「殺人事件」とは?

関連ニュース

『アメリカン・クライム・ストーリー』シーズン3、アネット・ベニングが降板することに! - 08月19日(土)16:10 

ヒットメーカーのライアン・マーフィーが、米国で実際に起きた事件を取り上げる、米FXの人気アンソロジー・シリーズ『アメリカン・クライム・ストーリー』。この度、観測史上最大級の被害をもたらしたハリケーン・カトリーナに焦点を当てるシリーズ第3弾『Katrina: American Crime Story(原題)』からアネット・ベニング(『アメリカン・ビューティー』)が降板することが分かった。米Deadlineなどが報じている。このシーズン3は、ピューリッツァー賞受賞作家シェリ・フィンクによるノンフィクション「メモリアル病院の5日間」を下敷きにしたストーリー。アネットは、カトリーナがアメリカ南東部を襲った後、復興を目指して働きかけていた当時のルイジアナ州知事キャスリーン・ブランコを演じる予定だった。アネット降板の理由は明らかにされていないが、それが発表されたと同時に、マーフィー作品常連のサラ・ポールソンが現地で被害者の治療に当たったアナ・ポウ医師を演じることが決定した。ポウ医師は、停電した病院で十分な治療が行えない中、鎮静剤などの過剰投与により20人以上の患者が死亡した件をめぐり殺人罪に問われた人物だ。また、ジョージ・W・ブッシュ元米大統領役のデニス・クエイド(『アート・オブ・モア 美と欲望の果て』)と、米国連邦緊急事態管理庁のマイケル・D・ブラウン長官役を演じるはずだったマシュー・ブロデ...more
カテゴリー:

大分の強盗殺人事件 中国人元留学生2人に死刑などの判決 - 08月18日(金)19:19 

15年前、大分県で留学生の支援活動をしていた男性が殺害された事件で国際手配され、中国で身柄を拘束された中国人の元留学生2人に対して現地の裁判で死刑と懲役15年の判決が言い渡されていたことがわかりました。
カテゴリー:

小池里奈、泉ピン子との撮影中に後悔したことを明かす - 08月18日(金)15:37 

8月21日(月)20時より2時間にわたって放送される、泉ピン子主演の月曜名作劇場『オバチャン保険調査員 赤宮楓のマル秘事件簿』(TBS系列)。この度、保険調査会社の新入社員・吉森小春役を演じる小池里奈より、コメントが到着した。本作は、ピン子演じる人情味溢れる元“保険のオバチャン”赤宮楓と、段田安則演じる生真面目過ぎてオモシロい丸田誠司がタッグを組み、保険金にまつわる殺人事件を解決していくサスペンス。身近にある小さな事件の裏に潜む巨悪に、二人はビビりながらも正義を貫き通し、鋭い観察眼と持ち前の行動力で痛快に事件を解決していく。笑いあり涙ありの痛快勧善懲悪ミステリーとなっている。今回は、総額2億円の保険金殺人疑惑を巡るストーリーが展開される。小池が演じているのは、楓が代表をつとめる保険調査会社「真心・リサーチ」の新入社員・吉森小春。楓のもとで奮闘しながら成長する役どころだ。撮影を振り返り、小池は「大先輩ばかりの現場で初日から緊張でガッチガチだったのですが、撮影の合間にはピン子さん、段田さんと色々なお話をさせていただきました。たくさんの事を学ばせていただき、ちょっとだけ成長できたように思います」と手応えを感じている様子。また “保険”にまつわるハプニングもあったそうだが、「衣装のスーツ姿で写真を撮ったのですが、携帯が壊れてしまいデータが消えてしまいまして……。保険に入っておけばよかった〜...more
カテゴリー:

被告弁護側、責任能力の有無争わず 米軍属女性暴行殺人事件 - 08月18日(金)10:43 

 2016年4月に発生した米軍属女性暴行殺人事件で、殺人や強姦ごうかん致死などの罪で起訴された元海兵隊のケネス・フランクリン・シンザト(旧姓ガドソン)被告(33)の弁護側は18日までに、シンザト被告の刑事責任能力の有無について争わない方針を決めた。刑事責任能力の有無を調べる上で、犯行時に善悪の判...
カテゴリー:

『グレアナ』パトリック・デンプシー、新作スリラードラマで主演に! - 08月16日(水)21:10 

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』(以下、『グレアナ』)の脳外科医デレク役などで知られるパトリック・デンプシーが、新たなテレビシリーズに出演することが明らかになった。米Hollywood Reporterらが報じている。衝撃的な展開の後、2年前に『グレアナ』を降板したパトリック。51歳になる彼がこの度主演を務めるのは、米ケーブル局Epixの『The Truth About the Harry Quebert Affair(原題)』。スイス人作家ジョエル・ディケールのベストセラー「ハリー・クバート事件」を元にしたスリラーだ。全10話構成の同作でパトリックは、自身の敷地内で発見された少女の死体のせいで起訴される文学界での著名人、ハリー・クバートを演じる。ハリーの弟子とも言える若き新鋭小説家のマルクス・ゴールドマン役にベン・シュネッツァー(『スノーデン』)、少女殺人事件を担当するペリー・ガハロウッド捜査官にデイモン・ウェイアンズ・Jr(『New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士』)が名を連ねる。アカデミー賞外国映画賞を受賞したことでも知られるフランス人のジャン=ジャック・アノー監督(『BLACK & WHITE in Color/ブラック・アンド・ホワイト・イン・カラー』)が全エピソードのメガホンを取り、『NIP/TUCKハリウッド整形外科医』や『マスターズ・オブ・セ...more
カテゴリー:

【社会】中国人元留学生2人に死刑などの判決、大分の強盗殺人事件 - 08月18日(金)20:14  newsplus

8月18日 19時19分 15年前、大分県で留学生の支援活動をしていた男性が殺害された事件で国際手配され、中国で身柄を拘束された中国人の元留学生2人に対して現地の裁判で死刑と懲役15年の判決が言い渡されていたことがわかりました。 平成14年1月、大分県山香町、現在の杵築市で留学生の支援活動をしていた73歳の男性が殺害され妻が大けがをした事件で、事件後に出国した中国人の元留学生、張越容疑者(38)と朴哲容疑者(37)が強盗殺人などの疑いで国際手配されました。 朴容疑者はこの事件のおよそ3週間前、大阪・北...
»続きを読む
カテゴリー:

小池里奈、泉ピン子との撮影中に“後悔”したことを明かす - 08月18日(金)15:37 

8月21日(月)20時より2時間にわたって放送される、泉ピン子主演の月曜名作劇場『オバチャン保険調査員 赤宮楓のマル秘事件簿』(TBS系列)。この度、保険調査会社の新入社員・吉森小春役を演じる小池里奈より、コメントが到着した。本作は、ピン子演じる人情味溢れる元“保険のオバチャン”赤宮楓と、段田安則演じる生真面目過ぎてオモシロい丸田誠司がタッグを組み、保険金にまつわる殺人事件を解決していくサスペンス。身近にある小さな事件の裏に潜む巨悪に、二人はビビりながらも正義を貫き通し、鋭い観察眼と持ち前の行動力で痛快に事件を解決していく。笑いあり涙ありの痛快勧善懲悪ミステリーとなっている。今回は、総額2億円の保険金殺人疑惑を巡るストーリーが展開される。小池が演じているのは、楓が代表をつとめる保険調査会社「真心・リサーチ」の新入社員・吉森小春。楓のもとで奮闘しながら成長する役どころだ。撮影を振り返り、小池は「大先輩ばかりの現場で初日から緊張でガッチガチだったのですが、撮影の合間にはピン子さん、段田さんと色々なお話をさせていただきました。たくさんの事を学ばせていただき、ちょっとだけ成長できたように思います」と手応えを感じている様子。また “保険”にまつわるハプニングもあったそうだが、「衣装のスーツ姿で写真を撮ったのですが、携帯が壊れてしまいデータが消えてしまいまして……。保険に入っておけばよかった〜...more
カテゴリー:

ピン子×段田『オバチャン保険調査員』 新人・小池里奈が後悔「保険に入っておけばよかった~」 - 08月18日(金)15:08 

 女優・泉ピン子が主演するTBS系『オバチャン保険調査員 赤宮楓のマル秘事件簿』が21日の午後8時から放送される。泉が扮する人情味あふれる主人公・赤宮楓と、段田安則演じる生真面目過ぎて面白い丸田誠司が保険金にまつわる殺人事件を解決するサスペンスで、新人調査員・吉森小春役の小池里奈からコメントが到着した。 【場面カット】ピン子や段田らとの共演にドキドキ  身近にある小さな事件の裏に潜む巨悪に、ビビりながらも正義を貫き通し、鋭い観察眼と持ち前の行動力で痛快に事件を解決していく楓と丸田。そんな楓の下で奮闘する小春さながら、大先輩の泉と段田と共演した小池は「初日から緊張でガッチガチだったのですが、撮影の合間には泉ピン子さん、段田安則さんと色々なお話をさせていただき、私自身もたくさんの事を学ばせていただき、ちょっとだけ成長できたように思います」と胸を張った。  作品のみどころについて「サスペンスでありながら笑いあり涙ありで幅広い年代の方々に楽しんでいただける作品になっていると思います!」と紹介し、「衣装のスーツで写真を撮ったのですが…携帯が壊れてしまいデータが消えてしまいまして…。保険に入っておけばよかった~!!!!と後悔した小池でした!(笑)」とちょっぴり切ない思い出を明かしながらまとめていた。 【関連記事】 小池里奈、徹夜で人生初の大仕事「朝になっても終わらず…」 (13年04...more
カテゴリー:

「オタサーの姫殺人事件」などエッジ新連載3本始動、アイドルKの読み切りも - 08月17日(木)14:16 

本日8月17日に発売された少年マガジンエッジ9月号(講談社)にて、荒木宰「オタサーの姫殺人事件」、各務浩章「くにはちぶ」、我妻命「しもべ先生の尊い生活」の新連載3本がスタートした。
カテゴリー:

「打ち上げ花火―」原作・岩井俊二『なずなに対する新房監督の愛が深い!』 - 08月16日(水)19:30 

「Love Letter」(1995年)、「スワロウテイル」(1996年)、「リリイ・シュシュのすべて」(2001年)、「リップヴァンウィンクルの花嫁」(2016年)など、独自の映像美に湛えられた作品を発表し、多くの映画ファンを魅了し続けている岩井俊二氏。新房昭之監督によりアニメ映画化された「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の原作ドラマ「打ち上げ花火―」(1993年フジ系)は、彼が活動の主軸をテレビドラマから映画へと移すきっかけとなった、“映像作家・岩井俊二”のフィルモグラフィーを語る上でも重要な作品の一つだ。そこで今回は岩井氏に、原作ドラマ「打ち上げ花火―」に込めた思い、そして、アニメ作品として新たな命が吹き込まれた映画「打ち上げ花火―」の見どころを語ってもらった。 【写真を見る】「今は“やっとできあがったな”と、感慨深いものがある」と語る岩井俊二/撮影=源賀津己 ──岩井監督が24年前に手掛けたテレビドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を原作とした劇場アニメ映画がついに公開されますが、最初に今回の企画を聞かれたときは、どんなふうに思われましたか? 川村(元気)プロデューサーからお話をいただいたのが一番最初だったと思うんですけど、聞いた瞬間はやっぱり、「一体何てことを思いつくんだろう」と(笑)。びっくりはしたんですけど、でも一方で、この作品がアニメで見...more
カテゴリー:

もっと見る

「殺人事件」の画像

もっと見る

「殺人事件」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT殺人...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる