「欧州連合」とは?

関連ニュース

コラム:道筋なきEU離脱交渉、英国の正念場はこれから - 03月30日(木)12:17 

[28日 ロイター] - 英国のメイ首相が29日リスボン条約第50条を発動し、いよいよ2年にわたる欧州連合(EU)離脱プロセスが正式に始動する。
in English
カテゴリー:

英国のEU離脱、日系企業への悪影響を最小限に=菅官房長官 - 03月30日(木)11:42 

[東京 30日 ロイター] - 菅義偉官房長官は30日午前の会見で、英国が欧州連合(EU)からの離脱を正式に通知したことに関して、重大な関心を持っているとしたうえで、「離脱による悪影響を最小限にすべく、日系企業への支援に一層取り組んでいく」と述べた。
in English
カテゴリー:

焦点:ブレグジットでEUに起きる「5つの変化」 - 03月30日(木)10:41 

[ブリュッセル 28日 ロイター] - 英国のメイ首相は29日、欧州連合(EU)基本条約であるリスボン条約50条を発動し、EUに対して正式な離脱通知を行う。これにより、英国のみならず、EUも変わることになる。
in English
カテゴリー:

英国民の意思を尊重と米大統領報道官、「トランプ氏は離脱求めてきた」 - 03月30日(木)10:25 

 【ワシントン=加納宏幸】スパイサー米大統領報道官は29日の記者会見で、英国のメイ首相が欧州連合(EU)からの離脱を正式通告したことについて、「トランプ大統領は離脱を求めてきた指導者の一人だ。EUを離脱しようとする英国の有権者や政府の意思を尊重する」と述べた。
in English
カテゴリー:

英国のEU離脱交渉期間「ひどく短い」=ドイツ外務省 - 03月30日(木)10:07 

[ベルリン 29日 ロイター] - ドイツ外務省は29日、英国が欧州連合(EU)離脱を正式通知したことを受けて、英国とEUの新たな関係構築に向けた協議は難航するとの見方を示すとともに、原則2年間とされている交渉期間は「ひどく短い」と英国に対して警告した。
in English
カテゴリー:

英国:「EUと特別な関係」離脱通告書簡で強調 - 03月30日(木)11:55 

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英国のメイ首相は29日に欧州連合(EU)に離脱を通告した書簡の中で、自由貿易を掲げるEUの理念を尊重して「特別な関係」を築く必要性を強調した。一方のEU側は、離脱による影響を懸念する悲観的な見方が広がり、懲罰的な意味も込めて厳しい態度で交渉に臨む方針。双方の姿勢の違いが浮き彫りになっている。
in English
カテゴリー:

英がEU離脱正式通知、メイ首相「後戻りしない」 - ロイター発 World&Business - 03月30日(木)11:10 

英国のメイ首相は29日、欧州連合(EU)基本条約(リスボン条約)50条を発動し、EUに対して離脱を正式に通知した。メイ氏は議会で「50条に基づく離脱手続きが英国民の意向に沿って始まった。英国はEUを離脱する」と表明した。
in English
カテゴリー:

EU法を英国法に置き換える計画、政府が30日公表 不透明感緩和へ - 03月30日(木)10:31 

[ロンドン 30日 ロイター] - 英政府は30日、欧州連合(EU)離脱に伴い「企業や労働者、消費者に必要な確実性」を確保するため、EU法を英国法に置き換える計画をまとめた白書を公表する。
in English
カテゴリー:

英、EU離脱を正式通知 2年間の交渉開始へ - 03月30日(木)10:23 

英政府は29日、欧州連合(EU)からの離脱を正式に通知した。これで44年続いた関係は終わりに向かい、英国とEUの間で2年間かけた交渉がスタートする。 英国のメイ首相は英下院で演説し、EUからの離脱を通知する「リスボン条約50条」を発動したことを確認。「これは歴史的瞬間だ。後戻りはできない。英国はEUを離脱する」と宣言した。 その数分前、ベルギー・ブリュッセルの欧州理事会本部では、英国のバロウ駐...
in English
カテゴリー:

EU議長国「ユーロ圏はポンド安の影響討議を」、競争力低下を懸念 - 03月30日(木)09:22 

[バレッタ 29日 ロイター] - 欧州連合(EU)議長国マルタのムスカット首相は29日、英国の欧州連合(EU)離脱交渉中にポンド下落の影響をユーロ圏で討議する必要があるとの認識を示した。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「欧州連合」の画像

もっと見る

「欧州連合」の動画

Wikipedia

マーストリヒト条約第49条では、欧州連合に加盟を希望する国はヨーロッパの国であることと、自由民主主義人権の尊重、法の支配といった理念を尊重していることが挙げられている。また実務面では1993年に示されたコペンハーゲン基準を満たす必要がある。これ以外にもアキ・コミュノテールを受け入れられるような法整備がなされていることなどが求められる。欧州委員会は加盟を希望する国に対してこれらの基準を満たしえるかどうか調査を実施し、その報告を欧州理事会に提出している。欧州理事会はその報告書をもとに加盟候補国として具体的な協議を行うか判断している。その後加盟するとなった場合には、加盟予定国は欧州連合との間ではなく、既存加盟国との間で加盟条約を調印し、条約の発効をもって正式に加盟する。

政治

欧州連合理事会の会議場
ブリュッセルのユストゥス・リプシウス・ビル内にある。 欧州連合の最高意思決定機関は、全加盟国の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる