「正義感」とは?

関連ニュース

寺脇康文、相棒から神木隆之介の上司役に! - 10月19日(木)15:01 

現在放送中のドラマ「刑事ゆがみ」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジ系)で、10月26日(木)放送の第3話に寺脇康文がゲスト出演することが分かった。 【写真を見る】寺脇が「特命係の亀山ぁ~」ではなく「交番の真下さん」に!/(C)フジテレビ 本作は、浅野忠信演じる“犯罪者の心が読める天才適当刑事”弓神と、神木隆之介演じる“出世欲に燃える腹黒刑事”羽生の凸凹バディがさまざまな難事件に挑むというストーリー。 各話にゲスト出演者が登場し、第1話では杉咲花、本日19日(木)放送の第2話では水野美紀、斎藤工が出演。 第3話に登場する寺脇康文が演じるのは、定年を迎える交番勤務員・真下。羽生にとっては交番勤務時代の上司でもあり、その誠実な仕事ぶりから地元住民に慕われ、羽生からも警察官のかがみとして尊敬される、という役どころだ。しかし真下は、退職の辞令交付式から数日後、山中で何者かに襲われ、意識不明の重体になる。 寺脇といえば、「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)の“初代相棒”、真っすぐな熱血刑事・亀山薫の印象が。しかし本作では、出世を望まず、地元のために定年まで交番勤務を貫いた“聖人君子”な警察官を演じる。※寺脇の「相棒」出演は、2000年のプレシーズンから2008年のシーズン7まで 寺脇は、今回の役どころについて「(真下は)基本的には正義感が強くて、不器用な、真面目な仕事人間だと思います。人のた...more
カテゴリー:

寺脇康文、これまでのイメージ覆す“交番勤務の刑事”を好演 - 10月19日(木)13:15 

浅野忠信と神木隆之介が凸凹刑事コンビを演じている連続ドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)。この度、10月26日放送の第3話に、寺脇康文がゲスト出演することがわかった。本作は、うきよ署強行犯係で、犯罪者の心が読める天才適当刑事・弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ/浅野)と、出世欲に燃える腹黒刑事・羽生虎夫(はにゅう・とらお/神木)といった凸凹バディの活躍を描いた刑事ドラマ。『相棒』シリーズ(テレビ朝日系列)、『刑事貴族』シリーズ(日本テレビ系)、そしてフジテレビ系列では、2009年にスタートし、シリーズ6作を放送している『警部補・佐々木丈太郎』シリーズなどで、さまざまな刑事を熱演してきた寺脇。「刑事役と言えば寺脇康文」と言っても過言でないほど、その印象は強い。しかし本作で演じる真下誠巡査部長は、今までの“スマートな刑事”というイメージとは一線を画した“定年を迎えるまで交番勤務の刑事”だ。今月末で定年を迎えて退官、その誠実で熱心な仕事ぶりから地元住民に慕われている。交番勤務の頃に世話になった羽生も、真下のことを「警察官の鏡」だと尊敬している。しかし退官から数日後、山菜採りで裏山を訪れた老夫婦が、頭から血を流して倒れている真下を発見。真下は何者かに頭部を殴打され、意識不明のまま病院に搬送されてしまう。事件現場では、無数の足跡と2トントラックがUターンしたと思われるタイヤ痕、...more
カテゴリー:

綾瀬はるか「奥様は、取り扱い注意」上昇12・4% - 10月19日(木)10:09 

 日本テレビ系連続ドラマ、綾瀬はるか(32)主演「奥様は、取り扱い注意」(水曜午後10時)の18日第3話の平均視聴率が12・4%(関東地区)だったことが19日、ビデオリサーチの調べでわかった。第2話は11・3%だった。  正義感が強く、…
カテゴリー:

「相棒」はついに第16弾に突入!【秋ドラマ人物相関図(水曜ドラマ編)】 - 10月17日(火)12:30 

10月に入り、秋ドラマが続々とスタート! 水曜日放送から「相棒―」(テレビ朝日系)、「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)の2本をピックアップ。その人間関係が一目で分かる相関図とあらすじを詳解する。 【写真を見る】「相棒season16」初回ゲストは田辺誠一。田辺演じる検察官が、特命係の2人を追い詰める!?/(C)テレビ朝日 ■ 右京と亘のコンビが3年目に突入!「相棒 season 16」 3年目となる右京(水谷)と亘(反町)のコンビが活躍する、人気刑事ドラマの第16シーズン。それぞれの正義感が摩擦を起こす場面も見られた右京と亘。2人のコンビネーションを軸に、復権を狙う警察庁長官官房付の甲斐(石坂)、それを阻もうとする警視庁副総監の衣笠(大杉漣)、右京を敵視する法務事務次官の日下部(榎木孝明)ら、警察上層部の動きも活発化。また、右京と亘の対立をあおる警視庁広報課課長の美彌子(仲間由紀恵)の動きも目が離せない。歴代の妻3人を殺害した容疑で逮捕された平井(中村俊介)が、自供の際に脅迫されたとして右京と亘を含む刑事4人を訴える。右京らは東京地検の検事・田臥(田辺誠一)から事件に着手した経緯を聞かれる(第1話)。 ■ 「相棒」らしさを守りつつ新しい世界に突入! 杉下右京に秘められた可能性とは…!? 水谷は「杉下右京にはまだ何かあると思っています。だから、演じていて飽きることはありませんし...more
カテゴリー:

【芸能】マツコ「謝るのが一番」一般人同士のトラブルに持論 - 10月16日(月)18:35  mnewsplus

マツコ・デラックスが、一般人同士のケンカやトラブルを避けるためには「とにかく謝るのが一番」と持論を展開した。 16日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」は、東名高速道路の追い越し車線で起きた夫婦死亡事故に続き、 愛知県の国道の路上でも交通トラブルが元で口論となった男性2人が後続車にはねられ重軽傷を負う事故が起きたことを伝えた。 マツコは、「交通に限らず、結構今、街を歩いてると『ちょっとアブナイのかもな』ってなんとなく感じる人が少なくはない気がする。 ちょっとなんかのきっかけで一触即発になっ...
»続きを読む
カテゴリー:

寺脇康文、これまでのイメージ覆す交番勤務の刑事を好演 - 10月19日(木)14:00 

浅野忠信と神木隆之介が凸凹刑事コンビを演じている連続ドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)。この度、10月26日放送の第3話に、寺脇康文がゲスト出演することがわかった。本作は、うきよ署強行犯係で、犯罪者の心が読める天才適当刑事・弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ/浅野)と、出世欲に燃える腹黒刑事・羽生虎夫(はにゅう・とらお/神木)といった凸凹バディの活躍を描いた刑事ドラマ。『相棒』シリーズ(テレビ朝日系列)、『刑事貴族』シリーズ(日本テレビ系)、そしてフジテレビ系列では、2009年にスタートし、シリーズ6作を放送している『警部補・佐々木丈太郎』シリーズなどで、さまざまな刑事を熱演してきた寺脇。「刑事役と言えば寺脇康文」と言っても過言でないほど、その印象は強い。しかし本作で演じる真下誠巡査部長は、今までの“スマートな刑事”というイメージとは一線を画した“定年を迎えるまで交番勤務の刑事”だ。今月末で定年を迎えて退官、その誠実で熱心な仕事ぶりから地元住民に慕われている。交番勤務の頃に世話になった羽生も、真下のことを「警察官の鏡」だと尊敬している。しかし退官から数日後、山菜採りで裏山を訪れた老夫婦が、頭から血を流して倒れている真下を発見。真下は何者かに頭部を殴打され、意識不明のまま病院に搬送されてしまう。事件現場では、無数の足跡と2トントラックがUターンしたと思われるタイヤ痕、...more
カテゴリー:

【視聴率】綾瀬はるか「奥様は、取り扱い注意」上昇12・4% - 10月19日(木)10:55  mnewsplus

 日本テレビ系連続ドラマ、綾瀬はるか(32)主演「奥様は、取り扱い注意」(水曜午後10時)の 18日第3話の平均視聴率が12・4%(関東地区)だったことが19日、ビデオリサーチの調べで わかった。第2話は11・3%だった。  正義感が強く、怒らせたら危険な性格のセレブ主婦の主人公が、街の悪人たちを次々に成敗していく物語。 綾瀬が連続ドラマで主婦を演じるのは初めて。異色のヒロインとして、本格的なアクションも披露している。  第3話は、カツアゲの現場を通りかかった菜美(綾瀬はるか)は、いつものよ...
»続きを読む
カテゴリー:

プロレス界の風雲児オカダ・カズチカ、3度目の本人役に「次は自分以外を演じてみたい」 アニメ声優にチャレンジ - 10月19日(木)08:53 

 一時期は総合格闘技ブームに押されていた新日本プロレスが復権して久しい。2012年にカードゲームを販売するブシロードがオーナーとなって以降、派手な広告戦略と若手選手の台頭により、右肩上がりの成長を続け、2018年には団体設立以降最高益となる50億円の収益を目指しているという。  そんな新日本プロレスに文字通り“カネの雨”を降らせているのが、現IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ。自身の顔が描かれた紙幣を降らせながら登場するド派手な演出と、191cm/107kgの巨体からは想像もできないような高い打点のドロップキック――。独自の“レインメーカー”スタイルで業界を牽引するオカダは、今の自分自身をどんな存在だととらえているのだろうか。 「僕にとって『オカダ・カズチカ』って憧れの存在なんですよね。スーツをビシっと着こなして、フェラーリに乗ってクールに会場へ向かい、リングに上がれば強くてカッコいい。そんな『オカダ・カズチカ』を見ていたいから、僕はそういう『オカダ・カズチカ』であり続けようとしている、といった感じですね」  自分自身が憧れる存在であり続けたいと語るオカダ。人気と実力を兼ね備えたプロレス界の超新星は、2012年の衝撃的な登場以来、4度に渡りIWGPヘビー級王座に君臨。2016年6月から現在に至るまでその座を防衛し続けている。 「IWGPヘビー級王座のベルトは、プロレス界...more
カテゴリー:

白洲迅インタビュー!10月新ドラマ「明日の約束」で初の教師役に挑戦 - 10月17日(火)11:47 

10月17日(火)夜9時からカンテレ・フジテレビ系で始まる連続ドラマ「明日の約束」。誰よりも人の心に寄り添う、スクールカウンセラー(井上真央)が突如発生した“この世で一番謎が残る死”の原因を究明するヒューマン・ミステリー。 【写真を見る】インタビュー時に笑顔で話す白洲迅 今回、同ドラマに初となる教師役で出演する、白洲迅に直撃インタビューを敢行。自身の役柄や出演者の印象、プライベートなどについて語ってもらった。 ―「明日の約束」で演じられる北見雄二郎という役柄についてお聞かせください。 とある高校が舞台の作品なんですが、僕は若手教師です。性格的には、正義感が強いといいますか、少し暑苦しい部分もあります。(笑) ―白洲さんは、役柄によってイメージが異なりますが、今回の教師役を演じるにあたって、事前に準備されたことはありますか? 先生役は初めてなんですけれど、先生をやるからといって、特に身構えるというか、そういうことは今回していなくて、ナチュラルに、よくいそうな(笑)若手先生をできたらいいなと思っています。自分の中のイメージで。それが準備ですかね。 ―ご自身の性格と比較して、北見雄二郎との共通点や共感する部分はありますか? クソ真面目なところは共通する部分かなと思っています。 ―具体的に自身のどんなところが、クソ真面目だなと思いますか? この業界に入った時から、それが遺憾なく発揮されてい...more
カテゴリー:

ハイブリッド弁護士のお悩み相談「後妻に遺産を継がせたくない」 - 10月16日(月)06:00 

本誌のドキュメンタリーページ『シリーズ人間』に登場し、「あのキレイだけど押しの強い弁護士はナニモノ?」と、巷をにぎわせた仲岡しゅん弁護士。その正体は、男性として生まれ、数年前に女性に「トランス」した男と女のハイブリッド弁護士!大阪生まれ、大阪育ちの若き闘士は、悪を許さぬ正義感と、美貌に似つかぬ義理人情を盾にして、法律を武器に日々奮闘中。そんなハイブリッド弁護士がトラブルをシュッと解決! 【今回の相談】「70代の父が突然、勝手に結婚しました。相手は50代女性で、入籍は事後報告。父が他界した場合、遺産が彼女にも渡ることが納得できません。父はもともと婿養子で、財産の多くは3年前に亡くなった母の実家から受け継いだものなのです。父の妻に遺産を相続させない方法はありますか?」(40代女性・主婦) 【回答】「貴女の行動によって、再婚相手に全く相続させないようにする決定的な方法はありません」(仲岡しゅん) 今回のご相談。まず、再婚の場合の相続人は誰になるのかという根本的なことを確認しておきましょう。 民法第900条1号によると、「子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする」とあります。つまり、夫が亡くなり、妻と子1人が残された場合、妻が50%、子が50%を相続することになります。子が複数いる場合は、遺産全体の50%を、さらに人数で頭割りしていくことに...more
カテゴリー:

もっと見る

「正義感」の画像

もっと見る

「正義感」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 正義...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる