「歌手デビュー」とは?

関連ニュース

ディーン・フジオカ衝撃の撮影現場語る「人生の貴重な体験」 - 05月22日(火)06:00 

(C)2018「海を駆ける」製作委員会 主演映画『海を駆ける』が5月26日に公開されるディーン・フジオカ(37)にインタビュー【その1】。本作は戦争と津波の記憶が残るインドネシアのバンダ・アチェを舞台に、謎の力で奇跡を起こす正体不明の男を描いたファンタジーだ。 ――映画をご覧になった感想は? 「いやあ、笑いが止まらなかったですよ。撮影のときのことを思い出しちゃって(笑)。 鶴田(真由)さんと阿部(純子)ちゃんと一緒に試写会で見たんですが、単純に、現場が楽しかったなあということを思い出しました。 なかなかない現場でしたね。インドネシアと日本のクルー、キャストが入り混じっていて。だからこそ穏やかで、和やかで、いろいろなことがあったなあって」 ――現場にムードメーカーはいたんですか? 「やっぱり太賀くんですかねぇ。彼が演じるタカシという役はインドネシアと日本のミックスですが、現場の彼も役のように、インドネシアと日本、二国の架け橋のような存在でした。現場のマスコットみたいでしたね」 ――劇中でも、インドネシアの若い俳優さん2人と、太賀さん、阿部純子さんとの4人の若者たちの交流が素敵な雰囲気で描かれていましたね。 「現場でも本当に4人は仲良しで。僕がきっかけになることをポッと出すと、みんなでわぁ?!って、盛り上がるんです。たとえば、インドネシア料理は、左手を使わず右手で食べ...more
カテゴリー:

『西郷どん』で活躍する「演技派ジャニーズ」たちの共通点とは? - 05月20日(日)08:30 

 鈴木亮平(35)が主役の西郷吉之助を演じる大河ドラマ『西郷どん』は、先週から新章に突入。奄美大島に舞台が移り、物語は新しい局面を迎えた。まずは「流人 菊池源吾」と題された、5月13日放送の回のあらすじを振り返る。  幕府の権力を握った紀州派に敵視された月照(尾上菊之助/40)とともに薩摩に逃げてきた吉之助は、ともに実質的に処刑である日向送りという扱いになり、船から海に身を投げる。月照は命を落とすが、吉之助は生き延びてしまう。吉之助は菊池源吾と名前を変え、絶望の中、奄美に渡った。奄美の名士、龍佐民(柄本明/69)のもとで潜居しながら、鬱々とした日々を過ごす吉之助。島民はその姿を見て、吉之助を避けるようになる。見かねた佐民は、姪の愛加那(二階堂ふみ/23)に吉之助の面倒を見させるが、吉之助はこれを受け入れず、二人の間に亀裂が生じる。そんなとき吉之助は、橋本左内(風間俊介/34)が処刑されたことを手紙で知ると、雨の中叫び続け、ついには高熱で倒れてしまう。  この放送回から奄美の人々が登場して、これからの展開が楽しみだが、この放送回、私が最もハッとさせられたのは、風間俊介が演じる、橋本左内のあっけない最期だった。橋本左内は若くして蘭学を心得て、15歳にして『啓発録』という本を書き上げたという神童だっただけに、ひょうひょうとしたたたずまいの中に、熱さとインテリジェンスを感じさせる風...more
カテゴリー:

生田斗真、CDデビューはまだ諦めていない!? - 05月19日(土)06:00 

ジャニーズ事務所に所属しながら俳優一本で活躍する生田斗真が、5月19日放送の『おかべろ』(カンテレ、毎週土曜14:27~)に出演し、歌手デビューへの野望や、後輩グループ「ふぉ~ゆ~」への熱い思いを語る。同番組は、テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連客の岡村隆史(ナインティナイン)と店主の田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、有名人から“ここだけ”の話を引き出していくシチュエーショントークバラエティ。岡村と生田は、過去に映画『土竜の唄』などでの共演もあり、プライベートでも交流がある間柄。生田は、収録がスタートするなり、岡村の肩を強めに組んで、岡村に「痛い! 痛い!」と言わせるなど、和気あいあいとした雰囲気でスタートする。気心が知れているだけに話の内容もぶっちゃけトークが満載。岡村が、一緒だった撮影現場での生田の態度に不満を漏らすと、話は歌手デビューしていないジャニーズアイドルである生田の“特殊性”へ展開する。岡村は「(歌)へたくそやもんな!」と生田を挑発すると、生田も「おいっ!」と鋭い突っ込みを入れる一幕も。生田は、同期である嵐や関ジャニ∞のメンバーたちとのジャニーズ事務所入所当時の話を振り返りつつ、「“歌をやめましょう”と言われたわけではないから、まだ(CDデビューは)あるかもしれない」と胸の内を明かすと、ある驚くべき野望を告白する。さらに、生田が普段から可愛がっているが「なか...more
カテゴリー:

生田斗真、CDデビューはまだ諦めていない!? - 05月18日(金)17:26 

ジャニーズ事務所に所属しながら俳優一本で活躍する生田斗真が、5月19日放送の『おかべろ』(カンテレ、毎週土曜14:27~)に出演し、歌手デビューへの野望や、後輩グループ「ふぉ~ゆ~」への熱い思いを語る。同番組は、テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連客の岡村隆史(ナインティナイン)と店主の田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、有名人から“ここだけ”の話を引き出していくシチュエーショントークバラエティ。岡村と生田は、過去に映画『土竜の唄』などでの共演もあり、プライベートでも交流がある間柄。生田は、収録がスタートするなり、岡村の肩を強めに組んで、岡村に「痛い! 痛い!」と言わせるなど、和気あいあいとした雰囲気でスタートする。気心が知れているだけに話の内容もぶっちゃけトークが満載。岡村が、一緒だった撮影現場での生田の態度に不満を漏らすと、話は歌手デビューしていないジャニーズアイドルである生田の“特殊性”へ展開する。岡村は「(歌)へたくそやもんな!」と生田を挑発すると、生田も「おいっ!」と鋭い突っ込みを入れる一幕も。生田は、同期である嵐や関ジャニ∞のメンバーたちとのジャニーズ事務所入所当時の話を振り返りつつ、「“歌をやめましょう”と言われたわけではないから、まだ(CDデビューは)あるかもしれない」と胸の内を明かすと、ある驚くべき野望を告白する。さらに、生田が普段から可愛がっているが「なか...more
カテゴリー:

西城秀樹さん悼む声止まず…和田アキ子、河合奈保子、さくらももこ氏らコメント - 05月18日(金)06:00 

 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため63歳で亡くなった。訃報が伝えられた17日、西城さんの早すぎる死を悼む声が多くの芸能人から止むことなく寄せられ、芸能界は大きな喪失感につつまれた。 【動画】西城秀樹さん、最後のアルバムでの力強い歌声  これまで長きにわたって西城さんと音楽界をけん引してきた歌手の和田アキ子(68)は、西城さんと最後に共演した5年前の番組収録を振り返り「番組で、懸命にリハビリに励む様子や必死にステージに向かう姿、そして昔と変わらずに歌う姿を見て、とても感動し、私も勇気をもらいました。秀樹の訃報は今日、コンサートのリハーサル中に聞きました。リハーサルをしながら、ずっと秀樹の顔が思い浮かんでいました」と思いをはせた。  “秀樹の妹”として1980年にアイドル歌手デビューした河合奈保子(54)は「あまりにもショック過ぎて、、言葉がでません。秀樹さんに、ただただ、多くの感謝の気持ちをお伝えしたい想いでいっぱいです」と悲痛な胸の内を吐露。  同じレコード会社だった前川清(69)からは「昔、夜中に二人でラーメンを食べに行ったのを思い出します。残された奥様と子どもさんのことを思うと言葉が見つかりません。お子さんのこれからの成長を...more
カテゴリー:

菅田将暉、水嶋ヒロ…仮面ライダー俳優たちの明と暗 - 05月20日(日)15:55 

 映画『仮面ライダー響鬼』(2005年)、『SP~警視庁警護課4』(2014年・テレビ朝日系列)などに出演していた松尾敏伸容疑者(40)が2018年5月9日、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された。4月上旬には、『仮面ライダー鎧武/ガイム』(2013年)に出演していた青木玄徳(30)が強制わいせつ致傷容疑で逮捕、その後不起訴処分となった。  悪い形で注目されてしまった仮面ライダーシリーズ(テレビ朝日系列)だが、本来は若手俳優の登竜門といわれ、人気俳優も過去に出演していたケースが多い。そこで今回、出演後売れっ子になった俳優から最近見かけなくなった人まで、同シリーズに出演経験がある“仮面ライダー俳優”の明と暗を振り返ってみた。 ◆細川茂樹…事務所とトラブルで俳優業ゼロに  『仮面ライダー響鬼』(2005年)で、現役最年長(当時33歳)で主演を演じた細川茂樹。若手俳優の登竜門だった特撮ヒーローの主演を、既にキャリアのある細川が演じることで大きな話題になった。  その後も「ハンチョウ~神南署安積班~」シリーズ(2009年~2011年・TBS系列)などドラマや映画に多数出演、さらには家電タレントとしてブレイクするも、2016~17年に所属事務所と契約解除をめぐって裁判沙汰になりメディア露出が激減する。  現在、役者としての仕事はほぼゼロの状況だが、株投資を中心に生計を立てているようだ...more
カテゴリー:

生田斗真、CDデビューはまだ諦めていない!? - 05月19日(土)06:00 

ジャニーズ事務所に所属しながら俳優一本で活躍する生田斗真が、5月19日放送の『おかべろ』(カンテレ、毎週土曜14:27~)に出演し、歌手デビューへの野望や、後輩グループ「ふぉ~ゆ~」への熱い思いを語…
カテゴリー:

西城秀樹さんの追悼番組 USENが6月17日まで放送 - 05月18日(金)18:11 

 西城秀樹さんが亡くなったことに、ショックを受けたファンの人は多いだろう。USENは、西城さんを偲んで「K-33 臨時特集7」で追悼特別番組を放送している。 西城さんは1972年3月「恋する季節」で歌手デビュー。「情熱の嵐」、「ちぎれた愛」、「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などが大ヒットし、同時期にデビューした郷ひろみさん、野口五郎さんとともに「新御三家」と呼ばれた。 ハウス食品の「バーモントカレー」のCMに出演し「ヒデキ、感激!!」、「ヒデキ、ご機嫌!!」など数々のキャッチコピーでお茶の間の人気を呼んだほか、昭和を代表するホームドラマ「寺内貫太郎一家」、映画『愛と誠』などで俳優としても活躍。「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」ではアルファベットのYMCAを体で表現する振り付けが幅広い世代に親しまれてミリオンセラーとなった。 そんな西城さんの追悼番組をUSENでは、6月17日(日)24:00まで放映する。■放送媒体:USEN440/SOUND PLANET/music AirBee!/SOUND PLANET-i/SOUND PLANET-i HOME MIX■番組内容:3時間番組(シャッフル放送)■番組情報サイト:http://music.usen.com/
カテゴリー:

AKB岡田奈々/渡辺麻友さん以来のAKB1位を - 05月18日(金)11:00 

 今年は1月に夢だったソロコンサートをやらせていただきました。おかげで、ソロで歌手デビューしたいという大きな夢も定まりました。また、STU48のキャプテンも任せていただいて、責任感や48グループへの愛もより一層深まりました。ほかにも、初…
カテゴリー:

秀樹の妹河合奈保子、訃報に悲痛「あまりにもショック過ぎて」 - 05月17日(木)19:12 

 歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、きもと・たつお)さんが16日に63歳で亡くなったことを受け、1980年に“秀樹の妹”としてデビューした歌手・河合奈保子(54)が17日、所属事務所を通じ文書で追悼コメントを発表した。 ヤングマンが大ヒット 西城秀樹さんのプロフィール  「あまりにもショック過ぎて、、言葉がでません。秀樹さんに、ただただ、多くの感謝の気持ちをお伝えしたい想いでいっぱいです」と悲痛な胸の内をつづっている。  河合は1980年、西城さんの名を冠した新人発掘オーディション『HIDEKIの弟・妹募集オーディション』で優勝し、アイドル歌手としてデビュー。81年には「スマイル・フォー・ミー」でNHK紅白歌合戦に初出場を果たし、82年発売の「けんかをやめて」も代表曲として知られている。 【関連記事】 【貴重写真】現役アイドル時代の河合奈保子 河合奈保子の愛娘kaho、14歳で歌手デビュー 堀北主演ドラマ主題歌抜てき (13年09月26日) 静岡朝日テレビ情報番組キャスター・大沼啓延さん死去 68歳 (18年05月15日) ザ・スパイダースの元ギタリスト、井上堯之さん死去 77歳 (18年05月10日) 芸能事務所「エー・チーム」社長、小笠原明男さん死去 62歳 (18年05月09日)
カテゴリー:

もっと見る

「歌手デビュー」の画像

もっと見る

「歌手デビュー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる