「武田邦彦」とは?

関連ニュース

もう「お金のために働く」のはやめよう。武田教授が大胆提言 - 08月13日(日)12:15 

あなたは何のために働いていますか? 「お金のために働く」という方は結構多いのではないでしょうか。メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の著者で中部大学教授・武田邦彦先生は「お金のために仕事をする」という考えに真っ向から反対。日本人は古来より「お金のために働くのは汚いこと」と考えていたと主張し、企業が人のためではなく金のために活動する「アメリカ式」を取り入れたことが、日本経済没落の理由であると持論を展開しています。 日本はいつの時代から「お金のために仕事をする」ようになったのか 日本社会というのは、かつて「人を中心とした社会」でした。すでに現在では「なんでもお金の時代」になっているので、なかなか昔の日本を思い出すのは大変ですが、少しずつ振り返ってみて「かつての日本の生活」を描写してみたいと思います。 今から約50年前、南海ホークスの鶴岡監督が選手に「グラウンドにはゼニが転がっている」と言った言葉が伝えられると、「野球が好きだから野球をやっている」と思っていた私などはその意味が理解できませんでした。 まだプロの世界でも「トレード」という行為はもちろん「契約金」を話すことすらはばかられた時代で、「お金のために野球をやるなんて!」と軽蔑されたものです。 どの仕事でも、報酬やお礼(今で言えば契約金)の額を聞いて仕事をするのは汚いことで、仕事をやった後、お布施のように「お礼...more
カテゴリー:

「武田邦彦」の画像

もっと見る

「武田邦彦」の動画

Wikipedia

武田 邦彦 (たけだ くにひこ、1943年6月3日 - ) は、日本工学者中部大学総合工学研究所特任教授

来歴

東京都出身。1962年、都立西高校、1966年3月、東京大学教養学部基礎科学科を卒業後、4月旭化成工業に入社。ウラン濃縮等の研究開発に携わり、1986年、論文「複合イオン交換反応系の理論と分離技術への応用」により東京大学から工学博士の学位を取得研究所紹介 旭化成工業(株) ウラン濃縮研究所。自己代謝材料の開発に取り組み、所長職を1991年まで勤める。1993年、芝浦工業大学工学部教授となる。評議員、学長事務代理、大学改革本部長代理、教務委員長を歴任。江崎玲於奈が学長時に学長補佐となるドリコムアイ 2001年11月、12月号。2002年 名古屋大学大学院教授(工学研究科マテリアル理工学専攻)。2007年、中部大学へ移籍。大学院工学研究科総合...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる