「正会員」とは?

関連ニュース

黒以外でスリムに見える色があった!着やせして見えるカラーコーデ - 06月16日(金)08:00 

毎日身に付ける洋服について、女性はできるだけ着やせし、そして仕事なら有能に、プライベートなら華やかに見せたいと考えるのではないか。着やせするコーデは、素材やデザインもそうであるが、色の効果も大きい。そこで今回はオフィスとプライベートそれぞれでスリムに見えるカラーコーデについて、専門家に話を聞いた。その結果、引き締まって見えると言われる黒以外で、スリムに見える色が判明したので紹介したいと思う。 ■黒が着やせして見える理由 「着やせして見える色」と聞いて、黒色を思い浮かべる人は多いと思う。だが、なぜ黒は着やせして見えるのか。カラーコーディネーター兼カラーセラピストの安田紀子さんに、スリムに見えるカラーコーデの仕方についてアドバイスをもらった。 「まず、なぜ黒が着やせして見えるかというと『収縮色』という色だからです。反対に白が太って見える理由は『膨張色』であるため。そして、この『収縮色』『膨張色』は、色を構成する3要素のうち明度(=明るさの尺度)が大きく関わっています。明度が高い(明るい)色は大きく見えるため太って見え、明度が低い(暗い)色は小さく見えるため痩せて見えるのです」(安田さん) 黒色が痩せて見えて、白色が太って見えるのは、色の暗さ明るさによるものだったのだ。 ■黒以外でスリムに見える色 「さらに黒や白といった色味のない無彩色ではなく、色味のある有彩色で考えてみると...more
カテゴリー:

建築家になるには? 必要な資格やフローを知ろう - 06月14日(水)10:00 

『広辞苑 第六版』によると「建築家」とは「建築物の設計・監理を職業とする人」(P.909より引用)ですが、建築家という言葉には「クリエーティブな仕事である」という意味合いが色濃く含まれています。コンセプトを立て、そのコンセプトを建築物によって表現するわけですから、これは創造性豊かな人だからこそ務まる仕事ですね。今回は建築家になるにはどうすればいいのかについてご紹介します。■「建築家」の仕事とは?「建築家の仕事」は建築物の設計・監理を行うことですが、実は建築家の定義にはあいまいなところがあります。職業の名称としては「建築家」の他に、「建築士」があります。まず「建築家」という名称には「クリエーティブな仕事」であることがはっきり表れています。「家」が付く職業というのは、「政治家」「漫画家」「写真家」「陶芸家」などと並べるとわかるとおり、「その仕事の責任は私が背負います」「自分の名前で仕事を請け負う」という意味ですからね。一方の「建築士」ですが、こちらは国家資格の名称でもあります。建築士は「国家資格を持って同じ建築物の設計・監理を行う人」と明確に定義できます。イメージでいえば、建築家と比べるとより工業的な感じになるでしょうか。建築物の設計を業として行うためには、少なくとも建築士の資格を持っていないといけません。ですから建築士であり、「その仕事の責任は私が背負います」「自分の名前で仕事を請け...more
カテゴリー:

「正会員」の画像

もっと見る

「正会員」の動画

Wikipedia

  • Redirect 会員...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる