「橋下徹」とは?

関連ニュース

今の天皇もそろそろ寿命で死ぬし平成の次の元号は何がいいと思う? - 04月29日(土)22:20 

橋下氏が安倍首相に呼びかけ「米朝我慢比べ止めて」  橋下徹前大阪市長が29日、北朝鮮のミサイル発射を受け、ツイッターを更新し「トランプ氏と金正恩とのチキンレース(我慢比べ) を止めることができるのは、安倍首相しかいない」「一時沸き起こる弱腰批判に耐えてでも、トランプ氏にチキンレースを止めさせるべき」と訴えた。  橋下氏は韓国・ソウルに滞在中とみられ、この日の朝の状況を「皆、普通」ともツイート。「ソウル市民は、北朝鮮のミサイル発射実験を脅威に感じていない。 アメリカの攻撃による北朝鮮の暴発だ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

橋下徹「勝谷だか負谷だか知らんが、こんな奴が兵庫県知事なんかやったら兵庫は終わり。」 - 04月29日(土)16:30 

勝谷だか負谷だか知らんが、こんな奴が兵庫県知事なんかやったら兵庫は終わり。 橋下徹 https://twitter.com/t_ishin/status/858214753117675520 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

森友学園、なぜ許可を出した「日本維新の会」が追求されないのか - 04月28日(金)04:45 

籠池夫妻が財務省幹部らと面会した際の音源が公開されるなど、新たな展開を見せ始めた森友学園問題。しかし所属議員が執拗にその議論の打ち切りを促すような発言を国会で繰り返すなど、問題の「お膝元」の知事が代表を務める日本維新の会は、疑惑の火消しに躍起となっています。元メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、森本学園の「愛国小学校」認可の裏に籠池氏とつながりを持つ議員たちの活動があったことは事実だろうと推測した上で、維新の会は疑惑解明の責任を担うべきであると論じています。 維新が担うべき森友疑惑解明への責任 日本維新の会の足立康史衆院議員は、政治的力量とは無関係に著名である。政府に質問できる貴重な時間を割いてまで、民進党などへの罵倒を毎回のように続け、政界の「暴言男」と異名をとる。 4月19日の衆議院外務委員会では、その矛先が朝日新聞に向けられた。 足立議員「朝日新聞はだめですね。レッテル貼りが激しい、悪意のある報道について対応していきたい」 質問の冒頭がこれである。朝日が何を書いたかというと、足立議員が安倍官邸の「下命」に従って国会の質疑をしているという内容、つまり彼自身に関することだ。その記事の一部。 「…維新の皆さん、よろしく頼みますよ」。長谷川栄一首相補佐官は、日本維新の会の足立康史衆院議員との酒席でこう伝えた。2人とも経済産業省出身。長谷川氏が14年先輩にあたる...more
in English
カテゴリー:

Xデーは近いのか!?石破茂、前原誠司に聞く“日本が取るべき行動” - 04月24日(月)10:47 

橋下徹・前大阪市長と羽鳥慎一のタッグでさまざまな討論企画を行っている『橋下×羽鳥の番組』(テレビ朝日系列、毎週月曜23:15~ ※一部異域を除く)。今夜4月24日の放送では、「Xデーは近い!? 日本では報道されない北朝鮮の真実!徹底解明SP」と題して、緊迫化する北朝鮮情勢に着目。自民党の石破茂元防衛大臣と民進党の前原誠司元外務大臣らをゲストに迎え、北朝鮮をめぐる国際情勢を徹底分析する。番組では、石破、前原両氏のほかに、ジャーナリスト・木村太郎氏、東海大学教授・金慶珠氏、経済評論家・森永卓郎氏、モデル、女優・堀田茜もパネラーとして出演。世界各国の北朝鮮情勢に関する報道をひもときながら、近々訪れるといわれる“Xデー”について実際のところはどうなのか、さらには日本が取るべきスタンスについて考えていく。石破氏は、昨年9月にこの番組に出演経験があり、今回が初登場となる前原氏は「この番組はもちろん見ていましたよ! どうして呼んでくださらないのかなと思っていました」と笑顔であいさつするも、討論がはじまるとオープニングの和やかさは一変。石破氏は「アメリカの武力行使の可能性をゼロと思ってはいけない」「北朝鮮が核を使うという選択肢を持っているとしたら、アメリカ本土が傷つく前にこれを除くという考えは、支持を集めるだろう」と冷静に分析する。ジャーナリストの木村氏も「時間はそんなに残っていないんです! IC...more
in English
カテゴリー:

橋下「勝谷だか負谷だか知らんが、こんな奴が兵庫県知事なんかやったら兵庫は終わり」 - 04月29日(土)23:26 

橋下徹@t_ishin 勝谷だか負谷だか知らんが、こんな奴が兵庫県知事なんかやったら兵庫は終わり。 https://twitter.com/t_ishin/status/858214753117675520 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【今回は北朝鮮の勝ち】橋下元大阪市長が安倍首相に呼びかけ「不毛な米と北朝鮮の我慢比べやめさせて」 - 04月29日(土)20:36 

橋下氏が安倍首相に呼びかけ「米朝我慢比べ止めて」  橋下徹前大阪市長が29日、北朝鮮のミサイル発射を受け、ツイッターを更新し「トランプ氏と金正恩とのチキンレース(我慢比べ) を止めることができるのは、安倍首相しかいない」「一時沸き起こる弱腰批判に耐えてでも、トランプ氏にチキンレースを止めさせるべき」と訴えた。  橋下氏は韓国・ソウルに滞在中とみられ、この日の朝の状況を「皆、普通」ともツイート。「ソウル市民は、北朝鮮のミサイル発射実験を脅威に感じていない。 アメリカの攻撃による北朝鮮の暴発だ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「官邸のラスプーチン」今井尚哉の実像! いいかげんなデータがびっしり…? - 04月29日(土)06:00 

森友問題に相次ぐ大臣の辞任にも揺らぐ気配のない安倍内閣。 そんな安倍政権を陰で支えると言われる今井尚哉(たかや)首相秘書官は、経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏の元同僚で「よく激論を交わした」相手だという。 『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の古賀氏が、今井氏に思うこととは―? * * * 森友学園スキャンダルに相次ぐ大臣失言。普通の内閣だったら総辞職してもおかしくないポカ続きだが、安倍政権が揺らぐ気配はない。その安倍「一強」内閣を陰で支えるのが、経産省出身の今井尚哉首相秘書官だ。 首相の面会スケジュールから政局対応、官邸広報、内閣の看板政策までをも一手に取り仕切る。アベノミクスや原発再稼働を首相に進言したのをはじめ、第3次安倍内閣が掲げる「一億総活躍社会」にいたっては、首相の「改造内閣の目玉政策が欲しい」とのリクエストに応え、今井氏がわずか3日でひねり出したとされている。その豪腕ぶりから「官邸のラスプーチン」という異名もあるほどだ。 その今井氏を私はよく知っている。経産省時代、経済産業政策局などで一緒に仕事をした。年も近く、入省年次は私が2年先だ。 ただ、今井氏とは考えがまったく合わなかった。経産...more
in English
カテゴリー:

橋下徹「日本も核武装すればいいんです!僕は前から言ってますよ核核」 - 04月27日(木)11:35 

日本の技術力からして潜在的に核兵器保有能力があることを示唆する。 積極的にマッチョ的に核兵器保有を主張するのではなく、消極的、受動的、臆病者的に核兵器保有を検討せざるを得ないことを示唆する。 韓国は、特に朴正煕大統領のときに、ウラン濃縮・燃料再処理技術の開発を強く望んでいたけどアメリカに拒否されてきた。 韓国は北朝鮮と隣国として直接対峙し、核兵器保有の必要性を日本なんかよりはるかに強く認識していた。日本にはそんな技術がすでにある。 そして日本がちょっと核兵器保有の話に踏み込めば、韓国ももちろ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

Xデーは近いのか!?石破茂、前原誠司に聞く日本が取るべき行動 - 04月24日(月)10:45 

橋下徹・前大阪市長と羽鳥慎一のタッグでさまざまな討論企画を行っている『橋下×羽鳥の番組』(テレビ朝日系列、毎週月曜23:15~ ※一部異域を除く)。今夜4月24日の放送では、「Xデーは近い!? 日本では報道されない北朝鮮の真実!徹底解明SP」と題して、緊迫化する北朝鮮情勢に着目。自民党の石破茂元防衛大臣と民進党の前原誠司元外務大臣らをゲストに迎え、北朝鮮をめぐる国際情勢を徹底分析する。番組では、石破、前原両氏のほかに、ジャーナリスト・木村太郎氏、東海大学教授・金慶珠氏、経済評論家・森永卓郎氏、モデル、女優・堀田茜もパネラーとして出演。世界各国の北朝鮮情勢に関する報道をひもときながら、近々訪れるといわれる“Xデー”について実際のところはどうなのか、さらには日本が取るべきスタンスについて考えていく。石破氏は、昨年9月にこの番組に出演経験があり、今回が初登場となる前原氏は「この番組はもちろん見ていましたよ! どうして呼んでくださらないのかなと思っていました」と笑顔であいさつするも、討論がはじまるとオープニングの和やかさは一変。石破氏は「アメリカの武力行使の可能性をゼロと思ってはいけない」「北朝鮮が核を使うという選択肢を持っているとしたら、アメリカ本土が傷つく前にこれを除くという考えは、支持を集めるだろう」と冷静に分析する。ジャーナリストの木村氏も「時間はそんなに残っていないんです! IC...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「橋下徹」の画像

もっと見る

「橋下徹」の動画

Wikipedia

橋下 徹(はしもと とおる、1969年(昭和44年)6月29日 - )は、日本タレント弁護士大阪弁護士会所属 登録番号25196)である。

大阪府知事(公選第17代)、大阪市長(第19代)、大阪維新の会代表、おおさか維新の会代表2015/10/02 時事通信などを歴任した。

来歴 生い立ち

東京都渋谷区で生まれた。母親が苦労して家計を支え、小学5年のころ大阪府吹田市に引っ越し、1年後には大阪市東淀川区へ移り住んだ。いずれも、手狭な府営住宅から地元の公立学校に通った。 大阪市立中島中学校入学。中1の頃、母が再婚した橋下徹twitter(2011年10月29日)。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる