「歴史学」とは?

関連ニュース

比内町てくてく、地域の歴史学ぶ 浅利氏ゆかりの神社巡り - 06月22日(木)21:56 

 秋田県大館市主催の「大館歴まち散歩」が22日、同市比内町独狐で行われた。市民30人が参加。市歴史文化課の加賀至さん(51)の案内で、戦国時代に一帯を収めていた浅利氏ゆかりの2カ所の神社などを巡り、地…
カテゴリー:

ジャンクフードを控えるとうつ病予防につながるかも!? - 06月21日(水)11:10 

ハンバーガーやピザ、カップラーメンにスナック菓子……。こうしたいわゆるジャンクフードが好きな人は多い。そこまで好きではない人でも、「なんか今日は無性にピザが食べたい……」といった衝動に駆られた経験が一度や二度はあるのではないだろうか。 一方で、その中毒性の高さや摂取栄養素の少なさなどが以前から問題視されていた。このほど発表された研究も、ジャンクフードとの付き合い方を考えさせられるものだった。 海外のさまざまなニュースを伝える「MailOnline」にこのほど、「ジャンクフードとうつ病」に関するコラムが掲載されたので本稿で紹介しよう。 ジャンクフードで毛細血管が傷つけられると、うつ病のリスクが最高で58%高まることがオランダの研究者グループによって明らかになった。ジャンクフードから摂取できる栄養素は少ないため、高血圧や糖尿病を招きやすく、結果として毛細血管がダメージを受ける。血管は身体中に酸素を送っているが、その機能に不具合が起きると、臓器に十分酸素が行きとどかなくなる。 脳は特に脆弱で、酸素が不足すると化学物質のレベルが狂うことがあると、マーストリヒト大学の専門家グループは語る。このような神経伝達物質のバランスの乱れがうつ病の原因になると多くの研究者が考えている。 「(毛細血管に)何か異常が起きると、組織もおかしくなるのです。毛細血管の血液循環にとって高血圧も糖尿病も弊害...more
カテゴリー:

アナール学派 「富の集中? もっと重要な問題がある!」 - 06月18日(日)11:08 

 格差解消の処方箋として「富裕層の資産や所得に対する累進課税」などを提唱し、一世を風靡した 仏パリ経済学校のトマ・ピケティ教授。1月末に来日するや連日の講演や取材に追われ、 「経済学界のロックスター」とも称される人気ぶりを見せつけた。伝統的な経済理論を身に付けた トップクラスの経済学者でありながら、20世紀フランス現代歴史学のアナール派における 巨匠リュシアン・フェーヴルやフェルナン・ブローデルらの思想を受け継ぐ、フランス流エリートだ。  アナール派は、民衆の文化生活や経済などの社会的背景を重...
»続きを読む
カテゴリー:

テキーラでダイエット? - 原材料のアガベに秘められた力に高まる期待 - 06月14日(水)11:00 

蒸留酒の一つであるテキーラは、アルコール度数の高いお酒の代表格だ。ライムや塩と一緒にショットグラスで一気に飲み干す「テキーラショット」が有名だが、さまざまなカクテルでもその味わいを楽しめる。ともすれば「お酒好きが飲むお酒」というイメージを持たれなくもないが、実はこのテキーラが健康増進に寄与する可能性があるという。 海外のさまざまなニュースを伝える「MailOnline」にこのほど、「テキーラの主要成分がダイエット・糖尿病予防に与える影響」をテーマにしたコラムが掲載されたので、その内容を紹介しよう。 テキーラの材料となるアガベが、ダイエットや糖尿病患者の血糖値を管理するのに役立つかもしれないことが最近の研究で明らかになった。アガベから生成されるアガビンの効能によるもので、もしもアガビンを用いて甘味料ができれば、肥満の人や2型糖尿病に苦しむ350万の英国人と2,800万の米国人が救われる可能性があるという。 アガビンは消化されずに食物繊維の役割を果たし、血糖値が上がらない。さらに、アガビンを食べると満腹感があるので食事の量が減るとのこと。 「アガビンはすばらしいダイエット用甘味料になる可能性があります。アガビンは糖であり、溶けやすく低GIで、穏やかな味がします。最も重要なのは、アガビンは人間によって代謝されないということです。だから、肥満の人や糖尿病患者が消費しても問題にはなり...more
カテゴリー:

【ファントム時間仮説】今年は「西暦1720年」だった! 学者「中世ヨーロッパの297年間は捏造」 - 05月28日(日)10:19 

早いもので2017年も半分近くまできてしまったが、「実は今年は西暦1720年なのだ」と言う人が現れたら、まずは正気を疑うしかないだろう。しかし驚くなかれ、ある学者によれば中世ヨーロッパ史の297年間は捏造されたものであるというのだ。 ■西暦614年から911年までの297年間は後から“水増し”された? ヨーロッパ中世史の一部で水増しと捏造が行われている……。もし本当なら文字通り歴史を覆す発見ということになるが、ドイツの歴史学者、ヘリベルト・イリグ氏はヨーロッパ中世の西暦614年から911年までの297年間は、後から“水増し”さ...
»続きを読む
カテゴリー:

自然豊かな田舎に住めば、ガン生存率が高まるとの研究が報告される - 06月22日(木)10:41 

東京への人口一極集中が叫ばれて久しいが、中には都会の喧騒を離れ、自分の生まれ育った地方やなじみのある地へと移住する人たちもいる。都会には都会の、そして田舎には田舎の魅力がそれぞれあるわけだが、「田舎パワー」には思わぬ健康面でのメリットがあるのかもしれない。 海外のさまざまなニュースを伝える「MailOnline」にこのほど、「田舎暮らしとガンの関係性」にまつわるコラムが掲載された。最近発表された研究によると、自然豊かな田舎での生活はガンとの闘病によいかもしれないという。 これまでの研究は、病院が近隣にない地方在住の人の方が死亡リスクが高いという結果を示すものが多かった。例えばシェフィールド大学の研究者グループによると、原因の如何に関わらず、病院から遠方に居住している人の方が、そうでない人と比べて死亡リスクが高かった。このグループが2007年に公表したデータでは、病院から家の距離が6マイル(約10km)離れるごとに死亡率が1%増えていた。 50万人を超える患者を評価したスウェーデンの研究者グループも2015年、同様の結論に達している。それはすなわち、心臓発作に見舞われた人の生存率は、病院から家の距離が6マイル離れるごとに3%ずつ減るというものだった。またイタリアで2015年に行われた研究によると、病院から家の距離は、ガン患者の診断、治療、結果、生活の質に影響を与える可能性がある...more
カテゴリー:

美肌から気分改善まで! 温冷浴の効果を示唆する研究を学ぶ - 06月19日(月)11:10 

これからの暑い季節は、浴槽につからずにシャワーのみでその日の汚れを落とす日も出てくるだろう。お湯をためる時間を省け、サッと体や頭を洗い流せるシャワーは便利だが、その際、温度にこだわってみると健康面でのメリットを多分に得られるかもしれない。 海外のさまざまなニュースを伝える「MailOnline」にこのほど、「シャワーと健康」に関するコラムが掲載されたのでその内容を紹介しよう。 熱いお湯を浴びた後、さっと冷水シャワーを浴びると免疫システムが高まり、気分もよくなることがこれまでの研究で明らかになっているという。お湯に漬かったり熱めの温度でシャワーを浴びたりしていると、皮膚と筋肉内の血管が拡張し、酸素をたっぷり含んだ血液の流れが多くなる。それから冷水シャワーに切り替えると、その同じ血管があっという間に収縮し流れる血液の流れが少なくなる。20分間これを繰り返すと、酸素をたっぷり含んだ血液が筋肉や皮膚近くの組織に行き届く。熱いシャワーと冷たいシャワーを交互に浴びている際、私たちの体内ではこのような動きが起きている。 専門家は、このように熱い湯と冷水を交互に浴びることのメリットをさまざまな角度から指摘。具体的には3~4分間にわたり熱い湯のシャワーを浴びた後、1分間の冷水シャワーを浴びるというローテーション(contrast water therapy)を20分ほど続けるのがよいとのこと。...more
カテゴリー:

コーヒー好きに朗報! 一日5杯飲めば肝臓ガンリスクが最大で半減するかも? - 06月16日(金)11:42 

コーヒー党は日本人にも多い。近年はコンビニエンスストアでも本格派のコーヒーが100円台で購入できるようになり、自宅でコーヒーミルを用いてこだわりの1杯を楽しむ人もでてきた。おいしいコーヒーを飲める環境は以前よりはるかに整っていると言ってよい。 コーヒー摂取による「健康効果」について一度は聞いたことがある人も少なくないだろうが、この度新たにガンリスク低減の可能性を示唆する研究が発表された。海外のさまざまなニュースを伝える「MailOnline」に掲載されたコラムにその内容がまとめられているので、本稿で紹介しよう。 サウサンプトン大学とエジンバラ大学の合同研究チームは、計225万人以上が参加した26の研究を分析した。その結果、一日1杯のコーヒーを飲むと、コーヒーを飲まない人に比べて肝細胞ガンのリスクが20%、2杯だと35%、5杯だと50%も低減することが判明した。カフェインレスのコーヒーではその効能は弱まるという。 研究グループの代表であるサウサンプトン大学のオリヴァー・ケネディ博士は「コーヒーは健康によい点が多くあると考えられており、今回の研究成果によって、肝臓ガンに対して大きな効能を持っている可能性があることがわかりました」と今回の結果に胸を張る。 ただし、必ずしも全員が一日に5杯を飲む必要はないという。というのも、コーヒーに含まれるカフェインを大量に摂取することの潜在的弊...more
カテゴリー:

メタボ体形で睡眠が6時間未満だと、心疾患や脳卒中リスクが2倍になる!? - 06月13日(火)10:46 

私たちは基本的に毎日睡眠をとる。人によっては8時間以上も寝ており、単純に人生の約3分の1を睡眠に充てている計算になる。私たちの脳を正常に働かせるために欠かせない睡眠だが、その時間が短いとさまざまな疾病のリスクを招く可能性があるようだ。 海外のさまざまなニュースを伝える「MailOnline」にこのほど、「睡眠不足と心臓疾患の関係」にまつわるコラムが掲載された。本稿ではその内容を紹介しよう。 最新の研究によると、睡眠不足は心臓疾患のリスクを高めるようだ。心臓疾患や糖尿病になるリスクファクターを持っている人の睡眠時間が6時間未満だった場合、そのようなリスクファクターを持っていない人よりも心臓疾患か脳卒中で死亡する確率が約2倍になるという。特に高血圧か糖代謝が悪い人にその傾向が強かった。これらの疾患のリスクファクターを持っていても、睡眠時間が長ければ死亡リスクは下がることも明らかになっている。 今回の研究は、心臓疾患になるリスクファクターを持っている人の死亡リスクに睡眠時間がどのような影響を与えるかを吟味した最初の研究だった。研究は睡眠ラボで睡眠時間を実際に測定。ラボで一晩眠ることに同意した無作為に選ばれた1,344人の成人が研究の対象者となった。参加者の平均年齢は49歳で、そのうち39.2%は少なくとも3つのリスクファクターを持つメタボ体形だったとのこと。平均で16.6年の追跡調...more
カテゴリー:

「歴史学」の画像

もっと見る

「歴史学」の動画

Wikipedia

歴史学(れきしがく)とは、過去史料評価検証する過程を通して歴史事実、及びそれらの関連を追究する学問である。

概要

人間にとって、何かしらの物事の成り立ちや経緯・来歴を知ろうとするのは半ば本能的な行為である。それ故に過去に関する記述を残したり、或いは過去を知るための技術古代から存在していたヘロドトストゥキディデス司馬遷など。しかしながら、学問としての方法論を確立させた近代的な歴史学が成立したのは比較的新しい時代のことである。具体的には...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる