「武雄市」とは?

関連ニュース

GWの予定はコレで決まり!佐賀の注目イベント5選[2018年4月27日(金)~5月6日(日)] - 04月19日(木)09:00 

■ 肥前さが幕末維新博覧会 / 開催中~2019年1月14日(祝) 【写真を見る】毎年ゴールデンウィークに催される人気のそうめん流し 第37回神埼そうめんまつり / 5月3日(木)~5日(土) 「薩長土肥」の“肥前”として明治維新で大きな役割を果たした佐賀。明治維新から150年となる節目に、幕末維新期の佐賀を体感できる「肥前さが幕末維新博覧会」が開催される。幕末維新記念館(市村記念体育館)をメインパビリオンとし、幕末維新期の佐賀の偉業や偉人を「“幕末維新”体感シアター」「“技”からくり劇場」といった迫力ある映像や演出で紹介する。また、大隈重信や江藤新平を輩出した藩校をテーマにした「リアル弘道館」では、グラフィックパネルや音声ガイドでその学びを体感できる。 [肥前さが幕末維新博覧会]佐賀県佐賀市城内2-1-35 幕末維新記念館(市村記念体育館)ほか / 開催中~2019年1月14日(祝) / 開催時間は場所により異なる / 0952-25-7504(肥前さが幕末維新博推進協議会) ■ 第115回有田陶器市 / 4月29日(祝)~5月5日(祝) 町内約4kmに渡り約500の店が立ち並び、 毎年100万人以上の来場者で賑わう「有田陶器市」。陶磁器をお値打ち価格で購入できるのはもちろん、 佐賀県内を中心に各地のおいしいグルメが集結する「ご当地グルメフェア」や 各店を彩る「テーブルコーディネ...more
カテゴリー:

【佐賀】新幹線長崎ルートの費用対効果試算 県はフル規格負担(1100億円)に難色 嬉野市長は歓迎「導入は自然の流れ」 - 03月31日(土)16:12  newsplus

 30日に開かれた九州新幹線西九州(長崎)ルートに関する与党検討委員会で、全線をフル規格で整備した場合の費用対効果が最も高いとする国土交通省の試算が明らかになった。経済波及効果を期待する県内の首長は試算を評価したが、フル規格の追加負担が1100億円に上る県は難色を示し、賛否が分かれた。  国交省の試算によると、フル規格の場合、県の追加負担は独自に試算した800億円を上回る約1100億円。県の担当者は「フル規格による時短効果は少なく、1100億円の負担は見合わない。県民も納得しないだろう」と話し...
»続きを読む
カテゴリー:

「武雄市」の画像

もっと見る

「武雄市」の動画

Wikipedia

武雄市(たけおし)は、佐賀県の西部に位置する佐賀市長崎県佐世保市の中間に位置する町で、町の中心には開湯以来1300年経つ武雄温泉があり、この温泉には日本銀行東京駅の設計を行った辰野金吾設計の楼門があり、国の重要文化財に指定されている。

地理

佐賀県の西部、佐賀市の西約28km、佐世保市の東約30kmの場所に位置する。地形は低山と盆地と川沿いの平地が入り組む地勢である。市域南東部の武雄盆地の西の端と、市域西側の盆地に人口が集中している。他の地域は山地である。

  • 盆地
    • 松浦川流域
      • 真手野盆地(武内町)
      • 川古盆地(若木町)
      • 宮野盆地(山内町)
      • 三間坂盆地(山内町)
      • 鳥海盆地(山内町)
    • 六角川流域
      • 武雄盆地(武雄町、朝日町、橘町)
      • 川登盆地(東川登町...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる