「橋本じゅん」とは?

関連ニュース

『おんな城主 直虎』 家康はついに武田との長篠決戦へ 留守居を命じられた万千代は… - 10月21日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第41話「この玄関の片隅で」。草履番の後釜を育てることになった万千代(菅田将暉)らは、やってきたノブ(六角精児)の振る舞いに失望するが、ノブは徐々に持ち味を発揮し始める。直虎(柴咲コウ)は松下家から帰還した六左衛門(田中美央)を近藤(橋本じゅん)の家臣とするため尽力。そんななか武田軍の遠江侵攻が始まる。家康(阿部サダヲ)が戦支度のため大量の材木を必要としていると聞きつけた万千代は、初陣を飾るため材木の切り出しを井伊に要請。それを聞き直虎は家康に書状を届ける。材木は近藤家のものであるため万千代の申し出に乗らず、役目を近藤に託してほしいとの内容に家康は納得する。【関連】『おんな城主 直虎』第42話フォトギャラリー 今週放送の第42話「長篠に立てる柵」では、家康はついに武田との決戦地・長篠へと出陣する。直虎がその動きを阻んだため、万千代は家康から留守居を命じられることになる。 長篠では家康と合流した信長(市川海老蔵)が、鉄砲を用いた奇策を披露していた。この戦に徳川勢として参戦していた直之(矢本悠馬)と六左衛門は不足していた材木を調達した功が認められ、信長と対面することになるが…。 今回の注目は、家康と瀬名(菜々緒)の間に生まれた嫡男の信康(平埜生成)。勇猛な武将であるだけではなく、跡継ぎとしても優れた素養を身につけており、家康にとっては...more
カテゴリー:

『おんな城主 直虎』、小姓になるため草履番の後釜を育てることになった万千代だが… - 10月14日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第40話「天正の草履番」では、井伊の家名を再び立てる代わりに草履番の役目を申し付けられた万千代(菅田将暉)。慣れない仕事に悪戦苦闘していたが、草履棚を作るなどの工夫で次第に評価を上げていく。一方、井伊家の再興を望まない直虎(柴咲コウ)は浜松城で万千代と対峙。それを見た家康(阿部サダヲ)は直虎を呼び、本心を明かす。草履番に起用したのは万千代が「叩かれれば叩かれるほど奮い立つ」性格であると判断したからで、武将として大きく育てたいという。その後、直虎は万福(井之脇海)から井伊家再興にかける万千代の思いを聞く。【関連】『おんな城主 直虎』第41話フォトギャラリー 今週放送の第41話「この玄関の片隅で」では、小姓になるための条件として草履番の後釜を育てることになった万千代と万福の元にやってきたのは、見た目さえないノブ(六角精児)という中年男だった。一方、直虎は松下家から帰還した六左衛門(田中美央)を近藤(橋本じゅん)の家臣とするため尽力していた。 そんな中、武田軍の遠江侵攻が始まる。家康が戦支度のため大量の材木を必要としているという情報を聞きつけた万千代は、初陣を飾るため材木の切り出しを井伊に要請するが…。 甲斐の虎と恐れられた信玄(松平健)がこの世を去り、勝頼(奥野瑛太)が跡を継いだ武田家。勝頼は父の遺志を継いで攻め上り、ふたたび三河、遠...more
カテゴリー:

高橋一生「視力は2.0」 メガネは役作りや瞳のケアで愛用 - 10月12日(木)10:51 

 いまメガネの最も似合う各界の著名人に贈られる「第30回 日本 メガネ ベスト ドレッサー賞」表彰式が11日、東京都内で行われ、芸能界部門(男性)で受賞した高橋一生がメガネ姿で出席した。  賞状とトロフィーのほか、副賞として数々のメガネを贈られた高橋は「とてもうれしいのですが、僕は視力が2.0」と驚きの告白。冒頭から会場の笑いを誘うと、「でもメガネは昔から使わせてもらっていて、お芝居をする上でも表情のひとつになっていると思う」とメガネ愛用者であることを明かした。  「20代半ばくらいから集め始めて、少しずつたまっていった。昔から勧められていたUVカット加工の透明なメガネをかけている」と瞳のケアアイテムとしても頼っているという高橋。 おしゃれだけでない、メガネの持つ様々な魅力をアピールし、「これからもひとつのメガネという作品を作り続けてください」とメガネ業界にエールを送り、会場から大きな拍手を浴びていた。【関連記事】 ・【インタビュー】「THIS IS US 36歳、これから」高橋一生「家族や恋人、兄弟という題材をストレートにやる熱意に感銘を受けました」 ・「政次の最期については、高橋一生くんと話して、僕なりにお芝居でお別れをさせてもらいました」橋本じゅん(近藤康用)【「おんな城主 直虎」インタビュー】 ・高橋一生、海外ドラマ吹き替え初挑戦 「国の違いを越えて感動が伝わる作品」 ・高...more
カテゴリー:

【ドラマ】おんな城主 直虎:第38回「井伊を共に去りぬ」視聴率11.7% “虎松”菅田将暉が登場 - 09月25日(月)12:46  mnewsplus

2017年09月25日 おんな城主 直虎:第38回「井伊を共に去りぬ」視聴率11.7% “虎松”菅田将暉が登場  女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第38回が24日に放送され、平均視聴率は11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。成長した虎松(万千代/直政)とした菅田将暉さんも登場した。  「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。幕末の大老・井伊直弼の先祖で、徳川家康の重臣・井伊直政の養母にあたる主人公・直虎(柴咲さん)が、男の名で家督を継ぎ、...
»続きを読む
カテゴリー:

松井玲奈 女優業に邁進、30歳までの目標の一つは「劇団☆新感線の作品に出ること」 - 10月16日(月)20:35 

タレントの松井玲奈が自身のアメブロで、女優としての目標を明かしている。 松井はSKE48卒業後、女優としての活動に注力。2017年も、映画「笑う招き猫」で主演、舞台「ベター・ハーフ」で本多劇場に立つなど様々な経験を積んだ。そんな松井は14日のアメブロで、劇団☆新感線で現在上演中の舞台「髑髏城の七人 風」を観劇したことを報告し、「花鳥風月の風までコンプリート中です。同じ髑髏城のお話なのに、出演者と細かい演出が違うと作品の色が変わる。そこが面白いところでもありますね。」「今回は松山ケンイチさんが一人二役つとめているところが注目ポイントなのかな。織田信長っぽくて素敵でした。」と感想をつづった。 劇団☆新感線は、いのうえひでのり演出の舞台を上演する劇団。派手な音楽や照明を使ったエンターテーメント性の高い演出が特徴で、団員には俳優の古田新太、橋本じゅん、高田聖子などがいる。松井はこれまで、劇団☆新感線の舞台を何回も観劇し、その度にアメブロに感想をアップしていたが、今回のアメブロでは「私の目標のひとつは、30歳までに新感線の作品に出ること。他にも目標はいろいろさ。」と劇団☆新感線出演が目標であることを明かした。 これを見たファンからは、「頑張っていますね!目標を立てるのは!とても!大事ですよ!!!」、「目標や夢が叶えられるよう願ってるし、応援してるからね。」、「いつか玲奈が劇団新感線...more
カテゴリー:

高橋一生、優香と夫婦役 平泉成と家族で軽快トーク 自宅お鍋デート風WEB動画で斬新な〆レシピ提案 - 10月13日(金)04:10 

 ミツカン「〆まで美味しい鍋つゆ」シリーズの新CM「焼あごだし鍋つゆ~夫婦の鍋つゆライフ篇~」、「こなべっち焼あごだし鍋つゆ~夫婦の鍋つゆライフ篇~」に優香、高橋一生が夫婦役で出演し、平泉成を交えて家族の掛け合いを披露する。また、高橋が出演する4本のWEB動画「一生さんと〆チェン」シリーズでは、自宅での“お鍋デート”風のシチュエーションで新しい「〆チェン」レシピを提案している。  WEB動画「一生さんと〆チェン」は、高橋がいつもとは一味違った「〆チェン」メニューを振る舞い、まるで自宅で一緒にお鍋を楽しんでいるかのような感覚が味わえるというもの。お鍋の湯気越しにのぞく高橋の和やかな笑顔が印象的で、より自然な表現になるようアドリブも交えつつ、ほぼ一発OKの撮影になったという。  第1弾「~焼あごだし鍋つゆ篇~」では、高橋がお鍋の〆にたこ焼きを入れるという衝撃の「〆チェン」メニュー「焼あごだしの明石焼き風」を提案。そのほか3つの味種の「〆チェン」メニューを紹介するWEB動画第2弾~第4弾も、近日公開予定となっている。  また、新CMでは夫婦役の優香と高橋に加え、優香の父親役として平泉も家族の一員に。お鍋を囲んだ仲良し夫婦とお父さんによる3人の掛け合い、軽快なトークが見どころとなっている。  WEB動画第1弾は10月13日正午に公開。新CMは14日から全国でオンエア。【関連記事】 ・高橋一...more
カテゴリー:

「直虎」和田正人、常慶の感情が表に出たことの喜びを明かす - 10月11日(水)00:00 

和田正人が、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中。諸国を行脚しながら情報を集めている山伏・松下常慶を演じている。 【写真を見る】常慶は、虎松(菅田将暉)が井伊を名乗ったことに大きな衝撃を受ける。そしてその後、隠されていた感情が表に出るように/(C)NHK 徳川家康(阿部サダヲ)からの情報を直虎(柴咲コウ)に伝える役目を担う常慶は、その任務上、感情を表に出すような人物ではなかったが、第39回(10月1日放送回)からは、虎松(菅田将暉)との関わりの中で感情を表に出すシーンも登場するように。そんな役どころに変化が生まれてきた常慶役の和田に、演じる上でのこだわりなどを聞いてみた。 ――「―直虎」に出演が決まった時の気持ちを教えてください。 ミュージシャンの方が紅白(歌合戦)にいつか出たいと思う心境に近くて、大河ドラマというものが俳優という職業にとっての紅白だと思っています。その大河ドラマへ出演が決まって、プレッシャーがとても強かったんですけれども、喜びも大きく、「ここまでようやくたどり着いたな」という1つの目標を達成した感じがありました。 また、僕の役者人生の転機になった作品、連続テレビ小説「ごちそうさん」(2013年、NHK総合ほか)の制作統括である岡本幸江さんと脚本家・森下佳子さん、そして音楽の菅野よう子さんが再びタッグ組んだ作品に...more
カテゴリー:

「橋本じゅん」の画像

もっと見る

「橋本じゅん」の動画

Wikipedia

橋本 じゅん(はしもと じゅん、1964年2月25日 - )は、日本俳優声優。本名・旧芸名橋本 潤(読み同じ)。兵庫県神戸市東灘区出身。スタッフ・ポイント、劇団☆新感線所属。血液型はB型。

来歴・人物

大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科卒業。大学在学中の1985年、舞台銀河旋風児SUSANOHより劇団☆新感線に参加。以降、同劇団の看板俳優として活躍するほか、外部公演にも多数出演。1992年、NHK連続テレビ小説ひらりで、熱狂的阪神タイガースファンの医師・小林雅人を演じ、お茶の間での知名度が上がる。1993年には阪神戦での始球式にも立った。

参加10年を機に劇団を休団。1996年、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる