「正義感」とは?

関連ニュース

普通の刑事が国家のせいでひどい目に「ありふれた悪事」にある韓国映画の気骨 - 12月17日(日)09:45 

身も凍るような自国の暗部に向き合いつつ、サスペンスとしてストーリーを成立させる。『ありふれた悪事』は、現在の韓国映画界の勢いや空気感まで伝わってくるような作品である。民主化直前の韓国、捏造捜査の行方は来年4月に公開予定の『タクシー運転手』でもネタにされている、民主化直前の韓国。ちょうど30〜40年前の話ということで、絶妙にノスタルジーをくすぐる題材なのかもしれない。『ありふれた悪事』もそれに連なる作品で、舞台は1987年。軍事独裁政権の最末期にあたる。多少手荒だが平凡な刑事であるカン・ソンジン。民主化を要求するデモに手を焼く警察官であり、足の不自由な息子と障害者の妻を支える大黒柱でもある。楽しみといえば近所に住む親友の新聞記者ジェジンと酒を飲むことくらい。韓国を揺るがしている連続殺人犯の捜査は進まず、上司にケツを叩かれる日々を過ごしている。ある日、ソンジンは大統領直属の治安機関である国家安全企画部の室長ギュナムに呼び出され、そこで別件で逮捕した男が例の連続殺人事件の犯人だと告げられる。捜査資料を渡され、裏付けを取るための尋問に取り組むソンジン。しかし、捜査を進めるうちにこの男はどう考えても犯人ではないことに気がつく。民主化への要求から国民の目をそらすため、国家安全企画部が捏造した犯人逮捕の片棒を担いでいたことを知るソンジンだが、多額の報酬と息子の治療のためには捜査を続けざるを得ない...more
カテゴリー:

台湾で「神様」として祀られた日本人・小林巡査の数奇な運命 - 12月16日(土)08:00 

日本統治時代に台湾人のために尽力した日本人が、のちに「土地神様」として祀られたという話をご存知でしょうか? 今回、台湾出身の評論家・黄文雄さんが自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の中で、最近判明した、台湾で「神様」として祀られている小林三武郎という巡査について詳しく紹介しています。※本記事はMAG2 NEWSで掲載された記事です(2017年12月13日)   【台湾】埋もれた歴史を発掘!! 台湾で神様になった日本人はまだいた 日本統治時代に台湾人のために尽力した日本人が、後に土地神様として祀られたという話はいくつかあります。拙著『日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか』(徳間書店刊)でも、そうした日本人を紹介しています。   日本人は、魏志倭人伝の昔から、逆境でも不平不満を言わない、盗みを嫌う、名誉に命をかける、貧しくとも高貴である、災害や不幸に負けずまたたくうちに復興する…といった美徳を持っています。そうした美徳を具現化した人物も、歴史上には数多く存在します。第二次大戦中、ナチスの脅威からユダヤ人たちを救った杉原千畝などは、その代表例として書籍化、ドラマ化などで広く知られています。   日本統治時代の台湾でも、そうした日本人たちは各地で活躍し、台湾人のために自分を犠牲にした人々は多くいました。中でも、公職として台湾各地に赴任した日本人の美談...more
カテゴリー:

恋愛シミュレーションゲーム『ドルアーガの塔 Tower of Defender』をじっくりプレイ! 想像以上に乙女ゲー - 12月15日(金)17:30 

恋愛シミュレーションアプリゲーム『ドルアーガの塔 Tower of Defender』が2018年12月8日にリリースされました。“絆で愛を勝ち取るRPG”と題されたこのゲーム、情報公開されてからのネットユーザーのざわめきが止まりませんでした。 ・ドルアーガの塔の恋愛シミュレーションってなんだ ・!?www??!ww?!ww!? ・なんだこれはw ・ドルアーガの塔が恋愛シミュレーション化ってどういうこと?? 元ネタとなる『ドルアーガの塔』は1984年にナムコからリリースされたアクションRPGです。印象的な楽曲とキャラクター含めた世界観、そして当時のゲームセンターのゲームとしては初となる「やりこみを前提とした攻略要素」が盛りだくさんのゲーム性に、多くのファンが虜(とりこ)となりました。『ディグダグ』『ゼビウス』『マッピー』『リブルラブル』といった80年代のいわゆる“ナムコ黄金期”を確立したゲームタイトルの一つです。(ドルアーガののちには、『ギャプラス』『パックランド』『ドラゴンバスター』『メトロクロス』とこれまた有名タイトルが続きます) 『ドルアーガの塔』では主人公となるギルが装備を整えながら敵を倒し、悪魔ドルアーガに石にされた巫女カイの救出をする物語でした。しかし今回リリースされた『ドルアーガの塔 Tower of Defender』はドルアーガ亡き100年後を舞台とした、恋愛シ...more
カテゴリー:

12星座【キレイごとが嫌い】ランキング 牡羊座は人間社会の政治を嫌う、正義のヒーロー!? - 12月15日(金)12:00 

 人は汚らわしいことをたくさんする生き物です。けれど、その闇を隠し、愛と平和を掲げ、表面的にキレイさを装います。そんな中、塗り固めたキレイごとをはがし、本当のことを見ようとする人も。キレイごとが嫌いな星座をランキングで見てみましょう! ■第1位 牡羊座……人間社会の政治を嫌う、正義のヒーロー!?  「ザ・正義感」を自負する闘魂の持ち主・牡羊座は、キレイごとが大嫌い! 負けず嫌いの野心家として、人間社会の政治のドロドロで心を病むこともあるようです。キレイごとや、ウソも方便、見え透いたお世辞など、薄汚い大人の一員として頑張って話を合わせてみるものの、顔が引きつり、本心がバレバレ。一方、影で泣く人のために正義感を燃やし、戦いを決意することもあるでしょう。打倒できればヒーローですが、失脚させられて終わるケースも……。 ■第2位 蟹座……上辺よりも、信用できる本音が好き  人の心に寄り添いたいハートフルな蟹座は、自分はもちろん、他人にも自分の心に正直であってほしいと願っています。キレイごとで塗り固めた上辺のお付き合いを嫌い、関係が泥沼化しても、本心で向き合うことを求めるのです。とはいえ、人のいい蟹座は、表面的な衝突を避けるために、ウソも方便を使うことがあります。しかし、心が疲れる行為なので、それをずっと続けることは不可能。結局は、我慢して募らせた思いを爆発させてしまうでしょう。 ■第3位 水...more
カテゴリー:

浅野忠信&神木隆之介、最強バディからコメント到着 - 12月14日(木)23:20 

ドラマ「刑事ゆがみ」のブルーレイ&DVDが発売決定した。 今秋放送された「刑事ゆがみ」は、井浦秀夫による同名の人気マンガを、民放連続ドラマ初主演となる浅野忠信と初の刑事役に挑んだ神木隆之介という二人を主演に迎えて実写ドラマ化した刑事ドラマ。 違法捜査もいとわず事件を解決する、なんでもありの適当刑事・弓神適当(浅野)と、成績優秀で強い正義感はあるが出世欲も強い後輩刑事・羽生虎夫(神木)の、一見噛み合わなさそうな”凸凹バディ”。この二人が現代社会が抱える問題が複雑に絡み合った事件を解決まで導くさまや、事件に隠された様々な感情が交錯する人間ドラマの奥深さが、放送のたびに大きな反響を呼んだ。 二人の脇を固める稲森いずみ、山本美月らの豪華俳優陣、そして毎回登場する幅広いジャンルの豪華ゲストも注目を集め、「最強のバディドラマ」と称賛されつつも最終回を迎えた。 その興奮も冷めやらぬ中、「刑事ゆがみ」がブルーレイとDVDとで2018年3月28日(水)に発売されることが決定した。 ブルーレイ&DVD発売に際して、最強バディの二人からのコメントも到着した。 浅野は「DVDとブル~レイが出る?! みんな物好きだねぇ~ 俺に見所を聞くより菅能ちゃんに聞いた方が早いよ! 羽生は出世のことしか考えてないし多々木さんと町尾は菅能ちゃんの手下だし、ただ俺を見てたら飽きないと思うよ! 撮影中はみんなニコニ...more
カテゴリー:

変身した姿がカッコ良い!少年漫画主人公ランキング - 12月16日(土)11:30 

特に特撮モノでは定番と言える「主人公の変身」、漫画やアニメの世界では現実的な表現の制限が無いため、特撮モノよりも自由な表現ができますね。 主人公が何らかの危機に瀕して秘められた力に目覚める!なんて展開の時には、その時の状況や形勢逆転の展開もあって非常にかっこよく見えるかと思います。 そこで今回は「変身した姿がかっこいい少年漫画主人公」をアンケート、ランキングにしてみました。 変身姿が一番かっこいい主人公は、一体どの作品のどのキャラだったのでしょうか? 1位 孫悟空 2位 奴良リクオ 3位 沢田綱吉 ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『ドラゴンボール』の「孫悟空」! 怒りで目覚めた伝説の戦士、『ドラゴンボール』の「孫悟空」が堂々の1位に輝きました。 最初の変身はナメック星で対フリーザ戦の時に、目の前で親友であるクリリンが殺されたことの怒りで「スーパーサイヤ人」へと目覚めました。 「スーパーサイヤ人」という単語は変身前からチラホラ出ていたのですが、黒髪の孫悟空が金髪碧眼になった姿を初めて見せた時、その変わりっぷりに多くのファンが心踊ったかと思います。 2位は『ぬらりひょんの孫』の「奴良リクオ」! 妖怪の血が1/4流れたクォーター、『ぬらりひょんの孫』の「奴良リクオ」が2位を獲得しました。 普段は温厚で争いごとが嫌いな好青年なのですが、妖怪の姿となると長身痩躯の鋭い目...more
カテゴリー:

稲森いずみ、ブログ終了を報告「私の励みや力になっていました」 - 12月15日(金)17:57 

女優の稲森いずみが15日、アメブロを更新し、この日をもってブログを終了することを報告した。 稲森は14日に放送終了したフジテレビ系連続ドラマ『刑事ゆがみ』に出演。同作は、犯罪者の心を読める天才偏屈刑事・弓神適当(浅野忠信)が、上昇志向と正義感が強い腹黒若手刑事・羽生虎夫(神木隆之介)とバディを組み、事件を解決していく刑事ドラマ。稲森は強行犯係係長の菅能理香を演じていた。 稲森は「素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんと一緒にこの作品に携わることができて幸せでした」とドラマへの思いを語った。「そして、ブログも今日をもって終了です」と切り出すと、「改めてこの日を迎えてみると、やっぱり寂しいですね 約3ヶ月間マイペースに書かせて頂きましたが、読んで下さった皆さん、本当にありがございました皆さんからのコメントは全部読ませて頂いていました。皆さんとのやりとりが嬉しくて楽しくて本当に私の励みや力になっていました」とファンへ感謝の気持ちをつづった。 続けて「またどこかでこういう場を設けられたら嬉しいな…」と名残惜しそうなコメント。「刑事ゆがみ、そして稲森いずみブログ、共にお世話になりました!」と、改めて感謝の言葉でブログを締めくくった。 【関連記事】 ・「ありがとうございました。」(稲森いずみオフィシャルブログ) ・稲森いずみ『ロンバケ』から21年ぶり りょうと共演「もうそんなに経つ…!?...more
カテゴリー:

【ドラマ】浅野忠信主演「刑事ゆがみ」最終回は平均6・6%、瞬間最高7・9%でフィニッシュ - 12月15日(金)12:25  mnewsplus

 14日に放送された俳優・浅野忠信(43)主演のフジテレビ系ドラマ「刑事ゆがみ」(木曜・後10時)の最終回の平均視聴率が 6・6%だったことが15日、分かった。  視聴率は伸び悩みもSNS上などで高評価が相次ぐ同ドラマ。初回は7・6%で発進し、第2話は5・8%にダウンしたものの、 第3話6・0%、第4話6・3%、第5話6・4%、第6話6・7%とジワジワと数字を上げてきたが、第7話は5・9%にダウン。 第8話は6・8%、第9話は6・9%と推移し、今回は0・3ポイント微減した。  ドラマ終盤の午...
»続きを読む
カテゴリー:

小学生が決める東京五輪マスコット、海外メディアに人気なのは? - 12月15日(金)04:30 

小学生が投票で決めることが話題になっている、2020年の「東京五輪・パラリンピック」のマスコットキャラクター選び。日本国内ではノミネート3作品に対して「あの有名キャラクターに似ている!」などの声が多く、五輪ロゴの時と同じ匂いがしてきましたが、一方で海外の評判はどうなのでしょうか? 『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者でNY在住の著者・りばてぃさんは、オーストラリアのABCとイギリスのBBCで紹介された各国の反応を紹介しています。 東京五輪・パラリンピックのマスコット選び 皆さんすでにご存知のとおり、2020年東京五輪・パラリンピックのマスコットを決める小学生投票が11日、スタートした。 最終3候補を対象に全国の小学生が学級単位で意見をまとめて投票するとのこと。 ちなみに締め切りは来年2月22日で、同28日に結果発表される。 当然のことながらオリンピックは世界中の注目を集める大スポーツイベントということで、このマスコット選びの話題は、日本国内だけでなく、世界各国のメディアでも報じられている。 オリンピックのマスコットには、主催国の文化や伝統や国民性などが反映されるため、世界各国のメディアもオリンピック開催国がどのような国かを紹介する上でも、必ず取り上げる話題なのだろう。 ちなみに例えば、過去のオリンピックのマスコットで話題を呼んだものにロンドン五輪のマスコットなどがある。 (ご...more
カテゴリー:

上瀧浩子「被疑者を「反省させる」なんて傲慢な発想」「国家権力になんか反省させられたくない」 - 12月13日(水)21:26  seijinewsplus

https://mobile.twitter.com/sanngatuusagino/status/107227393558708224 上瀧浩子 @sanngatuusagino アホらしい正義感をもってるから被疑者を「反省させる」なんて傲慢な発想がでてくるんだろうなぁ。国家権力になんか反省させられたくないよね。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「正義感」の画像

もっと見る

「正義感」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 正義...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる