「段田安則」とは?

関連ニュース

小出恵介「クレーム処理」で成長するサラリーマン役 『神様からひと言』連ドラ化  - 04月25日(火)14:20 

 俳優の小出恵介が、NHKで6月10日スタートの土曜ドラマ『神様からひと言~なにわお客様相談室物語~』(毎週土曜 後8:15~8:43、全6回)に主演することがわかった。 【写真】原作者の荻原浩氏  食品メーカーの「お客様相談室」に望まず配属された会社員が、個性あふれる仲間たちとクレーム処理に奮闘する中で、自分の人生を見直していくストーリー。『海の見える理髪店』で第155回直木賞を受賞した荻原浩氏のサラリーマン小説を、ネット炎上対応など現代的要素を織り交ぜて、連続テレビ小説『マッサン』(2014年)の羽原大介氏が脚本化。  主人公・佐倉凉平(小出)は、曲がったことが嫌いな熱血漢だが、時々正義感があふれすぎて上司と衝突してしまうことも。それが原因で、大手広告会社から「珠山食品」に転職してきたばかりだが、着任早々の大きな会議の席、また上司とケンカをしてしまう。失敗続きの彼が新たに配属されたのは「お客様相談室」。昨今話題のモンスタークレーマーたちに対応する社内では最前線の部署だ。  始めはふてくされていた涼平だったが、「相談室」には、癖はあるけれど面白おかしい面々が。遅刻魔でだらしない先輩が、実はクレーム処理の達人だったり…。「自分は会社組織には合わないのではないか」と感じていた凉平が、「クレーム処理」のスキルや精神を身につけ、人間的にも成長していく姿を痛快に描く。  小出のほ...more
in English
カテゴリー:

東京オリンピックは朝ドラでどう描かれてきたのか「オリンピックのどこがすばらしいと思うんや?」 - 04月23日(日)10:00 

NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」(岡田惠和脚本)は、1964年の東京オリンピック開催直前の茨城の片田舎を舞台に始まった。先週放送分では、ヒロイン谷田部みね子(有村架純)が高校の同級生たちと、オリンピックの聖火が茨城県内を通るのとあわせて、自分たちの村でも独自に聖火リレーを実現させた。木俣冬さんの記事にあったように、これは実話をもとにしたエピソードだとか。それにしても、「ひよっこ」の劇中、肝心のオリンピックはテレビのモノクロの画面の向こう側で、あっけなく終わってしまった。それがかえって「田舎」と「東京」の遠さを表していたようにも思う。これまでの朝ドラでも、東京オリンピックはたびたびとりあげられてきた。戦後日本におけるビッグイベントだけに、女の一代記の多い朝ドラに登場するのは当然といえる。ただ、それは50年以上にわたる朝ドラの歴史のなかでも、じつはごく最近の傾向かもしれない。朝ドラで東京オリンピックが重要な題材に扱われ、その前後の時代が舞台となったのはおそらく、早くとも1989~90年放送の「和っこの金メダル」(重森孝子脚本)がその先駆けではないだろうか(ただし、細かく調べたわけではないので、もしそれ以前に東京オリンピックをとりあげた作品があるなら、ご存知の方にぜひご指摘いただきたい)。この記事では、「和っこの金メダル」以降、歴代の朝ドラにおいて東京オリンピックがどんなふうにとりあげ...more
in English
カテゴリー:

小出恵介主演で荻原浩の「神様からひと言」がドラマ化! - 04月25日(火)14:15 

6月10日(土)から小出恵介主演の土曜ドラマ「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」が放送されることが決定した。 直木賞作家・荻原浩の原作を元に、食品メーカーでクレーム対応に奮闘するサラリーマン・凉平(小出)の成長を描く。 主人公の凉平は、曲がったことが嫌いな熱血漢。上司との衝突が原因で、大手広告会社から「珠山食品」という食品メーカーに転職するが、着任早々、再び上司とけんかしてしまう。 そんな彼が新たに配属されたのは、モンスタークレーマーたちに対応する「お客様相談室」。始めはふてくされていた凉平だったが、個性豊かな同僚たちに囲まれて、クレーム処理のスキルや精神を身に付け、人間としても成長していく。 脚本は、連続テレビ小説「マッサン」(2014~2015年)を手掛けた羽原大介が担当し、ネット炎上対応など現代的要素を織り交ぜてクレーム処理の最前線に光を当てる。 共演は、岸井ゆきの、三宅弘城、吉沢悠、小泉孝太郎、市毛良枝、草笛光子、段田安則ほか。 【関連記事】 ・“ダメ父ちゃん”沢村一樹「もう一歩頑張ってみよう」 ・小出恵介が日テレ連ドラに出演!「ごくせん」以来11年ぶり ・多部未華子と小出恵介が“ちぐはぐ”な兄妹役で初共演 ・小出恵介、つんくがモデルのアイドルP役に挑戦!
in English
カテゴリー:

長井秀和「創価学会はね入信しないと芸能界で売れなくなると脅して洗脳してきます」 - 03月30日(木)10:25 

「S価学会芸能人の方が幸福の科学より、沢山いますからね」とSNSに書いた長井は、学会員であることを公言する数少ない芸能人の一人。彼が指摘するように、 芸能界にはS価学会をはじめ新宗教の信者がいることは事実だ。  たとえばS価学会のイベントに参加したり、インタビューに答えているのは、長井秀和、久本雅美、段田安則、岩隈久志、高橋ジョージ、雪村いづみ、山本リンダ、柴田理恵、岸本加世子、田中美奈子、ねづっち、ロベルト・バッジョら 「芸能人は、いつ売れなくなるかという不安を常に抱えています。信仰は、そうした...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「段田安則」の画像

もっと見る

「段田安則」の動画

Wikipedia

段田 安則(だんた やすのり、1957年1月24日 - )は、日本俳優京都府京都市出身。シス・カンパニー所属。

来歴・人物

京都市立花山中学校、平安高等学校卒業。

立命館大学文学部日本文学専攻を中退後、劇団青年座附属の青年座研究所に入所し、第5期生として1981年に卒業。同年、野田秀樹主宰の劇団「夢の遊眠社」へ入団し、1992年の劇団解散まで主力俳優として活躍する。その後も多くの舞台に出演し、2009年の夜の来訪者では演出にも挑戦している。

テレビドラマではスウィート・ホームや...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる