「機械化」とは?

関連ニュース

今度はトイ・ストーリー!? またまた俺ちゃん節炸裂『デッドプール』続編 - 02月24日(土)16:10 

2016年に公開され、日本でも興行収入20億円を超える大ヒットとなった『デッドプール』の続編となる『デッドプール2(仮題)』の、またまた“俺ちゃんワールド”炸裂な特別映像とビジュアルが到着した。 前作『デッドプール』エンドロール後のおまけ映像で、デッドプールの「続編ではケーブルが出てくるよ」という宣言通り、到着した映像では『ターミネーター』を彷彿とさせる重厚な映像で、ついにケーブルの姿が明らかに! だが、いいところで、まさかの一時停止に! ケーブルの左腕が機械化しているにも関わらずCG処理されていないことに腹を立てた“俺ちゃん”が、映画『ジャスティス・リーグ』のスーパーマン役のヘンリー・カヴィルの口ひげをCGで消したことを引き合いに出し、「口ひげを消すのとはワケが違うんだ!」とへそを曲げた挙句、「もういい、俺ちゃんがやる」とやり直し宣言! そうして始まったのは、なんと人形劇! 先日、本作の配給会社である20世紀フォックスをディズニーが買収することが発表されたが、この人形劇は、そのディズニー・ピクサーの人気作『トイ・ストーリー』風。ウッディに扮したデップーとケーブルの靴底には、ウッディやバズの持ち主である「ANDY」ならぬ、デッドプールの本名「WADE」の名前がしっかり書かれているという芸の細かさだ。 しかも、デップーが繰り出す技は、ファミリー向けである『トイ・ストーリー』で...more
カテゴリー:

デッドプールがケーブルにキン○マ攻撃!DCやディズニーもネタにする暴走映像が到着! - 02月23日(金)08:00 

「アベンジャーズ」「X-MEN」などと同じマーベル・ヒーローでありながら、過激すぎるスタイルで絶大な人気を誇る『デッドプール』(16)。このたび、6月に日本公開される続編『デッドプール2(仮題)』より、おふざけやパロディ満載な“俺ちゃんワールド”炸裂の特別映像と画像が公開された。 【写真を見る】こちらは、画家ノーマン・ロックウェル風のパロディアート/[c] 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation 前作のおまけ映像でデッドプールが「続編では出てくるよ」と宣言した通り、今回の映像ではターミネーターのような、凛々しいケーブル(ジョシュ・ブローリン)が登場。しかし、その映像をデッドプールが停止させて「ケーブルの左腕にCG処理がされていないじゃないか!」とスタッフにダメ出し。さらに「口ひげを消すのとはワケが違うんだぞ!」と、DCコミックの映画『ジャスティス・リーグ』(17)でヘンリー・カヴィル演じるスーパーマンの口ひげをCG処理していたことをイジリ始める始末。 挙句の果てに、デッドプールが「自分でやる!」と言わんばかりにケーブルと自身のフィギュアを持ち出し『トイ・ストーリー』(95)を彷彿させる人形劇を始めてしまう。その劇中、ケーブル役のジョシュ・ブローリンが『アベンジャーズ』シリーズで演じている宇宙の支配者サノスが集めるインフィニティ・ストー...more
カテゴリー:

【GDP】GDP 約28年ぶりに8期連続プラス - 02月14日(水)09:43  bizplus

去年10月から12月までのGDP=国内総生産は、個人消費が持ち直したため、物価の変動を除いた実質の伸び率が、前の3か月と比べてプラス0.1%、年率に換算してプラス0.5%となり、8期連続、2年にわたって成長が続きました。8期連続でプラスになるのはおよそ28年ぶりです。 内閣府が先ほど発表した去年10月から12月までのGDPの速報値は、物価の変動を除いた実質で前の3か月と比べてプラス0.1%となりました。 この伸びが1年間続いた場合の年率に換算すると、プラス0.5%となり、8期連続、2年にわた...
»続きを読む
カテゴリー:

ジジイ・木梨憲武VS高校生・佐藤健!新感覚の映像トリップ「いぬやしき」本予告披露 - 02月14日(水)05:00 

 奥浩哉氏の人気漫画を実写映画化する「いぬやしき」の本予告がこのほど完成し、あわせて人気ロックバンド「MAN WITH A MISSION」が主題歌を書き下ろしていることが発表された。木梨憲武演じる主人公・犬屋敷壱郎と、佐藤健扮する大量殺人鬼・獅子神皓が死闘を繰り広げるさまが、同バンドの新曲「Take Me Under」にのせて映し出されており、“新感覚の映像トリップ”を味わうことができる。 ・【動画】「いぬやしき」本予告  奥氏の代表作「GANTZ」の実写映画化を手がけた佐藤信介監督のメガホンで映画化。「竜馬の妻とその夫と愛人」(2002)以来約16年ぶりに映画主演を果たす木梨と、自身初の悪役に挑む佐藤のほか、本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、福崎那由他、濱田マリ、斉藤由貴、伊勢谷友介らが顔をそろえている。  定年を目前に控えながらも、会社や家族から疎外される初老のサラリーマン・犬屋敷(木梨)は、医者から末期がんの余命宣告を受け途方に暮れる。ある夜、犬屋敷は謎の事故に巻き込まれ、機械の体に生まれ変わってしまう。そして同じ事故にあった高校生・獅子神も、犬屋敷と同じ力を手に入れていた。自分に背く人々を傷つけるため、その力を行使する獅子神。傷つけられた人たちを救うために、その力を使う犬屋敷。2人の男たちが、それぞれの思いを胸に激しく交錯していく。  そして映像は、佐藤監督の面目躍...more
カテゴリー:

危険作業の機械化促す 厚労省 肌落ち災害防止で指針改正  - 02月13日(火)09:06 

 厚生労働省は、「山岳トンネル工事の切り刃における肌落ち災害防止に係るガイドライン」を改正した。現在切羽へ立ち入って作業を行うことが多い装薬作業の遠隔化や、支保工建て込み作業の完全な機械化を進めることを盛り込んでいる。また、切羽監視責任者は専任とすることを明確にしている。… …[続きを読む]
カテゴリー:

【デッドプール】今度は『トイ・ストーリー』をパロディ!? 俺ちゃんワールド炸裂の特別映像解禁 - 02月23日(金)17:20 

『アベンジャーズ』『X-MEN』『スパイダーマン』を生み出したマーベル史上最も過激(やりすぎ)なヒーローとして、絶大な人気を誇る“デッドプール”。 【動画】パロディだらけ!?『デッドプール2(仮)』予告編 1991年にコミックに初登場以来、ファンが長年待ち続けた彼の主演作『デッドプール』が、2016年に公開されると全米では『アバター』や『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』を超えて、20世紀FOX映画史上、最高のオープニングを記録し、更に3週連続No.1という記録を樹立した。 この度、6月公開が決定している続編『デッドプール2(仮題)』のまたも“俺ちゃんワールド”炸裂の特別映像と画像が到着した。 デップーの新たな親会社をパロディ!? 『デッドプール』エンドロール後のおまけ映像で、デッドプールが「続編ではケーブルが出てくるよ」と宣言した通り、この度到着した映像では『ターミネーター』を彷彿とさせる重厚な映像で遂にケーブルの姿が明らかに! しかし、いいところで一時停止が・・・ケーブルの左腕は機械化しているにも関わらずCG処理されておらず、俺ちゃんご立腹! DCコミック映画『ジャスティス・リーグ』のスーパーマン役のヘンリー・カヴィルの口ひげをCGで消したことを「口ひげを消すのとはワケが違うんだぞ」とイジり倒した挙句、「もういい、俺ちゃんがやる」と自ら立ち上がったと思い...more
カテゴリー:

i-BIRDセミナー「機械化・IT化による農商工連携事業の創出 ~あたらしくなった農商工って?!~」を開催 - 02月14日(水)15:00 

[中小機構]  独立行政法人中小企業基盤整備機構北陸本部(略称:中小機構北陸 所在地:石川県金沢市 本部長:占部 治)は、3月15日に福井県食品加工研究所と連携してi-BIRDセミナーを開講します。  平成20年より経済産...
カテゴリー:

【映画】ジジイ・木梨憲武VS高校生・佐藤健!新感覚の映像トリップ「いぬやしき」本予告披露 - 02月14日(水)05:31  mnewsplus

2018年2月14日 05:00 ジジイ・木梨憲武VS高校生・佐藤健!新感覚の映像トリップ「いぬやしき」本予告披露 [映画.com ニュース]奥浩哉氏の人気漫画を実写映画化する「いぬやしき」の本予告がこのほど完成し、あわせて人気ロックバンド「MAN WITH A MISSION」が主題歌を書き下ろしていることが発表された。木梨憲武演じる主人公・犬屋敷壱郎と、佐藤健扮する大量殺人鬼・獅子神皓が死闘を繰り広げるさまが、同バンドの新曲「Take Me Under」にのせて映し出されており、“新感覚の映像トリップ”を味わうことができる。 奥氏の代表作...
»続きを読む
カテゴリー:

木梨憲武×佐藤健共演『いぬやしき』予告解禁 主題歌でイヌ科最強タッグ結成 - 02月14日(水)05:00 

 木梨憲武と佐藤健共演の映画『いぬやしき』から、予告編が解禁された。併せて、本作の主題歌を、頭はオオカミ、身体は人間という風貌で人気のロックバンドMAN WITH A MISSIONが担当することが発表された。【写真】「佐藤健」フォトギャラリー 本作は、『GANTZ』の奥浩哉が同作のエッセンスを取り込みながらも、リアルな日常と現実にはあり得ない非日常が交錯する新たな世界観で描いたコミックの実写化作品。医者から末期ガンによる余命宣告を受けたサラリーマン・犬屋敷壱郎(木梨)は、謎の事故に巻き込まれ機械の体へと変貌。人間をはるかに超越する力を手にした彼は、同じ事故に遭遇し、得た力で人々を傷つける高校生・獅子神皓(佐藤)と対峙することになる。 解禁された予告映像には、高層ビル群の間、ヘリコプターの上、そして都庁展望台と、新宿上空を飛び回りながら繰り広げられる“ジジイVS高校生”の新次元バトルが収められている。 アップテンポの主題歌を担当したのは、頭はオオカミ、身体は人間という外見の“究極の生命体”5匹で構成されるロックバンドMAN WITH A MISSION。本作で“究極の力”を手に入れる犬屋敷、グループ名の「MAN WITH A MISSION(使命を持った男)」、さらに“いぬ”と“オオカミ”という動物的親和性など、様々な条件と共通点から今回のオファーが実現した。アニメ『いぬやしき』で...more
カテゴリー:

「機械化」の画像

もっと見る

「機械化」の動画

Wikipedia

機械化(mechanization)とは、腕力を要する仕事に人間の労働者を補助する機械を導入すること。また、人間や家畜の単純労働を機械で置換すること。機械化の次の段階が自動化である。手で使う道具も一種の機械化であり、ねじを締めたり、穴を開けたり、釘を打ったり、表面を磨いたりといった作業における労力を軽減する。

用語

「機械化」という用語は主に工業分野で使われる。蒸気機関駆動の旋盤などの動力供給された工作機械が登場したことで、様々な作業にかかる時間が劇的に削減され、生産性が向上した。今日、手で使う道具だけで何かを生産することは逆に珍しくなっている。

軍事での用法

軍事において「機械化」とは、無限軌道装甲戦闘車両(特に装甲兵員輸送車)を使用して軍勢を戦場まで輸送することをいう。機械化は歩兵の機動力と戦闘力を劇的に改善した。先進国の軍では、空挺部隊を除いた歩兵はほとんど全て機械化されている。

また、「機械化」はそれまでが果たしていた様々な機能(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる