「殺人事件」とは?

関連ニュース

『デビアスなメイドたち』シーズン3、井戸端会議をする4人の映像が解禁 - 03月29日(水)20:10 

『デスパレートな妻たち』のクリエイター、マーク・チェリーが手掛け、女優のエヴァ・ロンゴリアが製作陣に名を連ねる米Lifetimeのサスペンス・コメディ『デビアスなメイドたち』。ビバリーヒルズの豪邸で働くセクシーなラテン系メイドたちを主役に、セレブな雇用主たちのスキャンダラスな日常生活を描いた今作のシーズン3が先月リリースされたが、この度、本編クリップ映像が解禁となった。多くのセレブが住むロサンゼルスの高級住宅街ビバリーヒルズ。そこで働くオシャレでセクシーなラテン系メイドたちを通して愛憎渦巻くスキャンダラスなセレブの日常を描く、ハリウッド版"家政婦覗き見ストーリー"。本作は、『デスパレートな妻たち』で大成功を収めたチェリーが、メキシコで人気のテレノベラ(ラテン系ソープドラマ)『Ellas Son La Alegría Del Hogar』をベースに製作。英語圏のテレビ局で主役が全員ラテン系の女優というのは初の試みであったことから、全米でも話題に。昨シーズンでは、ロージーと雇い主スペンスの結婚式で銃乱射事件が発生するという衝撃のクライマックスを迎えた本作。その4か月後から始まるシーズン3では、事件が登場人物たちの人生に残した深い傷跡を描きつつ、今度はビバリーヒルズのど真ん中でバラバラ死体が発見されるというショッキングな事件が勃発! 南米からの養女を迎え入れたスタッポード夫妻が何かしらの...more
in English
カテゴリー:

死刑囚が拘置所で病死、1993年の愛犬家連続殺人 埼玉 - 03月29日(水)08:30 

法務省は27日、埼玉県で1993年に起きた愛犬家ら連続殺人事件で、殺人罪などで死刑が確定した元犬猫繁殖業、関根元(げん)死刑囚(75)が同日午前、東京拘置所で死…
in English
カテゴリー:

【北原みのり】女性が遊ぶ金欲しさに売っているという男性の見方は買いたい男の安心材料でしかない 男が値段を付けて売り男が買っている - 03月29日(水)03:47 

若い女性が性産業に取り込まれやすい状況や、アダルトビデオの出演強要問題など、性を取り巻く巨大産業の背景に何があり、どこが問題なのか。 米軍基地から派生する性暴力についても関心を寄せる、作家の北原みのりさんに話を聞いた。 写真:アダルトビデオや風俗が巨大産業となっている日本について「他の国で例えようがない」と話す北原みのりさん=18日、那覇市内 ―昨年6月に那覇市で開かれた米軍属女性暴行殺人事件に抗議する県民大会に参加されたと聞いた。 「米軍関係者による性被害について、基地があるから起きてし...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

AV、風俗も「性搾取」 「性と国家」の北原みのりさん - 03月28日(火)17:00 

 若い女性が性産業に取り込まれやすい状況や、アダルトビデオの出演強要問題など、性を取り巻く巨大産業の背景に何があり、どこが問題なのか。米軍基地から派生する性暴力についても関心を寄せる、作家の北原みのりさんに話を聞いた。  ―昨年6月に那覇市で開かれた米軍属女性暴行殺人事件に抗議する県民大会に参加さ...
in English
カテゴリー:

全裸9歳女児殺人事件、両手首に縛られた痕があることが判明 - 03月28日(火)15:41 

千葉県我孫子市北新田の排水路にかかる橋の下で、ベトナム国籍の同県松戸市立六実(むつみ)第二小3年、 レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)=同市=が遺体で見つかった殺人・死体遺棄事件で、遺体の両手首に縛られたような痕があったことが、捜査関係者への取材で分かった。 県警捜査本部は、抵抗するリンさんが無理やり押さえつけられた可能性があるとみて調べている。  リンさんの遺体は26日朝、自宅から約12キロ離れた排水路脇の草むらで見つかった。 捜査関係者によると、両手首に縛られたような痕があったほか、手...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

新川優愛 自身のメーク姿などドラマ撮影のオフショット公開 - 03月29日(水)13:03 

観月ありさ主演の日9ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(4月23日夜9時スタート)に出演する女優の新川優愛が、3月28日にアメブロオフィシャルブログで放送まで1か月を切ったドラマの撮影現場の雰囲気や、メーク中のオフショットなどを公開した。 【写真を見る】レアな新川優愛のメイク中の姿も披露 今作は、何よりも"骨"が好きでドS女子な変わり者・九条櫻子(観月)が、その類まれなる知識と才能を生かし、骨格標本を組み立てる標本士を生業としながら殺人事件を解決していくミステリー。そんなドSな櫻子に振り回されるドMな就活浪人・館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)の同僚で博物館学芸員補の志倉愛理を新川優愛が演じる。愛理は明るくて元気がいい現代っ子で、スタッフルームの男性陣の尻を叩くようなムードメーカー的存在。 新川は3月10日より「ドラマブログ開始します!」と、撮影裏側の様子を随時更新しており、28日に「三月末」と題されたブログには「櫻子さんの現場は朝から遅くまでの撮影でもにぎやかに和気あいあいと楽しく撮影しています!」と順調な様子をアップ。「放送開始まで1カ月をきりましてどきどきわくわく。お楽しみにしていてくださーい!」とファンへメッセージを残した。 同日更新の「セット」と題されたブログでは、ドラマセット裏で撮った写真や、メーク中の写真を公開し「どんなセットかはまた今度のお楽し...more
in English
カテゴリー:

新・十津川シリーズ第2弾!内藤剛志インタビュー「十津川はつないでいく役」 - 03月29日(水)06:00 

4月3日(月)夜8時から、月曜名作劇場「西村京太郎サスペンス 新・十津川警部シリーズ2『伊香保温泉殺人事件』」(TBS系)が放送される。 【写真を見る】第2弾では笛木裕子がデザイナー役、紫吹淳も刑事役で出演する/(C)TBS 新シリーズ第二弾で十津川警部を演じるのは、前回に引き続き内藤剛志。また、頼れる相棒である“カメさん”こと亀井警部補を演じるのは石丸謙二郎だ。 さらに、謎多きデザイナー役に笛木優子、勝気で十津川と対立する女性刑事役を紫吹淳が演じる。第二弾は、群馬・伊香保町を舞台に物語が展開していく。 撮影の多くは、ドラマの舞台である伊香保で行われたという。本作で主演を務める内藤が、撮影の思い出や十津川警部を演じる上での心構えを語ってくれた。 ――今回の撮影を終えての手応えを教えてください。 十津川っていうのは非常にビッグネームなキャラクターなので、緊張もしましたがうれしかったです。でも、十津川はつないでいく役だと思うんですよね。僕の前にたくさんの先輩がやられているから。 僕の後にもきっとほかの俳優さんもやられるという意味で、そこのバトンをしっかり持って走ろうと思いは強いです。今回の撮影ももちろん、反省する部分もありますが、面白いものができたと思います。 ――今回の撮影は真冬に行われたそうですが、いかがでしたか? 本当に寒かった! -7℃くらいのところで撮影したんです。榛名山や榛...more
in English
カテゴリー:

作家の北原みのりさん「AVや風俗は性搾取。男たちの需要を止めよ」 - 03月28日(火)19:51 

若い女性が性産業に取り込まれやすい状況や、アダルトビデオの出演強要問題など、性を取り巻く巨大産業の背景に何があり、どこが問題なのか。 米軍基地から派生する性暴力についても関心を寄せる、作家の北原みのりさんに話を聞いた。 アダルトビデオや風俗が巨大産業となっている日本について「他の国で例えようがない」と話す北原みのりさん=18日、那覇市内  ―昨年6月に那覇市で開かれた米軍属女性暴行殺人事件に抗議する県民大会に参加されたと聞いた。 「米軍関係者による性被害について、基地があるから起きてしまう...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【書評】体毛を失ってヒトは家族を獲得した - 03月28日(火)16:00 

【書評】『毛の人類史 なぜ人には毛が必要なのか』/カート・ステン著/藤井美佐子訳/太田出版/本体2400円+税 【著者プロフィール】Kurt Stenn(カート・ステン)/米国イェール大学教授(病理学、皮膚科学専攻)を経て、アデランスがアメリカに設立した研究機関アデランス・リサーチ・インスティテュートの研究担当副所長及び最高科学責任者に就任。長年、毛髪研究の最先端に従事している。  長年、「毛」について研究してきたアメリカの科学者が、科学的、文化的視点から毛が人類に果たしてきた役割を一般の読者向けにわかりやすく解説した本である。  本書によると、進化の過程でほ乳類は全身を覆う毛を獲得し、風、水、虫、寒さなどから体を守れるようになった。ところが、ヒトの脳組織は体温の上昇の影響を敏感に受け、体温が40度で熱中症に、42度で脳死状態になる。そこで体から熱を放射しなければならないが、全身を覆う毛がその邪魔をする。だからヒトは脳を守るために体毛が薄くなった、というのだ。  また、まだ仮説だが、ヒトは体毛が薄くなることで家族を獲得したという。チンパンジーならば、子供は自力で母親の体毛を掴んで背中に乗っていられるが、「裸のサル」であるヒトではそうはいかず、母親はいつも子供を抱えている必要があり、食糧を手に入れにくい。そこで父親がその役割を担うようになり、核家族という単位が形成された、というのだ。...more
in English
カテゴリー:

【富山地裁】宮崎知子死刑囚、4回目の再審請求棄却 - 03月27日(月)22:07 

1980年に富山県と長野県で起きた連続誘拐殺人事件で、死刑が確定している宮崎知子死刑囚(71)が4回目の再審請求をしていたのに対し、富山地方裁判所は、請求を棄却しました。 身代金目的誘拐や殺人の罪で死刑が確定し、現在、名古屋拘置所に収監中の宮崎死刑囚の弁護人によりますと、27日、富山地裁から再審請求の棄却を知らせる通知が届いたということです。 決定は今月23日付けでした。 宮崎死刑囚は、共犯として逮捕され、裁判で無罪が確定した知人の男性の関与があったと主張するとともに、公判手続きに問題があったとして、 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「殺人事件」の画像

もっと見る

「殺人事件」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT殺人...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる