「歴史上」とは?

関連ニュース

ロシア史上最も偉大な人物、スターリンがプーチン氏抑え1位に 調査 - 06月26日(月)22:30 

【6月26日 AFP】ロシアで行われた最も偉大な歴史上の人物を尋ねたアンケート調査で、旧ソ連の独裁者ヨシフ・スターリンがウラジーミル・プーチン大統領を抑えて1位となったことが、26日に明らかになった。≫続きを読む
カテゴリー:

【台湾】台湾フェス2017開催 マスコミの不自然なゴリ押しも無いのに今年も大盛況 - 06月23日(金)21:50 

台湾フェスティバル2017 ◆開催場所◆ 東京都・台東区上野恩賜公園噴水広場 ◆開催日時◆ 2017年6月22日(木)~25日(日) 10時~21時(最終日19時まで) http://taiwanfes.org/ 台湾フェスティバル®とは 開催主旨と目的 日本と台湾には歴史上、深い繋がりがあり、農業の分野においても台湾の教科書にも載る嘉南大圳を設計した技師・八田與一氏の時代から現代に至るまで、 お互いに学び努力を重ねてきました。 その成果として近年では、多くの農産物が日本に勝るとも劣らないレベルまで技術革新が進みました。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

琉球新報「戦前の空気漂う慰霊の日、戦争に繋がる全てを拒否する!今を新たな『戦前』にさせない」 - 06月23日(金)07:40 

糸満市摩文仁の沖縄師範健児之塔に向かう約150メートルの通路は階段が続き、お年寄りには長く険しい。 子や孫に両脇を支えられながら、つえを突きながら、慰霊祭へ一歩一歩足を運ぶ光景も、年を追うごとに少なくなってきた。 師範鉄血勤皇隊の生存者として、一昨年、昨年と出席していた大田昌秀元知事の姿も今年はもう見られない。 沖縄戦体験者は県人口の1割を切ったとされる。激烈な地上戦から生き延びた方々から証言を聞ける時間は、確実に残り少なくなっている。 沖縄戦から72年、慰霊の日が巡ってきた。体験者が年々...
»続きを読む
カテゴリー:

『ニューヨーク・タイムズ』次期社長が挑む、ビッグシフトの全貌 - 06月22日(木)17:00 

メディアビジネスが厳しくなり、ニュース企業が信頼をなくしつつあるいま、『ニューヨーク・タイムズ』は人々に健全なジャーナリズムを提供し続けようとしている。165年の歴史上最大のビッグシフトを率いるのは、副発行人のアーサー・グレッグ・サルツバーガー。ジャーナリズムの未来を託された若き後継者は、いかにしてNYTを来るべきデジタル時代に導こうとしているのか?
カテゴリー:

野際陽子さん『やすらぎの郷』最後の出演シーンに「女優魂を感じる」 - 06月22日(木)13:30 

6月21日に放送された『やすらぎの郷』(テレビ朝日系列、毎週月~金 12:30~12:50)にて、故・野際陽子さんの最後の出演シーンが流れ、ネット上で注目を集めた。この作品は、テレビ朝日と脚本家の倉本聰がタッグを組み、新しい挑戦として新設する帯ドラマ枠(ゴールデンタイムならぬシルバータイム)の第1弾。テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意)」を舞台に、石坂浩二が演じる、かつて一世を風靡したシナリオライター・菊村栄を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちがさまざまな問題に直面する姿をユーモラスに描いている。58話では、野際さん演じる井深凉子から2人っきりで話をしたいと小料理屋「山家」に誘われた菊村(石坂)がある衝撃的な事実を聞き、対策を講じるところから始まった。その事実とは、井深のもうひとつの顔である小説家“濃野佐志美”として書いた小説「散れない桜」のドラマ化が決まったということだった。「散れない桜」は、“やすらぎの郷 La Strada”の創始者である加納英吉と、九条摂子(八千草薫)の過去の話を題材に、九条に黙ってフィクション化したもの。その中には、終戦間近の男基地に九条ら有名女優が駆り出され、翌日に特攻を控える男性たちと最後の晩餐をと...more
カテゴリー:

【長崎】アニメ映画「この世界の片隅に」 映画館のない地域で上映会の動き広がる - 06月24日(土)07:14 

戦時下に暮らす主人公「すず」の日常を描き、大ヒットしたアニメ映画 「この世界の片隅に」を、映画館のない地域でも上映する動きが広がっている。 戦争が歴史上の特別な出来事ではなく、日常生活と地続きのものだったと感じて欲しい――。 そんな共感の輪が広がり、各地での手作りの上映会につながっている。 「この世界の片隅に」は、こうの史代さんの原作を片渕須直監督が映画化。 主人公の声は女優のんさんが演じる。 戦時下の日常の細やかな描写が観客の心を捉え、口コミやSNSを通じて人気が広がった。 観客動員200万人...
»続きを読む
カテゴリー:

東京コピーライターズクラブによる広告コピー賞の受賞作を集めた「TCC広告賞展2017」 - 06月23日(金)09:45 

「TCC広告賞展2017」 東京コピーライターズクラブ(TCC)は、2017年6月23日(金)から7月2日(日)まで、アーツ千代田3331にて「TCC広告賞展2017」を開催する。会場がアーツ千代田3331となるのは、「TCC広告賞展」の長い歴史上で初めてのこと。中学校を改装したギャラリーに、優れた広告コピーの作品が集まる。入場無料で、会期中は無休。時間は12:00〜19:00で、6月23日(金)〜6月24日(土)と6月29日(木)は18:00閉館、7月2日(日)は16:00閉館となる。 1962年にスタートした「TCC賞」は、現役の最前線にいるコピーライターやCMプランナーが広告コピーに着目して選ぶ広告賞だ。本年度は一般部門に5662点の応募があり、グランプリ1作品、TCC賞14作品、審査委員長賞31作品を選出。新人部門には409名の応募があり、最高新人賞1名と新人賞21名が選出された。グランプリには古川雅之氏(電通関西支社・電通)が手掛けた赤城乳業株式会社のガリガリ君「値上げ」篇、最高新人賞は有楽製菓株式会社のブラックサンダー「黒いイナズマ登場」篇を手掛けた神林一馬氏(博報堂)が受賞している。 本展の会場には、グランプリや最高新人賞の作品はもちろん、TCC賞14作品や新人賞21作品を展示。100本を超えるファイナリスト以上の作品をスクリーンで鑑賞できるコーナーも設置される。また...more
カテゴリー:

「歴史×漫才」人気の舞台が待望のTV化! - 06月22日(木)18:00 

満員御礼が出るほど人気を博した舞台「歴史漫才ヒストリーズ・ジャパン」が、7月からTV番組としてスタートすることが決まった。 「歴史漫才ヒストリーズ・ジャパン」は、歴史上の人物たちが漫才形式で逸話や諸説を暴露し、知的好奇心を刺激する歴史漫才。2015年からスタートした舞台では、満員御礼が出るほど、多くの人気を集めた。今回のTV化で、総合演出・脚本は、舞台「ギャグマンガ日和」や舞台「弱虫ペダル」など数多くの人気作を手掛けた、なるせゆうせい氏が引き続き担当。歴史上の人物にふんするのは、染谷俊之や中村優一、赤澤燈、鳥越裕貴といった実力派若手俳優やムーディー勝山など、バラエティーに富んだ顔ぶれとなっている。また、番組の案内人役“釈迦林素子”として大林素子も出演する。 今回、案内人役のみならず、山本八重役(第9回放送予定)としても出演する大林は、「歴史好きな私が、山本八重を演じながら、ナビゲーターを任せて頂ける事に、これ以上幸せな事はありません」と喜びのコメント。総合演出・脚本を手掛ける、なるせ氏は「ヒストリーズ・ジャパンがテレビ番組になるなんて夢のよう。歴史と漫才を組み合わせた前代未聞のチャレンジ番組ですから、受験生にも観て頂きたい。テレビ観ないで勉強しなさいと叱る親もこの番組だけは歴史の勉強になりますから許してあげてほしい」と呼び掛けた。 番組は、7月からtvk(テレビ神奈川)ほかにて、順...more
カテゴリー:

水曜日のカンパネラ、リアル脱出ゲームを題材にした新曲「嬴政」の配信が決定 - 06月22日(木)15:00 

水曜日のカンパネラが新曲「嬴政」(読み:えいせい)をデジタルシングルとして6月30日(金)にリリースすることが決定した。 「嬴政」は原泰久原作の「キングダム」を題材にしたリアル脱出ゲーム「ある大戦場からの脱出」の主題歌として書き下ろされたもので、3月〜5月に行われた同イベントで主題歌として使用されていた。タイトルの「嬴政」は、「キングダム」に登場するキャラクターで、実際の歴史上にも登場する中国戦国時代の秦王で、秦の始皇帝の本名である。先月末に配信され、壮大な楽曲と大規模なMVが好評な『メロス』に続き、2ヶ月連続での配信リリースとなる。現在開催中の全国ツアー「水曜日のカンパネラ・ワンマンライブツアー 2017 〜IN THE BOX〜」ではいち早く披露されており、リリースを心待ちにしていたファン達にとっては待望のリリースとなる。■シングル「嬴政」2017年6月30日(金)配信開始【関連リンク】元記事水曜日のカンパネラまとめばってん少女隊、1stアルバム『ますとばい』発売&結成2周年記念地元イベント大成功!OKMusic
カテゴリー:

野際陽子さん『やすらぎの郷』最後の出演シーンに「女優魂を感じる」 - 06月22日(木)13:29 

6月21日に放送された『やすらぎの郷』(テレビ朝日系列、毎週月~金 12:30~12:50)にて、故・野際陽子さんの最後の出演シーンが流れ、ネット上で注目を集めた。この作品は、テレビ朝日と脚本家の倉本聰がタッグを組み、新しい挑戦として新設する帯ドラマ枠(ゴールデンタイムならぬシルバータイム)の第1弾。テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意)」を舞台に、石坂浩二が演じる、かつて一世を風靡したシナリオライター・菊村栄を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちがさまざまな問題に直面する姿をユーモラスに描いている。58話では、野際さん演じる井深凉子から2人っきりで話をしたいと小料理屋「山家」に誘われた菊村(石坂)がある衝撃的な事実を聞き、対策を講じるところから始まった。その事実とは、井深のもうひとつの顔である小説家“濃野佐志美”として書いた小説「散れない桜」のドラマ化が決まったということだった。「散れない桜」は、“やすらぎの郷 La Strada”の創始者である加納英吉と、九条摂子(八千草薫)の過去の話を題材に、九条に黙ってフィクション化したもの。その中には、終戦間近の男基地に九条ら有名女優が駆り出され、翌日に特攻を控える男性たちと最後の晩餐をと...more
カテゴリー:

もっと見る

「歴史上」の画像

もっと見る

「歴史上」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる