「標準規格」とは?

関連ニュース

IoT住宅の機能安全国際標準規格化で進捗 - 12月15日(金)09:00 

「今後はさまざまな産業と連携しながら規格を運用していきたい」などと述べる西尾氏  ミサワホーム(株)と(株)ミサワホーム総合研究所は14日、同研究所が経済産業省の委託を受けて2016年度より取り組む「スマートハウスの機能安全に関する国際標準規格案の策定」について、マスコミ向けに進捗状況を報告した。
カテゴリー:

いまどきのスマホなら当たり前、VoLTEって何?(VoLTEの謎) - 12月11日(月)05:00 

 「VoLTE(ボルテ)」とは、スマートフォン(スマホ)や携帯電話のLTEネットワーク上で音声通話を実現するための標準規格です。スマートフォンを使っている人の多くが、実は既にお世話になっている音声通話技術がVoLTEです。
カテゴリー:

VESA,HDR対応液晶ディスプレイの標準規格「DisplayHDR」を発表。対応製品は早ければ2018年に登場か - 12月12日(火)14:54 

 北米時間2017年12月11日,VESAは,HDR表示が可能なディスプレイ規格「DisplayHDR」のVersion1.0を発表した。「DisplayHDR400」「DisplayHDR600」「DisplayHDR1000」というスペックの異なる3種類の基準を設けて,HDR対応液晶ディスプレイが仕様を満たしていることを消費者に分かりやすく示すためのものだ。
カテゴリー:

ラディウス、iPhone Xでも使えるQi対応のワイヤレス充電パッド「RK-PAQ01」を発売 - 12月08日(金)14:58 

「RK-PAQ01W(ホワイト)」の使用イメージ ラディウス株式会社は、スマートフォンのワイヤレス充電パッド「RK-PAQ01」を、2017年12月13日(水)に発売する。ワイヤレス給電の国際標準規格であるQiの正規認証を収得した製品。本体カラーバリエーションには、ホワイトとブラックの2色が用意されている。価格はオープンで、市場予想価格は各4980円前後(税抜)。 本製品は、Qi対応のスマートフォンやその他の電子機器を充電できる最大入力18W / 最大出力10Wのモデルだ。充電規格のQuickCharge 3.0 / 2.0をサポートし、対応端末と対応ACアダプタを用いることで最大9Vでの安定した充電が可能。iPhone Xでも使用できる。 本体の側面には充電状況を確認できるLEDが搭載されており、充電中は緑色に点灯。端末との接触部分には、端末に傷が付くのを防止するためにシリコンのパッドが採用された。厚さ10mmのコンパクトな設計で机の上などに置いても邪魔にならず、持ち運びにも適した軽量の仕様。スマートフォンは、薄型であればケースを着用したままでも充電ができる。本体サイズは約85(幅)×10(高さ)×85(奥行)mmで、製品には約1mの充電用micro USBケーブルが付属。 ブラックモデルの「RK-PAQ01K」 ラディウス株式会社価格:オープンURL:http://www.ra...more
カテゴリー:

「標準規格」の画像

もっと見る

「標準規格」の動画

Wikipedia

  • redirect 標準化...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる