「橋本裕志」とは?

関連ニュース

『こんな夜更けにバナナかよ』大泉洋主演で映画化 高畑充希&三浦春馬と初共演 - 04月23日(月)05:00 

 俳優の大泉洋(45)が、渡辺一史氏の書籍を映画化する『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(今冬公開)に主演することが22日、わかった。12歳の時、筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを発症しながらも、信じられないバイタリティーで人生を駆け抜けた鹿野靖明さん(1959年12月26日札幌市生まれ~2002年8月12日逝去)の実話を映画化。北海道で生まれ育ったという共通点を持つ鹿野さんを演じるに際し、初めて車イスと介助を受ける役に挑戦。高畑充希(26)、三浦春馬(28)がボランティア役で出演し、3人は初共演を果たす。 前田哲氏の監督作品  夜中に突然「バナナが食べたい!」と言い出すなど、ときには度を超えるワガママぶりを見せながらも、自らの夢や欲に素直に生き、みんなに愛され続けた鹿野さんと、彼を支えながら共に生きたボランティアたちと家族の実話の物語。  『ブタがいた教室』『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』など、「命」をテーマに描くことをライフワークとする前田哲氏が監督を務め、大泉とは映画で16年ぶりにタッグを組む。脚本は『映画 ビリギャル』『テルマエ・ロマエII』などの橋本裕志氏。オール北海道ロケ作品として、札幌市などの全面協力のもと、5月下旬から7月上旬にかけて撮影を行う。  脚本を読み、鹿野さんの生き様に衝撃を受けたという大泉は「『障がいがあるから』と遠慮する...more
カテゴリー:

大泉洋×高畑充希×三浦春馬で「こんな夜更けにバナナかよ」映画化!笑いと涙の実話描く - 04月23日(月)05:00 

 大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した、渡辺一史氏による書籍「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」が実写映画化されることになり、大泉洋が主演、高畑充希と三浦春馬が共演することがわかった。オール北海道ロケを敢行し、涙と笑いに満ちた実話を描き出す。  筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを12歳で発症したが、愛のままに、ワガママに生き抜いた実在の人物・鹿野靖明氏の生涯が題材。北海道の医学生・田中は、ボランティアとして、体が不自由な鹿野と知り合う。病院を飛び出し、自ら集めた大勢のボランティアや両親に支えられている鹿野は、夜中に突然「バナナが食べたい」と言い出すなど、王様のような超ワガママぶりを見せる一方で、どこか憎めない愛されキャラだった。ある日、鹿野は新人ボランティアの美咲に惚れ、田中にラブレターの代筆を依頼。しかし、美咲は田中と付き合っており、奇妙な三角関係が大騒動に発展していく。さらには鹿野の病状が徐々に悪化。体はますます衰えるなか、鹿野には、生きているうちにどうしても叶えたい夢があった。  ときには度を超えたワガママを言いながらも、自らの夢や欲に素直に生き、周囲に愛され続けた鹿野を、大泉が演じる。車イスを使用し介助される役どころは初挑戦だが、「脚本を読ませて頂いて、まず鹿野靖明という人の生き様に衝撃を受けました」と...more
カテゴリー:

「橋本裕志」の画像

もっと見る

「橋本裕志」の動画

Wikipedia

橋本 裕志(はしもと ひろし、1962年2月5日 - )は日本脚本家北海道出身#195&196は橋本裕志さん カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)2011年7月15日。北海道旭川北高等学校小樽商科大学卒業。

1989年、とっておき Virgin Love! 童貞物語3(バンダイ)で脚本家デビュー。その後浦沢義雄の紹介で、アニメの脚本・シリーズ構成などに携わる。1998年のショムニ以降は実写作品中心となる。

作品 アニメ

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる