「横溝正史」とは?

関連ニュース

“殺人計画”でつながった少女と少年の、奇妙で切実な共犯関係の行方は――。横溝賞受賞作『虹を待つ彼女』で話題をさらった新鋭の最新作『少女は夜を綴らない』7月21日発売! - 07月21日(金)12:00 

[株式会社KADOKAWA] [画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3473/resize/d7006-3473-222528-0.jpg ] 株式会社KADOKAWAは、逸木裕著『少女は夜を綴らない』を2017年7月21日(金)に発売いたします。 本作は、2016年に横溝正史ミステリ...
カテゴリー:

「横溝正史」の画像

もっと見る

「横溝正史」の動画

Wikipedia

横溝 正史(よこみぞ せいし、1902年(明治35年)5月24日 - 1981年(昭和56年)12月28日)は、日本小説家推理作家である。本名は同字で「よこみぞ まさし」。当初は筆名も同じ読みであったが、誤読した作家仲間にヨコセイと渾名されているうちに、セイシをそのまま筆名としたhttp://hon.bunshun.jp/articles/-/604。兵庫県神戸市東川崎(現在の中央区、神戸ハーバーランド界隈)生まれ横溝正史読本(小林信彦・編、角川文庫、2008年改版) 「年譜」参照。。

金田一耕助を探偵役とする一連の探偵小説で有名。また、薬剤師免許を持っていた。

経歴

1902年(明治35年)5月24日、兵庫県神戸市東川崎に父・宜一郎、母・波摩の三男として生まれる。父親は岡山県...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる