「構成要件」とは?

関連ニュース

【沖縄】逮捕して釈放、再び逮捕? 迷惑行為で条例適用ミス 沖縄県警「改正に気付かず」 - 10月02日(月)08:54  newsplus

 豊見城署は1日、女子小学生のおしりを触ったとして、自称住所不定、無職の男(52)を誤って改正前の県迷惑行為防止条例違反の疑いで通常逮捕したと発表した。同署はミスに気付き、一度釈放した上で改正後の同条例違反容疑で再び逮捕。「条例改正に気付かなかった。逮捕の構成要件は満たしている」と説明したが、刑事弁護に詳しい弁護士は「1度目と2度目の身柄拘束時間の合計が48時間を超えるのであれば違法だ。逮捕状を執行した裁判所にも問題がある」と指摘した。  逮捕容疑は9月30日午後3時46分ごろ、那覇市内のショ...
»続きを読む
カテゴリー:

【捕鯨】「どうせ裏切る」シー・シェパード捕鯨妨害宣言に飛び交う憶測 テロ等準備罪も影響か - 09月25日(月)23:04  newsplus

「どうせ裏切る」シー・シェパード捕鯨妨害中止宣言に飛び交う憶測 テロ等準備罪も影響か 衝撃事件の核心 2017.9.25 05:30  反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」が突然、南極海での日本の調査捕鯨船に対する 妨害活動の中止を宣言したことが、さまざまな憶測を呼んでいる。日本の捕鯨関係者は長年、 SSに苦しめられてきただけに、宣言を額面通りに受け取らない人も多い。「不気味だ」 「どうせ裏切る」。SSが今後、どういう行動に出るのか、疑心暗鬼が渦巻く。(小泉一敏) 方針転換に「不気味」  SSの創設者、...
»続きを読む
カテゴリー:

「構成要件」の画像

もっと見る

「構成要件」の動画

Wikipedia

構成要件(こうせいようけん、独:Tatbestand)とは、法の性質と刑罰法規および条文の関係によって定義された犯罪行為の類型とされているものである。

解説

構成要件とは、一定の法律効果を発生させる前提と考えられるものであり、民法でいうところの「法律要件」のことを指すものである。これに対応する意味で用いれば、刑罰法規が類型化した一定の犯罪行為の型のことをいう。

もっとも、刑法学上で構成要件という概念が重要な意味を持つのは、刑法各論で議論されるそれぞれの刑罰法規が類型化した各種の犯罪行為を解釈して導き出された、刑法総論で議論される犯罪の一般的成立要件となるからである。

したがって、構成要件の定義は、その学説がよって立つ解釈により異なる。

構成要件論とは、構成要件に該当することを犯罪の一般的成立要件の一つとした上で、これを犯罪論の中心的概念とすることで、犯罪論体系の構成を強固にするとともに、刑法総論と刑法各論の結びつきを密接なものにしようとする理論である。

構成要件論は、1906年に、ドイツ刑法学エルンスト・ベーリングが提唱し、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる