「概要発表会見」とは?

関連ニュース

ジミー大西、ジミー役の中尾明慶を「1000%」と絶賛! - 03月27日(月)16:00 

「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の開幕を4月20日(木)に控え、3月21日(火)、吉本興業東京本部にて概要発表会見が行われた。 明石家さんま企画・プロデュース「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」でジミー大西役の中尾明慶(写真中央)、明石家さんま役の小出恵介(同右)。そっくり度はジミー大西(同左)本人も太鼓判!? ゆりやんレトリィバァらによる迫力のダンスパフォーマンスで幕を開けた本会見。 開催期間中の沖縄各地は、映画、音楽、お笑い、ファッション、アート、スポーツなど総合エンターテイメントの祭典となり、今回の会見にも、お笑い芸人、俳優、モデル、アスリートら多彩なジャンルの顔が集結した。 特別上映作品にして、Netflixで今夏配信予定となっている明石家さんま企画・プロデュースのオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」からは、ジミー大西役の中尾明慶、明石家さんま役の小出恵介が登場。 中尾は、「お前が(ジミー役を)やれ」とさんまから直々に言われたことを明かし、「喜んで出させていただきました」とコメントしながらも、「(資料映像を)見れば見るほど、ジミーさんがどういう人なのか、役としてつかむ難しさがありました」と役作りの難しさを振り返った。 その後、いち早くドラマの出来上がりを見たというさんまからは、「やってくれてよかった」とのメールが届いたそうで、「ホッと...more
in English
カテゴリー:

稲葉友、『N.Y.マックスマン』で映画初主演!「世界観に飛び込む」 - 03月26日(日)17:00 

 俳優の稲葉友が、マックスマンシリーズ第3弾となる映画『N.Y.マックスマン』で映画初主演を飾ることが発表された。稲葉は「映画での主演はお初でしたのでじんわりとプレッシャーのようなものを感じていました」と心境を明かしている。【関連】『N.Y.マックスマン』フォトギャラリー 第1弾『Mr.マックスマン』、第2弾『Bros.マックスマン』に続くシリーズ第3弾となる本作の舞台はニューヨーク。探偵をしている本家マックスマンの孫ことヒロ・マックス(稲葉)が正義(千葉)と出会い、その後日本を訪れて、ある謎を解決していく姿が描かれる。 稲葉は「映画での主演はお初でしたのでじんわりとプレッシャーのようなものを感じていましたが、シリーズ第三弾ということで出来上がった世界観の中に飛び込ませてもらおうという意気込みで挑みました。現場ではかつてそれぞれの場所で『変身』していた人たちに囲まれていたので世界が混ざるような不思議な感覚があり、それが作品のひとつの見所になっていると思います」と物語の魅力をアピール。 また、「僕が演じた新たに登場するマックスマン、ヒロ・マックスが痛快に事件を解決していく様は観ていてとても気持ちが良いので、是非とも劇場で体感してください」とも語っている。2015年に公開された第1弾で主演を務めた千葉のほか、昨年公開された第2弾の主演・竜星涼も出演する本作には、第2弾のヒロインを務めた...more
in English
カテゴリー:

中尾明慶&小出恵介、ジミー大西の天然発言に振り回され苦笑い - 03月21日(火)14:00 

吉本興業が主催する「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が3月21日、東京・新宿の同社東京本部で行われた。今年で9年目を迎える同映画祭。実行委員長の大崎洋氏は、「見よう見ま...
in English
カテゴリー:

ジミー大西、自身演じた中尾明慶に謎発言「僕よりうまい」 - 03月21日(火)12:24 

 タレントで画家のジミー大西(53)が21日、東京・吉本興業で行われた『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』概要発表会見に出席。自身の半生を明石家さんま(61)の企画で映像化した特別上映作品『Jimmy~アホみたいなホンマな話~』で、自身を演じた中尾明慶(28)と対面したジミーは「僕よりうまい。ジミーは中尾さんの方がうまい」と天然発言を連発した。  同作品はNetflixで今夏配信予定で、ジミーを中尾、さんまを小出恵介(33)が演じている。司会を務めたガレッジセールのゴリから「自分が100%だとしたら、中尾さんは何%でしたか?」と聞かれると「1000%」と即答。 その後、同作の見どころを聞かれるも「見どころがわからないんです」と告白。さんまから台本や作品を見ないように言われているといい、「きのう、きょう会見があるからおいでって電話があった。本社に来たら何かしら誘導してくれるからって…」と裏側を暴露。ゴリは「これがジミーさん。この会見だけでもドラマが楽しみになりました」とまとめていた。  今年で9回目を迎える同映画祭は、那覇市、北谷町、宜野湾市などで4月20~23日まで開催。宮古島市、石垣市と離島も開催場所となり、「ラフ&ピース」のコンセプトに沿った28作品(3月21日時点)を上映する。  会見には、特別上映作品『ワレワレハワラワレタイ』より木村祐一、TV DIREC...more
in English
カテゴリー:

ジミー大西、ジミー役の中尾明慶を「1000%」と絶賛! - 03月27日(月)16:00 

「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の開幕を4月20日(木)に控え、3月21日(火)、吉本興業東京本部にて概要発表会見が行われた。ゆりやんレトリィバァらによる迫力のダンスパフォーマンスで幕を開けた本会見。開催期間中の沖縄各地は、...続きを読む
in English
カテゴリー:

中尾明慶&小出恵介、ジミー大西の天然発言に振り回され苦笑い - 03月21日(火)14:00 

 吉本興業が主催する「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が3月21日、東京・新宿の同社東京本部で行われた。今年で9年目を迎える同映画祭。実行委員長の大崎洋氏は、「見よう見まねで初めた映画祭ですが、少しずつ成長していると思います」と感慨深げに語った。 ・【フォトギャラリー】沖縄国際映画祭概要発表会見の様子はこちら  4月20~23日に行われる第9回は、過去最大規模となる12市町村での開催を予定している。那覇、北谷、宣野湾のほか、世界遺産に登録されている中城村・中城城跡、宮古島にある日本最南端の映画館「よしもと南の島パニパニシネマ」、石垣の石垣市民会館など本島以外も会場に加わった。  上映ラインナップ(21日現在)で大きな話題となったのは、明石家さんまが芸歴42年目でドラマのプロデュースに初挑戦した「Jimmy アホみたいなホンマの話」(Netflixオリジナルドラマ)。特別上映作品の目玉と位置づけられ、芸人・ジミー大西の半生を、さんまとの出会いを軸に描く。この日は、ジミー役の中尾明慶、さんま役の小出恵介、そしてジミー本人が出席。中尾は、「1話を撮る前に、最初に僕と小出くん、さんまさんとジミーさんの4人だけでリハーサルをした。おふたりが最初から最後まで1話を演じるんです。僕らが見ている前で、『俺らがこのドラマをやったら、こんな感じやから』と。『もう絶対越え...more
in English
カテゴリー:

ジミー大西役の中尾明慶、「この人は何を考えているんだろう」資料見れば見るほど悩む - 03月21日(火)14:00 

 俳優の中尾明慶、小出恵介、間宮祥太朗、画家のジミー大西らが21日、「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」概要発表会見に登壇した。映画祭ではジミーの半生記を描く明石家さんま企画・プロデュース『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』が上映されるが、ジミーは「若(さんま)からは台本も作品も見るなと言われているので、見てないんです。僕、なんでここにいるのかわからないんです」と苦笑いを浮かべた。【関連】「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」概要発表会見<フォトギャラリー> ジミー役には中尾、さんま役には小出が務める。中尾は「オファーを受けたとき、できることならやめたいなと思っていました。資料映像を見せていただいたのですが、見れば見るほど、この人は何を考えているんだろうと悩みましたね」と振り返る。撮影前にはさんまから指導もあったそうだが、「『一応言っとくね。でもやりたいようにやっていいよ』とは言われたんですが、途中からは意識しないようにしました」と明かし、「さんまさんが見てくれた後にメールを送ってくれて、『ホンマにやってくれてよかった』と言われたときはほっとしましたね」と述懐した。 一方、小出は「悩みましたけど、さんまさんと触れ合えることはないのかもしれないと思って、オファーを受けました」と語り、「さんまさんは『俺とジミーの関係はこうやで、あとはよろしく』と言うだけ。セリフで...more
in English
カテゴリー:

「概要発表会見」の画像

もっと見る

「概要発表会見」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる