「殺人事件」とは?

関連ニュース

85歳女性死亡 背中に刃物 殺人事件で捜査 石川 - 05月24日(水)18:29 

24日午前、石川県宝達志水町の住宅で、この家に1人で住む85歳の女性が背中に刃物が刺さった状態で死亡しているのが見つかり、警察は女性が殺害された疑いがあると見て捜査しています。
カテゴリー:

あの防犯システムに隠し機能が! 『名探偵コナン』の豆知識が話題 - 05月23日(火)15:37 

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)の5月20日放送回「防犯システムの落とし穴」の中で披露された“催涙スプレー”に関する豆知識が視聴者の間で話題になっている。今回、探偵・毛利小五郎は空き巣の犯人を捕まえてほしいと女性から依頼を受け、そこにコナンも同行していた。依頼人を自宅マンションまで送り届けたちょうどその時、マンション裏の駐車場で叫び声があがる。駆け付けるとそこには依頼人の隣に住む男性が遺体となって横たわっていた。小五郎はその遺体が酒臭かったこともあり、7階の自宅の部屋から泥酔して転落した事故と推理。そこに到着した目暮警部たちは捜査を始めるが、コナンだけは防犯対策が万全だった男性が自宅の玄関の鍵をかけていなかったことから疑問を持ち、事件性を疑う……というストーリー。今回はタイトルの通り、防犯システムがキーワード。被害者が防犯カメラや警備会社といった防犯システムを駆使している中での殺人事件となった。そんな中、視聴者の注目を集めたのが“催涙スプレー”に関する知識だ。コナンの説明によると、催涙スプレーが吹きかけられたところにブラックライトを当てるとその部分が光るというのだ。これはスプレー内に入っているUV塗料の成分によるものらしい。この機能は一般にあまり知られていなかったようで、ネット上では「塗料が含まれているなんて知らなかった!」「光るってホント?...more
カテゴリー:

広末涼子、10年ぶりの月9出演 『貴族探偵』事件の鍵握るキーマン役 - 05月22日(月)19:50 

 広末涼子が、相葉雅紀主演で放送中の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)第7話(5月29日放送)に出演することが決定した。広末の月9ドラマ出演は『ガリレオ』の第3話以来10年ぶりとなる。【関連】「広末涼子」フォトギャラリー 第7話では、新米探偵・高徳愛香(武井咲)が師匠と仰ぐ、今は亡き名探偵・喜多見切子(井川遥)と貴族探偵(相葉雅紀)の間で起こった1年前の事件を描き、最終章へ向けての起点となるエピソード。 2016年、切子の元へ大手電子部品メーカーの社長である都倉健一(小木茂光)が、自宅で自殺をしたとの知らせが届いた。都倉とは深い親交があり大手クライアントでもある切子は、都倉宅へ急行、都倉は自室で睡眠薬を飲み、手首を切った模様。自室は密室となっており警察は自殺と予想したが、切子は現場で小さな謎をいくつも発見、密室殺人事件だと推理する。どよめく一同だったが、そこに都倉の死を聞きつけた、貴族探偵が姿を現す…。 広末が演じるのは、都倉の後妻・光恵。都倉は15年前に前妻を亡くし、それ以来、秘書の旗手真佐子(森口瑤子)が都倉家を公私共に支え、子どもたちも真佐子と再婚して欲しいと願っていた中、都倉は死の半年前に出会った銀座のホステスである光恵と再婚。そして都倉が死に、子どもたちは都倉を殺したのは光恵に違いないと、敵意むき出しで切子に訴える。 広末は「錚々たるメンバーが集結する終盤の謎解きのシ...more
カテゴリー:

『パレード』石丸幹二「この時代だからこそ観て考えて」 - 05月22日(月)12:55 

1999年にトニー賞最優秀作詞作曲賞、最優秀脚本賞を受賞した秀作ミュージカル『パレード』が5月18日(木)、遂に日本初演を迎えた。主演は石丸幹二と堀内敬子、演出は森新太郎。石丸と堀内は「劇団四季」時代以来17年ぶりのミュージカル共演、森はミュージカル作品を手掛けるのは初となる。ミュージカル『パレード』チケット情報(PC)本作は、20世紀初頭に起きた冤罪「レオ・フランク事件」を題材にした作品。南北戦争終結から半世紀が過ぎてもいまだその空気を引きずるアメリカ南部を舞台に、人種差別や権力争い、そしてマスコミ、世間によって無実の人間が犯人に仕立て上げられていくさまと、夫の潔白を証明しようとする妻の奮闘を描く。大掛かりなセットがほとんどない舞台。大きなセット転換もなく、照明の当て方でシーンが変わるシンプルさだ。ただし前方に向かって傾斜のついた八百屋舞台になっているため、舞台上の様子が奥までよく見え、登場人物一人ひとり、本作の重要な存在である“民衆”の表情までわかる。本作の伝えたいものがそこからも感じられる。物語の発端は13歳の少女の殺人事件。しかし本作が主に描いているのはその“真相”ではない。それを取り巻く怒り、妬み、憎しみ、狡さ、正義感、プライド、愛……。それらが絡み合い、膨らんで、ある夫婦の運命を変えていく様子だ。それを伝えるキャスト達の豊かで繊細な芝居、歌唱は本作のなによりの魅力。シン...more
カテゴリー:

広末涼子、10年ぶりに月9出演!「何気ない仕草や笑顔も規格外」番組Pが魅力を語る - 05月22日(月)10:55 

広末涼子が、5月29日放送のドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系列、毎週月曜21:00~)第7話に出演することが決定。広末は「錚々たるメンバーが集結する終盤の謎解きのシーンは、役者としてあの場にいたら、きっとすごく楽しいだろうなぁ、と視聴者として拝見していました」と、2007年10月放送の『ガリレオ』第7話以来、10年ぶりとなる“月9”出演について語った。“主人公が推理をせずに謎を解く”という、推理小説の既成概念を打ち砕く前代未聞の物語が繰り広げられている本作。第7話は、新米探偵・高徳愛香(武井咲)が師匠と仰ぐ、今は亡き名探偵・喜多見切子(井川遥)と貴族探偵(相葉雅紀)の間で起こった1年前の事件を描く。異色、かつ最終章へ向けて物語の謎が解き明かされていく激動の回となる。貴族探偵と切子が現場で初めて顔を合わせたのは2016年。知る人ぞ知る名探偵・切子の元へ、大手電子部品メーカーの社長である都倉健一(小木茂光)が自宅で自殺をしたとの知らせが届く。警察は、鍵のかかった自室で睡眠薬を飲み、手首を切った様な遺体を見て自殺と予想。ところが、自殺では説明のつかない謎があり、切子は、密室殺人事件だと言い放つ。さらにそこに貴族探偵が姿を現す。2人は、社交界のパーティーなどで面識があり、お互いがどのような探偵か知る仲。とんとん拍子に推理対決へと話は進んでいく。しかし、これが切子にとって死の前の最後の事件に...more
カテゴリー:

あの防犯システムに隠し機能が! 『名探偵コナン』の豆知識が話題 - 05月23日(火)15:40 

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)の5月20日放送回「防犯システムの落とし穴」の中で披露された“催涙スプレー”に関する豆知識が視聴者の間で話題になっている。今回、探偵・毛利小五郎は空き巣の犯人を捕まえてほしいと女性から依頼を受け、そこにコナンも同行していた。依頼人を自宅マンションまで送り届けたちょうどその時、マンション裏の駐車場で叫び声があがる。駆け付けるとそこには依頼人の隣に住む男性が遺体となって横たわっていた。小五郎はその遺体が酒臭かったこともあり、7階の自宅の部屋から泥酔して転落した事故と推理。そこに到着した目暮警部たちは捜査を始めるが、コナンだけは防犯対策が万全だった男性が自宅の玄関の鍵をかけていなかったことから疑問を持ち、事件性を疑う……というストーリー。今回はタイトルの通り、防犯システムがキーワード。被害者が防犯カメラや警備会社といった防犯システムを駆使している中での殺人事件となった。そんな中、視聴者の注目を集めたのが“催涙スプレー”に関する知識だ。コナンの説明によると、催涙スプレーが吹きかけられたところにブラックライトを当てるとその部分が光るというのだ。これはスプレー内に入っているUV塗料の成分によるものらしい。この機能は一般にあまり知られていなかったようで、ネット上では「塗料が含まれているなんて知らなかった!」「光るってホント?...more
カテゴリー:

月9『貴族探偵』第6話、相葉雅紀と使用人たちのやり取りに視聴者盛り上がるも、貴族探偵の怪しい過去を匂わせる展開に! - 05月22日(月)22:26 

画像は公式Twitterより引用 月9『貴族探偵』(フジテレビ系)の第6話が放送された。 今回は5話で起きた花婿候補連続殺人事件についての後編。密室で起きた事件、犯人は誰なのか、貴族探偵(相葉雅紀)と高徳(武井咲)が推理を行う。 開始10分わずかで高徳(武井咲)が推理を披露する様子を見て「早すぎな...
カテゴリー:

広末涼子「ガリレオ」以来の月9へ! 相葉雅紀と期待膨らむ初共演 - 05月22日(月)17:21 

相葉雅紀のジェントルマンな貴族ぶりが好評を博している、“月9”ドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)で、5月29日(月)に放送される第7話に広末涼子の出演が決定。これが広末にとって「ガリレオ」第3話(2007年10月29日)以来、10年ぶりの月9出演となる。 【写真を見る】広末は相葉雅紀との初共演に「お手柔らかにお願いします」 広末が出演する第7話は、新米探偵・高徳愛香(武井咲)が師匠と仰ぐ、今は亡き名探偵・喜多見切子(井川遥)と貴族探偵(相葉)の間で起こった1年前の事件を描く異色、かつ最終章へ向けて物語の謎が解き明かされていく激動の回。 2016年、知る人ぞ知る名探偵・切子の元へ、大手電子部品メーカーの社長・都倉健一(小木茂光)が自宅で自殺したとの知らせが届く。都倉と親交が深く、大手クライアントでもある切子は、都倉宅へ急行する。 都倉は自室で睡眠薬を飲み、手首を切った模様で、自室は完全に内側から鍵が掛かっていたことから警察は自殺と予想。しかし、切子が現場を調べると、自殺では説明のつかない小さな謎がいくつも出てくる。そして切子は、これは自殺に見せかけようとした密室殺人事件だと言い放つ。 どよめき起きる中、そこに突然新たな人物が登場し、一同はさらに大騒ぎ。都倉の死を聞きつけ、貴族探偵が姿を現したのだ。 もともと社交界のパーティーなどで面識がある貴族探偵と切子の2人は、初めて事件現場で顔を...more
カテゴリー:

広末涼子、10年ぶりに月9出演!「何気ない仕草や笑顔も“規格外”」番組Pが魅力を語る - 05月22日(月)10:58 

広末涼子が、5月29日放送のドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系列、毎週月曜21:00~)第7話に出演することが決定。広末は「錚々たるメンバーが集結する終盤の謎解きのシーンは、役者としてあの場にいたら、きっとすごく楽しいだろうなぁ、と視聴者として拝見していました」と、2007年10月放送の『ガリレオ』第7話以来、10年ぶりとなる“月9”出演について語った。“主人公が推理をせずに謎を解く”という、推理小説の既成概念を打ち砕く前代未聞の物語が繰り広げられている本作。第7話は、新米探偵・高徳愛香(武井咲)が師匠と仰ぐ、今は亡き名探偵・喜多見切子(井川遥)と貴族探偵(相葉雅紀)の間で起こった1年前の事件を描く。異色、かつ最終章へ向けて物語の謎が解き明かされていく激動の回となる。貴族探偵と切子が現場で初めて顔を合わせたのは2016年。知る人ぞ知る名探偵・切子の元へ、大手電子部品メーカーの社長である都倉健一(小木茂光)が自宅で自殺をしたとの知らせが届く。警察は、鍵のかかった自室で睡眠薬を飲み、手首を切った様な遺体を見て自殺と予想。ところが、自殺では説明のつかない謎があり、切子は、密室殺人事件だと言い放つ。さらにそこに貴族探偵が姿を現す。2人は、社交界のパーティーなどで面識があり、お互いがどのような探偵か知る仲。とんとん拍子に推理対決へと話は進んでいく。しかし、これが切子にとって死の前の最後の事件に...more
カテゴリー:

マット・デイモン、主演交代は「正解だった」 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』インタビュー映像 - 05月22日(月)10:00 

 『第89回アカデミー賞』で、主演男優賞と脚本賞に輝いた映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(公開中)。同作のプロデューサーを務めた俳優のマット・デイモンのインタビュー映像が22日、ORICON NEWSに到着し、「主演はケイシー・アフレックにというのが条件だった。僕が主演する予定だったが、スケジュールが合わなかった」と裏側を明かしている。 【動画】マット・デイモンのインタビュー映像  同作は、ボストン郊外で便利屋をしていた男が、兄の死を機に故郷“マンチェスター・バイ・ザ・シー”に戻り、16歳の甥の面倒を見ながら、過去の悲劇と向き合う姿を描く。『ギャング・オブ・ニューヨーク』などの脚本を担当してきたケネス・ロナーガン氏がメガホンをとり、アフレックのほかミシェル・ウィリアムズらが出演している。  原案は、デイモンとジョン・クラシンスキー氏が2人で考えたものだった。『トロント国際映画祭』でインタビューを受けたデイモンは、以前舞台で仕事したことがあったロナーガン監督に脚本を依頼。「僕が監督をする予定だったが、初稿を読んで雷に打たれたような強い衝撃を受けた。これを監督できるのは君しかいない。僕は主演をやるから」と、ロナーガン監督を自ら説得したという。  その後、デイモンはスケジュールが合わず、主演はデイモンの旧友ベン・アフレックの弟であるケイシーに譲ることに。気心知れたケイシーに...more
カテゴリー:

もっと見る

「殺人事件」の画像

もっと見る

「殺人事件」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT殺人...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる