯タイプのものが一般的。蛍光物質がない蛍光灯と考えればよい。蛍光物質がないので水銀の発光が、可視光線に変換されることなくそのまま外部に照射される。 殺菌力を持つ波長域というのは紫外線のことを差す。水銀のスペクトル線のうち、254nm(UV-C領域)のものが特に殺菌力が高い。DNAを損傷(チミン二量体を生成)することで殺菌効果を発揮する。この波長域の光線は一般のガラスでは吸収されてしまうため、殺菌灯の管には石英ガラスが使われる。

蛍光灯形の型番はGL-x(xはワット数で一般的に4ワットから40ワット程度まである)。器具は蛍光灯器具と同じであり、ランプを取り替えるだけで殺菌灯器具として利用できる。

DNAを損傷するので、人体にも有害であり、皮膚・目を傷害する。防護メガネの着用は必須で、肉眼で点灯中のランプを見るのは厳禁であり、また光線が皮膚にあたらないよう保護する必要がある殺菌・滅菌システム> 殺菌灯(対流式) - ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる