「橋本さとし」とは?

関連ニュース

2018年の顔横山だいすけ、ピクサー新作「リメンバー・ミー」吹き替え声優に! - 01月18日(木)04:00 

 “うたのお兄さん”として親しまれ、日経トレンディがブレイク予想する“2018年の顔”に選ばれた横山だいすけが、ディズニー/ピクサーの新作「リメンバー・ミー」の日本語吹き替え版声優を務めていることがわかった。主人公ミゲルの父役として参加しており、「小さいころからディズニー作品が大好きで、いつか関わることができたらいいなと言い続けてきたので、決まってから楽しみでしょうがなかったです!」と喜びを明かした。  1年に1度だけ他界した家族に会えるメキシコの祝日“死者の日”を題材にした、笑いと感動のミステリーアドベンチャー。一族のおきてで大好きな音楽を禁止されたギター少年ミゲルが、憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスの霊廟に飾られていたギターを手にしたことをきっかけに、まるでテーマパークのように楽しく美しい死者の国へと迷いこみ、冒険するさまを描いた。  そのなかで、18年のさらなるブレイクに期待を寄せられる横山が、ミゲルの夢に理解を示しながらも、代々続く家業・靴職人を継いで欲しいと願う父に声を吹き込む。アフレコでは「自分ではない誰かを演じるにあたり、間が違うといいますか。どう話せばいいんだろう、どうすればパパのようになれるのだろう、とすごく悩んだ」と悪戦苦闘したようだが、「非常に勉強になりました。それが自分の引き出しになって、これから色々な歌や演技をするなかでどんどん活きて来るのではな...more
カテゴリー:

中川翔子、舞台ヒロインに全力投球 「今までのように勢いだけではいけない」 - 01月12日(金)10:05 

 Japanese Musical「戯伝写楽 2018」の本番直前会見が11日、東京都内で行われ、出演者の橋本さとし、中川翔子、小西遼生、壮一帆が出席した。  「写楽は女だった!?」という発想のもと2010年に初演された日本オリジナルミュージカル「戯伝写楽」を、装い新たに上演。わずか10カ月の間に145点余の作品を残し、突然姿を消した浮世絵師・東洲斎写楽の謎に迫りながら、当時の芸術家たちの人間模様を描く。  とにかく絵を描くことが大好きなヒロインおせいを演じる中川は、「そうそうたる舞台のスターの皆さんが集う中でヒロインをやらせていただくことは、人生最大の挑戦、難易度。これが人生のターニングポイントです」などと興奮気味に語った。さらに、「30代はスキルがあってこそ。ここからは淘汰されていくので、今までのように勢いだけではいけない。この舞台でおせいを深く演じられるかどうかが今後にかかっている。本当に必死です」とぶっちゃけ、笑いを誘った。  主役・斎藤十郎兵衛を演じる橋本は、中川の印象を聞かれると「とても正直で真っ直ぐな芝居をされる方。こちらが何かを投げればパッと応えてくれる」と絶賛。「すごく難しい役なのですが、日本でおせいはこの子しかいない。一緒にできてよかった」と笑顔を見せた。対する中川も「私にとって、橋本さとしさんは伝説の男。舞台の世界、声のお仕事で“橋本さとし”という名前があるだ...more
カテゴリー:

藤木直人・松雪泰子、ディズニー/ピクサー作品の吹き替え初挑戦 歌も披露 - 01月12日(金)04:00 

 先日発表された『第75回ゴールデン・グローブ賞』でアニメ作品賞を受賞した、ディズニー/ピクサーの長編アニメーション最新作『リメンバー・ミー』(3月16日公開)の日本語吹替版に、俳優で音楽活動もしている藤木直人と女優の松雪泰子が参加していることがわかった。二人ともディズニー/ピクサー作品の声優は初挑戦となる。 【動画】エンドソングはシシド・カフカ、日本版予告  陽気でカラフルな“死者の国”に迷い込んだ、ミュージシャンを夢見る少年ミゲルが、元の世界に戻るため、ガイコツのヘクターと大冒険を繰り広げる。やがて二人がたどり着くのは、ミゲルの家族の驚くべき“秘密”。すべての謎を解く鍵は、今は亡き伝説のスター、エルネスト・デラクルスが歌うミゲルの大好きな曲「リメンバー・ミー」に隠されていた。時を越えて家族をつなぐ奇跡の歌と、何世代もつながってきた家族の絆を描いた物語。  藤木が担当するのは、主人公の相棒となるガイコツ、へクター。日の出までに元の世界へ帰らないと「永遠に家族に忘れられてしまう」という最大のピンチに立たされたミゲルに手を差し伸べる。お調子者で陽気なヘクターだが、実は彼にも「家族に会いたい…」という切なる思いがあり、ミゲルに“ある願い”を託したいと考えていた。  藤木は「ピクサー作品をやってみたいという思いがあったので、うれしい反面、決まったからにはやらなきゃという責任感とプ...more
カテゴリー:

ミュージカル界の三銃士Mon STARSが臨む2年ぶりのコンサート - 01月09日(火)18:00 

ミュージカル『三銃士』(2011年)の三銃士役(アトス・アラミス・ポルトス)での共演をきっかけに、橋本さとし、石井一孝、岸祐二の3人が結成したユニット“Mon STARS”。彼らの3度目となるコンサートが、2018年2月20日(火)から22日(木)まで、東京・Bunkamura オーチャードホールで開催される。【チケット情報はこちら】(PC)コンサート初日の2月20日(火)には、初のミニアルバム『Lights and Shadows』をリリース。橋本のソロ曲『クリスタルの天使』(『三銃士』より)や、岸のソロ曲『ブイ・ドイ』(『ミス・サイゴン』より)、『レ・ミゼラブル』の名曲『Bring Him Home』など、全6曲が収録されており、これらがコンサートの中心ナンバーとなる予定だ。特にMon STARSらしさが光るのが、石井のソロ曲となるQUEENの「The Show Must Go On」。「実は僕ら3人ともハードロックが大好きだし、心からリスペクトしているのに、今まであまり歌ってこなくて……」と橋本が切り出すと、岸も「ドラマチックで舞台人の僕らにはぴったり。本番前に必ず聴く曲のひとつです」と続ける。フレディ・マーキュリーを敬愛する石井も、「Mon STARSの個性として打ち出せる一曲。ぜひ僕たちの熱いQUEENを体感してください!」と語気を強める。また3人が「名曲生まれちゃいまし...more
カテゴリー:

中川翔子「30代はスキルがあってこそ」と今後の芸能生活に危機感 - 01月12日(金)11:30 

タレントの中川翔子が11日、東京・池袋の東京芸術劇場で行われたミュージカル『戯伝写楽 2018』の記者会見に橋本さとし、小西遼生、壮一帆とともに出席した。
カテゴリー:

ピクサー新作「リメンバー・ミー」吹き替え声優に藤木直人&松雪泰子! - 01月12日(金)04:00 

 藤木直人と松雪泰子が、ディズニー/ピクサーの新作「リメンバー・ミー」の日本語吹き替え版声優を務めることがわかった。藤木は主人公ミゲルが“死者の国”で出会うガイコツのヘクター、松雪はミゲルのひいひいおばあちゃん・イメルダに声を吹き込み、ともにディズニー/ピクサー作品の声優に初挑戦している。  1年に1度だけ他界した家族に会えるメキシコの祝日“死者の日”を題材にした、笑いと感動のミステリーアドベンチャー。一族のおきてで大好きな音楽を禁止されたギター少年ミゲルが、憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスの霊廟に飾られていたギターを手にしたことをきっかけに、まるでテーマパークのように楽しく美しい死者の国へと迷いこみ、冒険するさまを描いた。  「モンスターズ・インク」「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチ監督が手がけた今作は、全米映画ランキングで3週連続1位を獲得。物語の舞台でもあるメキシコでは同国歴代興行収入1位となったほか、中国では204億円を突破し、全世界で約665億円を稼ぐ大ヒットを記録している。さらに第45回アニー賞では最多13部門ノミネート、第75回ゴールデングローブ賞ではアニメーション映画賞受賞を果たしており、“ピクサー最高傑作”の呼び声も高い。  藤木演じるヘクターは、日の出までに元の世界へ帰らないと「永遠に家族に忘れられる」という窮地に瀕したミゲルに、手を差し伸べ...more
カテゴリー:

藤木直人&松雪泰子、ピクサー最新作『リメンバー・ミー』日本版声優に決定 - 01月12日(金)04:00 

 ディズニー/ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』から日本版声優が発表され、主人公のミゲルがカラフルな“死者の国”で出会うガイコツのヘクター役を俳優の藤木直人が、家族に音楽を禁じたミゲルのひいひいおばあちゃんイメルダ役を女優の松雪泰子が務めることが発表された。【関連】「藤木直人」フォトギャラリー 藤木が演じるヘクターは、ミゲル(石橋陽彩)が迷い込んだカラフルな“死者の国”で出会い、共に冒険する重要なキャラクター。ディズニー/ピクサー作品の声優に初挑戦となる藤木は「ピクサー作品をやってみたいという想いがあったので、嬉しい反面、決まったからにはやらなきゃという責任感とプレッシャーがありました」と心境を吐露。家族がテーマの作品ということもあり、アフレコのエピソードとして「劇中では祭壇に家族の写真を飾ったりしていたので、アフレコの時には子供たちの写真を台本に貼ってやってました」とも明かしている。 一方、松雪が演じるミゲルのご先祖ガイコツ(ひいひいおばあちゃん)・イメルダも物語のカギを握るキャラクターだ。藤木とともにディズニー/ピクサー声優に初挑戦となった松雪は、「なんといっても曲が素晴らしくて、聴いているだけで胸を打たれました。自然と涙がこぼれてくる力強さがあり、言葉もスッと魂に刺さってくるようでした。カラフルな色彩が全編通して続くのも観ていてワクワクしました」と本作を絶賛。また「家族とは...more
カテゴリー:

中川翔子、常盤貴子&鈴木砂羽と猫好き女子会を開催「時が経っても集まれて幸せ」 - 01月08日(月)11:27 

タレントの中川翔子が7日、自身のアメブロを更新。NHK朝ドラ『まれ』で共演した常盤貴子、鈴木砂羽と女子会を行ったことを報告した。 『まれ』は2015年放送の朝ドラで、パティシエを目指すヒロイン・希の成長物語。常盤は希の母親、鈴木は希の同級生の母親、中川は惚れっぽい恋多き女、小原マキを演じていた。 「まれ 婦人会!朝ドラ まれ で大人女子たちで仲良くさせていただき、久々にまれ婦人会でした!」と報告した中川。常盤の自宅で行われたといい、「いっぱいおしゃべりお肉食べて楽しかったです!こうして時が経っても集まれて幸せ。猫好き女子会!」と3ショットを公開した。 常盤の飼い猫の写真や抱っこする写真も公開。中川と鈴木も猫を飼っていることから、「やっぱりわたしとさわさんからほかの猫たちのにおいがするみたい ずっとにおいかぎまくらるた!わはは」(原文ママ)と、常盤の飼い猫から警戒されたこともつづっている。 【関連記事】 ・「まれ婦人会」(中川翔子オフィシャルブログ) ・中川翔子の描いた漫画が「コロコロアニキ」に掲載、人生を描く ・中川翔子 “すごい伝説のお方”橋本さとしとの2ショット公開 ・中川翔子、愛猫の“マミタス”のお別れ会「いつか生まれ変わって会える日まで」 ・中川翔子 愛猫・マミタスの四十九日迎え心境吐露「お仕事をとにかくがんばるしかない」
カテゴリー:

「橋本さとし」の画像

もっと見る

「橋本さとし」の動画

Wikipedia

橋本 さとし(はしもと さとし、本名:橋本 哲、1966年4月26日 - )は、日本俳優声優及び歌手である。大阪府枚方市出身。大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科卒業。血液型はO型。キューブ所属。身長184cm、体重77kg。

略歴・人物

1989年、劇団☆新感線の公演でデビュー。その後も多くの作品に出演、1996年の野獣郎見参!では主役を務めた。1997年に直撃!ドラゴンロック〜轟天〜公演を最後に劇団を退団。その後も多方面で活動、ミュージシャンとしての顔も覗かせている。

劇団時代は橋本じゅんとゲーム餓狼伝説シリーズで兄弟役の声を担当するなどコンビでの活動も多かった。両者に血縁関係はないが、大学の先輩後輩の仲である。

2005年に笑っていいとも!に登場した際は、「しばらく悪役でしかドラマに出ていない」とも語っていたが、現在は悪役以外での登場も多い。さらに言えば彼が2000年に声優を務めていた...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる