「歴史学」とは?

関連ニュース

ドライドッグの材料は? クイズで佐賀の歴史学ぶ - 08月20日(日)07:50 

佐賀の偉人や歴史について学ぶ「まほろば合宿」(認定NPO法人まほろば教育事業団など主催)に参加する子どもたちが18日、佐賀市川副町の佐野常民記念館でクイズラリーを楽しんだ。参加した約35人が館内の資料を見ながらクイズの答えを探し、佐野常民や三重津海軍所について学んだ。 「船を作るドライドッグの材料は?」など、引率する事業団の会員が考えた約10問が出題され、子どもたちは友達と協力して館内に設置...
カテゴリー:

【国際】巨大ナマケモノの化石発見、1万年前に生息か メキシコ - 08月18日(金)00:04  newsplus

【8月17日 AFP】メキシコの科学者グループは16日、およそ1万年前の更新世に生息していたとみられる新種の巨大なナマケモノの骨格化石を南東部キンタナロー(Quintana Roo)州で発見したことを明らかにした。「セノーテ」と呼ばれる地下水がたまった陥没穴の底で見つかり、慎重に採集作業を進めてきた。ほぼ全身の骨が残っていることから、セノーテに落下してそこで死んだと推定している。 メキシコ国立人類学歴史学研究所(INAH)の発表によると、化石は2010年に見つかっていた。しかし水深約50メートルのセノーテの底にあるため、少し...
»続きを読む
カテゴリー:

街角で聞きました「ご先祖さま、どこまで知っていますか?」 - 08月11日(金)11:00 

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、1つのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。テーマは「ご先祖さま、どこまで知っていますか?」でした。 「自分のルーツはどこだろう」「自分のご先祖さまはどんな人だったんだろう」……誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。民間企業が行う「遺伝子検査サービス」で、自分の体質や、先祖がどこから来た民族なのかを簡単に調べられるようにもなりました。ですが大昔のことはともかく、自分の家系に関することは調べるのがなかなか難しいのが事実。今回は東京の街の皆さんに「ご先祖さま、どこまで知っていますか?」という質問をしてきました。 「ご先祖さま、どこまで知っていますか?」 【◆永福町でキャッチした42歳の女性】 農家をずっとやってました。墓石については知ってますが、生きて会ってるのは、祖父母までですね。父方も母方も栃木の宇都宮の田園地帯で。稲作をしていて、母方は庄屋もやっていたとか。自分が歴史に興味があり、祖父に聞いたりしたんです。運よく墓地が残っていて、家の敷地内にあるので、江戸時代の先祖までは確認できたんです。思ったとおり、ずっと農家だったんだな、っていうのが確認できたくらい。 【◆銀座...more
カテゴリー:

私たちの思考や認識が寿命に与える影響とは? - 08月18日(金)10:16 

物事に対する考え方は人それぞれで異なる。例えば、コップに半分水が入っているのを見た際に「まだ半分残っている」と考える人もいれば、「もう半分しか残っていない」ととらえる人もいる。こういった感じ方や思考方法の違いは個性であり、どれが優れているかは一概に言えないだろう。ただ、いわゆるポジティブ・シンキングの方が長生きをするには有利なのかもしれない。 海外のさまざまなニュースを伝える「MailOnline」にこのほど、「精神面と健康の関係」にまつわるコラムが掲載されたのでその内容を紹介しよう。 「自分は『地球上で最も健康だ』とは言えない」と思っている人は多い。しかし、この考え方は実は危険かもしれない。人はどれほど活動的であっても、「自分は他人よりも健康ではない」という意識を持つと早世するリスクが高まることがスタンフォード大学で行われた研究で明らかになったという。自分の考えや感情、信念は健康に直接影響を与える。そのため、前向きな感情を持つことおよび運動をすることの両方が重要だと専門家は指摘している。 「私たちの心構え、今回のケースで言えば、他人と比べてどの程度の運動をしているかということに関する信念が、健康にとって重要な役割を果たしていることを今回の研究は示唆しています」と共同研究者のアリア・クラム心理学講師は語る。 クラム氏と大学院生のオクタヴィア・ザート氏は、6万人以上のアメリカ...more
カテゴリー:

【歴史】真田昌幸、九度山からの書状原本見つかる - 08月13日(日)09:13  newsplus

真田昌幸、九度山からの書状原本見つかる 真田昌幸が配流先の九度山から家臣宛てに出した書状の原本  1600(慶長5)年の関ケ原合戦後、信州上田から九度山(和歌山県)に配流された戦国武将真田信繁(幸村)の父昌幸が、嫡男信之の家老木村綱茂宛てに出した書状の原本が、約100年ぶりに見つかった。 手紙などを送ってくれた国元の家族にお礼を伝えるよう求めている。慶応大非常勤講師の丸島和洋さん(39)=日本中世史=が11日、名古屋市内で鑑定し、原本と確認した。墨の濃淡などから「昌幸自筆の書状の可能性が...
»続きを読む
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】地下に埋もれた都市空間、失われた旧文明をめぐる冒険 - 08月08日(火)13:30 

 2014年に発表された、ポストアポカリプスSFの新作。〈大惨事〉として記憶されているできごとで旧文明が瓦解してから数百年後、人類は地下に新しいインフラと社会を築いていた。地下都市はひとつひとつが国家であり、そのあいだに細々と連絡はあるようだが、基本的にあるところで生まれた人間はその都市のなかで一生を終え、外の世界にふれることはない。原題はThe Buried Life。これに「墓標都市」という邦題をあてたのはじつに巧い(書店で手に取りたくなる)。「Buried」を辞書で引くと、「bury(葬る・埋葬する・埋める)の過去・過去分詞」のほかに、「終身刑(長期刑)に服している」「独房に監禁された」という意味が載っている。この題名には、物理的に地下にあるというだけではなく、閉塞感が含意されているのだろう。 〈大惨事〉がどういうものであったかは、まったくといっていいほどふれられない。ひとびとは過去に興味を持っていない。というよりも、興味を持つきっかけを与えられずに育っている。歴史学者は存在するが、彼らの研究成果は一般に供されることなく、都市を統治している評議会にのみ奉仕する。旧文明が蓄積した技術や知識もすっかり途絶え、どういうものがあったかという記録さえ伝わっていない。その「失われた知識」が重要な役割を果たすのだが、それが明らかになるのは物語の終盤であり、途中までは復古趣味調(それこそシ...more
カテゴリー:

「歴史学」の画像

もっと見る

「歴史学」の動画

Wikipedia

歴史学(れきしがく)とは、過去史料評価検証する過程を通して歴史事実、及びそれらの関連を追究する学問である。

概要

人間にとって、何かしらの物事の成り立ちや経緯・来歴を知ろうとするのは半ば本能的な行為である。それ故に過去に関する記述を残したり、或いは過去を知るための技術古代から存在していたヘロドトストゥキディデス司馬遷など。しかしながら、学問としての方法論を確立させた近代的な歴史学が成立したのは比較的新しい時代のことである。具体的には...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる