「橋爪功」とは?

関連ニュース

蒼井優「あの人が全部、黒幕なんですけど…」 悪魔に近いと評され反論? - 04月26日(水)22:24 

 映画『家族はつらいよ2』の完成披露試写会が26日、東京都内で行われ、出演者の橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、山田洋次監督が登壇した。 この作品は、熟年離婚を巡る家族の騒動を描いた山田監督の喜劇映画『家族はつらいよ』(2016年)の続編。 この日、改めて撮影を振り返った正蔵は「はっきり申し上げますと、監督より怖いのは蒼井優さんです。悪魔に近いような…。人のNGを笑う。勝手に打ち上げの場所を私のうちに決めてしまう。いろんなことがありました」と観客に暴露した。これを受けて、蒼井と夫婦を演じた妻夫木が「すみません。うちの嫁がご迷惑をおかけしたみたいで…」と謝罪するも、続く蒼井は「名前に“優しい”という文字が入っております。蒼井優です」とちゃめっ気たっぷりにあいさつ。続けて「あれは橋爪さんが言ったんですよ。あの人が全部、黒幕なんですけど」と自分の“無実”を訴えた。 そもそもの発端について正蔵は「妻夫木くんの結婚パーティーをやろうということになった。そこまでは良かったんですが、蒼井優先生に『会場はお前んち!』と指をさされまして。それで(うちに)決まってしまったんです」と説明。 改めて蒼井は「違います。あれは橋爪さんが『正蔵のうちでいいでねぇか?』って。先輩が『お前、電話しろ』とおっしゃったので、私は留守電に残させていただいたんです」と釈明したが、これに橋爪は...more
in English
カテゴリー:

蒼井優「家族はつらいよ2」での“悪行”暴露される 夫役・妻夫木聡「嫁がすみません」 - 04月26日(水)21:55 

山田洋次監督が手がけた喜劇映画「家族はつらいよ」の続編「家族はつらいよ2」の完成披露試写会が4月26日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、山田監督をはじめ出演した橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結...
in English
カテゴリー:

“悪魔”と呼ばれた蒼井優の夫・妻夫木聡が謝罪「うちの嫁が迷惑をかけしました」 - 04月26日(水)20:02 

山田洋次監督の喜劇の続編『家族はつらいよ2』(5月27日公開)の完成披露試写会が4月26日に丸の内ピカデリーで開催。橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、山田監督が舞台挨拶に登壇した。『東京家族』(13)から家族...続きを読む
in English
カテゴリー:

福山雅治、役所広司、広瀬すずが雪合戦!? - 04月21日(金)18:30 

是枝裕和監督の最新作『三度目の殺人』の特報映像とティザービジュアルが公開となった。 本作は、『そして父になる』から是枝監督と2度目のタッグとなる福山雅治を主演に、是枝組初参加の名優・役所広司を迎え、是枝監督が近年描いてきたホームドラマとは一転、かねてより挑戦したいと考えていたという法廷心理ドラマ。 真実は必要ないと信じる弁護士重盛を福山、重盛に対峙する殺人犯三隅(みすみ)を役所が演じる他、物語の鍵を握る少女で被害者の娘役に、『海街diary』以来、是枝作品2作品目の出演となる広瀬すず、被害者の妻役に斉藤由貴、重盛と事件解明に奔走する司法修習の同期弁護士に吉田鋼太郎、重盛の事務所に所属する若手弁護士に満島真之介、本事件の担当検察官に市川実日子、重盛の父親役で、30年前に三隅が関わった事件の裁判長だった橋爪功と、日本映画界を代表する名優が本作を彩る。 「自白してるんだろ? だとしたら間違いなく死刑だろう」真実なんていらないものと信じる弁護士重盛(福山)にとって、それは、ありふれた裁判のはずだった。殺人の前科がある三隅(役所)が解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された。犯行も自供し、死刑はほぼ確実だった。しかし、調査を進めるにつれ、重盛の中で違和感が生まれていく。会うたびに動機さえも変わる三隅の供述。なぜ殺したのか? 本当に彼が殺したのか? 得体のしれない三隅に呑みこ...more
in English
カテゴリー:

福山雅治、殺人犯役所広司に呑みこまれる? 『三度目の殺人』初映像解禁 - 04月21日(金)08:00 

 是枝裕和監督最新作『三度目の殺人』の初映像となる特報とティザービジュアルを解禁となった。特報では弁護士役の福山雅治と殺人犯を演じる役所広司が対峙。ビジュアルでは福山、役所、そして広瀬すずが雪合戦をしているかのような朗らかな写真が、逆に不穏な雰囲気を感じさせる。【関連】「福山雅治」フォトギャラリー 本作は是枝裕和が監督・脚本を務める法廷心理ドラマ。殺人の前科がある三隅(役所)が解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された。犯行も自供し、死刑はほぼ確実だった。しかし、調査を進めるにつれ、弁護士・重盛(福山)の中で違和感が生まれていく。会うたびに動機さえも変わる三隅の供述。なぜ殺したのか。本当に彼が殺したのか。得体のしれない三隅に呑みこまれているのか。重盛は、初めて心の底から真実を知りたいと願うようになる。 公開された映像では、取調室で繰り広げられる福山と役所の淡々としていながらも気迫に満ちたやりとりの様子が映し出され、、短い映像ながらも目がそらせないほどの緊張感に包まれた映像となっている。 福山、役所、広瀬のほか、今回被害者の妻役に斉藤由貴、重盛と事件解明に奔走する司法修習の同期弁護士に吉田鋼太郎、重盛の事務所に所属する若手弁護士に満島真之介、本事件の担当検察官に市川実日子、重盛の父親役で、30年前に三隅が関わった事件の裁判長だった橋爪功と、日本映画界を代表する名優が本作を...more
in English
カテゴリー:

蒼井優「家族はつらいよ2」での悪行暴露される 夫役・妻夫木聡「嫁がすみません」 - 04月26日(水)21:55 

 山田洋次監督が手がけた喜劇映画「家族はつらいよ」の続編「家族はつらいよ2」の完成披露試写会が4月26日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、山田監督をはじめ出演した橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優が舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  熟年離婚をめぐりドタバタを繰り広げる平田家の姿を温かく描き、興行収入13億円のヒットを記録、第40回日本アカデミー賞では優秀作品賞と優秀脚本賞を受賞した「家族はつらいよ」の続編。山田監督は「去年の8月の暑い盛りの撮影は本当に過酷で、クランクアップまで持つんだろうかと不安な日々でした。とうとうこの日が来たという思いです」と目を細め、橋爪も「パート2、掛け値なしに面白いです。普通、2って下がるじゃないですか。これは上がっちゃったんです」と自信をみなぎらせた。  ところが正蔵は、「実は監督よりも怖いのは蒼井優さん。人のNGを笑ったり、打ち上げの場所を勝手に私の家に決めてしまったり。悪魔に近い」と“悪行”を暴露。蒼井は大笑いしながら正蔵の肩を叩き、「名前に“優しい”という文字が入っている蒼井優です」と反撃。蒼井の夫に扮した妻夫木は、「すみません、うちの嫁が、ご迷惑かけたみたいで」とフォローし客席を喜ばせていた。  なおも蒼井は、「違うんです、正蔵さんの家で打ち上げというのは...more
in English
カテゴリー:

悪魔と呼ばれた蒼井優の夫・妻夫木聡が謝罪「うちの嫁が迷惑をかけしました」 - 04月26日(水)20:02 

山田洋次監督の喜劇の続編『家族はつらいよ2』(5月27日公開)の完成披露試写会が4月26日に丸の内ピカデリーで開催。橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、山田監督が舞台挨拶に登壇した。『東京家族』(13)から家族を演じるのが3作目となったキャスト陣が、和気あいあいと絶妙な掛け合いを繰り広げた。 【写真を見る】蒼井優は、キュートなプリントのワンピースで登壇 林家が「はっきり言えば、山田監督より怖いのが蒼井優さんだなと。何となく悪魔に近いような。人のNGを笑うし、勝手に打ち上げの場所を私の家に決めてしまったりして」と恨み節。蒼井の夫役の妻夫木は「すみません。うちの嫁が迷惑をおかけしました」と謝罪し、会場は爆笑。 それを受け、山田監督が妻夫木に「“嫁”という言い方、君の中にも何かあるからだね」と勘ぐると、妻夫木は「気をつけます」と苦笑いした。 蒼井は「正蔵さん家での打ち上げは橋爪さんが言ったんです」と反論すると、橋爪が「言ってないよ」と大慌て。蒼井は笑いながら「全部あの人が黒幕です」としれっと言い放つと、橋爪は「あなた、地獄に落ちるよ」とつぶやき、会場は爆笑の渦となった。 妻夫木は蒼井について「前作の時は結婚するという緊張感があったのですが、それが取れてリラックスした感じで入っていけました」と、2作目ならではの距離の縮まりに安堵感。蒼井は妻夫木について「前作で...more
in English
カテゴリー:

林家正蔵、山田洋次監督より怖いのは蒼井優「人のNGを笑う」 - 04月26日(水)19:31 

 落語家の林家正蔵(54)、女優の蒼井優(31)が26日、都内で行われた映画『家族はつらいよ2』完成披露試写会に出席。客席へ向けて、林家は「はっきり申し上げまして、山田洋次監督より怖いのは蒼井優さん。悪魔に近いような…人のNGを笑う、勝手に打ち上げの場所を私の家と決め手しまう。いろんなことがありました」と突然の暴露。隣でニコニコ聞いていた蒼井は「名前に“優しい”という字が入っている蒼井優です」と返して笑わせた。  共演の妻夫木聡(36)の結婚パーティーを林家の家ですることになったようで、蒼井は「あれは橋爪(功)さんが言ったんですよ。あの人が黒幕です」と裏側を明かすと、橋爪は「コラ、言ってないよ」と苦笑。蒼井の夫を演じた妻夫木は、林家へ「すみません、うちの嫁が」と頭を下げるなど、抜群のチームワークを披露。蒼井は「こうしてリラックスしてお話しできるのも、続編をやらせてもらったから」と話していた。  同作は、熟年離婚を巡り、一家の悲喜こもごもを描いたコメディードラマの続編。離婚危機を乗り越えた平田家の面々が、父親の同級生が来訪したのを機に新たな騒動を巻き起こす。山田監督は「もう一回みんなに会いたかった」と続編製作の思いを明かし、「親戚がまた集まったような幸せな感じで、僕もうれしかった」と撮影を振り返った。  そのほか、吉行和子(81)、西村雅彦(56)、夏川結衣(48)、が出席した...more
in English
カテゴリー:

福山雅治と役所広司が弁護士と殺人犯役で対峙する『三度目の殺人』特報解禁 - 04月21日(金)14:09 

興収32億円の大ヒットとなった『そして父になる』の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、福山の相手役を役所広司が演じる『三度目の殺人』。この映画の特報とティザービジュアルが解禁となった。 本作は、是枝監督が近年描いてきたホームドラマとは一転、かねてより挑戦したいと考えていたという法廷心理ドラマ。真実は必要ないと信じる弁護士・重盛役を福山、重盛に対峙する殺人犯・三隅役を役所が演じるほか、物語の鍵を握る少女で被害者の娘・咲江役に、『海街diary』に続く是枝作品となる広瀬すず、被害者の妻役に斉藤由貴、重盛と事件解明に奔走する司法修習の同期弁護士役に吉田鋼太郎、重盛の事務所に所属する若手弁護士役に満島真之介、本事件の担当検察官役に市川実日子、重盛の父親で、30年前に三隅が関わった事件の裁判長だった男役に橋爪功が扮する。 解禁となった特報は「自白してるんだろ? だとしたら間違いなく死刑だろう」というセリフからスタート。真実なんていらないと信じる弁護士・重盛(福山雅治)にとって、それは、ありふれた裁判のはずだった。殺人の前科がある三隅(役所広司)が解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴されたのだ。 犯行も自供し、死刑はほぼ確実だった。しかし、調査を進めるにつれ、重盛の中で違和感が生まれていく。「本当は何で殺したと思っているんですか? 本当のことには興味ないかな、重盛さんは」...more
in English
カテゴリー:

福山雅治と役所広司が緊迫の対じ 是枝裕和監督「三度目の殺人」特報 - 04月21日(金)08:00 

 福山雅治と役所広司が初共演する是枝裕和監督の最新作「三度目の殺人」の真っ白な雪景色と鮮烈な赤色の文字のコントラストが印象的なティーザービジュアルと特報が、公開された。 ・【動画】「三度目の殺人」特報  是枝監督がオリジナル脚本で描く法廷心理ドラマ。真実は不要だと信じていた弁護士の重盛(福山)にとって、2度目の殺人を自供した三隅(役所)の死刑はほぼ確実だった。しかし、面会を重ねるたびに動機さえ二転三転するため違和感が膨らんでいき、初めて心の底から真実を知りたいと願うようになる。  特報では、現代最高峰の作曲家・ピアニストと称されるルドビコ・エイナウディによる「滴る雫」の調べで緊迫感が高まる中、重盛と三隅の視線が面会室のガラス越しに絡み合う。「本当のことには興味ないかな、重盛さんは」という三隅のささやきが、衝撃の真実への渇望をかき立てる。  また被害者の娘で、物語の鍵を握る少女を演じた広瀬すずをはじめ、被害者の妻役の斉藤由貴、重盛と事件解明に奔走する弁護士に扮した吉田鋼太郎、同僚の若手弁護士役の満島真之介の姿も映し出される。そのほか、市川実日子、橋爪功らが共演する。  「三度目の殺人」は9月9日公開。 【作品情報】 ・三度目の殺人 【関連記事】 ・【動画】「三度目の殺人」特報 ・是枝裕和監督、法廷心理劇で開拓する新境地 ・“弁護士”福山雅治VS“殺人犯”役所広司、是枝裕...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「橋爪功」の画像

もっと見る

「橋爪功」の動画

Wikipedia

橋爪 功(はしづめ いさお俳優の中には有職読みで「はしづめ こう」と呼ぶ者もある。、1941年9月17日 - )は日本俳優演劇集団 円代表、円企画所属。身長168cm、体重63kg。O型。

経歴 生い立ち

大阪・東住吉区に生まれた斎藤明美家の履歴書 男優・女優篇140頁。路地奥の上下に二間、内風呂と小さな庭のある借家で育つ。父・徳松は和歌山県の海南出身。母・きぬは愛人であり、父には本妻が別にいた。11才上の兄はいったん母親の兄の籍に入った後、父の籍に入ったので、当初は功が母の戸籍上では長男となっていた。功が物心ついた頃は父・徳松は大阪電気商会という会社の重役を務めていた。功も兄もしょっちゅう本宅に行き、父が会社から本宅に帰る時は、お土産とかを取りにいった斎藤明美家の履歴書 男優・女優篇142頁。“イヤな思い”をしたことはなかった。

学生時代

中学2年で父親を亡くす斎藤明美家の履歴書 男優・女優篇143頁。父の本妻は病弱だったため、父の死後まもなく亡くな...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる