「次ラウンド」とは?

関連ニュース

【野球】ノムさん、WBCで大活躍の千賀を高評価「何億円を出しても欲しい」 - 03月26日(日)01:46 

25日、「S☆1」(TBS系)にVTR出演した野村克也氏が、WBC日本代表としてプレーし、 同大会のベストナインを受賞した千賀滉大(ソフトバンク)を何億も出しても欲しい投手に挙げた。 千賀はWBC初登板となった3月8日のオーストラリア戦で2回を投げ無失点(4奪三振)に抑えると、 2次ラウンドの第1戦・オランダ戦も2回を無失点(3奪三振)。2次ラウンド最終戦となったイスラエル戦では先発し、5回を無失点(4奪三振)と好投した。 リリーフとして2回を投げた準決勝のアメリカ戦では1点を失い敗戦投手となったが、4者連続を含む5奪三振...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】侍ジャパン 大谷抜きでも強かったです、ごめんなさい! - 03月25日(土)09:11 

 侍ジャパンの皆様へ。第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予選リーグの連勝が始まると、しれっと手のひらを返しました。  でも、本誌・週刊ポストはきちんと謝ります──。 〈大谷なき侍ジャパン「予選ラウンド敗退」の最悪シナリオ〉(2月24日号) 〈予選突破したって“ただの運”──大谷不在は言い訳にならないぞ!〉(3月17日号)  いずれも本誌が掲...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

侍ジャパン 大谷抜きでも強かったです、ごめんなさい! - 03月25日(土)07:00 

 侍ジャパンの皆様へ。第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予選リーグの連勝が始まると、しれっと手のひらを返しました。  でも、本誌・週刊ポストはきちんと謝ります──。 〈大谷なき侍ジャパン「予選ラウンド敗退」の最悪シナリオ〉(2月24日号) 〈予選突破したって“ただの運”──大谷不在は言い訳にならないぞ!〉(3月17日号)  いずれも本誌が掲げた見出しである。 ◆「予選ラウンド敗退」と書いて、ごめんなさい!  東京ドームでの1次ラウンド、2次ラウンド敗退の可能性を本誌が報じたのは、本番前の強化試合などで阪神やソフトバンクの二軍相手に完敗し、5戦3敗という成績に終わったからだ。  フタを開ければ東京ドームでは6戦全勝。野球評論家・江本孟紀氏は対戦相手を「キューバ選手はデブばっかりだったし、イスラエルにしてもメンバーは2Aクラス。普通に戦えば勝てる相手でした」と評すものの、それも辛口の江本氏なればこそ。侍ジャパン史上初めて全勝で決勝ラウンド進出を決め、準決勝の米国戦も敗れはしたが緊迫した投手戦だった。 ◆大谷抜きでも強かったです、ごめんなさい!  日本中が落胆した“大谷の欠場”だが、「結果的にそれがチームを強くした」...more
in English
カテゴリー:

小久保監督、侍ジャパンの皆さん 過小評価してごめんなさい - 03月24日(金)07:00 

 侍ジャパンの皆様へ  第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予選リーグの連勝が始まると、しれっと手のひらを返しました。  でも、本誌はきちんと謝ります──。 〈大谷なき侍ジャパン「予選ラウンド敗退」の最悪シナリオ〉(2月24日号) 〈予選突破したって“ただの運”──大谷不在は言い訳にならないぞ!〉(3月17日号)  いずれも本誌が掲げた見出しである。 ◆「史上最弱先発陣」なんていって、ごめんなさい! 〈投手陣はメッタ打ち〉──本誌2月24日号の見出しである。第1回大会の松坂大輔(36)、上原浩治(41)、第2回大会のダルビッシュ有(30)、田中将大(28)、岩隈久志(35)らと比べると明らかに見劣りするように思えたからだ。  しかし大会が進むにつれ、小久保ジャパンに“未来のMLB投手候補”がたくさんいたことがわかった。 「特に注目を集めたのが千賀滉大(24)。先発したイスラエル戦で5回1安打無失点など、1次、2次ラウンドは計9回を無失点。海外スカウトの評価もうなぎのぼりでした」(スポーツ紙デスク)  米国戦で決勝点を与えたマウンドにいたことも、糧にしてほしい。 ◆「抑えが不安」と思ってました、ごめんなさい!  一...more
in English
カテゴリー:

【野球】WBC 侍J・内川「代表引退」 - 03月23日(木)17:09 

【カリフォルニア州ロサンゼルス22日(日本時間23日)発】 WBC準決勝の惜敗から一夜明け、侍ジャパンが帰国の途についた。 世界一奪還を果たせず、2大会連続ベスト4での敗退は残念な限りだが、ナインの反応は様々。 代表からの引退を決意するベテランがいれば、次への意欲を表明した若侍もいる。 2020年東京五輪でリベンジだ。 内川聖一外野手(34=ソフトバンク)が侍ジャパンを“引退”する意向があることを明かした。 次回WBCに選出されれば後進へ引き継ぐ立場にもなるが、との問いに内川は「引き継ぐとか、偉...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ごめんなさい 正捕手小林、リーダー青木を見くびってました - 03月25日(土)16:00 

 侍ジャパンの皆様へ。第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予選リーグの連勝が始まると、しれっと手のひらを返しました。  でも、本誌・週刊ポストはきちんと謝ります──。 〈大谷なき侍ジャパン「予選ラウンド敗退」の最悪シナリオ〉(2月24日号) 〈予選突破したって“ただの運”──大谷不在は言い訳にならないぞ!〉(3月17日号)  いずれも本誌が掲げた見出しである。 ◆「正捕手・小林」を過小評価してました、ごめんなさい!  球界きっての爽やかイケメンで女性人気は高いが、巨人ではいまいち成績がパッとしない小林誠司(27)。招集された時は“どうせ練習で菅野(智之、27)のボールを受けるだけだろ”と思ってました。  ところが、まさかのスタメン起用で、しかもピーゴロがタイムリーになる(イスラエル戦)など、今大会のラッキーボーイに。  もちろん課題もあった。野球評論家の広澤克実氏は、「野村克也さんの受け売りですが、捕手というのは好投手をリードしている間は成長しない。問題はピッチャーが格上のバッターと対したときにどんな配球を組み立てるかなんですよ」というから格下相手の1次、2次ラウンドの活躍は差し引いて考える必要はある。  それで...more
in English
カテゴリー:

【野球】フジ・宮澤智アナが「球界の新スター」との破局を大後悔 - 03月25日(土)07:06 

3月23日、アメリカの優勝で幕を閉じたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。  日本は準決勝でアメリカに惜敗したものの、1次ラウンド、2次ラウンドともに無敗の快進撃を続けた。  今回のWBCで球界の新たなスター候補となったのが巨人の小林誠司だ。大会を通して4割5分と驚異の打率を残し、正捕手として侍ジャパンを牽引。期待以上の活躍を見せた、球界屈指のイケメン選手である。  そんな小林の「元・交際相手」と言われているのが、フジテレビの宮澤智アナ。2年前に交際をスタートしたものの、昨年、彼女から別れを切り...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【ヤクルト】バレンティン、WBCで自信メジャー復帰熱望 - 03月25日(土)06:52 

スポーツ報知 3/25(土) 6:04配信  ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(32)が24日、米ロサンゼルスから 成田空港へ来日した。オランダ代表としてWBCに出場。「メジャーレベルの選手との対戦で、 すごくいい結果が残せた。みんな、やっぱりメジャーでやりたいというのが目標。もちろん、 自分にもそういった目標はあります」と明かした。  今大会では打率6割1分5厘、4本塁打、12打点と大暴れ。オールスター (ポジション別優秀選手)に選ばれた。東京Dでの2次ラウンドではMVPも獲得した。 ヤク...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【WBC】侍J、準決勝米国戦視聴率20・5%!無念敗退も平日午前に高視聴率 ★4 - 03月23日(木)18:42 

 22日にTBS系で生中継されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝 「日本―米国」の平均視聴率は20・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが 23日、分かった。14日の2次ラウンド「キューバ戦」(TBS系)、15日の 「イスラエル戦」(テレビ朝日系)で記録した今大会最高の27・4%には及ばなかったが、 平日午前中の放送にもかかわらず好数字をマークした。  瞬間最高視聴率は13時00分に25・4%を記録した。  WBCの平均視聴率の最高は06年の第1回決勝「キューバ―日...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】WBC悲願の初V!メジャーの名将も感無量「米国に尽くした人間の勝利」 - 03月23日(木)16:20 

第4回ワールドベースボール・クラシック(WBC)は22日(日本時間23日)に決勝が行われ、米国が8―0でプエルトリコを下し、悲願の初優勝に輝いた。 野球の母国がついに世界一の座に就いた。準決勝で侍ジャパンとの投手戦を制した米国。 1次ラウンドから連勝の続くプエルトリコとの決勝では圧倒的な勝利で頂点にまで上り詰めた。 「選手たちが素晴らしかった。何と言えばよいのだろう。 米国のために自分は監督の機会を与えられ、同様にコーチは指導する機会を、選手はプレーする機会を与えられた。これは母国に尽くした人...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「次ラウンド」の画像

もっと見る

「次ラウンド」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる