「武田真一」とは?

関連ニュース

48歳・石田ゆり子&有働アナ「結婚しない理由」 - 01月16日(月)15:30 

 今年、48歳を迎えるテレビ美女2人に、人生の転機が訪れている。一人は、NHKの有働由美子アナ、もう一人は、女優・石田ゆり子だ。 「有働アナは、2015年まで4年連続で務めてきた紅白歌合戦の総合司会の座から“落選”しました。その背景に何があったのか、さまざまな憶測を呼んでいます」(放送担当記者) 総合司会に抜擢されたのは、報道のエースといわれる『ニュース7』の武田真一アナ(49)だったが、「地震の被災地である熊本出身であることも、武田アナに白羽の矢が立った一因でしょう。一方の有働アナは、すでに衣装を発注していたという話もあり、一時は落ち込んだとか。NHKは、将来の理事のポストを約束して納得させたという説もありますね」(前同)  では、プライベートは? 「14年に、5歳年下の会社役員との熱愛が明らかになり、現在も“週末婚”状態が続いているといわれています。しかし、バツイチの彼には、妻方にまだ幼い3人の子どもがいて、再婚の理解を得るのは困難。結婚話が進まないようです」(夕刊紙デスク)と、前途多難なようだ。  一方、石田は、とてもアラフィフには見えない美しさへの評価が、ここにきてさらに高まっている。「きっかけは、10月に始めた写真投稿SNS『インスタグラム』。アップされた愛犬や愛猫と写っている石田の、ほぼスッピンのオフショットが、とてもナチュラルで美しく、見るだけで、ほっこりさせられると...more
in English
カテゴリー:

ガッキー踊らないの? 第67回紅白歌合戦でガッカリしたことランキング - 01月09日(月)17:00 

2016年の大晦日に放送された第67回紅白歌合戦は最高視聴率が40.2%を記録して話題となりましたが、皆さんは見ていましたか? SMAPの出場が期待されたり、ハーフタイムショーが新しく導入されたりと、放送前から何かと話題になりましたが、それが功を奏したのか、2016年に放送された番組で一番視聴率が高かったようです。 しかし、そんな好調なデータの裏では、「歴代で一番つまらなかった」という声もチラホラ……。 楽しみにしてたのに実際に紅白が始まってみると正直ガッカリしたという人は少なくないようです。 そこで今回は、パピマミ読者の皆さんに「第67回紅白歌合戦で一番ガッカリしたこと」について聞いてみました! ●第67回紅白歌合戦で一番ガッカリしたことは? ・1位:採点方法がおかしかった……22%(50人) ・2位:ゴジラネタがつまらなかった……19%(44人) ・3位:星野源と新垣結衣の「恋ダンス」がステージ共演ナシだった……13%(30人) ・4位:司会がグダグダだった……13%(29人) ・5位:SMAPが出場しなかった……11%(26人) ・6位:大御所であるタモリをうまく使えてなかった……7%(17人) ・7位:嵐が大トリだった……4%(10人) ・8位:ガッカリしたことはない……3%(8人) ・9位:ピコ太郎が出過ぎだった……3%(7人) ・10位:宇多田ヒカルが中継だ...more
in English
カテゴリー:

【視聴率】「紅白」後半視聴率40・2% 2年ぶり大台回復 歴代最低の前年上回る★5 - 01月02日(月)20:46 

 昨年大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)の 平均視聴率(関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、後半(第2部)は40・2%だった。  15年の後半は2部制になった1989年以降、歴代最低の39・2%。そこから 1・0ポイント上昇。2014年の42・2%以来2年ぶりに40%台の“大台”に 回復した。  前半も、15年=34・8%→16年=35・1%と0・3ポイント上回った。  今回の紅白歌合戦後半は、メガヒットアニメ映画「君の名は。」の主題歌「前前前...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【視聴率】「紅白」後半視聴率40・2% 2年ぶり大台回復 歴代最低の前年上回る★3 - 01月02日(月)13:45 

 昨年大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)の 平均視聴率(関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、後半(第2部)は40・2%だった。  15年の後半は2部制になった1989年以降、歴代最低の39・2%。そこから 1・0ポイント上昇。2014年の42・2%以来2年ぶりに40%台の“大台”に 回復した。  前半も、15年=34・8%→16年=35・1%と0・3ポイント上回った。  今回の紅白歌合戦後半は、メガヒットアニメ映画「君の名は。」の主題歌「前前前...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】<第67回NHK紅白歌合戦>平均視聴率(関東地区)、後半(第2部)は40・2%! - 01月02日(月)11:00 

昨年大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)の平均視聴率(関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、後半(第2部)は40・2%だった。  今回の紅白歌合戦後半は、メガヒットアニメ映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」を担当したロックバンド「RADWIMPS」からスタート。星野源(35)が恋ダンスを披露し、初出場の宇多田ヒカル(33)はロンドンから生中継を結んだ。  紅組のトリは石川さゆり(58)、大トリは嵐が初の大役を務めた。  テーマは「夢を歌おう」。...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】<NHK武田アナの知られざるラテン系素顔>「有働アナ以上のバラエティースキルとポテンシャルの持ち主...」 - 01月11日(水)10:26 

 演歌歌手にとって紅白の晴れ舞台は翌年の営業に直結するといわれるが、このアナウンサーもご多分に漏れず。昨年末の紅白歌合戦で総合司会を務めたNHKの武田真一アナ(49)のことである。  有村架純(23)と嵐・相葉雅紀(34)の若人コンビを見守る姿勢に徹し過ぎたせいか、存在感が薄い、地味過ぎるという声もあがったが、映画「シン・ゴジラ」絡みの寸劇はなかなかのもの。 まるで石畳を闊歩するミラノ男のスナップのように、マフラーの端っこをコートの襟の中にきちんとしまい込む正統派の装いながら、大きく口を開け...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】<原点返れ> 視聴率40%でも最低だったNHK紅白歌合戦の惨状!数字が良かったのは、裏番組に見たい番組がなかったから - 01月08日(日)09:46 

はり、この人の目は節穴なのだろう。NHKの籾井勝人会長が4日、年頭あいさつで、平均視聴率が40%台に回復した昨年の紅白歌合戦について「『今年の紅白は面白いぞ』ということが伝わった結果」と分析してみせたのだ。冗談も休み休み言ってほしい。今回の紅白はトンデモない内容だったと各方面で酷評されている。  目玉だったSMAPも引っ張るだけ引っ張ったが、結局は出場せず。和田アキ子ら大物が相次いで落選したことで“重厚感”がなくなった上、出場46組以外のサプライズ出演もなかった。目立ったのは、冒頭から最後まで出...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【視聴率】「紅白」後半視聴率40・2% 2年ぶり大台回復 歴代最低の前年上回る★4 - 01月02日(月)15:35 

 昨年大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)の 平均視聴率(関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、後半(第2部)は40・2%だった。  15年の後半は2部制になった1989年以降、歴代最低の39・2%。そこから 1・0ポイント上昇。2014年の42・2%以来2年ぶりに40%台の“大台”に 回復した。  前半も、15年=34・8%→16年=35・1%と0・3ポイント上回った。  今回の紅白歌合戦後半は、メガヒットアニメ映画「君の名は。」の主題歌「前前前...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【視聴率】「紅白」後半視聴率40・2% 2年ぶり大台回復 歴代最低の前年上回る★2 - 01月02日(月)12:23 

 昨年大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)の 平均視聴率(関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、後半(第2部)は40・2%だった。  15年の後半は2部制になった1989年以降、歴代最低の39・2%。そこから 1・0ポイント上昇。2014年の42・2%以来2年ぶりに40%台の“大台”に 回復した。  前半も、15年=34・8%→16年=35・1%と0・3ポイント上回った。  今回の紅白歌合戦後半は、メガヒットアニメ映画「君の名は。」の主題歌「前前前...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【視聴率】「紅白」視聴率 後半40・2% - 01月02日(月)10:59 

 昨年大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)の 平均視聴率(関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、後半(第2部)は40・2%だった。  今回の紅白歌合戦後半は、メガヒットアニメ映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」を 担当したロックバンド「RADWIMPS」からスタート。星野源(35)が恋ダンスを披露し、 初出場の宇多田ヒカル(33)はロンドンから生中継を結んだ。  紅組のトリは石川さゆり(58)、大トリは嵐が初の大役を務めた。  テーマは「夢を歌...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「武田真一」の画像

もっと見る

「武田真一」の動画

Wikipedia

武田 真一(たけた しんいち、1967年(昭和42年)9月15日 - )は、NHKのシニアアナウンサー NHK視聴者ふれあい報告書(PDF。当時はチーフアナウンサーと表記)。苗字の読み方は「たけだ」ではなく「たけた」と濁らない。

人物

熊本県立熊本高等学校を経て、筑波大学第一学群社会学類卒業後、1990年(平成2年)入局。1999年(平成11年)4月に、31歳での土日正午のNHKニュースに抜擢、その後2000年4月からの6年間は平日正午のNHKニュースを担当し、大きな事件・事故、大規模災害の際の臨時・特設ニュースを数多く担当した。

2006年(平成18年)6月、自ら志願し沖縄で勤務。沖縄異動後も全国放送の番組には度々出演していた。2008年(平成20年)3月31日より、東京アナウンス室に復帰し、NHKニュース7(平日)のメインキャスターとなる。

私生活
  • 1990年代に高校時代の同級生と結婚し、2男の父親でもあるニュース7ブログ - ひそかな楽しみ - 武田真一。
  • 2007年、2008年、2009年とNAHAマラソンに出場。いずれも完走(2007年は5時間36分、8279位。2008年は5時間39分58秒、10754位。2009年は5時間8分13秒、7823位)。
  • 200...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる