「武田邦彦」とは?

関連ニュース

その病気「自作自演」かも。武田教授が原始時代の生活を勧める訳 - 10月09日(月)13:51 

医療技術が発達する現代ですが、まだまだ完治しない病気は多くあると言われています。生活習慣病、がんはもちろん、偏頭痛や便秘も一種の身体の異変と捉えてもいいでしょう。今回のメルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の著者で中部大学教授の武田邦彦先生は、健康を保つために「まずは動物や原始時代と似た生活をすること」と提言。その理由とは? 私たちの求める健康は「動物や原始時代と似た生活をする」ことが大前提 果物が嫌いというわけでもないのですが、皮を剥いたり種を出したりするのが面倒で、つい手が出ずにいつも家内に怒られています。でも、果物がなんとなくイヤなのはそれだけでは無いのです。 生物というのはもともと「自分で必要なものは自分の体で作る」のが原則で、ベジタリアンが野菜だけを食べていても自分の体の肉を作ることができるように、体内で必要なものは合成します。でも、同時に生物は自分の祖先の生活に影響を受けています。「人間と果物」では、人間の祖先がサルだったので木の上で果物を食べていました。その結果、もともとは自分の体の中で合成していたビタミンCを合成できなくなったのです。 サルから進化した人間では体内のビタミンC合成工場が止まっていて、仕方なく果物を食べなければならないのです。私はそれに腹が立って、果物嫌いというわけです。 もちろん、人間は生物であり、動物であり、サルの子孫でもありま...more
カテゴリー:

「武田邦彦」の画像

もっと見る

「武田邦彦」の動画

Wikipedia

武田 邦彦 (たけだ くにひこ、1943年6月3日 - ) は、日本工学者中部大学総合工学研究所特任教授

来歴

東京都出身。1962年、都立西高校、1966年3月、東京大学教養学部基礎科学科を卒業後、4月旭化成工業に入社。ウラン濃縮等の研究開発に携わり、1986年、論文「複合イオン交換反応系の理論と分離技術への応用」により東京大学から工学博士の学位を取得研究所紹介 旭化成工業(株) ウラン濃縮研究所。自己代謝材料の開発に取り組み、所長職を1991年まで勤める。1993年、芝浦工業大学工学部教授となる。評議員、学長事務代理、大学改革本部長代理、教務委員長を歴任。江崎玲於奈が学長時に学長補佐となるドリコムアイ 2001年11月、12月号。2002年 名古屋大学大学院教授(工学研究科マテリアル理工学専攻)。2007年、中部大学へ移籍。大学院工学研究科総合...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる