「武田真一」とは?

関連ニュース

【テレビ】日テレ対NHK対決 日テレは最終兵器「アイドルアナ」投入 - 02月21日(火)18:18 

 3年連続視聴率三冠王の日本テレビの牙城にNHKが迫っている。2016年の全日(※朝6時から深夜24時までの間の平均視聴率)平均では0.9ポイント差と肉薄。視聴率競争とは無縁かと思われていたNHKだが、その差はわずかだ。NHKと日テレの“テレビ界最強”を懸けた戦い。現在攻勢を仕掛けているのはNHKだ。 ●「日曜」対決 『笑点』から『世界の果てまでイッテQ!』、『行列のできる法律相談所』まで続く、日曜日の日テレの5番組は“最強の視聴習慣”と呼ばれ、他局の追随を許さない視聴率を誇る。 「NHKは『真田丸』で視聴率が上向いた勢いの...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【輪島住民投票】不成立に 産廃処分場建設是非50%下回る - 02月20日(月)11:20 

<輪島住民投票>不成立に 産廃処分場建設是非50%下回る 毎日新聞?2/19(日) 21:23配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000070-mai-pol  石川県輪島市門前町大釜地区に計画されている産業廃棄物処分場建設の是非を巡り、同市で住民投票が19日、行われた。投票率は42・02%で、規定の50%を下回り、投票は不成立となった。投票日を前に、建設を推進する市議会最大の自民系会派は「棄権」を呼びかけて投票不成立に向けた運動を展開し、専門家からは「住民投票の趣旨に反する」と問題視する声も出ている。梶...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【NHK】「多様な見方を提示することで民主主義を機能させることが大事」 NHKの武田真一アナ「クローズアップ現代+」で抱負 - 02月17日(金)03:53 

 NHKの報道番組「クローズアップ現代+」を4月から担当する武田真一アナウンサーが16日、平成29年度のキャスター発表会見で、政治に対する報道姿勢について「多様な見方を提示することで民主主義を機能させることが大事。冷静にじっくり考え、バランスを取りながらやっていきたい」と述べた。  その上で「私たちが届ける情報が世の中を良くするために資するかどうかに尽きる。取材したファクトを基に、国民の考え方を(政治家に)ぶつけていきたい」と抱負を語った。  武田アナの後任となる「ニュース7」の新キャスター...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「クロ現+」新キャスターの武田真一アナ、「ニュース7」離れ「寂しいな」 - 02月16日(木)17:03 

NHKが16日、東京・渋谷の同局で「平成29年度NHK新キャスター」発表会見を行い、「ニュース7」を長年担当した 武田真一アナウンサー(49)が「クローズアップ現代+」(月~木後10・00)に“異動”となることを発表した。 武田アナは08年から「ニュース7」を担当。同局のニュースの顔を務めてきた。4月から武田アナに代わって「ニュース7」の担当となる 鈴木奈穂子アナウンサー(35)、高井正智アナウンサー(37)、井上あさひアナウンサー(35)、井上裕貴アナウンサー(32)の あいさつを聞いていた...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

NHK武田真一アナ、9年務めた『ニュース7』卒業 『クロ現+』へ志し高く - 02月16日(木)16:28 

 NHKは16日、新年度の番組担当キャスターを発表し、2008年3月31日より『NHKニュース7』を担当してきた武田(たけた)真一アナウンサーの同番組からの卒業と、4月から『クローズアップ現代+』(月~金 後10:00~10:25)を担当することが明らかになった。この日、記者会見に臨んだ武田アナは、「自分にできるか不安もありますが、ここは本当に正念場だと思って勉強していきたい」と意気込みなどを語った。  武田アナは、昨年大みそかの『第67回NHK紅白歌合戦』の総合司会を務めたことでも話題になった、同局のエースアナウンサーの一人。各時間帯でニュース番組を放送している同局の中でも『ニュース7』はトップランナー、そこで9年もメインキャスターを務めていた武田アナの認知度は抜群であり、信頼も厚い。一方、新たに担当する『クローズアップ現代+』も、前身の『クローズアップ現代』から数えて今年で25年目に突入する「日本のテレビジャーナリズムの最先端を走ってきた番組」と武田アナ。 「紅白司会の経験は、なるべく何らかの形で生かしたいと思ってはいますが、(具体的な)イメージは今はないです(笑)。いままでのニュースが毎日発行される新聞なら、『クロ現+』は、ハードカバーの本ほどではないけれど、さまざまな話題について、スピード感を持ってビビッドに出していく新書のイメージ」と、自身の中でも切り替えを図っていく...more
in English
カテゴリー:

日テレ対NHK対決 日テレは最終兵器「アイドルアナ」投入 - 02月21日(火)16:00 

 3年連続視聴率三冠王の日本テレビの牙城にNHKが迫っている。2016年の全日(※朝6時から深夜24時までの間の平均視聴率)平均では0.9ポイント差と肉薄。視聴率競争とは無縁かと思われていたNHKだが、その差はわずかだ。NHKと日テレの“テレビ界最強”を懸けた戦い。現在攻勢を仕掛けているのはNHKだ。 ●「日曜」対決 『笑点』から『世界の果てまでイッテQ!』、『行列のできる法律相談所』まで続く、日曜日の日テレの5番組は“最強の視聴習慣”と呼ばれ、他局の追随を許さない視聴率を誇る。 「NHKは『真田丸』で視聴率が上向いた勢いのまま『おんな城主 直虎』をスタートさせました。『直虎』は主演の柴咲コウを1か月も出演させず、子役で引っ張るという“奇策”を披露。  焦らしに焦らして柴咲を登場させた2月5日放送に、日テレは高視聴率が期待できる『イッテQ!』の“イモト99か国の軌跡2時間スペシャル”をぶつけた。結果は『直虎』は16.0%、『イッテQ!』は22.5%。翌週の“100か国制覇スペシャル”でも20%超えを記録し、日テレの日曜日の牙城がいかに固いかを見せつけました」(テレビ誌記者) ●美女子アナ攻め “おんな”城主では苦戦続きのNHKだが、“女子アナ”では負けられない。 「4月からは、男性視聴者のハートを掴み、時代を築いた井上あさひアナ(35)を京都から呼び戻して土日の『ニュース7』のメイ...more
in English
カテゴリー:

【芸能】貞淑美女タレントの性白書 鈴木奈穂子vs杉浦友紀 NHK人妻女子アナ秘密のエロ下半身 - 02月19日(日)03:13 

 「これでまた、“妊活”はできなくなりました」(女子アナライター)  NHKを代表する“美人女子アナ”で『ニュースウオッチ9』(月~金曜午後9時)の鈴木奈穂子アナ(35)が、 この4月から『ニュース7』(同午後7時)のキャスターを務めることが明らかになった。  「現在、『ニュース7』に出演する武田真一アナが4月から『クローズアップ現在+』のキャスターになることを受け、 後任として豊富な報道番組の経験と実力を評価されたようです」(NHK関係者)  それにしても、このところの鈴木アナは季節が冬ということもあってか、シックな装...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

渡部豪太が「古民家カフェ」を訪ね歩く Eテレ『ハルさんの休日』4月から再開 - 02月16日(木)22:36 

 昨年4月から7月に放送され、今年の正月にスペシャルも放送されたNHK・Eテレの『ふるカフェ系 ハルさんの休日』が、4月から再びレギュラー放送される。同番組は、俳優の渡部豪太扮する主人公「ハル」が、全国の古民家を再生したカフェを訪ね歩き、建物の魅力や街の歴史をひもといていくドラマ形式の紀行番組。 【写真】例えばこんな古民家カフェへ  過疎化が進む地方では、何代も受け継がれてきた古民家が廃屋として次々と取り壊されつつある。一方で、地域を長年支えてきた家屋を惜しみ、次世代に残そうとする試みとして、古民家をおしゃれなカフェにリフォームした「古民家カフェ」が広がりはじめている。京都、奈良の町屋カフェや下北沢の古民家喫茶など、女性や若者たちに新鮮なおしゃれスポットとして人気だ。  そんな古民家カフェこと「ふるカフェ」を訪れ、その模様をブログに書いているブロガー・真田ハル(渡部)。毎回、実在するカフェが登場し、リフォームに取り組んだ店主や常連客たちなど、地元の人々も演技に挑戦するのも、この番組の特徴だ。今年度は実際に「ハルさんブログ」も開設される。  渡部は「ハルが帰って来ます! 先人の思いのたくさんつまった古民家を通じて、日本の美しい風景を皆さまと再発見できたらうれしいです。よろしくお願いいたします」と、メッセージを寄せている。 ■放送情報 Eテレ 4月5日スタート、毎週水曜 後1...more
in English
カテゴリー:

「クロ現」武田真一アナ「正念場と思い勉強する」 - 02月16日(木)16:49 

 NHK新年度キャスター会見が16日、都内の同局で行われ、「クローズアップ現代+」を担当する武田真一アナウンサーが抱負を語った。  9年間務めた「ニュース7」には愛着があるようで、「『ニュース7』の新キャスターの皆さんのあいさつを横で聞…
in English
カテゴリー:

NHK、新年度の担当キャスター大移動 朝・夜・深夜のニュースの顔一新 - 02月16日(木)15:31 

 NHKは16日、新年度からのニュース番組の担当キャスターを発表した。朝の顔だった阿部渉アナウンサーが昼の新番組『ごごナマ』へ。新たな朝の顔には高瀬耕造アナウンサーが起用された。9年間、夜の『NHKニュース7』を担当してきた武田真一アナウンサーは『クローズアップ現代+』へ。昨年4月にスタートした『ニュースチェック11』を担当していた桑子真帆・有馬嘉男アナウンサーのコンビは、『ニュースウォッチ9』を担当することになった。  『NHKニュースおはよう日本』(月~金 前4:30~8:00)の6時・7時台は、高瀬アナと今年度から引き続き和久田麻由子アナが担当。早朝の5時・6時台は近江友里恵アナが新たに加わり、『ブラタモリ』と兼任する。同じく5時・6時台には赤木野々花アナが新加入するほか、総勢11人体制で臨む。土日祝は、小郷知子(継続)、二宮直輝(新任)、北野剛寛(新任・スポーツ担当)の各アナウンサーが担当する。  『NHKニュース7』(月~金 後7:00~7:30)は、鈴木奈穂子・高井正智アナウンサー、土日祝は井上あさひ・井上裕貴アナウンサーが担当することになり、顔ぶれが一新される。  『ニュースウォッチ9』(月~金 後9:00~10:00)は、桑子・有馬アナのほかが出演。  『ニュースチェック11』(月~金 後11:15~11:55)は、大阪局の青井実アナとブリュッセル支局長の長...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「武田真一」の画像

もっと見る

「武田真一」の動画

Wikipedia

武田 真一(たけた しんいち、1967年(昭和42年)9月15日 - )は、NHKのシニアアナウンサー NHK視聴者ふれあい報告書(PDF。当時はチーフアナウンサーと表記)。苗字の読み方は「たけだ」ではなく「たけた」と濁らない。

人物

熊本県立熊本高等学校を経て、筑波大学第一学群社会学類卒業後、1990年(平成2年)入局。1999年(平成11年)4月に、31歳での土日正午のNHKニュースに抜擢、その後2000年4月からの6年間は平日正午のNHKニュースを担当し、大きな事件・事故、大規模災害の際の臨時・特設ニュースを数多く担当した。

2006年(平成18年)6月、自ら志願し沖縄で勤務。沖縄異動後も全国放送の番組には度々出演していた。2008年(平成20年)3月31日より、東京アナウンス室に復帰し、NHKニュース7(平日)のメインキャスターとなる。

私生活
  • 1990年代に高校時代の同級生と結婚し、2男の父親でもあるニュース7ブログ - ひそかな楽しみ - 武田真一。
  • 2007年、2008年、2009年とNAHAマラソンに出場。いずれも完走(2007年は5時間36分、8279位。2008年は5時間39分58秒、10754位。2009年は5時間8分13秒、7823位)。
  • 200...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる